行列の女神 4話 ネタバレ。 行列の女神~らーめん才遊記~(ドラマ)第1話の無料動画配信は?ネタバレ・感想も!

「行列の女神らーめん才遊記」4話あらすじ!3話のネタバレ感想や評価評判をアンケートしました♪

行列の女神 4話 ネタバレ

飲み会や仕事が入り、 リアルタイムでドラマを見れなかった• Paravi無料会員登録方法 Paraviの無料会員登録方法について解説します! ここではメールアドレスとクレジットカード情報を利用した登録方法について説明します。 まず、 のサイトから 「まずは2週間無料お試し」をクリックします。 すると、プラン内容確認の画面に移りますので、メールアドレス、もしくは外部サービスのアカウント(Google,Yahoo,Twitter,Facebook,日経 どちらかを利用してアカウント作成画面にいきます。 「メールアドレスでアカウント作成」ボタンをクリックすると、名前、メールアドレス、クレジットカード情報を記入する欄がありますので、そちらを記入しましょう。 また、記入欄には「PINコード」の欄がありますが、こちらはメールアドレス記載欄の下の 「PINコードを送信」をクリックすれば、記入したメールアドレス宛に届きます。 必要情報を記入後、画面下の 「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」にチェックを入れて、 「クレジットカードで登録して続ける」ボタンをクリックします。 華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりのカリスマ職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、ラーメン・コンサルティングの物語。 連日大行列ができる人気店『らあめん清流房』店主・芹沢達美(鈴木京香)は、研鑽を積み、数々の伝説を打ち立てた日本一のラーメン職人。 いま彼女が挑んでいるのは、自ら始めたラーメン専門のフード・コンサルティング会社「清流企画」で、苦境にあえぐラーメン店を救い出し、この国のラーメン文化をさらに飛躍・発展させることだ。 そんな中、「清流企画」社員の夏川彩(高橋メアリージュン)は、店で月替わりのラーメン・特製肉だし清湯麺に手を付けない女性客(黒島結菜)を発見する。 理由を尋ねると、「フムフムって感じ」というわかりづらい返答が。 要は「味がイマイチ」らしく、芹沢の新作を否定する女性に、夏川は会社に戻って怒りを爆発させる。 部長の河上堅吾(杉本哲太)や、同僚の白坂隼人(小関裕太)、須田正史(前野朋哉)がなだめていると、ラーメン評論家の有栖涼(石塚英彦)と共に、ひとりの女性が会社を訪ねてくる。 就職の面接に来たというその女性は、なんとラーメンを否定した女性客・汐見ゆとりだった。 話によれば、半年前に初めてラーメンを食べて感動しこの会社を希望したという、いわばラーメンのド素人。 さらに清湯麺を考案した芹沢を前に、平然と「このラーメンをおいしくすることならできる」と言い放つ。 芹沢は、試しに調理をさせてみることにする。 