天使なんかじゃない ネタバレ。 【妄想】「天使なんかじゃない」を実写映画化するなら|洞内 広樹 (映像ディレクター/映画監督)|note

漫画「天使なんかじゃない」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

天使なんかじゃない ネタバレ

icon-hand-o-right icon-search サイト内で「天使なんかじゃない」で検索してみてください。 あらすじ 主人公・冴島翠は、聖学園の新規高校の第一期生。 周りの人がハッピーになれる天使と言われる程元気で明るい彼女が2学期学校に登校してみると生徒会役員の選挙に立候補されていた。 長年、片思いをしていた瀧川への思いが翠にバレてしまい、瀧川とくっつけるべく様々な画策をしますが裏目に出てしまいマミリンが気絶してしまう。 翠はお節介を謝罪するが、マミリンは楽しかったと感謝の言葉を翠に送った。 ここから始まる二人の友情が始まっていく熱い一言です! 「あんたがあたしを嫌いでも あたしは好きよマミリン!」 天使なんかじゃないの最も有名な名言! なかなか、大っ嫌いと言われた相手に返せないセリフでは無いでしょうか? 翠の素直な性格や、こんなことを言ってくれる友達がいるマミリンがが羨ましいと思える素敵なセリフです。 思わず「カッコイイ!」と言いたくなる最高の一言です。 マミリンの言う通り、嬉しい時に喜んで、悲しい時に泣ける…そんな当たり前のことが年齢を重ねるごとにどんどんと難しくなっていきます。 そんなことが出来る翠も凄いけれど、素直に褒められるマミリンが素敵すぎる!! 「自分の好きな人達が淋しい顔してたら 自分が淋しいより悲しいでしょ」 晃の妹である広子が翠を励ます為に伝えたセリフ。 小学3年生とは思えないほど優しさ満ちた言葉です。 悲しいことがあったといって、いつまでも元気がないことは、自分を大切に思ってくれる人を悲しませることになる…ということなんでしょうね。 それを、きちんと理解し正確に伝えられる広子ちゃんに胸を打たれるワンシーンです。 「おまえには… 相手の都合なんか かまってらんねぇくらい伝えたい気持ちねぇのかよ」 マミリンのずっと夢だったイギリス留学について話が出た時、瀧川はマミリンの考えがわからないこと・自分が情けないと感じていることを晃に弱音としてぶつけます。 そんな瀧川へ晃が言った一言。 直接応援するでもなく、相手を焚きつけるでもなく…とにかく自分の気持ちを正直に伝えるべきだと言う晃がカッコよすぎる…! 相手の気持ちを汲もうとする瀧川もカッコいいんですが、晃の慈愛に満ちた目にキュンとした女子も多いはずです。 中学生・高校生の教科書にしたい漫画の1冊にランクインされてもおかしくない漫画です。 大人になった今だからこそ、実感できるシーンや感情移入できるキャラクターもいるので多いことでしょう。 思わず「あぁ…わかるわ…」なんて思ってしまう恋をしたことがある方もいるのでは?どのキャラクターも味があって素敵な人ばかりなのですが、みんな少しずつ高校3年間を通して成長していきます。 マミリンやマミリンのライバルでもあった、しのの成長がわかりやすいですが、男性陣も少しずつ着実に成長しています。 特に晃の成長時には涙無く読めないほど…! 晃の切ない思いがひしひしと伝わるからこそ翠と晃の恋は感動するのでは無いでしょうか。 恋愛や友情に関するセリフの他にも、人生に心強いセリフもたくさんあります。 筆者が最も好きなセリフがマキちゃんの次の一言。 「自分自身で乗り越えるしかないから 孤独感との戦いでもあるんじゃないかな…」 受験生にとって大きな山場の高校3年生の夏…頑張らなきゃって無理してないかな?と、心配するマキちゃんの彼氏への返答なのですが、ものすごく共感しました。 当時は、受験生として少し救われたと共感しましたが、時がたつにつれて就活や仕事何度も言えることなのかな…と筆者自身痛感しています。 チームワークが重視されていても、自分一人で困難に立ち向かわなくてはいけない場面って多々ありますよね。 そんな時に、自分を後押ししてくれる一言があると救われますよね。 何年たっても良いなぁと思える名作です。 秋の夜長のお供に、一気に読んでみるのもまた、おススメです。

次の

天使なんかじゃない(漫画)のあらすじと感想!ネタバレ含む…筆者が勝手に選ぶベストカップル・BEST3!

