ビートルズ yesterday 歌詞。 The Beatles

イェスタデイ Yesterday:歌詞の和訳と解説

ビートルズ yesterday 歌詞

確か中学時代の英語の時間、「英語の歌を歌ってみましょう」ということで、Yesterdayの歌詞が配られた。 どこかの本からコピーしたものか、楽譜、英語の歌詞、日本語の歌詞が書かれていたと思うが、先生は「日本語の歌詞は気にしないでください」と言っていた。 当時の僕らも洋楽の歌詞を即座に翻訳できるスキルはなかったが、わりと簡単な単語でできてるので、の大体の意味はつかめたのだが、日本語とずいぶん違うんだなあと驚いたものだ。 途中までしか覚えていないが 英語の歌詞が Yesterday all my troubles seemed so far away Now it looks as though they're here to stay Oh I beleve in yesterday であるのに対し、それに対応する日本語歌詞が イエスタデイ 幸せな昨日は ガラスの箱の中 今日に背を向けて となっていた。 「幸せな昨日?ガラスの箱の中??どこにもそんなこと書いてなくねえ???」と、先生が気にするなと言ったにもかかわらず、クラス中大受けであった。 なのでいまでも冒頭を覚えているのだ。 ただ、「文章を正確に翻訳したもの」と思わなければなかなか美しい歌詞だと思う。 洋楽を無理に直訳すれば、の芸みたいになるもんな。 また、この時だったか別の機会だったか、ビデオで外国人の女性が歌う英語教材な感じのYesterdayを見た事があるのだが、このとき、原曲では Why she had to go? I don't know, she wouldn't say のようになっている部分を Why he had to go? I don't know, he wouldn't say と、she をheに置き換えて歌っていたのである。 確か画面に出る字幕でも「he」になっていたと思う。 男性主観の歌を女性が歌う場合、女性主観に切り替え、原曲で「彼女」といってる部分を「彼」に置き換えるのが欧米流なのだろうか??と不思議に思った。 僕は子供の頃、や中条きよしの歌う女性主観の歌が気持ち悪くて、「このひと男に見えるけど女なの?」と親に聞いた覚えがあるのだが、成長するに従って男が女の立場で歌ったり、逆に女が男の立場で歌うこともあるのだということを納得したのだが、欧米ではそういう文化がないのだろうかと悩んだのだ。 の「」をカバーした女性歌手は「she」を「he」に置き換えたりはしていないようだ。 してみるとあのYesterdayはなんだったのだろう。 juangotoh.

次の

『Yesterday』The Beatles 歌詞和訳|『イエスタデイ』ビートルズ

ビートルズ yesterday 歌詞

||| | ビートルズの世界 20世紀のスーパーサウンズ ビートルズ Beatles をはじめて聴いたときの驚きは今でも忘れられない。 あれは筆者が高校生だったときだ。 それまで音楽といえば、クラシックを別にすれば、美空ひばりや三橋美智也の歌う歌謡曲が主体だった。 日本の歌謡曲というものは、民謡や浪花節と同類で、節回しだけで聞かせるところが今でもある。 そこが単調に聞こえる。 当時青年だった筆者にとっては、歌というものはそんなものなんだと思われる一方、そこに飽き足らないものを感じてもいた。 ポール・アンカやニール・セダカらのアメリカンポップスは、日本の歌謡曲には得られない面白みがあって、一時期よく聞いたものだった。 ところがビートルズの歌は、それまで聞いたどんな歌とも違っていた。 まずびっくりしたのはハーモニーが美しいということだった。 日本の歌謡曲にはハーモニーの要素は全くないし、アメリカンポップスにもハーモニーを意識させるものはほとんどなかった。 ビートルズの曲はハーモニーと並んで、リズム感も抜群だった。 エルヴィス・プレスリーを聞いたものの耳にも、そのリズム感は圧倒的だった。 こんなわけで、筆者は青年期の入り口でビートルズに魅せられてしまい、以後彼らの音に耳を洗われながら今日まで生きてきた。 先日ドイツ旅行をした折にはハンブルグの街角で、ビートルズが若い頃に歌っていたというバーを見る機会があったが、その際に、ビートルズファンだという中年ドイツ女性と邂逅し、ともにビートルズ体験を語ったものだ。 ビートルズには、そのように、彼らの歌声を通じて、世界の人々を結びつける魔力のようなものもあるようだ。 そのビートルズの音楽には、音の魅力もさることながら、言葉にも人をとらえる迫力がある。 歌詞をよく分析すると、言葉自身にリズム性があるほか、意味する内容も魅力的だ。 筆者はそこにマザーグースの世界に通ずるものを読み取ったりする。 このサイトでは、そんなビートルズの歌を取り上げ、その魅力の秘密に迫ってみたいと思う。 取りあげた曲は、1973年にリリースされた「ザ・ビートルズ」シリーズから。 このシリーズは、二枚ずつ二組のLPからなっていて、収録されている曲は、ビートルズの生涯の代表作ともいえる54曲である。 いずれについても、管理人による歌詞の和訳(日本語訳)と、簡単な解説を付した。

次の

ザ・ビートルズの歴史的名曲「Yesterday」の誕生秘話:ポールやメンバー、関係者の発言で振り返る

ビートルズ yesterday 歌詞

確か中学時代の英語の時間、「英語の歌を歌ってみましょう」ということで、Yesterdayの歌詞が配られた。 どこかの本からコピーしたものか、楽譜、英語の歌詞、日本語の歌詞が書かれていたと思うが、先生は「日本語の歌詞は気にしないでください」と言っていた。 当時の僕らも洋楽の歌詞を即座に翻訳できるスキルはなかったが、わりと簡単な単語でできてるので、の大体の意味はつかめたのだが、日本語とずいぶん違うんだなあと驚いたものだ。 途中までしか覚えていないが 英語の歌詞が Yesterday all my troubles seemed so far away Now it looks as though they're here to stay Oh I beleve in yesterday であるのに対し、それに対応する日本語歌詞が イエスタデイ 幸せな昨日は ガラスの箱の中 今日に背を向けて となっていた。 「幸せな昨日?ガラスの箱の中??どこにもそんなこと書いてなくねえ???」と、先生が気にするなと言ったにもかかわらず、クラス中大受けであった。 なのでいまでも冒頭を覚えているのだ。 ただ、「文章を正確に翻訳したもの」と思わなければなかなか美しい歌詞だと思う。 洋楽を無理に直訳すれば、の芸みたいになるもんな。 また、この時だったか別の機会だったか、ビデオで外国人の女性が歌う英語教材な感じのYesterdayを見た事があるのだが、このとき、原曲では Why she had to go? I don't know, she wouldn't say のようになっている部分を Why he had to go? I don't know, he wouldn't say と、she をheに置き換えて歌っていたのである。 確か画面に出る字幕でも「he」になっていたと思う。 男性主観の歌を女性が歌う場合、女性主観に切り替え、原曲で「彼女」といってる部分を「彼」に置き換えるのが欧米流なのだろうか??と不思議に思った。 僕は子供の頃、や中条きよしの歌う女性主観の歌が気持ち悪くて、「このひと男に見えるけど女なの?」と親に聞いた覚えがあるのだが、成長するに従って男が女の立場で歌ったり、逆に女が男の立場で歌うこともあるのだということを納得したのだが、欧米ではそういう文化がないのだろうかと悩んだのだ。 の「」をカバーした女性歌手は「she」を「he」に置き換えたりはしていないようだ。 してみるとあのYesterdayはなんだったのだろう。 juangotoh.

次の