蛍光 灯 ジー。 蛍光灯のジージーうるさい音は安定器のせい?ノイズ・雑音の原因と対策についても!

蛍光灯をつけるとブーとか ジーとか蛍光灯からの雑音が聞こえます。と

蛍光 灯 ジー

電気の蛍光灯からジーって音がする原因は? まず原因からお伝えしますと、電気からジーっと音がするのは 安定器の劣化のせいです。 電気の工事業者に症状を伝えたら即答でした(笑) 安定器というものを初めて聞いたので、ちょっとネットで調べてみたところ、 安定器とは、どのような役目をするものですか 蛍光ランプやHIDランプなどの放電ランプは、放電現象を利用した光源です。 放電現象というものは不安定で、電源に直接つなぐと電流が急激に増えて、瞬間的にランプの電極やシール部 封止部 が壊れてしまいます。 この電流が増え続けるのを防ぐために、電源とランプの間に抵抗を入れて、電流を一定の値に安定させる必要があります。 この抵抗のことを「安定器」と呼びます。 説明が難しいですが、電流を一定に保つための装置と考えれば良さそうですね。 安定器の寿命は一般的に 10年くらいだと言われており、それを過ぎると上記のような症状が出始めるようです。 じゃあ、すぐに何とかしなくちゃ!? とはいえ、「すぐに使用を中止すべし!」というほど深刻な事態でもありません。 あくまで「音が鳴り出したら交換の目安」くらいの感覚だそうです。 また、普段の生活の中で長時間つけっぱなしにしないことも重要です。 では、具体的にどのような方法を取れば良いのでしょうか。 ジーっと音がしたら電気器具ごと交換 何度もお伝えしている通り異音の原因は安定器ですので、蛍光灯を交換しても解決はしません。 要はまるごと交換ですね。 DIYが得意な方は、「安定器を買って自分で直してみよう」と考えるかもしれませんが、これは 電気工事士の資格がないとできません。 (やると違法です) ですので、もし安定器だけを交換するにしても、必ず業者さんにお願いしましょう。 電気工事の費用は業者によっていろいろ これについては、各業者や部屋の色さによっても変わりますので、手当たり次第に見積もりを出してみるのがおすすめです。 ちなみに私の場合は6畳の部屋で、 17000円(商品代金 + 工賃)が最安でした。 これについては、家族一同『ちょっと高くない...