天使なんかじゃない ネタバレ

天使なんかじゃないを読んだ感想、見どころを紹介します。 天使なんかじゃないってどんな漫画? 作者は、矢沢あい先生です。 代表作には『ご近所物語』 『NANA -ナナ-』『Paradise Kiss』があります。 天使なんかじゃないは、『りぼん』にて1991年から1994年まで連載されました。 「天ない」の愛称でも親しまれる、全8巻になる漫画作品です。 完全版コミックスは全4巻、文庫本は全6巻発売されています。 また、1993年に小説化され、1994年にオリジナルビデオアニメ化もされた人気漫画です。 非常に人気の漫画で、恋愛漫画のバイブル的存在でもあります。 『天使なんかじゃない』は、矢沢あい氏の出世作であり、ご本人にとっても、思い入れのある作品です。 また、Raphaelの華月さん、優香さん、宮地真緒さん、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんなどといったように、たくさんの芸能人からも支持を得ています。 20年以上経った今でも、多くのファンから愛される『天使なんかじゃない』。 学園生活のなかで繰り広げられる、女同士、男同士、男と女の友情、そして、それぞれの恋愛模様を描いた少女漫画の名作です。 天使なんかじゃないのあらすじ 主人公・冴島翠は新設された私立聖学園高等学校に通う元気な女の子。 翠は、友人らに推薦されて第一期生徒会の候補に選ばれた。 だが、翠は立会演説で恥ずかしい失態をしてしまって・・・。 そんな翠をフォローしてくれたのが、リーゼント頭でちょっと強面な須藤晃(すどうあきら)。 その彼こそ、翠が気になっていた名前も知らない男の子だった。 失態も笑いに替えてしまって、みごと第一期生徒会の副会長になった翠。 また、冴島 翠の周りの友達の恋愛事情がなかなか面白くて、見所満載です。 高校生の恋愛事情もなかなかハラハラドキドキですよ。 少し前の漫画ではありますが、今読んでも面白いです。 天使なんかじゃないの名言・名セリフ 天使なんかじゃないの登場人物たちのセリフも心に残る言葉が多く心に深く刻まれています。 登場人物たちそれぞれに多くの名言がありますし、名セリフ集なんかもあるくらいです。 そんなたくさんの名言の中、個人的に大好きなセリフは 「私達、みんな幸せになるために産まれてきたんだよね」という言葉です。 天使なんかじゃないの名言はほんとうにたくさんあります。 たくさんの女子がきゅんきゅんしたセリフもたくさん! 一生に一度はこんな言葉を男の人から言われてみたいですね。 どんなセリフかは、ぜひ本編を読んでキュンとしてください。 天使なんかじゃないを読んだ感想 天使なんかじゃないを読んだ感想1 矢沢あい先生の漫画はどれもおもしろいのですが、その中でも天使なんかじゃないが一番好きですし、一番おすすめです。 前作の漫画『マリンブルーの風に抱かれて』がシリアスなストーリーで作者の矢沢あい先生自身もキャラクターの動かし方や物語の進行のもどかしさにずいぶんとストレスになったそうです。 その分、天使なんかじゃないはコメディ要素も豊富です。 主人公の冴島翠をはじめとした登場人物もみんな本当に明るくてとっても自由なストーリーの漫画です。 登場人物が勝手に動いて物語が進んでいき、その様子を作者の矢沢あい先生が絵に描いたかのような作品なのです。 妙なまどろっこしさやドロドロした場面はなく、純粋なまでに素直にストレートに物語は進行していきます。 最初はすごく小悪魔なキャラが悪者扱いされて嫌われていた志乃でさえ、読者から深い共感を呼んでしまうのです。 登場人物それぞれを身近に感じ、愛着をもってしまうから物語も見ているだけで本当に楽しいんです。 天使なんかじゃないを読んだ感想2 天使なんかじゃないは私の青春の一部です。 この漫画を読み、笑って、泣いて、何度も何度も読み返し、今でも読み返す漫画です。 私はこの漫画と共に成長し、共に恋愛をしてきました。 主人公の翠になりきって悲しくなったり、嬉しくなったりと、今この漫画を読むと初心の心を取り戻せたりします。 天使なんかじゃないは、永久に私の心の中に残る物だろうと思っています。 主人公・冴島翠や須藤晃やその周りにいる友達が、漫画から出てきていて、今どこかで暮らしているような気さえしてきます。 実際に存在してほしいと心から願ってしまうほどです。 天使なんかじゃないは私の支えです。 辛い時、せつない時、悲しい時、私を助けてくれた漫画です。 何かあると、冴島翠や須藤晃に会いたいと思い、漫画を手に取る自分がいます。 時代を越えて愛される「天使なんかじゃない」 天使なんかじゃないは、わたしが小学生だったときの作品です。 当時はもちろんハマりましたが、30代になった今でも読み返すたびに新たな感動を味わっています。 自分が小学生だった時は主役の翠の視点で読み、翠と共に泣いて笑っていました。 そして、自分が高校生の時は、まみりんの視点となり、翠のことを少し客観的にみられるようになりました。 更に社会人になってからは、翠の部活の顧問であるマキちゃんの視点で読むことで、子供の時には気づかなかった翠たちの心情まで見えてくるようになりました。 おかげで、いつ、何度、読み返してもそのときそのときで楽しめる漫画になっています。 時代を越えて世代を超えて愛され、楽しめる漫画です。 みんなが切なくって泣いて、楽しくって笑って、うれしくって恋する漫画「天使なんかじゃない」。 幼い娘がいますが、大きくなったら絶対に読んでほしい(読ませたい)漫画です。 携帯電話もなく化粧もしなかった時代の高校生の等身大の青春ワールド。 いつまでたっても色あせることない恋愛漫画の名作です。 天使なんかじゃないがおすすめなのはこんな人! 恋愛漫画なので女子向けではありますが、恋に恋する男子なら十分楽しめます。 また、初々しい恋する気持ちをもう一度という大人女子にもおすすめです。 きゅんと切ない片思いがメインですが、現在結婚している人や彼女彼氏がいる人にも読んで欲しいくらい本当にいい漫画です。 >>> 漫画の試し読みや1巻まるごと無料で読むなら電子コミックサイト 「気になった漫画を試しに読んでみたい」 「漫画をお得に読みたい」 「まるごと1巻無料で読みたい」 そんな漫画好きのあなたにおすすめの読みたい漫画をお得に無料で読む方法です。 無料の試し読みができたりまるごと1巻(ときには3巻までなど)無料で読めたりしてとってもお得です。 気になる漫画サイトで読みたい漫画タイトルを検索すると、素早く作品が表示されてすぐに読むことができます。 「まんが王国」で無料試し読み! 漫画をお得に読むなら、まんが王国がおすすめです。 まんが王国は月額制の漫画サイトです。 まんが王国だけでしか読めない漫画や、人気作品の先行配信、まんが王国だけの独占配信があります。 月額料金もひと月300円からととってもリーズナブル! ちょっと試し読みしたいだけなら会員登録も月額料金も不要です。 ですが、 無料の会員登録をすると、 もっとたくさんの漫画が無料で読める「じっくり試し読み」が利用できちゃいます。 じっくり試し読みは、まるごと数巻無料で読めることもあるので、読みたかった漫画をお得にたのしんでください。 わたしもじっくり試し読みをよく利用しています。 「イーブックジャパン」で無料試し読み! イーブックジャパンは、月額制の漫画サイトではありません。 買いたいときだけ買うことができる都度購入制の漫画サイトです。 この漫画だけ読みたい!ってときにとっても便利です。 まんが王国と同じように、無料の会員登録をすると、たくさんの漫画が無料で読めます。 しかも、無料で読める漫画は毎日配信されるんです! まんが王国とは違った作品が無料で読めることがあるので、わたしはまんが王国とイーブックジャパンと両方に登録してます。 特に有名な漫画作品はイーブックジャパンが豊富です! 漫画が無料で読める動画配信サービスを利用する 気になる漫画をお得に無料で読む方法は、動画配信サービスを利用することです。 動画配信サービスを利用するとその動画配信サイトで使えるポイントがもらえます。 そのポイントを使って漫画を購入することができるのです。 動画配信サービスは基本的には有料ですが、無料お試し期間を設けているところが多くあります。 そのため、ポイントを使えば実質0円でお得に漫画を読むことができるのです。 漫画が無料で読める動画配信サービスBEST3.

