グッ と くる サマー。 大森靖子 勹″ッと<るSUMMER 歌詞

【感想】グッバイ、サマー / 必然の出会いと経験が少年を変える!鉄腕DASHを感じる青春ロードムービー!

グッ と くる サマー

先生にも女の子に間違われるほど繊細な容姿でもあり、画家を目指している主人公ダニエル。 彼のクラスに転校してくるのは自分をしっかり持っているテオ。 子供でもない、大人でもない14歳という狭間の時期をどうやって乗り越えていくか、一緒に旅をしながら見守れるストーリーです。 個性的でものおじしないテオにダニエルが声をかけて、二人はすぐに意気投合し友人同士になります。 リサイクル工場で集めた部品を組み合わせ、エンジンも搭載させた車を完成させた二人は夏のバカンスに出発。 旅の目的は青春の一ページに違いないものの、二人の思惑がすれ違い、大きなけんかに発展するのです。 一度は離れてみたものの二人の個性的な友情は壊れていませんでした。 フランスを南下して旅をしてたどり着いた終着点からの帰省。 彼らを待ち受けている現実はどんなものなのか、見逃すことはできないでしょう。 画家をめざし自分らしくありたい主人公のダニエルと、ある日彼のクラスに転校してくる個性的で自立した少年テオのひと夏の青春を描いています。 子供でもない、大人になりきれない狭間の14歳の少年たち。 ある日、ダニエルは個展を開くことになります。 少年の小さな才能を取り上げた新聞記事もあったものの、友人はおろか家族さえ見に来ませんでした。 そこに現れたのはテオだけ。 彼は誰もいない画廊の中にたくさんの人がにぎわっているかのような様子でおどけてみせて、ダニエルの頑張りをたたえてくれます。 テオの家に招かれたダニエルは、一緒に食事をして彼の両親の放任感に驚くも、テオの機械への知識にはまり一緒にエンジンの修理をしたり。 生活環境もなにもかも違う二人は一緒に過ごすことで友情が明確なものになっていきます。 そして、リサイクル工場で集めてきた部品を組み合わせて車を完成させ二人の夏休みの旅は始まります。 二人の意見で完成した車に乗って、楽しいバカンスを目指して進んでいく道中、おかしな大人に出会ったり、散髪という名の冒険があったり。 繊細な母親を持つ主人公、放任主義で育ってきた友達、互いの個性が爆発しながら作り上げられる二人の旅なのです。 そして旅から戻ってきた二人に待ち受けているものは何なのか、大人がみて楽しめるストーリーです。 とにかく女の子にも見える中性的な風貌のダニエルと、個性的で魅力あふれるテオを見ているだけでも楽しめます。 フランス映画というだけあって、子供とはいえ子供っぽくないところがまた良しです。 繊細な14歳の少年二人が成長していく中、かけあう言葉はとてもストレートで素敵で、大人の心にも素直に響くものです。 個性とは何なのか、自分とはどうやって作られていくものなのか、自然な二人の姿から改めて発見したり考えさせられるストーリーです。 ダニエルはほとんどの場面でテオの言葉に「確かに」と納得させられながら感化されていくのですが、感化されている自分とも戦っています。 彼が女の子に間違われるのを卒業するべく、肩まである長い髪を切りに出かけたときに起こるトラブルには、笑いあり涙ありで最高に二人のかけあいを楽しむことができます。 このことで、テオもダニエルの強さを改めて実感したかもしれません。 二人の旅の中で、青春のもやもやした悩みが少しずつ解消されていくことを、最後には現実を見つめる必要もあるということを、しっかり実感できる映画です。 テオから見た大人になるとはどういうことかを考える 主人公ダニエルにはたくさんの悩みがあります。 画家になりたい自分、個性を発揮したい自分、女の子に間違われたくない自分、など自分をとりまく繊細な悩みに翻弄される少年です。 そしてその彼との友情を築くテオは、ストーリーの中で個性あふれる姿、自分を持っている姿、自然体でいる姿をみせてくれます。 2人の少年が悩み成長していく映画といえるかどうか、テオの悩みは直接的には出てきません。 うじうじしているダニエルに言葉をかけてやることができる、自立した少年という印象を受けるのです。 しかし状況は、放任主義のもと育った子供で、兄も遠くに送られ、良い環境にいる立場ではない彼。 ダニエルの悩みにこたえることで繊細な気持ちを理解しようとしたり、温かさに触れているのだろうかと思えるほど。 ただそれを表に出さない強さ、出せない弱さが繊細な時期を表しているのでしょうか。 思わずダニエルを応援してしまうメインストーリーではありますが、対照的なテオの心のうちを、本音で言い合える友人を大事にする温かい心を想像せずにはいられません。 最後にはテオにとって重い気持ちがのしかかりますが、あまり姿は出てこず、彼の少年なりの悩みを想像する時間にもなっているように感じました。 涙を流すほど笑って過ごす時間はありましたか?ないと答えた大人たちに観てもらいたい映画です。 現実の中で頑張っている大人の心に、熱すぎずハートフルでピュアな気持ちを思い出させてくれる映画だと思います。 男女問わず、思春期の思い出の中に共感できる部分があるでしょうし、大人になった今だから聞きたい素敵な言葉もたくさんでてきます。 この映画を見た後は、少しすがすがしくも切ない気持ちになるかもしれません。 自分をとりまく人間関係をフラットに見つめなおすきっかけにもなって、ほんのり前向きな気持ちが生まれるのではと思います。