だが、ゆとりは生麺を一本食べただけで加水率・茹で時間をズバリとあて、さらに用意されたスープが完全に処理し切れていないことまで気づく。 そうして出来上がったラーメンは、芹沢も納得するほどの素晴らしい出来栄えだった。 だが、会社には、芹沢の機嫌を損ねたのではという、ピリついた空気だけが残り、社員誰もがゆとりの不採用を確信する。 ところがしばらくして、ゆとりから「困っているラーメン屋さんを見つけた」との連絡が。 採用確実と思い込み、すっかり社員気取りで、勝手に仕事を請け負ったという。 河上らは仕方なくその潰れそうな『京来軒』へ出向き、店主夫妻の郷田正一(泉谷しげる)と秋江(川俣しのぶ)から話を聞くが、着手金が3万円しか払えない状況で、河上は話にならないと断ろうとする。 しかし芹沢が電話口で告げたのは、「引き受けてもいい」という意外な答え。 ただしコンサルティングの担当はゆとりで、1週間で結果を出せば採用という過酷な条件を提示する。 人気すぎるため、つぶれる店も多いが、一人の人気の職人がいたそれが芹沢だ。 芹沢の店に来た一人の女性が店員に味がいまいちだと文句を言った。 その女性が汐見。 汐見はなんと芹沢の元に面接に来てします。 汐見はラーメンへの愛をかたるが、先ほど言ったラーメンへの酷評が芹沢の耳に入った事を知る。 芹沢は汐見に酷評だけでなく、改善できる指摘をするように汐見に求め、ラーメンを汐見に作らせた。 出来上がった汐見のラーメンはみんなから好評だった。 汐見はまたラーメンへの愛を語る。 汐見は困ってるラーメン屋を見つけた。 そのラーメンを食べて、酷評した。 そして芹沢にそれを語る。 芹沢は汐見のラーメン店改善を受け入れてそれが、汐見の入社試験になる。 汐見は自身満々だった。 汐見は改善したラーメンを芹沢に振舞った。 芹沢からの評価は良かった。 汐見は芹沢の店の立て直しを認める。 汐見もそのために、一生懸命に仕事をする。 三日後、そのお店は行列のできるお店に変わった。 芹沢はフードコンサルティングの仕事をどんどん、汐見に見せつけた。 汐見は芹沢に雇われる事になった。 汐見は、自分が今から入社試験を受けようとしている会社が経営するラーメン屋とは知らずに、ラーメン屋に入り、そこのラーメンを美味しくないと言います。 その後、汐見は「清流企画」に行きますが、そこで待っていた芹沢たちは困惑し、理由を聞き、汐見はより美味しいラーメンを作ります。 そして、汐見は受かったつもりで帰り、その帰り道にさびれたラーメン屋を見つけ、芹沢に連絡します。 芹沢は汐見をテストする良い機会だと考え、汐見を担当にして、コンサルタントを引き受けますが、汐見のアイディアは不可能なものでした。 そこで、芹沢はできそうな簡単なアイディアで、見事にその店を流行らせました。 汐見の空気が読めない発言がどう展開するのか気になります。 セレブタウンに出店するラーメン店のコンサルタント方法にも注目しています。 勝気な夏川がどうやって苦戦しているオシャレラーメン店を繁盛店にしていくのか気になります。 芹沢が目を付ける改善策も気になります。 汐見がラーメンに興味を持った理由や家族についても明かされる回なので楽しみです。 芹沢がなぜ汐見の家族構成を知って激怒しているのか気になります。

