精神 科 コロナ。 コロナ不安【不安と葛藤を解消する方法】心療内科|ひだまりこころクリニック,メンタルクリニック,精神科

【コロナうつについての相談(心療内科・精神科)】

精神 科 コロナ

新型コロナウイルスが精神医療に与えた影響 影響は大きい みなさんこんにちは。 はい、今日はニュースで聞かない日はない、新型コロナウイルスの話題ですよ。 いやはやすごい勢いですね。 僕個人はまあ、感染しない努力をした上で感染したら仕方がないと思うので、 感染そのものはそれほど怖くありませんけど。。。 それより内科や感染症科の先生が疲弊しているのが可哀想でしたが、 どこかで自分たちが忙しくなることはないとたかをくくっていました。 しかし・・・・ 「コロナで家から出られないから、ストレスが溜まって・・・」 「コロナにならないか心配で心配で・・・4時間も手を洗っちゃって・・・」 コロナ関連の患者さん、増えてます。 SNSでは、コロナうつ病、コロナ恐怖症、コロナ強迫症(俗称)と言われ、騒がれていますが。 実際に受診される方がいるとなると、実際にいるんですね…。 ならば今回は、メンタル不調の方向けに、精神科目線でコロナ対策を書こうかなと。 災害があると、PTSD(外傷性ストレス障害)が増えるのに似ていて、 ある種仕方がないですよね。 適応的な不安のススメ もしこの記事を見ている方がコロナで何かしらの不安を抱えているなら、 まずその不安は適応的な不安かどうか、気付くことからはじめましょう。 たとえば、 「留年するのが怖いから、勉強する」 これは、勉強するという適応的な行動につながっているので、適応的な不安ですね。 では、これはどうでしょうか? 「留年したらどうしよう。 不安で夜も寝付けない。 勉強も手につかないし、友達にどれくらい勉強したか確認する電話ばかりしてしまう」 ・・・これは、結果役に立つ行動につながっておらず、結果不安のために損している状態です。 これは、不健全な不安と言えますね。 では、「新型コロナが怖い」ことはどうでしょうか? 自身の行動が、適度な手洗いや手指消毒、混雑を避ける、十分な睡眠やバランスのとれた食事につながるのなら、 それは適応的な不安です。 しかし、家から一歩も出なかったり、ずっと寝たきりになっていたり、何時間も手を洗っているのは、 不健全な不安ではないでしょうか? ストレスがかかっていると感染症のリスクがあがる、というエビデンスもあります。 不健全な不安にはメリットがないということに、 まず、気付くことが大事です。 気づいた後はどのようにすればいいでしょうか? たとえば、不健全な不安で家から一歩もでない人は、以下のように想定されます。 上記の例でいうと、私たちが変えやすいのは、行動です。 行動しましょう。 例えば、人が集まらない、感染リスクが少ないところに外出するのです。 自然が多いところとか、いいかもしれませんね。 日光と新鮮な空気を吸って、リフレッシュするとか。 そして、そのような外出をしても実際に体調が悪くならないことを確認できれば、次第にその不安が減っていくでしょう。 どうしても家から出られないという方は、まず小さな外出から初めてみましょう。 自宅から近くの公園までいくとか、コンビ二で甘いものを買うとか。 スモールステップでも、次第に不安が減ることが期待できます。 不安は、適応的に。 Stress related disorders and subsequent risk of life threatening infections: population based sibling controlled cohort study. BMJ Clinical research ed. 2019 10 23;367;l5784 更新:2020.

