濡れない水 値段。 水溜りボンド|濡れない水(Novec)とは?値段は?通販でも買える?

雨の日の自転車、顔が濡れないレインコートをご紹介!

濡れない水 値段

セパレートタイプかポンチョタイプか 2. 安全性 3. 機能性 一つずつ詳しく解説していきましょう。 (参考:) セパレートタイプかポンチョタイプか 自転車に乗る場合、コートタイプのものは適さないので、セパレートタイプかポンチョタイプを選びましょう。 セパレートタイプは名前の通り上下が分かれたもので、身体の動きを妨げず広範囲をカバーしてくれるため、長時間自転車を運転する際に向いています。 ポンチョタイプは上からすぽっと被るタイプなので着脱が簡単で、中に着る洋服の形状を選ばないのがメリットです。 ただし足元はどうしても濡れやすくなるので、レインブーツとの併用がおすすめですよ。 安全性 レインコートはとても便利ですが、国民生活センターのホームページによると、 ・長すぎる裾が車輪と接触して巻き込まれる ・強風でポンチョが舞い上がり前が見えなくなる ・フードで左右の視界が悪くなる などと言った危険性も指摘されているようです。 (参考:) 思わぬ事故に繋がらないようにするためにも、レインコートを選ぶ際は裾の長さ、ポンチョタイプの場合前カゴ用の留め具がついているか、フードの調節機能がついているかなどをよく確認した上で購入し、正しい方法で着用して下さいね。 機能性 レインコートを着る目的は髪や洋服が雨に濡れるのを防ぐこと。 耐水性ができるだけしっかりしているものを選びましょう。 縫製が甘いとそこから水がしみてきてしまうこともあるので注意が必要です。 また、透湿性の高いものを選ぶと、汗をかいても蒸れにくく快適です。 雨の日のストレスが少しでも軽減できるよう、機能性の良いものを選びたいですね。