次の

蛍光灯をつけるとブーとか ジーとか蛍光灯からの雑音が聞こえます。と

蛍光 灯 ジー

直管蛍光灯を購入したことはありますか? もし自分で購入したことがなくても、見たことはありますよね?輪っかになってる物や丸い電球ではなくて、細長いあの蛍光灯です。 実はあの直管蛍光灯には種類があるのをご存知でしょうか? 1つは 「グロースタータ形 スタータ形 」、もう1つは 「ラピッドスタート形」と言われるものになります。 蛍光灯の寿命などによる買い替えの際は、当然ながら 同じ種類でなくてはいけません。 両方とも一般的に多く使用されていて、残念な事に見た目もほぼ同じに見えます。 実際に私が働いていたお店でも、どの蛍光灯を選べばいいのか解らないというお客様がとても多かったですね。 同じものを購入する為に古い蛍光灯を持ってきていても、それがどちらの種類か解らなければ選べません。 ではどうすればいいのでしょうか? 店員に聞く? 勿論それでもいいのですが、実はこの二種類の蛍光灯はよく見れば誰でも簡単に見分ける事が出来るんです。 という訳でここでは「スタータ形」と「ラピッドスタート形」の簡単な見分け方を説明します。 ラピッドスタート形について ラピッドスタート形は簡単に言うと、点灯管 グロー球 が必要ないタイプの蛍光灯です。 ちなみに間違えて覚えてしまっている方が結構いるのですが、ラビット 兎 じゃありませんラピッド 速い です。 直管蛍光灯の見分け方 さていよいよ本題のスタータ形とラピッドスタート形の見分け方について説明します。 こちらは上がラピッドスタート形で下がスタータ形の40形蛍光灯です。 当然パッケージにはしっかりと「スタータ形」、「ラピッドスタート形」と表記してあります。 でも蛍光灯の空箱を取って置く方はいませんよね。 箱から出すとこんな感じ。 そこで注目してもらいたいのが蛍光灯本体に印字してある文字です。 基本的に蛍光灯には端っこの方にゴチャゴチャっとメーカー名や型番が印字されています。 「FL」と「FLR」 パッと見た感じだと何がなんだかわかりませんね。 正直いって後半の部分はどうでもいいんです。 見て欲しいのは最初の部分だけ。 この最初の 「 FL」は Fluorescent Lamp 蛍光灯 の頭文字です。 そして 「 FL R」はFL 蛍光灯 に Rapid 速い の頭文字をつけたものになります。 つまり蛍光灯の表記を見て最初が 「FL~」だったらグロースタータ形、 「FLR~」ならラピッドスタート形ということです。 FL : グロースタータ形 FLR : ラピッドスタート形 ここだけ見ればいいんです。 ね?簡単でしょ? 「FHF」について 実は直管蛍光灯には「FL スタータ形 」、「FLR ラピッド形 」以外にも 「FHF」という表記の蛍光灯があります。 こちらはインバーター回路によって始動するもので、 「インバーター形 Hf蛍光灯 」と呼ばれます。 高周波で動作するため点灯した際のチラツキがなく、省エネ性能が良かったりするのですが一般家庭にはあまりないかもしれませんね。 また当然ながらこのインバーター形も専用器具じゃないと使えないのでご注意ください。 LEDの直管蛍光灯について 発売当初に比べると価格が随分下がってきたお陰で、お部屋のシーリングや電球はだいぶLEDが普及してきました。 そして最近は丸型蛍光灯や直管蛍光灯もLEDタイプがお店に並んでいるのを見かけます。 ここで注意して欲しいのが 直管LED蛍光灯も グロー式器具専用など器具を選ぶ物が少なくありません。 しっかりと説明書きなどを読んでから購入するようにしましょう。

次の

蛍光灯がうるさい(雑音・ノイズ)の対処法は?ジージー音対策がしたい!