次の

【行列の女神~らーめん才遊記~】2話ネタバレ

行列の女神 4話 ネタバレ

「行列の女神 らーめん才遊記」3話の感想をアンケート! <第3話>あらすじのおさらい 汐見ゆとり(黒島結菜)は「清流企画」にきた新たな依頼を勝手に引き受けてしまう。 不安げな河上堅吾(杉本哲太)をよそに、芹沢達美(鈴木京香)は「そんなに行きたいなら行けば」と許可を出す。 担当者として早速、依頼人『つけ麺あんざい』店主・安西徳之(窪塚俊介)のもとへ。 安西の出すつけ麺はゆとりも納得のおいしさだが、客が全く入らず頭を抱えていた。 ところが時を同じくして、安西の妻・絵里(林田岬優)も「味惑コーポレーション」という別のコンサル会社に立て直しを依頼。 店にフードコンサルタントの難波倫子(松井玲奈)を連れてくる。 互いに相談なく話を進めたことで喧嘩を始める2人。 一方倫子は表情を一変させ、「消え失せろ」とゆとりを威迫。 あまりの凄みに圧倒されてしまう。 一方、開店時間を迎えた『らあめん清流房』でも波乱が起きようとしていた。 ゆとりの母・橋爪ようこ(高畑淳子)が突如来店。 就職先の様子を見に来たというようこだが、真の目的は跡継ぎ問題だと踏んだゆとりは、「跡継ぎにならない!」と語気を荒げ頑なに拒否するが…。 そんな中、ゆとりは依頼がまだ保留中になっていることを報告する。 ライバルの倫子は、この地域がつけ麺専門店の超激戦区なのが繁盛しない理由だと睨み、すでにプランニング済み。 実際、安西は激戦区と知りながら腕試しで出店していた。 一度は芹沢の会社に頼もうとしたものの、倫子の明確なプランを聞き、どちらに頼むか迷い始めた安西夫妻は、「よく話し合って決めたい」と言い出したという。 状況を把握した芹沢は、「売られた喧嘩を買いに行く」と「味惑コーポレーション」へ。 そこで2社によるコンペを提案する。 (より) 今回はつけ麺店からの依頼であり、店主からの依頼にかけつけた汐見と店主の奥さんから依頼を受けた別会社の難波とでコンペを行っていました。 つけ麺で勝負してきた店主だからこそとつけ麺の新しい味を提案する汐見と別ジャンルのラーメンを提案する難波とのコンサルの違いが見られ、汐見ではなく難波の提案を受け入れた店主の姿に汐見のコンサルタント力の低さを痛感しました。 抜群に美味しい汐見のつけ麺でしたが、自分には作れないという店主の言葉に汐見のレベルの高さとそれが仇となった瞬間が見られ、改めてコンサルタントという仕事の難しさを感じました。 美味しいだけでは成功しないという芹沢の言葉に「悔しい」と涙する汐見の一方で汐見に昔の自分を重ねている芹沢が見られ、汐見をどう育てていくのか芹沢の手腕に期待が高まりました。 達美とようこのバチバチした雰囲気の理由が、若い頃にテレビチャンピオンに出場し料理対決をしていた時から始まっていたものの、達美はラーメンでようこはヘルシーメニューとそれぞれの料理が映し出されて映像からすると、ようこの料理は野菜ばかりの単なるサラダとしか思えず、これでは負けてしまうなと笑える対決が面白くてなりませんでした。 料理センスは抜群ながら他はからっきしなゆとりと達美に言われたのに対して、ゆとりが達美の名前に力が無いから仕事が上手くいかないと言い返す会話の絶妙さが素晴らしく、ここまで笑って見ていられるドラマも珍しいなと思いました。 ゆとりの店主の拘りであるつけ麺に拘ったまでは良かったものの、個性的で奇抜な血を使った料理は人の記憶には鮮明に残る反面、積極的に食べようと考える人はいないと感じました。 ゆとりのライバルらしい立ち位置に出てきた難波の優秀そうな雰囲気までは良かったとは思いますが、あまりにも品の無さには呆れてしまい、達美とようこのようなライバル関係の言葉の攻防が良かった気がします。 スポンサーリンク 「行列の女神 らーめん才遊記」4話のみどころチェック! <第4話>あらすじを予習 汐見ゆとり(黒島結菜)は、前回の依頼でコンペに負けて落ち込んでいた。 そんなある日、上から目線の言動が災いし、クライアントから担当替えを要求された須田正史(前野朋哉)は、芹沢達美(鈴木京香)から長い説教をくらう。 