池袋 居酒屋 おすすめ。 池袋のおすすめ居酒屋20選!絶品料理&コスパ抜群のお店【実食レポ】

池袋の面白い居酒屋おすすめ5選。楽しいがいっぱい!

池袋 居酒屋 おすすめ

最初に出てくるお刺身がおいしいと、ほかの料理への期待値や、お店への信頼度がぐんと高まるはず。 そんな人にぜひ訪れてほしいのが、 静岡県の伊豆下田にある釣船屋が経営している居酒屋『海鮮山』。 伊豆の海でその日に獲れた魚を仕入れているだけあり、鮮度はとにかく抜群! まずは 板長おまかせの刺身で堪能。 見た目からも活きのよさがわかる刺身は、一切れが厚くて食べ応えがあり、プリプリの食感と上品な甘味・旨味は、思わず言葉を失うおいしさ。 また、もうひとつの必食メニュー「 板長おまかせ寿司」は、シャリの倍ほどもある大ぶりなネタに圧倒されること確実。 ときには東京では見かけない珍しい魚に出合えるのも、漁師が営む居酒屋ならではの醍醐味だ。 なかには、流通ルートに乗らず 地元だけで消費されている魚もあるため、試行錯誤しながら美味しいレシピを考えることもあるそう。 宴会コースは、ここに来たら外せない「 刺身盛り合わせ」にはじまり、「 鰤の照り焼き」「 トロたく巻き」など、まさに魚介尽くしの内容なのでおすすめ。 鮮度はもちろん、バラエティー豊かな料理とボリュームに誰もが満足! 自慢の日本酒は刺身や魚料理との相性を吟味した「 魚料理のための日本酒」を常時取り揃えている。 デザートにたどり着くころには、おいしい魚料理と日本酒で満腹…お腹も心もすっかり満たされているはず。 予約で席が埋まっている日も多いので、予約必須の人気居酒屋。 なぜか急に「 今日はお肉が食べたい!」と思い立ったらここがおすすめ。 まず味わいたいのは、店名にもなっている「 ランプキャップ」。 牛一頭からわずか4キログラムしか取れない希少部位で、霜降りと赤身のバランスがよいのが特長。 中心部をしっとりと焼き上げた炭火焼きは、噛みしめると脂の甘味と肉の旨味が口いっぱいに溢れ出す。 ほかにも「 アウトサイド(ハラミ)」「 フラップミート(カイノミ)」「 サーロイン」「 ビーフハツ」などの希少部位が充実。 量は180グラム、230グラム、460グラムと、訪れる人数で選べるのもうれしいポイント。 皆でワイワイと料理を囲みながら、おいしいお肉を味わう幸せ…これぞ、 肉好きのための肉居酒屋。 ほかにも、「 ハバネロバッファローチキンウィング」「 肉々しいグリルソーセージ」といったオリジナル肉メニューが揃い、どれもビールやワインが進む味付け。 まずは、日本一美味しいといわれる注ぎ方で提供する「 アサヒスーパードライ」で乾杯! キンキンに冷たい氷点下ハイボール「 フリージングハイボール」、種類豊富なカクテル、ワインと、 食べごたえある肉料理と一緒にどんどん進んでしまいそう。 「 ライブ&ラフ・カジュアル」がコンセプトの店内は、ほどよくカジュアル&おしゃれな空間。 目の前の肉に集中できるリラックスした雰囲気の中、心ゆくまで肉食女子・男子の宴を満喫できます。 お店は池袋駅西口から徒歩2分。 『 池袋西口公園』の目の前のビルなので、わかりやすい立地で待ち合わせにも便利。 