ほっかほっか 亭。 ほっかほっか亭 安芸

楽天ポイント

ほっかほっか 亭

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) を皮切りに、"Honesty"(まじめに)"Hot"(つねにあたたかいお弁当)"Heart"(こころをこめて)の『3H』を基本理念として、銘柄米を使った炊きたてのと作りたてのという、それまでの弁当販売の概念を覆すメニューを提供した。 (昭和53年)4月に株式会社化。 (昭和56年)に 株式会社を設立し、各事業会社が同社のフランチャイジーとして店舗を運営する形態に変更した。 2008年(平成20年)5月時点では、株式会社ハークスレイが・以外ので、・九州地方・山口県エリアでは株式会社が、として店舗を運営(直営ないし加盟店への委託)していた。 しかしプレナスが2008年(平成20年)5月14日をもってフランチャイズ契約を解消した。 (詳しくは「」の項目を参照のこと)。 これにより、同社の直営・加盟店を合わせて3,294店あった店舗のうちの2,028店と、サンコー株式会社が運営する茨城地区の50店の、合わせて2,078店が新ブランド「」に転換したため 、(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となった。 約2,300店を展開していたが持ち帰り弁当業界首位に浮上し、ほっかほっか亭は業界3位に転落した。 しかしプレナスのエリアから完全に店舗がなくなったわけではなく、一部の店舗がほっかほっか亭として存続したほか、解約後、当エリア内にほっかほっか亭としての新規出店も行われている。 ほっかほっか亭は2018 年現在も持ち帰り弁当店の店舗数は3位である。 なお、(平成27年)10月現在、・・・・・・には店舗がない。 エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なっているため、メニューなども地域ごとに違っている。 2008年(平成20年)より新ブランドロゴへ一新された(ブランドカラーの赤と黄色は以前と同様継続し、「3H」を模した3つの「H」が描かれている)。 以前は、ほっかほっか亭の頭文字の「H」をデザイン化し、側面には「HOKKAHOKKATEI」と書かれていた。 店頭のブランドロゴは順次、新ブランドロゴへ入替中ではあるが、現在 [ いつ? ]でも旧ブランドロゴで営業している店舗もある。 にほっかほっか亭総本部はハークスレイの完全子会社となり、同年に同社に合併され消滅した。 これによりほっかほっか亭は、かつてフランチャイジーだったハークスレイがフランチャイザーとなって運営する店舗に移行した。 各地区本部 [編集 ] 2015年(平成27年)9月30日以前の各地区本部については「」を参照 東日本(旧・株式会社ほっかほっか亭総本部直轄)・山口県・九州エリアはかつてプレナス直営・加盟店だった。 プレナスがフランチャイズ契約を解約したため、鹿児島県にある鹿児島食品サービスは総本部直轄の地区本部となり、他地域は総本部が、直営店を含めたほっかほっか亭へ残留した店舗の運営・管理指導を行ってきた(解約当時は、熊本県にあるマルコフーズがほっかほっか亭熊本地区本部を設立し運営していたが、自己破産を申請したためハークスレイの運営となった)。 2008年(平成20年)4月、はほっかほっか亭総本部と新規契約しほっかほっか亭宮崎地区本部を設立、同年7月には西日本畜産株式会社とも新規契約し、前述の2社とあわせて九州地区の各地区本部となった。 運営会社 地区 株式会社ハークスレイ (直轄) 当初から運営 、、、、、 、、(除く)、、 、、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭総本部ほか 、、、、、、 、、、、、 株式会社ハークスレイ福岡支店 (旧・株式会社ほっかほっか亭総本部福岡支店) 、、 連結子会社 株式会社鹿児島食品サービス (ほっかほっか亭鹿児島地区本部) 業務提携 株式会社ほっかほっか亭京滋地区本部 、 株式会社ほっかほっかフーヅ (ほっかほっか亭四国地区本部) 、、、、兵庫県(淡路島のみ) 株式会社みちのくジャパン (ほっかほっか亭岩手地区本部・青森地区本部) 、 西日本畜産株式会社 (ほっかほっか亭大分地区本部) 株式会社ほっかほっか亭宮崎地区本部 弁当メニュー [編集 ] メニューやキャンペーンは、運営会社・地区により異なっている。 岡山県のラジオ局の場合は四国の一部や兵庫県の一部でも受信できる為に「四国・淡路島は対象外となります」というアナウンスが最後に入る。 問題 [編集 ]• (平成19年)11月10日 - 山梨県の山梨万力店(旧プレナス管理店)にて、店長の指示によるの改竄が行われていたことが、同店に勤務していたパート店員のにより発覚。 パート店員は店長に対して改竄をやめるよう進言したところ、店長により解雇された。 ほっかほっか亭は、同店店長を無期出社停止にすると同時に、内部告発したパート店員を別店舗にて再雇用すると発表した [ 要出典]。 脚注・出典 [編集 ].