蛍光 灯 ジー

蛍光灯がジージー音が鳴ってうるさい時ありますよね。 新しい蛍光灯ならそんなことはないのですが、古いものにはたまにうるさいのがあります。 実際に、僕のおじいちゃんの家の蛍光灯は音がしてうるさいです…。 ずっと音が鳴っていると煩わしいですし、夜は正直寝づらいですよね。 また勉強部屋の蛍光灯がそんな状態だと正直勉強に集中できる環境だとは言えません。 また勉強部屋の蛍光灯がそんな状態だと正直勉強に集中できる環境だとは言えません。 そこで今回は蛍光灯の雑音・ノイズの対処法について調べてみました。 また、原因は何なのかについても書いていきますね。 蛍光灯の雑音 ノイズ の原因は?• 蛍光灯の雑音 ノイズ の対処法は? となっています。 それでは発送開始! 広告 蛍光灯の雑音 ノイズ の原因は? まずは、蛍光灯の雑音の原因について書いていきますね。 蛍光灯というのは、皆さんの中には知っている方もいるかもしれませんが放電現象を利用している光源です。 wikipedia. 身近な例を挙げると冬場によく起こる静電気なんかも放電現象の一つです。 話を戻しますと、この放電現象というものはとても不安定なもので、電源に直接接続してしまうと瞬間的に電極やシール部といった部品が壊れてしまいます。 これを防ぐためには、直接電源と接続させるのではなく抵抗をはさむ必要があります。 その抵抗が「安定器」です。 まあ簡単に言えば「放電を安定させるために用いる装置」といえるでしょう。 その安定器の金属が振動することによって、 「ジージー」 といったような音がするのだとか。 言われてみれば、金属が振動するような音がしますよね。 広告 この安定器が振動してしまうのは、劣化が原因です。 電化製品が劣化するというのはいわば当然なことなので、古い蛍光灯が劣化しノイズがするというのは仕方ないところもあります。 劣化は経年によりどうしても生じてしまうものなので。 逆に言うと新しい蛍光灯では音がなることはほぼないといってもよいでしょう。 しかしながら極たまに新しい蛍光灯でもノイズがしてしまうことがあります。 新しい蛍光灯から音が鳴っている場合は、不良品である可能性があるので交換してもらうのが良いでしょう。 ちなみに、LEDからは雑音は出ません。 ただ、音が出ないだけでノイズまでもが出ていないという訳ではありません。 そのため、そのノイズが悪影響を及ぼすことがあります。 それが、ラジオやテレビの受信障害です。 しかしながら、この受信障害はほんの微々たるものなので過度に心配する必要はありません。 天井のライトなどであれば影響はほとんどないと言ってもよいでしょう。 ただ卓上のライトなどでテレビやラジオとの距離が近い場合には障害が出てしまうことがあるのだとか。 しかしそうなってしまっても心配することはありません。 仮に障害が出たとしても距離を離してあげるだけで障害はなくなりますから。 広告 蛍光灯の雑音 ノイズ の対処法は? 続いては、蛍光灯の雑音・ノイズの対処法についてです。 蛍光灯のノイズが出てくるというのは、安定器の劣化だと先ほどは書きました。 安定器が劣化しているとなると、他の部品も劣化している可能性が高いです。 そのような劣化した部品がある蛍光灯を使い続けると、異常発熱などが生じ最悪の場合は火事になることもあります。 なので、すみやか対処するようにしましょう。 その時に対処しないにしても劣化しているのは事実ですから、放置しても近いうちに壊れて使えなくなります。 それなのであれば、 音が鳴りだしたくらいに対処しておくのが得策です。 その対処法についてですが、これに関しては蛍光灯を新しく変えるほかに手はないでしょう…。 蛍光灯の安定器を交換するという手もあることにはあるのですが、知識がない人には出来ません。 しかも例え安定器を交換したとしても先程も書いたように安定器が劣化するほどまでに蛍光灯が経年している場合には他の部品も少なからず劣化しているということです。 そうなると安定器を交換したとしても他のところでガタが出てしまう可能性が否めません。 なので蛍光灯を交換せずに安定器を交換するというのはもはや趣味の領域だと言えるでしょう。 広告 そういった作業が好きだと言う人は良いですが、そういうわけではない人は普通に安定器を交換するのが良いでしょうね。 また、そもそも電気工事士の資格がないと器具の取り付けなどを行うことは禁止されています。 そういった資格を持っているという人は少ないでしょうから、必然的に業者に頼むことになります。 そうなると、新しく 買い替えるよりも高くつくことになることでしょう。 特別に、その蛍光灯に思い入れがあるといったような特殊な状況でない限りは新しいものに買い替えましょう。 交換するといってもそこまで高いものではないので。 また、蛍光灯だとまた10年ほどして寿命が来ると 音が鳴り始めてしまうので、交換を機会に LEDに変えてしまうというのも良いでしょう。 やはり、蛍光灯よりもLEDの方が便利な点が多いです。 省エネ• 寿命が長い• 害虫が寄らない• すぐにつく などなどこれ以外にも多くのメリットがあります。 価格もそこまで高いということでもないので、検討する価値はあるでしょう。 まとめ 今回は蛍光灯の雑音について調べてみました。 あの蛍光灯の音って嫌な音には違い無いのですが、なんとなく懐かしい感じがして嫌いになれません。 皆さんのなかにもそんな人がいるのではないでしょうか? これから照明の主流はLEDに変わっていき蛍光灯が減っていきます。 そうなってくるとあの蛍光灯の雑音を聞くことも無くなってしまうのでしょうね。 便利になってうれしい反面、寂しい気持ちもあります。 今回はここまで。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の