ラーメンが大好きなラーメンオタクとして、知識や能力は長けているのに、こだわりが強すぎるのが須田の難点だ。 そんな中、須田はゆとりを誘い『とび屋』というアゴダシで有名なラーメン店へ。 こだわりの味を堪能していた2人だったが、突然店主の飛田(芹澤興人)と青年(堀井新太)の口論が店で始まり、騒動に巻き込まれてしまう。 青年は連日店に現れ、「作り方のコツを教えてくれ」と訴えているらしく、あまりのしつこさに飛田が「警察を呼ぶ」とまで言い出す騒ぎに。 どうやら青年は、ラーメン屋を開きたいという。 そんな中、ゆとりは須田の言うことも聞かず、青年の依頼を勝手に引き受けてしまう。 青年の名は相川鉄也。 だが開業資金はなんと50万円弱…さすがにこの資金で依頼を受けるのは無理かと思われたが、話を聞いた芹沢は苦笑しつつも依頼を許可。 ただしメインは須田が担当し、ゆとりはサポートするよう命じる。 腑に落ちないながらも、須田はゆとり、相川と不動産屋で物件を探し始めるが、どう見積もっても予算オーバー。 年齢や経歴から考えると融資も見込めずもはや八方ふさがりに…。 着手金を返金し依頼を断ろうとする須田だったが、芹沢のある意外な提案でラーメン店開業に希望が見え始める。 しかし、相川には大きな問題があった…。 実はラーメンの作り方を全く知らない完全な素人だったのだ。 芹沢は、須田とゆとりにラーメンの作り方をレクチャーするよう指示。 早速新たなメニュー作りに取り掛かるが、そこでも須田の悪い癖が出てしまう……。 (より) 金なし経験なしの青年・相川鉄也の依頼を引き受けることになる汐見ゆとり。 芹沢社長の命令で、クライアントを怒らせ担当替えを要求された先輩の須田金なし経験なしの青年の依頼を引き受けることになる汐見ゆとり。 芹沢社長の命令で、クライアントを怒らせ担当替えを要求された先輩の須田正史とともにコンサルテイングを行うように指示される。 早速、物件探しから始めるが予算が少なく難航する。 この難局を芹沢社長の意外な提案で乗り越えラーメン店の開店が見えてくる。 予算なしの青年が店を開く方法は、屋台かシェア店舗かどんな方法か楽しみです。 また、クライアントがずぶの素人で、今まで以上に複雑なレシピはこなせないので、今まで手の込んだレシピを使い失敗した汐見にとってはコンサルティングの良い勉強になると楽しみです。 低予算でのラーメン屋を開業という、汐見が勝手に依頼を受けてしまったことで話が展開していくようです。 問題なのは予算だけではなく、ラーメンの作り方すら知らない素人からの依頼であり、これまではラーメン店という土台があってのコンサル業務でしたが、何もないとこらから作り上げていくことで、更なるコンサルの難しさが見えてくると感じました。 汐見はコンサルの知識は浅いですが、発想力の自由さがあり、汐見の行動が考えつかなかったコンサル展開のヒントとなると感じました。 また、汐見の行動に忘れていた昔の美味しいものだけを追い求めていた頃の姿を再び感じとる芹沢が見られると思い、汐見の行動と芹沢の感情の変化が見どころになると感じました。 ゆとりのコンペ対決でクライアントに選ばれなかった敗北を、社長の達美の策によってイーブンされた悔しさに落ち込む姿に、先輩社員の須田がこれが仕事と見せようと意気込んだあまりにラーメンオタクの血が騒ぎ出してクライアントの全てを否定してしまう大失態に社長の達美が怒り心頭になって鉄槌が下る中で、空気を全く読まないゆとりの拍子抜けしてしまう言葉の数々で笑わせてくれる場面があると思います。 ゆとりが助けてくれたように感じた須田がお礼に食事を誘う展開から、ゆとりのような猪突猛進型のラーメン王を目指すド素人の若者と出会い、達美は須田の片寄りが有りすぎる考え方に気が付かせるために資金が極限に少ない若者のラーメン屋への道に進ませる方策を練らせる事をさせ、ゆとりには若者が作る事が可能なラーメンの生み出す仕事を与えて、2人同時に成長させようとする物語が展開されると予想しています。 まとめ オンエア終了後に追記します!.