次の

ほっかほっか亭とは

ほっかほっか 亭

略歴 [ ] ほっかほっか亭との分裂 は元々、九州・山口および東日本地区のを運営していたが、フランチャイザーの総本部とを巡り対立したことをきっかけに、両社の関係が悪化していた( 詳細はを参照)。 (平成20年)に、同年をもってほっかほっか亭から離脱することを発表し、続くに、新たな名を「ほっともっと」にすることを発表した。 よりほっともっととしての店舗運営を開始。 には近畿地区1号店としてに磯上公園前店をオープンさせた。 ほっかほっか亭時代は2,294店(直営店1,113店、加盟店1,181店)を運営していたが、鹿児島食品サービスなどプレナス系から離脱しほっかほっか亭総本部と契約した266店舗を除く、2,028店(直営店1,113店、加盟店915店)と、これまで総本部傘下だったサンコーと契約していた茨城地区加盟店50店の合わせて2,078店でスタートした。 サンコーは2008年(平成20年)10月まで「ほっかほっか亭」以外の弁当事業が営めないため 、茨城地区の加盟店50店は暫定的にプレナスと加盟店契約を結びほっともっととして営業、サンコー直営店舗はほっかほっか亭として営業していたが、2008年(平成20年)11月よりサンコーがほっともっと茨城地区本部としての営業を開始したため、それに伴いサンコー直営のほっかほっか亭はほっともっとへ移行し、同時に茨城地区の加盟店契約はプレナスからサンコーに承継され、茨城地区のほっともっとは58店となった (報道によってはほっともっと開始当初より茨城地区59店が加わり、2,087店でスタートしたとされている。 なお、サンコー直営店舗は合流するまでの間に1店舗閉鎖している)。 出店済みの地区も含めて相次いで出店しており、2008年(平成20年)7月末の店舗数は2,152店(直営店1,181店、加盟店971店)となっていた。 これは全国に約2,300店を展開しているに次ぐ2位の規模であった。 プレナスは未出店地域にも店舗を展開し、3年後を目途に3,000店に増やす計画を立てている。 その後の出店により(平成21年)7月末の時点でほっともっと2,332店、本家かまどや2,265店、ほっかほっか亭1,390店となり逆転した。 (平成24年)2月末時点でのほっともっとの店舗数は2,758店舗(直営店1,809店舗、加盟店949店舗)である。 店舗の特徴 [ ] 店舗の外観は木とレンガを基調にした茶色のものとなっており、温かく都会的な外観をイメージしている。 ほっかほっか亭時代の前半からこのような店舗への置き換えが進んでおり、該当店舗においては、ほっともっと移行後はロゴと文字の部分を変更したのみとなった。 ほっかほっか亭時代からの古い店舗では外装を改装せず、元の黄色ベースの看板をほっともっとの茶色ベースの看板に掛け替え、営業している店舗も多い。 従来のカウンターでの注文に加え、昼間など混雑する時間帯に作りたての温かい弁当を待たずに購入できるようにした、「ホットショーケース」というサービスも一部店舗を除き行われている。 これも、ほっかほっか亭(旧・株式会社ほっかほっか亭が傘下時代)の頃から行われていた。 (27年)からは、新規に開店した店舗や改装した店舗に自動券売機を導入し、レジカウンターの縮小(券売機での注文後の追加購入や、インターネット予約サービスの支払いにのみ使用)やショーケースの撤去が実施されている。 営業地域 [ ] 以下の日本国内全、および、で営業している。 2016年(平成28年)11月現在の店舗数は合計2,655店舗。 2016年(平成28年)10月の鳥取県進出により47都道府県全てに出店を達成した。 運営会社 地区 株式会社プレナス (直営) 移行前から展開 合併前から直営 、、、、 、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭 、、、、 、、、、 、、、 旧・株式会社ライズ 、 移行後に展開 、、、、 、、、、 、、、、 、、、、 、、、、 、 加盟会社 サンコー株式会社 株式会社ブレンズ 、(移行後に展開) 株式会社YK Food Service 北京好麦道餐飲管理有限公司 PLENUS AusT PTY. LTD. () 韓国で事業展開する、YK Food Serviceは、韓国の水産物加工業者、東源水産(Dong Won Fisheries)と、プレナスが共同出資して設立した会社である。 