ドリンクも、刺身や魚介と相性抜群の「 男山」「 国稀」といった地酒に 北海道ワイン、「 北海道産ハスカップサワー」と、北海道ならではのアルコールメニューが充実。 いろいろな種類の日本酒を味わうなら「 北の地酒飲み比べセット3種」に挑戦してみては。 価格帯は大手居酒屋チェーンの中ではやや高め。 それでもなお根強い人気を誇る理由は、 何といっても素材の質の高さと料理のおいしさといえます。 北海道の食の魅力を伝えるお店として「 北海道愛食大使」の認定も受けているのだとか。 店内は130席の広々とした空間。 個室もあり、会社の歓送迎会などの宴会、会食や接待にも最適。 北の豊かな美味を味わっているうちに、まるで北海道に小旅行している気分になってしまいそうな居酒屋。 広い個室でゆっくり、いろいろな料理を楽しみたい! という欲ばりな人におすすめなのが『 フーズフーズ 池袋本店』。 メニューは「 ベトナム風生春巻き」や「 ナシゴレン」といったアジア料理をはじめ、パスタ、ピッツァなどのイタリアン、ステーキまでと和洋折衷の充実ラインアップ。 さらに『 フーズフーズ』といえば、トーストにアイスやフルーツを盛り付けたデザート「 ハニトー」も外せない。 もちろんコースメニューも充実。 人気の「 肉極みコース」、10時間低温でじっくり調理したローストビーフが食べ放題の「 ローストビーフ食べ放題コース」、特別な日には「 アニバーサリーコース」など、シーンに応じて好みのコースを選べるのが魅力。 鶏料理といえば、お酒に合うものばかり。 居酒屋では欠かせない鉄板メニューの鶏料理が揃うおしゃれな居酒屋が『 ニワトリマーケット 池袋西口駅前店』。 一番人気は、専用のロティサリーマシンで焼き上げられる ロティサリーチキン(ハーフサイズ950円、ホール1680円)。 表面はパリっと香ばしく、中はジュワーっと肉汁が溢れ、ふっくらほくほく。 お酒に合わないわけがない。 テイクアウトも可能なので、おうち居酒屋で二次会にも! ほか、お酒のお供にぴったりの「 チキン南蛮」「 秘伝!フレーバーチキンレッグ」「 手ごねつくね串」、、など、バラエティー豊かなメニューが集合。 鶏料理を堪能したら、〆に食べたいのが石窯焼きピッツァ。 自慢のロティサリーチキンがたっぷりのった「 ロティサリーチキンマルゲリータ」は、おなかいっぱいでもつい手が伸びてしまう逸品。 そして、もう一つの名物肉料理は「 ラムチョップ」。 ニュージーランド産の仔羊を使い、柔らかくジューシーでクセがなく食べやすい。 「 ラム炙りユッケ」「 ラムレットステーキ」といったラム肉料理もおすすめ。 また、人気の ラクレットチーズを使ったメニューや、「 ホタテごろごろやま芋のふわとろ焼」「 ジンギスカン焼きそば」「 ミニうにいくら丼」などの北海道ご当地グルメが集合。 ほかにも、多くのメニューに道産素材が使われ、東京にいながら北海道の山海の幸を存分に味わえる。 お酒は北海道産の日本酒やワイン、焼酎をはじめ、「 ナポリンサワー」「 北海道ヨーグルトサワー」といったドリンクが充実。 コース料理も3000円台の「お手軽プラン」から揃っているので、宴会やパーティーにぜひ利用してみては。