次の

天使なんかじゃない(漫画)のあらすじと感想!ネタバレ含む…筆者が勝手に選ぶベストカップル・BEST3!

天使なんかじゃない ネタバレ

33人の方が「参考になった」と投票しています。 天ないを知って、ドリカムを知った。 小学生の頃、私はりぼんっ子でした。 今でこそ、大人びた内容の少女マンガは沢山ありますが、25年くらい前はそんなになかった。 キスシーンなんて、連載作品の中に1作品あるかどうか。 しかも、キスシーンも最終回までに数えるほどしかありませんでした。 その中で、天ないは超オトナだった! 高校生の話だけど、 オトナの世界やぁ〜!ってキラキラおめめで読んでいました。 翠ちゃん大好きで、晃も大好きだからホント、マキちゃんがキライだった。 まみりんとタキガワマンも大好きだから、志乃ちゃん最初キライだったけど、途中から好きになった。 誰かの恋が叶ったら、誰かが失恋するかも知れない。 誰かが喜んでいれば、誰かが泣いているかも知れない。 誰かにやさしくしたことで 誰かを泣かすも知れない。 こういった、子どもでは知らないことを知り、考え、 オトナになる準備をした作品です。 2人の方が「参考になった」と投票しています。 何度も泣きました ネタバレありのレビューです。 アラフォーです。 高1の時に、なぜか男友達に勧められて借りて読んだのですが、今となってはストーリーが思い出せず。 面白くて一気読みしたことと、感動して泣けたことだけは覚えているのですが、なにせ20年以上前。 読んでみて、どれもすっかり忘れてしまっていたストーリー展開。 当時は等身大だったはずなのに、経験値低すぎて現実味がなかったのかな。 登場人物がみんなステキ。 みんな誰かのことを思いやって、全てを投げうって行動したり、たまに行き違ってうまく行かなかったり、心が毎度締めつけられていちいち泣けました…。 マミリンがペンダント探すエピソードがお気に入りです。

次の