中国で事業展開する、北京好麦道餐飲管理有限公司は、中国の食品会社、河北灤平華都食品有限公司と鵬達株式会社、およびプレナスが共同出資して設立した会社である。 オーストラリアの事業はプレナスが2013年3月に設立した子会社の「PLENUS AusT PTY. LTD. (プレナス オーストラリア社)」が運営を行っている。 広報・広告 [ ] CI(コーポレートアイデンティティ) [ ] は「 幸福は、ごはんが炊かれる場所にある。 」 (2013年(平成25年)3月まで)、「 fresh,friendly,fun」(2013年(平成25年)4月から) 、「 やっぱり、お弁当屋さんのおべんとうはおいしい。 」(2018年4月から)。 ロゴは円形であり、赤色と黄色が使われている。 シンボルは「ツヤツヤと輝くおいしいお米」となっており、中央にそれが描かれている。 それに重なる形で「HM」の文字が書かれており、外側の上部に「Hotto Motto」、下部に「ほっともっと」の文字が書かれている。 『お弁当を食べながら』(作詞:、作曲:、歌:)というテーマソングが設定されており、CMではこのテーマソングのの部分が流された。 過去に提供していたテレビ番組 [ ]• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)(2014年〜2020年5月まで)• (テレビ朝日)• (金曜日)()• (TBSテレビ)• () CMキャラクター [ ]• ()((平成22年)3月16日 - 12月31日)• ((平成23年)1月1日 - 3月、GO! 2011年(平成23年)4月のチキンタツターズ編では、、、の4人が出演。 2012年(平成24年)1月のロースカツ丼編では、高橋みなみ、北原里英、の3人が出演。 2012年(平成24年)5月の塩から揚編では、高橋みなみ、板野友美、の3人が出演。 2012年(平成24年)7月 - 一緒に、たべよ。 新ビーフステーキ弁当では、高橋みなみ、の2人が出演。 ハンバーグ弁当では、、北原里英の2人が出演。 (2011年(平成23年)5月 - 焼肉弁当・ねぎ塩焼肉弁当)• (2011年(平成23年)6月 - めんたい高菜弁当・同CMのナレーションはが担当)• (2011年(平成23年)8月 - 野菜ビビンバ・韓流デラックス弁当)• 花・幕の内弁当編ではも出演。 きのこご飯(2012年(平成24年)9月 - 10月)とカキフライ御膳・カキフライ弁当(同年10月 - 11月)、鶏めし(2013年3月 - )では文枝の弟子4人(鶏めし編は以外3人、その鶏飯後半には)も出演。 (平成25年)3月には、厚切りとんかつ弁当のCMにも文枝が出演。 (平成26年)の新・幕の内では、文枝とが出演。 2014年(平成26年)12月の新・平日昼割では文枝の弟子4人が出演。 (2012年(平成24年)9月 - 新コンビ弁当シリーズ、平日昼割)• ()(2013年(平成25年)1月 - ロースかつ丼、2月 - チキン南蛮、5月 - 焼肉ビビンバ)• (2013年(平成25年)7月 - から揚げ)• (2013年(平成25年)10月 - 金芽ごはん、2014年(平成26年)2月 - 新ロースカツ丼。 CM冒頭のほっともっとコールも担当)• (2013年(平成25年)5月、ガパオライス)• (2014年(平成26年)10月 - かきフライ弁当、2015年2月 - 豆腐牛めし)• (2014年(平成26年)8月 - nettomotto)• (2016年(平成28年)3月 - ご当地弁当)• (2016年(平成28年)4月 - 新生活応援編、BGMはの「アンジュリア」)• (2016年(平成28年)5月 - お弁当だらけの博覧会『ベンパク』)• (2016年(平成28年)12月 - もっと「オレっち」ジバニャン弁当。 自身が実写パートで主演の「」での天野景太役として出演。 