次の

池袋のおすすめ居酒屋20選!絶品料理&コスパ抜群のお店【実食レポ】

池袋 居酒屋 おすすめ

そのほかにも「馬肉とホルモンのミックス刺し」(780円)、コリコリ食感の「牛ハツの塩ごま油」(650円)、ラム肉の「ラム炙りユッケ」(740円)、「黒毛和牛100% 店挽きハンバーグ」(780円)など、 「肉」メニューが盛りだくさん。 もちろん居酒屋なので、アルコールのラインアップも豊富。 肉専用サワー「ジンと肉」(480円)、肝臓エキス配合の「芝食ハイボール」(420円)といった面白いメニューから、珍しい「国盛 紅茶梅酒」(480円)、ビール、焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキーと、いろいろ取りそろえている。 2時間飲み放題付きの宴会コースは3,000円台から用意。 「 ちょい飲み」から「 ガッツリ系」まで、肉好きならずとも、一度は行ってみるべき居酒屋だ。 そして今の時季なら、インスタなどで話題の韓国発の大流行グルメ「パネチキン」も見逃せない! パンでつくった器に入っているとろとろのモッツァレラチーズを、チーズフォンデュのようにチキンやパンをからめていただく「パネチキン」。 パン・チーズ・チキンという、 女子が大好きなアイテムがてんこ盛りの逸品。 さらに、こちらの「パネチキン」には、 タンドリーチキンを始め、サルサソースとスパイシーなパラペーニョを使用。 辛さにチーズをプラスした、食欲をそそるひと品になっている。 もちろん、居酒屋なので「ビール」から「日本酒」まで、お酒のラインアップもさまざま用意。 鶏肉料理の相性に合わせながら、いろいろ飲み比べたい。 また広島の食材にぴったりのお酒といえば、もちろん 広島の地酒。 「龍勢」(1,100円)、「亀齢」(750円)、「天寶一」(600円)、「醉心」(900円)といった、「日本酒通」にも人気の銘酒が池袋の居酒屋で堪能できる。。 「こいわしの天ぷら」(680円)には、キレ味すっきりの「天寶一」を。 「穴子の白焼き」(980円)なら優しい口当たりの「雨後の月」(900円)など、それぞれに合う組み合わせも教えてくれるので、スタッフにいろいろ聞いてみよう。 2時間飲み放題付きの宴会コースは3,000円台から用意。 瀬戸内の魚介類から、「広島風お好み焼き」(1,100円)まで、広島の郷土料理を居酒屋で味わえる、 東京でも貴重な一軒だ。 そして、もうひとつのおすすめが「黄金鶏白湯スープのふんわり生つくね」。 地鶏本来の食感が味わえるのはもちろん、自分でつくるから美味しさも楽しさも十分。 そのほかにも「天然小エビの唐揚げ」(480円)、「鶏明太春巻き」(580円)、「アボカドと地鶏の生ハム巻き」(480円)などの居酒屋ならではのメニューもラインアップ。 さらに「若鶏のチキン南蛮」(550円)、「鹿児島産 漁師のかつおのたたき」(780円)といった 鹿児島や九州郷土料理も居酒屋価格で勢ぞろいする。 2時間飲み放題付きの宴会コースは3,000円台から用意。 人気の焼酎だけではなく、県外には出回らないレアな焼酎と共に、 鹿児島のおいしさを池袋の居酒屋で満喫しよう。 お酒は、北海道の料理に合う、 北海道の日本酒や焼酎を用意。 中には、北海道地区限定の焼酎など、東京では味わうことのできないレアな銘酒もラインアップ。 さらに、宴会にぴったりのコースメニューも、2時間飲み放題付きで3,000円台から用意。 また、接待のような「かしこまった席」には「会席料理スタイル」のメニューも6,000円から取りそろえる。 しかも、店内のテーブル個室は、7~14名用、10~24名用、24~40名用など、さまざまなサイズをラインアップ。 少人数から大人数まで、規模に合わせて部屋を選べるところもうれしい。 北海道の「海の幸」から 郷土料理、 名物料理まで、産直ならではのおいしさを、思いっきり満喫しよう。 そのほかにも、「ビーフアウトサイド(ハラミ)180g」(1,530円)、「ビーフサーロイン 180g」(1,800円)、「ビーフフラップミート(カイノミ)180g」(1,400円)など、メニューの種類も豊富。 そして言うまでもなく、 肉を熟知したシェフが焼き上げる「塊肉ステーキ」は、正しく本物。 しかもハイクオリティーな肉質でありながら、 すべてがお値打ち価格。 「180g」「230g」「460g」と、3種のサイズからチョイスできるところもうれしい。 肉料理をつまみお酒を楽しむのも良し、食事としてガッツリ肉料理を楽しむのも良し…どんなシチュエーションでも、居酒屋感覚で気軽に美味しいステーキをしっかり堪能できる、本格的な肉バルだ。 おすすめは「ぴくぴくと動く泳ぎてっちり( とらふぐ鍋)」(2,480円)。 そして「専門店のこだわり 泳ぎてっさ( とらふぐ刺身)」(1,280円)。 そのほかにも「トラフグ」をたっぷり堪能できるメニューが充実しているので、シーンやシチュエーションに合わせて、ゆっくり吟味しよう。 58席を設ける店内には、最大24名まで対応可能の個室も用意。 そのほかにも2~4名用の個室もラインアップしているので、接待といったビジネスシーンにも活用できる。 なおコースメニューも4,000円台からラインアップ。 また2時間飲み放題付きも6,000円台からと、 お値打ちの居酒屋価格で取りそろえるので、気軽に訪れてみてはいかが。 人気メニューは「新得地鶏 ミックス焼(スパイシー)」。 「新得地鶏」を焼き上げるというシンプルな料理だが、これが旨い! 「むね肉」は片面7秒を両面、「もも肉」は片面30秒を両面焼くなど、軽く炙る程度なので、肉の旨味はもちろん、しっとりとした食感も楽しむことができる。 そのほかにも、唐揚げの「若鶏のざんぎ」(580円)といった郷土料理や、「道民還元ワイン」「とうきびハイ」「ハスカップ」「北海道ヨーグルト」…など、 北海道でしか味わえない逸品を使ったアルコールメニューなども居酒屋価格でラインアップ。 2時間飲み放題付きの宴会コースは3,000円台から用意。 居酒屋で、気軽に北海道の味覚を満喫できる魅力的なお店だ。

