マイクロソフト 株。 【米国株】アップルとマイクロソフト、どちらを買うべきか?

マイクロソフト 株価&チャート — TradingView

マイクロソフト 株

マイクロソフト【MSFT】その栄光の歴史と飛躍の現在 マイクロソフトは有名なビル・ゲイツ氏とポール・アレン氏によって1975年に設立されたソフトウェア会社です。 もともと中学、高校の同級生だった2人は高校時代に起業し、交通量計測システムを州政府に納入するなど、高校生離れしたプログラムに長けた学生でした。 その後、ビル・ゲイツ氏はハーバード大へ進学し、ポール・アレン氏はワシントン州立大へ進学、それぞれ中退します。 2人とも卒業はしていません。 ハネウエル社で勤務していたポール・アレン氏が大学生だったビル・ゲイツ氏を誘ってできた会社がマイクロソフト【MSFT】です。 マイクロソフト【MSFT】が大きく伸長するきっかけはIBMパソコンでした。 1980年、アップルが先行していたパーソナルコンピュータ業界にコンピュータ業界の巨人であるIBMが参入します。 IBMはパソコンの開発期間が限られてたため、OSを自社開発せず、外注します。 そのときに採用したのがのちのMS-DOSの原型であるPC-DOSと呼ばれるOSでした。 もっとも、そのDOSもマイクロソフトが他社から安価(約5万ドル)でライセンスを買い取ったもので、安価すぎるとのちに訴訟になっています。 MS-DOSはパソコンOSの先駆けとして大きくシェアを獲得します。 しかし、その限界も見えていました。 その限界の一番の理由は、文字ベースのOSであるというところです。 直接文字でプログラムを指定して動かすコマンドラインのやり方は、ある程度コンピュータに興味や造詣がないと親しみにくかったのです。 しかし、今のようなアイコンとマウスを用いたグラフィカルなOSは当時すでに登場しており、マイクロソフトもそういったOSの開発が急がれるところでした。 このとき、アップルからライセンスを獲得しようと交渉したり、アップルのサードパーティとしてワードやエクセルを開発しています。 その後自社のグラフィカルなOSとしてWindowsシリーズをリリースします。 大きく飛躍したのがウインドウズ3. 1、それに続くWindows95です。 これにより、パソコンが誰でも使える、家電のような存在になったと言えるでしょう。 その親しみやすさからOS分野で圧倒的なシェアを持ち、文字通り世界標準としてOS業界に君臨します。 そして、その流れはWindows登場から20年以上たった今でも続いています。 また、OSの世界標準であるWindowsシリーズで走るワードやエクセルもビジネスソフト界で大きなシェアを持ちます。 その後グーグルやアップルに追われる立場となり、インターネットブラウザなどではシェアを奪われていますが、マイクロソフトは依然ソフトウェア業界の巨人であることには変わりありません。 マイクロソフト【MSFT】の基礎データ ティッカー:MSFT 本社:アメリカ 上場:NASDAQ ちなみに、マイクロソフト【MSFT】はナスダックのダウ平均採用銘柄です。 ナスダック銘柄は原則4文字、NYSEは原則3文字です。 このごろはこの限りではありませんけどね。 マイクロソフトは圧倒的強みを持つOSであるウインドウズをはじめ、ワードやエクセルなどビジネスソフトなどのパソコン事業に軸足を置いていました。 パソコン出荷が落ち込む中、事業の見直しが迫られていました。 しかし、クラウド事業への参入が大変上手くいっており、サブスクリプション化含めて見事に業績は復活しましたね。 この5年の変容は特に著しいです。 マイクロソフト【MSFT】の配当とチャート マイクロソフト【MSFT】の配当と株価チャート• 2006年 8月 株価26ドル 配当0.09ドル• 2016年 5月 株価53ドル 配当0.36ドル• 2017年 8月 株価83ドル 配当0.39ドル• 2019年 5月 株価123ドル配当0.46ドル 2006年といえば、ビル・ゲイツ氏が2年後に引退すると発表した年です。 その後も順調に株価は上がり続けています。 ゲイツ氏後任のスティーブ・バルマー氏は賛否ありましたが、黎明期からの功労者です。 現任のサティア・ナデラ氏はインド出身で、見事に業績向上をさせました。 