次の

コロナウイルスと精神科 その1 サイトカイン

精神 科 コロナ

2020. 21、精神科単科病院での新型コロナウイルス発生が報道されました みなさま、院内でクラスターを発生しただの、そういった情報には興味があれど、 その病院が「どんな病院か」ということには、あまり興味がないかもしれません。 七山病院の場合(大阪府熊取町) 七山病院というのは、関西空港に近い、大阪の南の方の病院で、 「精神科単科病院」 です。 内科の常勤員がいるのかどうか、とか、そういったことは知りません。 また、大阪では「なみはやリハビリテーション病院」の院内感染がセンセーショナルですので、ニュース自体が少しなりをひそめていた印象です。 しかし、病院のHPにはしっかりと新型コロナウイルスの顛末が載っています。 このケースの場合、亡くなった2人のうち、 措置入院というのは、これは精神保健福祉法にのっとった入院の形態の一つで、「自傷他害のおそれ」がある患者さんに限った入院の形です。 本人の意思にはもちろんよりません。 家族の意思も反映されません。 2人の精神保健指定医(国から認定を受けた医者)の診察によって入院が決定し、入院費用に関しては税金から支払われるという入院です。 この措置入院の重要なところは 「解除されるまで病院から出してはならない」ということです。 ただ、「精神科病棟を持っている総合病院」への搬送には「精神保健福祉法」で定められた基準があり、精神保健指定医1名の同乗を持って、相手方の病院に届ける、という搬送方法があります。 ここで、記事の中から少し院長代行先生の言葉をピックアップさせていただくと、 病院は、精神科のみを扱う単科病院で、マスクや防護服が不足していることなどから感染者の対応が困難だと県に転院の相談をしましたが、入院治療の継続を要請された。 「精神症状がある患者ということで転院できず、結果として感染者を出してしまい遺憾に思います。 感染した精神科の患者の受け入れの仕組みが必要だ」 この言葉、非常に重たく受け止めていただきたいな、と思うのです。 ただの骨折や心不全さえ転院を拒否されてきた歴史 精神科しかない、精神科単科病院というのは、全国にごまんとあります。 第1回目の東京オリンピックの時に量産されたからです。 当院もその時期にできています。 精神科の不足の名のもとに、 看護師一人当たりに割り振られる精神科患者というのは、15:1で許されてきました。 一般病院では、あり得ない数に思われる方も多いでしょう。 (あ、もちろん精神科でも「急性期病棟」では1人の看護師さんが請け負う患者さんの人数は少ないです)」 精神科の病院に50年近く入院したまま、という患者さんもたくさんいます。 こんなふうに。 新型コロナウイルス(COVID-19)だからといって急に転院させてくれるわけがない。 わかっていました。 でも、相州病院の先生のおっしゃる通りで、 「マスク」「ガウン」「防護服」は「精神科だから」と供給は後回しにされています。 だから、今回、病棟内でクラスターが発生したのではないかと言われる事態が起きた。 今までも、露骨に、 「うちは精神科病院からの転院はとらないから!」と明言してくる大病院もありました。 しかも、どちらかというと公的な病院じゃないのかと思われる病院で。 (筆者が全て言われてきたことなので被害妄想ではありません(笑)) 誰にでも新型コロナウイルスの治療を受ける平等な機会を 精神科に入院してたせいで、新型コロナウイルスの治療を受ける機会を奪われてはならない。 精神疾患があっても同じ人間である限りは、医療を受ける機会は平等であってほしい。 精神科医の、悲痛な胸の内です。 もちろん、当院で新型コロナウイルスが出た場合、おそらく相州病院と同じ、「棍棒でラスボスに立ち向かう」こととなるのでしょう。 その覚悟は、最初からすでにできています。 当院の方針としては、 「新型コロナウイルスが発生した場合は病棟内で収束を目指す」 ですので、他の病棟の患者を全力で守る。 外来は全て電話にする。 「ウイルス性のARDS(呼吸不全を伴う死にそうな病状)」に対して、「酸素吸入」以外のカードは持っていないですからね。 棍棒すら持てているのか怪しいところです。 でも、やるしかない。 精神科の単科病院には、「他の科の医師」ですら「偏見の塊」をお持ちなんです。 それが、現実です。 まとめ 精神科医の覚悟 精神科の単科病院での新型コロナウイルスの発生が起こり始めてきました。 精神科に入院していたせいで「感染症指定病院」へ転院できない事態が起こっています。 われわれは、それはとっくに覚悟を決めていました。 でも、いつか精神科の患者だからといって、健康な人と同じ医療が受けられる社会が来てほしいと思っています 少し熱くなってしまいましたが、おそらく全国の精神科単科は同じ思いかなと思います。

次の

精神科単科病院での新型コロナウイルス発生を受けて(所感と覚悟)

