番長 3 設定 差。 %page_title%

%page_title%

番長 3 設定 差

押忍!番長3 強制勝利(逆転)当選確率 設定 当選率 設定1 0. 強制逆転抽選が発生する対決とは? 強制逆転抽選が発生する対決は初回の対決のみです。 例を使って解説します。 とにかく 初回の対決のみ強制逆転が発生すると覚えておきましょう。 強制逆転抽選は前兆や対決中の演出にも注目 強制逆転抽選は 対決敗北時に発生します。 ここは超重要です。 対決成立時や対決中にはまだ強制逆転は抽選すらされていません。 つまり対決突入時の前兆演出や、対決中の演出が強い場合は もともと確定対決で勝っていた可能性が高くなります。 対決突入前にこのようなアツい演出で煽っていたり、 対決中にチャンスアップなどが出た対決はサンプルから除外しましょう。 中対決と強対決は逆転抽選が強いのでサンプルから除外 そもそも中対決と強対決はハズレやリプレイでも逆転抽選が強いです。 逆転当選時の後告知の振り分け 逆転当選成立役 後告知 ベル 87. 最も遭遇するベルでの逆転抽選は12. 強制逆転を見抜く上で重要なハズレ・リプレイ・MBでの振り分けも 逆転抽選時の即告知は12. 弱対決で2G連続ハズレ時の勝利告知確率 各弱対決の2G連続でハズレ・リプレイ・MB成立時に そのまま勝利告知される確率を計算してみました。 中対決でハズレ・リプ・MBしか引かず 逆転当選して即告知される確率 対決種目 告知率 チャッピー ラグビー 約1. やはり中対決で何も引かずに勝利は強制逆転かも?って感じの捉え方ですね。 強制逆転判別のまとめ• 強制逆転当選時は必ずその対決で告知される• 次回予告や激熱演出からの対決はサンプルから除外する• 対決中にチャンスアップが発生して当選した場合はサンプルから除外する• 中対決・強対決はサンプルから除外する このような感じになります。 設定6であれば6. 演出などに注目して設定判別に役立てましょう。 以上、押忍!番長3 対決内容と対決敗北時の強制勝利 逆転 抽選についてでした。

次の

サラリーマン番長 設定判別・設定差 解析まとめ

番長 3 設定 差

設定判別のポイント 機械割:98. 0と大きな設定差あり。 0と大きな設定差あり。 引き戻し特訓突入率は偶数設定かつ高設定ほど優遇。 中でも設定6は別格で確定対決前兆へ移行しやすい。 設定6は通常A移行率が低く、ベル回数32回を抜けづらい。 天国移行率や通常B・チャンスに期待できる特定ベル回数に注目! 共通ベルは偶数設定かつ高設定ほど出現率が高い。 通常時も停止型で共通ベルを見抜けるケースあり。 ART中G数カウントが面倒な場合は押し順ベルとの比率判別も有効。 対決中ベル・レア小役なしからの謎当たりは高設定ほど優遇! 設定6はART当選時に豪遊閣スタートしやすい! ただし初期ストックあり時の豪遊閣と完全に見分けることはできない 通常時・低確中チェリーからの対決発展は高設定ほど優遇! MB中チェリーやART中は対象外 弁当箱からの高確移行率は偶数の方が優遇される。 さらに設定5・設定6は高確30Gが選択されやすい。 設定6のみ青BBが選択されやすい。 ただしBB天国中の青BB選択率は全設定共通。 設定5はART中番長ボーナス当選時の絶頂対決突入率が別格! 設定5以外……6. 設定配分にもよりますが、下が設定2ベースなら通常対決の引き戻しはあまり参考にならない要素です。 設定6狙い時に注目すべきポイントは、 圧倒的に優遇されている確定対決前兆への移行率です。 確定対決は ・前兆中に強い演出が出やすい ・前兆ゲーム数が普段より長い ・対決に発展せずそのまま当たる ・次回予告発生 ・対決種類や対決中の演出が強め など演出等を総合的に見ればたいてい見抜くことができます。 一度でも引き戻しからの確定対決を確認できれば設定6の可能性が大幅にアップするので、前兆挙動からしっかり見極めていきましょう。 ART中のモード移行率は設定差なし。 通常A滞在時 設定 通常A 通常B チャンス 対決連 1 49. 0回 28. 2回 23. 4回 5.

次の

押忍番長3 設定判別ポイント前編~奇数偶数判別~

番長 3 設定 差

通常A・チャンス・対決連からの通常A移行率 設定 通常A・チャンス 対決連 7回以内 1 49. そしてチャンスモードとモードBの滞在率が別格になっています。 モード毎の規定ベル回数振り分け 実際に32ベルまでのモード毎の規定ベル回数を見ていきましょう。 10ベル・20ベルはモードBのみゾーンになっています。 そして 24ベルがチャンスモードのゾーンになっています。 一番問題の32ベルですが、実は 32ベルの振り分けは通常Aが一番多いです。 つまり32ベルで対決当選すると通常Aの可能性がアップするということです。 ですのでどうしても〇〇ベルまで!という風に判別したいのであれば 24ベルを抜けるかどうかで判別するのがベターです。 つまりチャンスモードは32ベルを抜けないというよりも 32ベルになかなか到達しないモードなのです。 設定判別時は32ベルを抜けないというように見るのではなく、 24ベルを抜けないかどうかで判別するようにしましょう。 ちなみにしっかりとモードや振り分けを把握している方は• 24ベルのゾーンで当選しているか?• モードBへ移行しているか?• 通常A濃厚のゾーンで当選していないか?• 通常Aで薄いゾーン外で当選しているか? このあたりを見て判別する方が精度も高いのでオススメです。 詳しい解析を覚えれないし確認するのも面倒!っていう人は とりあえず32ベルを基準にするよりは24ベルを基準にした方が 圧倒的に低設定をダラダラ打つ可能性が少なくなるのでいいでしょう。 エフェクト発生でのモード判別の注意点 規定ベル回数の振り分けが濃いゾーンになると ベルカウンターの回数がカウントされるエフェクトが変化します。 チャンスエフェクトや落雷が発生するエフェクトなどがあります。 このエフェクト変化ですが、ベル回数10回や20回で発生すると 通常Bモード滞在の可能性が濃厚になります。 ちなみに24回のベルに関しては全モードでエフェクト変化が発生します。 24回のベルでエフェクト変化が発生してもチャンスモード濃厚には なりませんので注意しましょう。 詳しくはコチラの記事を参考にしてください。 関連記事 感想・まとめ 案外設定6でも展開が悪いとガッツリとベル回数はハマったりします。 ゲーム数のハマリに惑わされずに、モード移行をしっかりと把握しましょう。 まぁハマリが発生する可能性があるとは言いましたが、 設定6の場合は通常BB確率や高確移行・チェリーからの対決も 他の設定より優遇されていますので、設定差無しのベル回数振り分けが悪くても 他の設定よりも圧倒的にハマリにくくなっています。 結局はトータルで見ることが重要だということですね。 以上、押忍!番長3 規定ベル回数振り分けと注目すべきベル回数についてでした!.

次の