大復活と言ってよいでしょう。 創業者からの世代交代はどの会社も頭を悩ませるところですが、マイクロソフト社の場合は比較的それがスムーズに、そして上手くいっている会社ということになります。 株価はこの10年で5倍、配当は5倍になっています。 かつては高配当でしたが、およそ1.4%まで配当利回りは下がっています。 これだけ株価が上がると当然ですね。 その増配率の高さは目を引くところです。 マイクロソフト【MSFT】の配当と配当性向 マイクロソフト【MSFT】の配当と配当性向 見事な増配歴が見て取れます。 シスコシステムズもそうですが、かつての成長株が成熟株に転じたときは割と早いペースで増配をし、高配当化する傾向にあります。 が、マイクロソフトの場合は業績の伸びが素晴らしく、株価も高騰しました。 そのため、再び低配当利回り化するという珍しい過程を経ていますね。 増配ペースは順調ですが、同時に配当性向も上昇しています。 配当目当ての株ではなくなりましたね。 かつては高配当ETF【VYM】の組み入れトップでした。 マイクロソフト【MSFT】のBPSとEPS マイクロソフト【MSFT】のBPSとEPS 1株資本と1株利益です。 マイクロソフト【MSFT】は自社株買いに比較的熱心な企業です。 この10年でおよそ1割の自社株買いをしており、それに伴いBPSは倍以上になりました。 EPSはやや物足りないですが、業績は悪くないので今後も期待したいところです。 マイクロソフト【MSFT】の売り上げと利益 マイクロソフト【MSFT】は10年前までは営業利益率が40%近くある驚異的な高収益企業でした。 マイクロソフト【MSFT】の売り上げと利益 その後2010年代に入ってやや低下したものの、依然として高い営業利益率を保っています。 2019年の決算では40%台の回復が確認されました。 先行投資してきたクラウドサービスが収益化されてきています。 売り上げは1.5倍になりましたが、営業利益が伸びないのが難点でした。 しかし、近年の経営改革により業績の改善が鮮明ですね。 サーバーOSなどではLinuxというライバルがあり、実際シェアもそこまで高くありません。 また、モバイルではアンドロイド、iOS、ブラウザではクロームなど様々なライバルが存在します。 とはいえ、職場においてパソコンを上回る入力装置はほかになく、スマホやタブレットが全盛とはいえWindowsの牙城は揺るがないでしょう。 また、オフィスシリーズに代表されるビジネスソフトは殆ど企業間の共通言語化しており、欠かせない存在です。 利用者は全世界で10億人を超えます。 これらアプリケーションのサブスクリプション化が業績に貢献しています。 また、近年ではクラウドのMicrosoft Azureが売り上げを驚異的に伸ばしています。 直近決算でも70%を超える成長率が確認されましたね。 全ての分野において成長をしているMSFT 売り上げや営業利益はアップルの半分程度ですが、圧倒的なワイドモート企業であり、それは数年で揺らぐものではありません。 マイクロソフト【MSFT】のキャッシュフロー この10年でジワジワ投資CFが増え続けているのが一目で分かります。 マイクロソフト【MSFT】のキャッシュフロー マイクロソフト【MSFT】が今最も力を注いでいる分野の1つがクラウド分野(Azure)です。 実際に業界2位のベンダーになっており、新たな収益の柱に育ちつつあります。 1位はAmazonです。 また、Googleなどの他の強力なライバルも控えており、この分野での競争の激しさを物語っています。 しばらく投資CFは増加傾向かもしれませんが、業界におけるクラウドの重要度を考えると妥当な投資と言えるでしょう。 変化の激しいIT分野において、見事に時流にキャッチアップしている企業の1つです。 関連記事です ハイテク系ということでシスコシステムズ【CSCO】も高配当で有名です。 Microsoftほどの強みは無いでしょう。 バンガードの高配当株式ETFであるVYMはマイクロソフトを組み入れ上位に据えていました。 今となっては信じられないですね。 そのVYMの比較記事です。 よく並び称されるHDVとの違いについて言及した記事です。 選択肢が複数あるのが米国ETFの魅力の1つと言ってよいでしょう。 tapazou.