次の

行列の女神~らーめん才遊記~|4話ネタバレと感想。須田のラーメン愛が炸裂!

行列の女神 4話 ネタバレ

Contents• クライアントに上から目線でうんちくを語り倒し、「担当を変えて欲しい」とクレームが来たからだ。 その時、ゆとり(黒島結菜)は、前回のコンペで惨敗の傷が癒えず、ぐったりしてしまっていた。 達美は、そんなゆとりを慰めるどころか、「今のあなたは、古いラーメン屋のカウンターの下にある、よれよれの雑誌みたいなもの」と罵倒する。 ラーメンオタクの須田は、落ち込んでいるゆとりを、美味しいあごだしラーメンの店に連れて行った。 そこで、「店のラーメンの作り方を教えて欲しい」と、しつこく迫る青年・相川鉄也(堀井新太)と遭遇。 「ラーメン屋を開きたい」という相川の依頼を、ゆとりは簡単に引き受けてしまう。 ある青年のラーメンドリーム 「清流企画」に戻ったゆとりは、相川の依頼にすっかり乗り気だったが、達美は乗り気でない須田を担当に任命、ゆとりはサポートを命じられる。 しかし、相川の持っている資金は、50万円弱。 物件探しは難航した。 今回の開業は無謀だと思われたが、「ラーメン屋を持ちたいのではなく、やりたいであれば方法はある」と、達美は言った。 達美は相川を「さかな居酒屋ほんだ」に連れて行った。 この店は、夕方4時~夜11時までは、居酒屋として使用している。 空き時間は、7万円で貸してくれるというのだ。 まさか!?のど素人 店は借りられる。 しかし相川は、ラーメン作りに関して、まったくのど素人だった。 それを知った須田は激怒する。 しかし達美は、須田とゆとりに「ラーメン作りを教えてあげなさい」と言って、立ち去った。 ゆとりは、相川の思いつきを基に、おもいきり料理の腕をふるい、次々に試作品を作っていった。 当の相川は、ただ感心しながら見るばかり。 須田はそんな相川に、「職人の苦労も知らず、ラーメンをなめている」と、罵倒して怒らせてしまう。 事務所に戻った須田は、達美に叱責された。 自分のこだわりで、クライアントを怒らせて、利益を台無しにしたからだ。 ラーメンドリームは叶うのか? 怒った相川と連絡がとれず、「この話は終わる・・・」と思っていた矢先、「店にラーメンを食べに来て」と、突然相川からメッセージが届いた。 わけがわからず店へ行くと、店にはもう客が入っていて、かなりの手ごたえだ。 実は、河上(杉本哲太)のアフターケアで、相川は本と食材を買い、本を見ながら徹夜でスープを仕込んで、勢いそのままに開店したらしい。 中途半端に自分の実力を知っているよりも、「やる気」があった相川のチャレンジ精神を、達美は見抜いていたのだ。 意外な落とし穴 達美の読みは当たったが、意外な落とし穴が待っていた。 さかな居酒屋ほんだの店主から電話があり、達美が駆けつけると、厨房のグリストラップ(油水分離阻集器)が詰まって、床が水びたしになっていた。 油分を多く含むスープを、そのまま排水に流したことで、グリストラップが詰まったのだ。 魚料理メインの居酒屋の設備と、ラーメン屋の設備の違いが招いた、悲劇の結果だった。 達美は店主に謝り、社員と共に厨房内の清掃を行った。 相川は、「無知でみんなに迷惑をかけてしまった」と、打ちひしがれた。 しかし店主は、「一度失敗したくらいで、投げ出すな!」と、相川を叱咤激励する。 成せば成る!出来上がった新ラーメン 相川が作った油分の多いラーメンを諦めて、今の設備に負担をかけないための、新たなラーメン作りが始まった。 新メニューは、達美のヒントにより、「竹岡式ラーメン」をベースに考案された。 竹岡式ラーメンとは、「乾麺を茹でて、茹で上がったら、醤油ダレの入った丼に茹で湯ごと入れる」という地ラーメンである。 醤油ダレは、醤油とみりんでチャーシューを煮込んで、ドライトマトを加えてさらに煮込んである。 油も、原価も、抑えることに成功し、価格は500円だ。 このラーメンに、達美は合格点をつけた。 須田は、「良い勉強になった。 ラーメンオタクとして、僕は君を誇りに思う」と、相川に感謝した。 そして熱い抱擁を交わすのだった。 そんな熱さはそっちのけで、達美は店を出る。 追いかけてきたゆとりに、達美は言った。 「覚えておきなさい。 コンサルティングでは、やる気だけはあるバカが、一番金になる!」やはり、最後は毒舌でしめる達美だった・・・ 『行列の女神~らーめん才遊記』4話の感想 ラーメン作りをまったく知らないど素人が、ラーメン店の開業を夢見る・・・何とも、無茶苦茶な話ですが、元々純粋な夢や憧れって、何も知らないところから始まるものかもしれませんね。 サッカー選手や、医者になりたい子供たちが、「どこまでそれをわかっていて、そう思うのか?」と考えれば、案外無茶苦茶と言えない話です。 少なくとも、コンサルティングが仕事なら、「やめなさい」は禁句だという常識は、納得できます。 みなさんの反応はというと・・ 来週は原作通りだったらめっちゃ面白い回です。 やってほしかったエピソードのひとつなので楽しみ。 (あとやってほしいのは「お客様は神様などではありません」の回。 ほぼ観終わってエンディング曲が掛かり始めたくらいの時、後味が良くてわくわくする。 黒島結菜さんも良いですね。 最初に見かけた時に気に入った女優さんが活躍してると、いろんな意味で嬉しい。 — てんこう tenkosleeps 「来週が楽しみ、見ていて楽しい!」など、原作ファンも含めて、好評価ですね。 見た後すっきり、爽快感があるということは、やっぱり大事です! 今回は『行列の女神~らーめん才遊記』第4話を、紹介しました。 「ど素人のラーメン店開業」のお話は、夢がありましたね。 それにしても、コンサルティングって、本当に面白い! ゆとりの料理への自信と、やる気も戻り、次回がますます楽しみになりました。

次の