次の

グッバイ、サマー(2015)

グッ と くる サマー

解説 「エターナル・サンシャイン」「僕らのミライへ逆回転」などを手がけたミシェル・ゴンドリー監督の自伝的作品で、14歳の少年2人が夏休みに旅をするロードムービー。 女の子のような容姿でクラスメイトから馬鹿にされ、多くの悩みを抱えている画家志望のダニエル。 ダニエルのクラスに、目立ちたがり屋で変わり者の転校生テオがやってくる。 周囲から浮いた存在同士、意気投合したダニエルとテオは、息苦しい毎日から脱出するため、ある計画を思いつく。 それはスクラップを集めて、自分たちで作った「夢の車」で夏休みに旅に出ることだった。 「アメリ」のオドレイ・トトゥが出演している。 2015年製作/104分/PG12/フランス 原題:Microbe et Gasoil 配給:トランスフォーマー スタッフ・キャスト 世界を歓喜させる才能を持ちながら、決してメインストリームに流されることのなく、やりたい場所で、やりたい作品とだけ格闘し続ける奇才ミシェル・ゴンドリー。 彼の自由なスタンスと唯一無二の創造性が一体どこから湧き出るのかいつも不思議でたまらなかったが、自伝的要素を併せ持つ本作では少なからずその源泉を探ることができる。 彼が少年だった日々、親友の男の子と繰り広げる奇想天外な家出の旅。 それもスクラップをかき集めて、住居にも変身できる車を作り上げてしまうのだから(ここら辺は自伝ではなく創作のようだ)、観ている側もあの夏の少年に戻ったみたいにドキドキしっぱなし。 トリュフォー映画を思わせるような繊細かつ大胆な会話や、彼を見守る家族の絆も根っこの部分でグッと暖かく、何よりも輝いているのが「みんなと同じでいたくない」という切なる思いだ。 その延長線上に今の作家性があるのだと考えると、ファンならずとも感慨深い想いを抱くに違いない。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【感想】グッバイ、サマー / 必然の出会いと経験が少年を変える!鉄腕DASHを感じる青春ロードムービー!

グッ と くる サマー

新キャラクターの日本語吹替えを担当したファーストサマーウイカと、日本語吹替版の主題歌を務めた岡崎体育が登壇し、クリスマスサプライズ演出として岡崎が主題歌を生歌唱し、会場を沸かせた。 また独特の世界観で注目を集めるシンガーソングライターの岡崎体育が、日本語吹替版の主題歌を手掛ける。 今回、全国64スクリーンで生中継された本舞台挨拶。 カメラに向かい、「向こう側でお前誰やねんて思ったやろー!お前見に来たんとちゃうと思ったやろー!」とさっそくキレキレのツッコミが炸裂するウイカ。 本作が声優初挑戦となったウイカだが、「今日は感極まりまして、 自身が声を吹き込んだ ミン・フリートフットのコスプレでやってきました!」と冒頭から意気込み抜群。 岡崎も「これは完全にミンやな」とすぐにコスプレに気づいたといい、ウイカが「めっちゃいいコンビやな」とすぐさま息の合った様子を見せていた。 続いて、先日本作のLAプレミアに参加したウイカの映像がスクリーンに映しだされると「今回はブルー・カーペットだったんですよ。 氷の感じを表現していて、めちゃくちゃよかった」とウイカが語り、遂に対面できたオリジナルキャストたちについては「すごく優しく対応してくださって。 ハリウッドセレブなんで、スカしてるのかな?とか怖がっていたんですけど 笑。 『声優やったのー?』って感じでみんな優しくて。 あと、めちゃくちゃみんないい匂いする」と明かしていた。 そして日本語吹替版の主題歌について話が及ぶと、岡崎が「公開時期がクリスマス近いということで、観てくださる皆さんもクリスマス気分を味わってもらえたらなと。 あと本作の主人公もちょっとさえないタイプの男の子なので、さえないタイプのクリスマスっていうのを曲にしてみようと」と制作の意図を告白。 ウイカも「すごくグッとくる」と話し、岡崎も「今回ネタもちょっと少なめで、けっこう真面目に書いています」と本曲への思い入れを明かした。 さらに本作では、声優でも参加している岡崎。 「エンディングでも名前が出てくるんですけど、なんの役か書いてない 笑。 僕一番最後に出てくる、修理屋の兄ちゃんの役で出てきます」と自身でアピールした。 そしてサプライズで、岡崎が自身初の書き下ろしクリスマスソングとなった主題歌「Merry Merry Christmas Night」を生歌唱!岡崎が踊りながら歌唱するバックで、ウイカもノリノリでダンスを披露した。 最後には、岡崎が「まさかおじいちゃんでこんなに感情が揺れ動くとは思わなかった。 すごくおもしろいシーンもたくさんあるんですけど、ほろっとするシーンもありますので是非観ていただけたら」と本作をアピール。 ウイカも「ジュマンジシリーズ大ファンの方も、今回初めての方も絶対楽しんでもらえる作品。 おじいちゃんおばあちゃん、お孫さん、たくさんのファミリーで観てもらいたい。 最高の年越しができると思う。 劇場で何回も観ていただけたら!」と心をこめて呼びかけた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の