精神 科 コロナ

「自粛疲れ」「コロナうつ」など、多くの人が非常時のストレスによる不調を感じています 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言でこれまでの生活が一変し、「こんなことが現実に起きるのか……」と感じられている方は少なくないでしょう。 私は千葉県内の精神病院に勤務しているため現在も変わらず通勤していますが、通勤電車内には学生さんの姿もなく、普段同じ時間に乗車されていた社会人の方々の姿もかなり減っています。 駅前も駅中も多くのお店のシャッターが降りていて、それぞれが「非日常」の毎日を送られているのだと感じます。 今回は、非常時における精神的ケアのポイントについて解説します。 「コロナうつ」? ストレスによる心身の症状や深刻さはそれぞれ 自粛生活が原因で気持ちが抑うつ状態になる方も増えているようで、もちろん正式な病名ではありませんが「自粛うつ」「コロナうつ」といった言葉もよく見聞きします。 今回のような非常時を含め、それまでの日常が非日常になるような生活習慣の急変は、誰にとっても大きなストレス要因です。 とはいえ、その程度は人によって様々です。 日常生活の変化によるストレスレベルや心身の健康状態が損なわれるリスクの程度については、一概に言えるものではありません。 今、多くの方が同じような状況に置かれていますが、変化に戸惑う部分はあるものの大きな問題はなく過ごせる方もいれば、気持ちが落ち込んで誰とも口をききたくないほどの抑うつ状態になってしまう方もいると思います。 これは多くの心の病気と同じく、原因となる出来事以上に、個人差によるところも大きいです。 また、ストレスによる問題の表れ方にも多様性があります。 頭痛などの身体症状がひどくなる方もいれば、抑うつ心理やイライラなど精神症状が深刻化してしまう方もいます。 ストレスが飲酒やDVなどその他の問題行動の引き金になってしまうケースもあるため、注意が必要です。 コロナうつ解消法……軽い抑うつ感は自分にあったリフレッシュ法で対処を そこまで深刻ではないものの、何となく気持ちが沈んでしまう、いわゆる「コロナうつ」「自粛うつ」の状態の方は、まずはセルフケアでうまく対処していきましょう。 コロナに限らずストレスフルな日が続くと、自律神経系の不調などから心身に悪影響が出てしまうことがあります。 医師としてできるアドバイスも、特殊なものではなく、ごくシンプルです。 具体的なストレス対策の基本は• 睡眠時間を確保すること• 健康的な食事をとること• 体をしっかり動かすこと の3つです。 日々のストレスに対しても、非常時のストレスに対しても、この基本的な対処法が有効なことは確かです。 私自身は、ストレス解消も兼ねて、自宅のエアロバイクをなるべく毎日20分程度こぐことを日課にしています。 これは自分にはなかなか合っている対策法だと思っているのですが、これを誰かに勧めると、「そんな単調な運動は、自分はとても毎日続けらない」といった反応が返ってくることも珍しくありません。 ストレスによって受ける影響や程度と同じく、適したストレス解消法も人ぞれぞれです。 どんな方法も、それぞれの状況で自分で効果を実感できればよいので、健康的で自分に合うリフレッシュ法をぜひ見つけて、日々のセルフケアに取り入れてみてください。 コロナうつからうつ病に? 精神科・心療内科受診を検討すべき目安 現在言われているいわゆる「コロナうつ」の症状を感じる場合、まず注意すべきなのは、本当の「うつ病」の始まりではないかという点です。 「一時的な抑うつ状態」と「深刻なうつ病」の違いは、簡単に言えば「しばらくすれば自然に元に戻るか、放っておくと悪化するのか」です。 症状が次第に悪くなってしまう場合、適切に対処しないと、原因となっている脳機能の状態がますます悪くなってしまう可能性があります。 普段の自分ではないような状況が1週間以上続いている• それにより、日常に明らかな問題が出ている といった場合は、本当のうつ病の可能性を警戒してほしいです。 状態が改善せず、目の前のことにまったく集中できないなどの問題が出ている場合は、精神科や心療内科などの病院受診を真剣に考えることが大切です。 心の健康管理のために、不安や悩みの共有も有効 コロナによる日常生活の大きな変化は、誰にとっても非常にストレスフルな状況だと思います。 不安などはできれば自分1人で抱え込まずに、家族や親しい仲間と話してみるのもよいと思います。 「密」を避けるといったコロナ時代ならではの配慮も必要ですが、人とのつながりは厳しい時こそキープすべきで、自分でも仲間同士でも心の健康管理やそのためのコミュニケーション等も頑張りたいところです。

次の