次の

防水どころか、防臭にシワ対策まで。それにエコ!?名前負けしていない「ウルトラスーツ」

濡れない水 値段

昨日、息子と風呂に入っているときに質問を受けました。 いわく、手のひらを水面につけて持ち上げたとき、水が手のひらにくっついてくるのはどうして?というものでした。 実生活のなかで、たとえば乾いた鉄に粉をかけてもくっつくことはないですよね。 でも、鉄に水をかけると「濡れ」ますよね。 同様に、手のひらが完全に乾いていれば(「完全に」という表現は相当粗いですがニュアンスとしてイメージしていただけると幸いです)、粉が入った容器に手のひらをつけても、静電気でわずかに粉がつく程度なのではないかと思うのです。 が、粉を水にかえるとしっかり手のひらにつく。 これ、相当不思議です。 息子には、「ビー玉がはいった容器に手をつけてもビー玉はついてこないよね。 それより粒子が細かい粉の場合、少しついてくるよね。 水は、たぶん粉より細かいから、よりたくさんついてくるんじゃない?あとは、表面張力とかの関係かなぁ、うぅん、わからん。 」と、はなはだ消化不良な回答にて、ダメ父さんぶりを発揮してしまいました。 ネットで検索しようにも、どう検索してよいかわからないので、ご存じの方がいらしたらお教えください。 よろしくお願いします。 こんにちは。 >>>いわく、手のひらを水面につけて持ち上げたとき、水が手のひらにくっついてくるのはどうして?というものでした。 くっついてきて、その後すぐ、ほとんどが落ちる現象のことですよね。 それは分子間力です。 ちょっと難しいですが、分子間力というのは、電磁気力の一種です(万有引力は電磁気力ではなく重力なので違います)。 ただし、単純な静電気ではありません。 水がくっつく力が分子間力で、逆に水を下に落とそうとする力が万有引力です。 >>>実生活のなかで、たとえば乾いた鉄に粉をかけてもくっつくことはないですよね。 人力だと無理かもしれませんが、相当力を入れると、くっつかないこともないです。 >>>でも、鉄に水をかけると「濡れ」ますよね。 濡れ性のある表面であれば濡れます。 濡れ性がない表面でも、石鹸などの界面活性剤を塗れば、濡れるようになります。 >>>同様に、手のひらが完全に乾いていれば(「完全に」という表現は相当粗いですがニュアンスとしてイメージしていただけると幸いです)、粉が入った容器に手のひらをつけても、静電気でわずかに粉がつく程度なのではないかと思うのです。 が、粉を水にかえるとしっかり手のひらにつく。 これ、相当不思議です。 粉は、間に隙間がたくさんあり、手のひらとの接触面積が少ないからです。 水は、手のひら表面の凹凸に入り込むので、接触面積が大きく、したがって濡れます。 >>>「ビー玉がはいった容器に手をつけてもビー玉はついてこないよね。 それより粒子が細かい粉の場合、少しついてくるよね。 水は、たぶん粉より細かいから、よりたくさんついてくるんじゃない?あとは、表面張力とかの関係かなぁ、うぅん、わからん。 」 ほぼ正解です。 もっと言えば、手のひらの皮膚と水との間のわずかな隙間が、ほぼ真空になるということがあるからです。 10ccの空気を1cc引き伸ばして11ccにすることは簡単ですが、0.1ccの空気を1cc引き伸ばして10.1ccにすることは難しいです。 ですから、手のひらが水をくっつけているように見えるのです。 この点では、紙の上に平らな板を置いて、その板を上に持ち上げると紙がくっついてくる現象と同じです。 そして、「手のひらと水」だけでなく「水と水」も考えなくてはいけません。 「水と水」が引き付け合う力が存在するので、手のひらに直接ついた水が、仲間の水を連れ立って引っ付きます。 もしも「水と水」が引き付け合う力が存在しなければ、手のひらにくっついてくる水の量は、ほんの僅かとなります。 「水と水」もまた分子間力であり、「隙間が真空」でもあるわけです。 わかりやすい解説、ありがとうございました。 「真空の場合紙と板でもほぼ同様の原理でくっつく」という実験も可能とい うわけですね。 確かに、引力に引かれて落ちようと している雫などをみると、明らかに「手についている」というのではなくて「水と 水の分子が引き合っている」いるからこそできる造形ですよね。 ありがとうございました。 大変助かりました。 A ベストアンサー No. 7の回答したものです。 ちょっとはしょりすぎた部分があるので、追記します。 7の回答とあわせて読んでいただければ幸いです。 1. >物理と化学の融合問題です。 ガラスと水の接触角については、界面の原子レベルの力が問題になるので化学の問題です。 それ以外の水圧・大気圧などは物理の問題です。 242. html に、「・・・固体が液体と直接に接触するためには、 液体が固体~気体間の界面を押しのけなければ成らない。 ・・・」などの記述があります。 2. >ガラスと水の接触角」 仮に60度とする(本当はもっと小さいけど簡単のため) WEB上では、「0度」から「20~30度」までさまざまな記述がありました。 No7の回答で60度とおいたのは「Cos60度=0. 