同CM冒頭のほっともっとコールも担当)• 当該画像は同6月28日上で公開されたものであり、同一庫内に食材が入っていた事もあり、閲覧者からの苦情が多数寄せられていた。 当該店舗は衛生状態の確認等のため同8月3日は休業した。 プレナスは同8月5日、公式ページ上において当該従業員を既に懲戒解雇していると発表した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ライブドアニュース. 2018年1月27日閲覧。 2008年6月9日, at the. 2012年2月6日, at the. プレナス (平成20年)6月6日• プレナス 2008年(平成20年)8月6日• 2010年11月5日, at the. ほっかほっか亭総本部 2008年(平成20年)5月21日• 2012年2月6日, at the. プレナス 2008年(平成20年)11月1日• [ ] 毎日新聞 2008年(平成20年)5月14日• (、2012年7月19日) -• 西日本新聞 2008年(平成20年)5月15日• 2008年5月17日, at the. 2008年5月17日, at the. 2013年4月15日, at the. jartistworld. com 2013年10月1日. 2014年8月10日閲覧。 - プレナス 2018年10月30日(2018年12月9日閲覧)• 2013年8月30日, at the. (2013年(平成25年)8月4日 MSN産経ニュース 同8月19日閲覧)• 2013年8月17日, at the. (2013年(平成25年)8月5日 公式ページ内新着ニュース 同8月19日閲覧) 関連項目 [ ]• (Jリーグ) - プレナスが公式スポンサーとなっている関係で、各試合会場に「ほっともっと」の看板が掲示されている• - 2011年(平成23年)2月、ほっともっとを展開するプレナスが同球場のを取得し、「ほっともっとフィールド神戸」と改称。 - 、、、(を除く)、、、(一部地域)のほっかほっか亭を運営。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

ほっかほっか亭

ほっかほっか 亭

略歴 [ ] ほっかほっか亭との分裂 は元々、九州・山口および東日本地区のを運営していたが、フランチャイザーの総本部とを巡り対立したことをきっかけに、両社の関係が悪化していた( 詳細はを参照)。 (平成20年)に、同年をもってほっかほっか亭から離脱することを発表し、続くに、新たな名を「ほっともっと」にすることを発表した。 よりほっともっととしての店舗運営を開始。 には近畿地区1号店としてに磯上公園前店をオープンさせた。 ほっかほっか亭時代は2,294店(直営店1,113店、加盟店1,181店)を運営していたが、鹿児島食品サービスなどプレナス系から離脱しほっかほっか亭総本部と契約した266店舗を除く、2,028店(直営店1,113店、加盟店915店)と、これまで総本部傘下だったサンコーと契約していた茨城地区加盟店50店の合わせて2,078店でスタートした。 サンコーは2008年(平成20年)10月まで「ほっかほっか亭」以外の弁当事業が営めないため 、茨城地区の加盟店50店は暫定的にプレナスと加盟店契約を結びほっともっととして営業、サンコー直営店舗はほっかほっか亭として営業していたが、2008年(平成20年)11月よりサンコーがほっともっと茨城地区本部としての営業を開始したため、それに伴いサンコー直営のほっかほっか亭はほっともっとへ移行し、同時に茨城地区の加盟店契約はプレナスからサンコーに承継され、茨城地区のほっともっとは58店となった (報道によってはほっともっと開始当初より茨城地区59店が加わり、2,087店でスタートしたとされている。 なお、サンコー直営店舗は合流するまでの間に1店舗閉鎖している)。 出店済みの地区も含めて相次いで出店しており、2008年(平成20年)7月末の店舗数は2,152店(直営店1,181店、加盟店971店)となっていた。 これは全国に約2,300店を展開しているに次ぐ2位の規模であった。 プレナスは未出店地域にも店舗を展開し、3年後を目途に3,000店に増やす計画を立てている。 