セーブ データ お 預かり サービス。 そのswitchのセーブデータ消して大丈夫?やり直すのしんどいよ

ニンテンドースイッチ:「セーブデータお預かり」の使い方

セーブ データ お 預かり サービス

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは本日(2011年3月10日),PlayStation Network向けの定額制サービス「」で,新規サービスメニュー 「セーブデータお預かり」を追加したことを発表した。 また,これに伴ってPlayStation 3のシステムソフトウェア バージョン3. アップデートの詳細は公式サイトのを確認してほしい。 「セーブデータお預かり」とはその名前どおり,PlayStation 3規格のソフトのセーブデータをオンラインストレージに預けられる,つまりオンライン上にバックアップできるという機能だ。 「PlayStation Plus」の機能となるので,利用には30日 500円(税込),もしくは365日 5000円(税込)の利用権の購入が必要となる。 また,預けておけるセーブデータの容量は合計150MB,データ数の上限は1000個までとなっている。 さらに,これまでコピーできなかった「コピー禁止のセーブデータ」だが, オンラインストレージにバックアップ可能とのこと。 アップロードについては随時可能だ。 なお,一部の作品については非対応になる場合があるとのこと。 非対応コンテンツについては公式サイトののページで確認できるが,現在は「」(Best版含む)のみがリストに登録されている。 これは,同作のセーブデータが150MBを越える容量となるためだ。 すでに,PlayStation Plusを利用している人は,さっそく大切なデータをバックアップしておこう。 まだPlayStation Plusの利用権を持っていないけど,ぜひ「セーブデータお預かり」サービスを利用してみたいという人は,下に引用したリリース文でPlayStation Plusのサービス内容を確認してみよう。 「PlayStation Plus」は従来の基本機能・サービス(無償)や PlayStation Store での各種コンテンツ配信に加え、加入者限定のサービスや機能が楽しめる定額制サービスパッケージです。 本サービスの主なサービスメニューは以下の通りです。 非対応タイトルは公式サイトにてご案内予定です。 プレイ期間終了後は、製品版を購入することでセーブデータやトロフィーを引き継げます。 ディスカウント:毎月更新されるコンテンツを 20%〜50%の割引き価格で購入可能。 スペシャル:PlayStation Plus加入者限定のアバターやダイナミックカスタムテーマなどを無料でダウンロードすることが可能。 PlayStationPlus のサービスを受けるには、PS3のシステムソフトウェアのバージョンを最新のものにしてください。 「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS3」および「PSP」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。 PSP「プレイステーション・ポータブル」/Media Go からは購入できません。 公式サイト:日本国内の PlayStation Plus に関する情報は下記の URL をご覧ください。

次の

ニンテンドースイッチ:「セーブデータお預かり」の使い方

セーブ データ お 預かり サービス

続いて、各ゲームが自動アップロードの設定になっているかを確認・設定します。 セーブデータを自動アップロードしたいゲームにカーソルを合わせ、 OPTIONSボタンを押します。 自動アップロードの設定を「オン」にしましょう。 各ゲームごとに、自動アップロードする、しないを、個別で設定することができます。 まだ一度もアップロードしていない場合はしておきます。 すると、先ほどアップロードしたセーブデータがオンラインストレージに保存されているのが確認できます。 バックアップしたセーブデータが必要な場合はここからダウンロードできます。 以上で設定は完了です。 スポンサーリンク その他、セーブデータの自動アップロードの詳細について 保存できるセーブデータの上限• データ数の上限:1000個• オンラインストレージの使用可能容量:最大1GB コピー禁止のセーブデータについて ゲームによってコピー禁止になっているセーブデータがあって、そういうデータは一度DLしたら24時間経過しないと次のDLはできません。 アップロードは連続でも可能です。 自動アップロードするタイミング セーブデータのアップロードは、PS4がスタンバイ状態になると実行されます。 また、48時間ごとというスパンに設定されているようです。 セーブデータの内容に更新が無ければアップロードは行いません。 備えあれば憂いなし、です もし何十時間もかけてプレイしたデータが消えてしまったら、やりきれません。 私なら少なくとも3日は引きずると思います…。 ぜひデータの自動アップロード設定をして、「備えあれば憂いなし」の状態でゲームを楽しみましょう。 関連記事 ・ ・ -.

次の

ケータイデータお預かりサービス

セーブ データ お 預かり サービス

任天堂は、2月8日(土)よりソフトの予約受付を開始する 『あつまれ どうぶつの森』のトピックスにおいて、追記・更新を行ったことをTwitter上で伝えた。 予約販売の発表時から公表されていた のFAQに、さらにいくつかの情報が加えられた形だ。 『あつまれ どうぶつの森』のソフト予約とあらかじめダウンロードは、予定通り2月8日(土)より開始いたします。 こちらの記事に「ご購入前にご確認いただきたいこと」などを追記しました。 購入を検討されている方はご一読ください。 — 任天堂株式会社 Nintendo (画像は より) あらためてこれまで公開されてきた情報を整理すると、『あつまれ どうぶつの森』では1台のNintendo Switchと1本のソフトで、本体に登録されている ユーザー最大8人がひとつの島を共有して遊ぶことができる。 パッケージ版・ダウンロード版の種別を問わず、本ソフトを複数本使用したとしても、作成できる島は同一の本体につきひとつのみ。 ほかの島を作る場合は、別の本体を用意する必要があるという。 また、本ソフトのセーブデータは 「ユーザーの引っ越し」や 「セーブデータの引っ越し」、Nintendo Switch Onlineの 「セーブデータお預かり」には対応していない。 もしも、2台目以降の本体を購入した場合、元の島のデータは別の本体に引き継ぐことができない。 ただし本体の故障・紛失・盗難に備えるため、Nintendo Switch Onlineの加入者向けに、 独自の形でセーブデータをバックアップする機能の搭載が検討されている。 対応時期は未定のため、時期が決まり次第、発表が行われる予定だ。 このほか、本ソフトはNintendo Switch Liteでも問題なく遊べる。 ただし、同じ島の住人同士で同時プレイ(パーティーモード)を行う場合は、別途人数分のJoy-ConやProコントローラーを接続する必要がある。

次の