次の

池袋の面白い居酒屋おすすめ5選。楽しいがいっぱい!

池袋 居酒屋 おすすめ

最初に出てくるお刺身がおいしいと、ほかの料理への期待値や、お店への信頼度がぐんと高まるはず。 そんな人にぜひ訪れてほしいのが、 静岡県の伊豆下田にある釣船屋が経営している居酒屋『海鮮山』。 伊豆の海でその日に獲れた魚を仕入れているだけあり、鮮度はとにかく抜群! まずは 板長おまかせの刺身で堪能。 見た目からも活きのよさがわかる刺身は、一切れが厚くて食べ応えがあり、プリプリの食感と上品な甘味・旨味は、思わず言葉を失うおいしさ。 また、もうひとつの必食メニュー「 板長おまかせ寿司」は、シャリの倍ほどもある大ぶりなネタに圧倒されること確実。 ときには東京では見かけない珍しい魚に出合えるのも、漁師が営む居酒屋ならではの醍醐味だ。 なかには、流通ルートに乗らず 地元だけで消費されている魚もあるため、試行錯誤しながら美味しいレシピを考えることもあるそう。 宴会コースは、ここに来たら外せない「 刺身盛り合わせ」にはじまり、「 鰤の照り焼き」「 トロたく巻き」など、まさに魚介尽くしの内容なのでおすすめ。 鮮度はもちろん、バラエティー豊かな料理とボリュームに誰もが満足! 自慢の日本酒は刺身や魚料理との相性を吟味した「 魚料理のための日本酒」を常時取り揃えている。 デザートにたどり着くころには、おいしい魚料理と日本酒で満腹…お腹も心もすっかり満たされているはず。 予約で席が埋まっている日も多いので、予約必須の人気居酒屋。 なぜか急に「 今日はお肉が食べたい!」と思い立ったらここがおすすめ。 まず味わいたいのは、店名にもなっている「 ランプキャップ」。 牛一頭からわずか4キログラムしか取れない希少部位で、霜降りと赤身のバランスがよいのが特長。 中心部をしっとりと焼き上げた炭火焼きは、噛みしめると脂の甘味と肉の旨味が口いっぱいに溢れ出す。 ほかにも「 アウトサイド(ハラミ)」「 フラップミート(カイノミ)」「 サーロイン」「 ビーフハツ」などの希少部位が充実。 量は180グラム、230グラム、460グラムと、訪れる人数で選べるのもうれしいポイント。 皆でワイワイと料理を囲みながら、おいしいお肉を味わう幸せ…これぞ、 肉好きのための肉居酒屋。 ほかにも、「 ハバネロバッファローチキンウィング」「 肉々しいグリルソーセージ」といったオリジナル肉メニューが揃い、どれもビールやワインが進む味付け。 まずは、日本一美味しいといわれる注ぎ方で提供する「 アサヒスーパードライ」で乾杯! キンキンに冷たい氷点下ハイボール「 フリージングハイボール」、種類豊富なカクテル、ワインと、 食べごたえある肉料理と一緒にどんどん進んでしまいそう。 「 ライブ&ラフ・カジュアル」がコンセプトの店内は、ほどよくカジュアル&おしゃれな空間。 目の前の肉に集中できるリラックスした雰囲気の中、心ゆくまで肉食女子・男子の宴を満喫できます。 お店は池袋駅西口から徒歩2分。 『 池袋西口公園』の目の前のビルなので、わかりやすい立地で待ち合わせにも便利。 