その後の出店により(平成21年)7月末の時点でほっともっと2,332店、本家かまどや2,265店、ほっかほっか亭1,390店となり逆転した。 (平成24年)2月末時点でのほっともっとの店舗数は2,758店舗(直営店1,809店舗、加盟店949店舗)である。 店舗の特徴 [ ] 店舗の外観は木とレンガを基調にした茶色のものとなっており、温かく都会的な外観をイメージしている。 ほっかほっか亭時代の前半からこのような店舗への置き換えが進んでおり、該当店舗においては、ほっともっと移行後はロゴと文字の部分を変更したのみとなった。 ほっかほっか亭時代からの古い店舗では外装を改装せず、元の黄色ベースの看板をほっともっとの茶色ベースの看板に掛け替え、営業している店舗も多い。 従来のカウンターでの注文に加え、昼間など混雑する時間帯に作りたての温かい弁当を待たずに購入できるようにした、「ホットショーケース」というサービスも一部店舗を除き行われている。 これも、ほっかほっか亭(旧・株式会社ほっかほっか亭が傘下時代)の頃から行われていた。 (27年)からは、新規に開店した店舗や改装した店舗に自動券売機を導入し、レジカウンターの縮小(券売機での注文後の追加購入や、インターネット予約サービスの支払いにのみ使用)やショーケースの撤去が実施されている。 営業地域 [ ] 以下の日本国内全、および、で営業している。 2016年(平成28年)11月現在の店舗数は合計2,655店舗。 2016年(平成28年)10月の鳥取県進出により47都道府県全てに出店を達成した。 運営会社 地区 株式会社プレナス (直営) 移行前から展開 合併前から直営 、、、、 、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭 、、、、 、、、、 、、、 旧・株式会社ライズ 、 移行後に展開 、、、、 、、、、 、、、、 、、、、 、、、、 、 加盟会社 サンコー株式会社 株式会社ブレンズ 、(移行後に展開) 株式会社YK Food Service 北京好麦道餐飲管理有限公司 PLENUS AusT PTY. LTD. () 韓国で事業展開する、YK Food Serviceは、韓国の水産物加工業者、東源水産(Dong Won Fisheries)と、プレナスが共同出資して設立した会社である。 中国で事業展開する、北京好麦道餐飲管理有限公司は、中国の食品会社、河北灤平華都食品有限公司と鵬達株式会社、およびプレナスが共同出資して設立した会社である。 オーストラリアの事業はプレナスが2013年3月に設立した子会社の「PLENUS AusT PTY. LTD. (プレナス オーストラリア社)」が運営を行っている。 広報・広告 [ ] CI(コーポレートアイデンティティ) [ ] は「 幸福は、ごはんが炊かれる場所にある。 」 (2013年(平成25年)3月まで)、「 fresh,friendly,fun」(2013年(平成25年)4月から) 、「 やっぱり、お弁当屋さんのおべんとうはおいしい。 」(2018年4月から)。 ロゴは円形であり、赤色と黄色が使われている。 シンボルは「ツヤツヤと輝くおいしいお米」となっており、中央にそれが描かれている。 それに重なる形で「HM」の文字が書かれており、外側の上部に「Hotto Motto」、下部に「ほっともっと」の文字が書かれている。 『お弁当を食べながら』(作詞:、作曲:、歌:)というテーマソングが設定されており、CMではこのテーマソングのの部分が流された。 過去に提供していたテレビ番組 [ ]• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)(2014年〜2020年5月まで)• (テレビ朝日)• (金曜日)()• (TBSテレビ)• () CMキャラクター [ ]• ()((平成22年)3月16日 - 12月31日)• ((平成23年)1月1日 - 3月、GO! 2011年(平成23年)4月のチキンタツターズ編では、、、の4人が出演。 2012年(平成24年)1月のロースカツ丼編では、高橋みなみ、北原里英、の3人が出演。 2012年(平成24年)5月の塩から揚編では、高橋みなみ、板野友美、の3人が出演。 