次の

【MSFT】マイクロソフトの株式を10万円追加購入|モモの株式投資

マイクロソフト 株

株式市場は過去4週間に渡って大きく値を下げた。 米国における新型コロナウイルス拡大の影響を受け、大手テクノロジー銘柄も同様に下落している。 市場が調整局面入りする一方、一部の投資家は割安となった株式の買いに動いているだろう。 以下では新型コロナウイルスの終息に備えて、アップル NASDAQ:AAPL とマイクロソフト NASDAQ:MSFT を比較する。 アップル NYダウ平均株価の構成銘柄であるアップルは、新型コロナウイルスによって最も大きな影響を受けている。 1月29日の最高値である327. com 新型コロナウイルスは、アジア市場で強い存在感を発揮するテック企業に大きな影響を与えている。 新型コロナウイルスの拡大により、同社は様々な課題を抱えている。 例えば、中国以外のアップルストアは閉鎖されており、米国では4月末まで従業員を自宅待機としている。 アナリストの懸念は、新型コロナウイルスによる混乱により、5G対応新型アイフォンの発売に遅れが出ることである。 しかし、新型コロナウイルスは一時的な問題として考えられており、同社のイノベーティブなエコシステムと莫大なキャッシュが投資家を魅了している。 エバーコアISIのアナリストであるAmit Daryanani氏は29日、キャッシュリッチなテック企業は「コロナウイルスの嵐を乗り切るのに最適である」と述べた。 また、アップルは「我々の知る中でも最大級にキャッシュリッチである」と付け加えた。 同社の短期負債と長期負債の合計が1080億ドルであるのに対し、現金は2070億ドルとなっている。 マイクロソフト 新型コロナウイルスの拡大にも関わらず、マイクロソフトはテレワーク需要の恩恵を受けている。 また、同株の長期的な好材料は、企業や政府のクラウドコンピューティングへの移行である。 同社によると、ビデオ通話やチャットなどが行える同社サービスのTeamsは、デイリーユーザーが1週間で1200万人増となり計4400万人まで達した。 また、同社は31日、Teamsにコンシューマー向け機能を追加することを発表した。 総括 アップル、マイクロソフトは両者ともに、強力なプロダクトと頑健なバランスシートを有しており、景気後退を耐え抜く最良の銘柄と言えるだろう。 しかし、アップルの方がマイクロソフト以上にサプライチェーンの影響を受けており、短期的にはリスクの高い投資かもしれない。 (提供:より) 著者:ハリス・アンワル•