ドリンクも、刺身や魚介と相性抜群の「 男山」「 国稀」といった地酒に 北海道ワイン、「 北海道産ハスカップサワー」と、北海道ならではのアルコールメニューが充実。 いろいろな種類の日本酒を味わうなら「 北の地酒飲み比べセット3種」に挑戦してみては。 価格帯は大手居酒屋チェーンの中ではやや高め。 それでもなお根強い人気を誇る理由は、 何といっても素材の質の高さと料理のおいしさといえます。 北海道の食の魅力を伝えるお店として「 北海道愛食大使」の認定も受けているのだとか。 店内は130席の広々とした空間。 個室もあり、会社の歓送迎会などの宴会、会食や接待にも最適。 北の豊かな美味を味わっているうちに、まるで北海道に小旅行している気分になってしまいそうな居酒屋。 広い個室でゆっくり、いろいろな料理を楽しみたい! という欲ばりな人におすすめなのが『 フーズフーズ 池袋本店』。 メニューは「 ベトナム風生春巻き」や「 ナシゴレン」といったアジア料理をはじめ、パスタ、ピッツァなどのイタリアン、ステーキまでと和洋折衷の充実ラインアップ。 さらに『 フーズフーズ』といえば、トーストにアイスやフルーツを盛り付けたデザート「 ハニトー」も外せない。 もちろんコースメニューも充実。 人気の「 肉極みコース」、10時間低温でじっくり調理したローストビーフが食べ放題の「 ローストビーフ食べ放題コース」、特別な日には「 アニバーサリーコース」など、シーンに応じて好みのコースを選べるのが魅力。 鶏料理といえば、お酒に合うものばかり。 居酒屋では欠かせない鉄板メニューの鶏料理が揃うおしゃれな居酒屋が『 ニワトリマーケット 池袋西口駅前店』。 一番人気は、専用のロティサリーマシンで焼き上げられる ロティサリーチキン(ハーフサイズ950円、ホール1680円)。 表面はパリっと香ばしく、中はジュワーっと肉汁が溢れ、ふっくらほくほく。 お酒に合わないわけがない。 テイクアウトも可能なので、おうち居酒屋で二次会にも! ほか、お酒のお供にぴったりの「 チキン南蛮」「 秘伝!フレーバーチキンレッグ」「 手ごねつくね串」、、など、バラエティー豊かなメニューが集合。 鶏料理を堪能したら、〆に食べたいのが石窯焼きピッツァ。 自慢のロティサリーチキンがたっぷりのった「 ロティサリーチキンマルゲリータ」は、おなかいっぱいでもつい手が伸びてしまう逸品。 そして、もう一つの名物肉料理は「 ラムチョップ」。 ニュージーランド産の仔羊を使い、柔らかくジューシーでクセがなく食べやすい。 「 ラム炙りユッケ」「 ラムレットステーキ」といったラム肉料理もおすすめ。 また、人気の ラクレットチーズを使ったメニューや、「 ホタテごろごろやま芋のふわとろ焼」「 ジンギスカン焼きそば」「 ミニうにいくら丼」などの北海道ご当地グルメが集合。 ほかにも、多くのメニューに道産素材が使われ、東京にいながら北海道の山海の幸を存分に味わえる。 お酒は北海道産の日本酒やワイン、焼酎をはじめ、「 ナポリンサワー」「 北海道ヨーグルトサワー」といったドリンクが充実。 コース料理も3000円台の「お手軽プラン」から揃っているので、宴会やパーティーにぜひ利用してみては。

次の