2012年(平成24年)7月 - 一緒に、たべよ。 新ビーフステーキ弁当では、高橋みなみ、の2人が出演。 ハンバーグ弁当では、、北原里英の2人が出演。 (2011年(平成23年)5月 - 焼肉弁当・ねぎ塩焼肉弁当)• (2011年(平成23年)6月 - めんたい高菜弁当・同CMのナレーションはが担当)• (2011年(平成23年)8月 - 野菜ビビンバ・韓流デラックス弁当)• 花・幕の内弁当編ではも出演。 きのこご飯(2012年(平成24年)9月 - 10月)とカキフライ御膳・カキフライ弁当(同年10月 - 11月)、鶏めし(2013年3月 - )では文枝の弟子4人(鶏めし編は以外3人、その鶏飯後半には)も出演。 (平成25年)3月には、厚切りとんかつ弁当のCMにも文枝が出演。 (平成26年)の新・幕の内では、文枝とが出演。 2014年(平成26年)12月の新・平日昼割では文枝の弟子4人が出演。 (2012年(平成24年)9月 - 新コンビ弁当シリーズ、平日昼割)• ()(2013年(平成25年)1月 - ロースかつ丼、2月 - チキン南蛮、5月 - 焼肉ビビンバ)• (2013年(平成25年)7月 - から揚げ)• (2013年(平成25年)10月 - 金芽ごはん、2014年(平成26年)2月 - 新ロースカツ丼。 CM冒頭のほっともっとコールも担当)• (2013年(平成25年)5月、ガパオライス)• (2014年(平成26年)10月 - かきフライ弁当、2015年2月 - 豆腐牛めし)• (2014年(平成26年)8月 - nettomotto)• (2016年(平成28年)3月 - ご当地弁当)• (2016年(平成28年)4月 - 新生活応援編、BGMはの「アンジュリア」)• (2016年(平成28年)5月 - お弁当だらけの博覧会『ベンパク』)• (2016年(平成28年)12月 - もっと「オレっち」ジバニャン弁当。 自身が実写パートで主演の「」での天野景太役として出演。 同CM冒頭のほっともっとコールも担当)• 当該画像は同6月28日上で公開されたものであり、同一庫内に食材が入っていた事もあり、閲覧者からの苦情が多数寄せられていた。 当該店舗は衛生状態の確認等のため同8月3日は休業した。 プレナスは同8月5日、公式ページ上において当該従業員を既に懲戒解雇していると発表した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ライブドアニュース. 2018年1月27日閲覧。 2008年6月9日, at the. 2012年2月6日, at the. プレナス (平成20年)6月6日• プレナス 2008年(平成20年)8月6日• 2010年11月5日, at the. ほっかほっか亭総本部 2008年(平成20年)5月21日• 2012年2月6日, at the. プレナス 2008年(平成20年)11月1日• [ ] 毎日新聞 2008年(平成20年)5月14日• (、2012年7月19日) -• 西日本新聞 2008年(平成20年)5月15日• 2008年5月17日, at the. 2008年5月17日, at the. 2013年4月15日, at the. jartistworld. com 2013年10月1日. 2014年8月10日閲覧。 - プレナス 2018年10月30日(2018年12月9日閲覧)• 2013年8月30日, at the. (2013年(平成25年)8月4日 MSN産経ニュース 同8月19日閲覧)• 2013年8月17日, at the. (2013年(平成25年)8月5日 公式ページ内新着ニュース 同8月19日閲覧) 関連項目 [ ]• (Jリーグ) - プレナスが公式スポンサーとなっている関係で、各試合会場に「ほっともっと」の看板が掲示されている• - 2011年(平成23年)2月、ほっともっとを展開するプレナスが同球場のを取得し、「ほっともっとフィールド神戸」と改称。 - 、、、(を除く)、、、(一部地域)のほっかほっか亭を運営。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の