次の

マイクロソフトの銘柄分析と将来株価予想!ナデラCEOの功績で株価上昇中!【MSFT】

マイクロソフト 株

マイクロソフト株といえば株価上昇も配当成長も狙える米国株。 おすすめ米国株として名前がよくあがります。 ではマイクロソフトとはどのような会社なのでしょうか? マイクロソフト【MSFT】とは世界的なソフトウェアメーカーです。 互換性の高さによって業界覇者として君臨しています。 PC用OSのWindiowやOfficeは世界トップ。 さらにマイクロソフト【MSFT】はゲーム機のXbox、小型PCのSurfaceなどのハード機も健闘しています。 そしてクラウドサービスAzureやOffice365で成長軌道にのっているのです。 SNSのリンクトイン買収をするなど今後のマイクロソフト【MSFT】戦略にも注目。 トリプルエー格付けとはジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)とマイクロソフトのたった2社だけ。 ただし格付けを信用しきってはいけません。 リーマンショック時にはAAA格付け銘柄の破たんが相次ぎましたので。 本記事は米国優良株シリーズの一環です。 銘柄分析とまではいかないのですが、おすすめアメリカ株のひとつであるマイクロソフト【MSFT】の企業紹介をしていきます。 マイクロソフト【MSFT】の事業構成は、ハードだけに留まらない• ここで重要なのは【MSFT】マイクロソフトとはパソコン機器やOfficeなどのOSに頼った企業ではないということです。 Productivity and Business Processesとは、Officeがメイン• 法人および消費者顧客向けの「Office」• 「Office 365」• 「Dynamics」• 「Dynamics CRM Online」 Intelligent Cloudとは、アジュールや各種サーバー製品• 「Windows Server」• 「SQL Server」• 「System Center」• 「Azure」• 「Enterprise Services」などのサーバ製品およびサービス More Personal Computingとは、Windowsやデバイス類• 「Windows」OSのライセンス収入• 「Surface」や携帯端末などのデバイス類• 「Xbox」などのゲーミング製品• 検索 マイクロソフト【MSFT】の株価指標 2018年1月2日 ティッカー MSFT 株価 86. 35 PER 30. 52 EPS 2. 83 配当 1. 6% 配当月 3・6・9・12月 増配年 15年 増配率(5年) 16. 株価は30ドル前後をいったりきたり。 インターネットバブル時のピーク株価を超えずにいました。 1999年のドットコムバブル時の最高値を超えたのは2016年になってからです。 前のピーク株価を追い抜いたのも2014年にはいってからでした。 10年以上もマイクロソフト【MSFT】株価は停滞していたわけです。 ところが2013年以降、マイクロソフト【MSFT】株価は右肩上がりにぐんぐんと上昇しています。 ビジネスモデルの変革が功を奏し、株主にも認められた結果でしょう。 このあたりに、米国株というか覇権国アメリカの大企業の強さが見え隠れします。 なにせマイクロソフトは20年以上も世界時価総額ランキングでトップ10を維持しているのですから。 主力事業のリスク 主力製品であるWindowsやOfficeなどのOSは、スマートフォンやタブレット端末の浸透により消費者に必ずしも必須とは言えない状況です。 インストール率はまだまだ低下すると予想できます。 一方でWindows10の導入はその低下率を下げることで、マイクロソフト【MSFT】の成長に寄与するかもしれない可能性はあります。 競合リスク マイクロソフト【MSFT】の成長戦略のひとつにクラウドサービスがあります。 Azureが活躍しているのです。 Azureはクラウドで第2位の地位に至るまでになりました。 ところがAmazon Web Servicesとの差はまだまだ大きいのです。 さらにGoogle・IBM・セールスフォース・オラクルなど多くの競合他社がクラウドの分野で拡大を計画しています。 新規事業リスク マイクロソフトは2013年にNokiaの携帯電話事業を買収しスマホ事業に参入しました。 ところが最近になりポートフォリオを見直し、スマホ事業を縮小しています。 ハードウェアサービスをXboxやSurfaceに集中し、アップルやサムスンなど競合ひしめくスマホデバイス事業とは距離を置いたのです。 しかしながらゲーム機や小型PC分野もまた競合他社が多いことは注意したいですね。 私は2017年中盤にMSFTを売却してしまいました。 じつは売ったのをちょっと後悔しています。 マイクロソフト【MSFT】の特徴をあらわすと• と称されるグロース株代表• 株価上昇に期待大• 大手で安定業績• 連続増配15年• 高い増配率 尚、とはNASDAQに上場する以下5銘柄をさします。 Facebook(FB)• アマゾン()• アップル()• マイクロソフト(MSFT)• アルファベット(GOOG) マイクロソフト【MSFT】のことをグロース株というのかバリュー株なのかは、ひとによって意見がことなるでしょう。 ただしマイクロソフト【MSFT】が世界有数のブルーチップであることは間違いないはずです。 株価上昇も配当金も狙えるのがマイクロソフト。 ナスダックの巨人達はいつも注目の的ですね。 QQQの構成銘柄(2018年3月時点)• :11. 45%• 35%• 著者はMSFT株を保有していません。 この記事は自分自身の備忘録として記述したもので、読者にMSFT株の投資を推奨することを目的として書いていません。 投資判断はご自身で行ってください。 【 参考:】 NYダウに注目した記事•

次の