5」で計算が簡単になり、問題の本質には影響しないからです。 3. >表面張力」 仮に0. 4. >根拠 :水の端っこの1mm^2の界面を想定すると、・・・ この記述が分かりにくいかもしれません。 補足します。 ガラスにはさまれた水分が薄い円盤状になっているときに ピザを切るように、水の円盤を極めて細い扇型(円周を1mmずつに)に切ってその側面を見ると縦(=ガラスの間隔)1mm、横1mmの正方形になります。 その内側(水圧)と外側(大気圧)を比べるわけです。 5. >・・・大気圧と、内部の水圧の差は、1000分の1・・・ これについては、毛細管現象と同じ原理です。 「接触角だけ傾いて働く表面張力が界面の内外の圧力差の元になる」と言う点です。 下記URL参照ください。 osaka-kyoiku. 平均的に10ミクロンとすると、例題の1mmより100倍の圧力が働きます。 7.他の方の回答について >(No6 ・・ガラスの間では水の蒸気圧程度の力に過ぎないでしょう これは、ポンプの中に水だけ入れて(空気を入れずに)ピストンを引いた場合の内部の気圧を連想されたのだと思いますが、本件とはちょっと状況が違うように思います。 >(No. 3 ・・真空が原因でない証拠は,2枚のテフロンの板で実験してみればわかります テフロンの場合は、接触角が90度以上(180度に近い)ので表面張力による内部の水圧低下が起こりません。 それがテフロンがくっつかない理由だと思います。 以上 No. 7の回答したものです。 ちょっとはしょりすぎた部分があるので、追記します。 7の回答とあわせて読んでいただければ幸いです。 1. >物理と化学の融合問題です。 ガラスと水の接触角については、界面の原子レベルの力が問題になるので化学の問題です。 それ以外の水圧・大気圧などは物理の問題です。 242. html に、「・・・固体が液体と直接に接触するためには、 液体が固体~気体間の界面を押しのけなければ成ら... Q こんな梅雨時に、窓を全開のまま出かけてしまい、 外出中に大雨が降り出し、部屋の中がべしょ濡れになりました。 ゲームジャケットは乾かして、アイロンをあてたのでどうにかなったのですが、 攻略本の方は、乾いたのですが、ところどころページが、 まるで糊付けされたように張り付いてしまい、 剥がそうとすると、「ベリッ」と破けてしまい... A ベストアンサー インク自体は油なので水を弾くのですが、下が紙で給水性がよく、また大量の水分があるとインクが過水分解しちゃって接着剤の役目をしちゃうんですよねぇ。 ダメ元ということで、次の作業をしてください。 霧吹きでページごとに水を掛けてください(水に漬けるって方法もあるのですが)紙が潤ったら、ゆっくりと剥がします。 ここで1方向からの剥がしの場合剥がれ難いことがあるので、上や下などの方向からも試してみてください。 ページを左右に均等に開くようにとか、片方を固定しておいて1枚のページを剥がすようにするとか。 他の方法としては、スチームアイロンのスチームを1cmほどの距離からたっぷり掛けて、同じようなあ剥がし方をします。 それでもダメだったら完全に水に着けて水中で剥がします。 以上の方法が剥がす方法です、凍らすのは、水分が膨張して無理やり剥がすのと同じ効果なのでおやめください。 1枚づつが剥がれたら、コピー用紙などの腰のある紙をページごとに挟みます、その状態でページをパラパラと片方から片方をめくるように、何度も動かして乾かします。 この時乾く寸前にコピー用紙や印刷面に引っ付くので注意が必要です、半乾きの状態になりましたら、また用紙を交換します。 手数が掛かりますが、貴重な本の為ということで。 風通しの良い場所で(扇風機で全体に風を当てるのはいいですが、ドライヤーは局部的に集中しちゃうことがあるのでダメ)たえずページを動かしながら乾くのを待ちます。 半乾きから完全乾きの中間になりましたら、用紙を抜きとって、乾かす作業を続けます。 平面な紙の場合この時点で低温アイロンを掛ければ平らになるのですが、今回は端が閉じてあるので、ちょっと無理でしょう。 やってみるならプラスティック製の下敷きをはさんで、それで様子を見ながらアイロン作業です。 いづれにしろ、紙を絶えず動かしながらというのを忘れないで、乾く寸前が一番引っ付きやすいので注意して、を肝に命じて作業すれば、とりあえず密着した状態から、バラバラにはなります。 装丁(本のように束になった状態)に拘らなければ、本を分解して1枚ごとの紙にしてしまうほうが作業や効率、仕上がりは良くなります、1枚ごとに完全に乾いたらまとめてホッチキスやクリップで留める、クリアケースに入れる、装丁をやり直す(やり直してもらう)などの方法があります。 ダメ元ということで、次の作業をしてください。 霧吹きでページごとに水を掛けてください(水に漬けるって方法もあるのですが)紙が潤ったら、ゆっくりと剥がします。 ここで1方向からの剥がしの場合剥がれ難いことがあるので、上や下などの方向からも試してみてください。 ページを左右に均等に開くようにとか、片方を固定しておいて1枚... Q いぜん、NHKのとある番組で、アルミかなにかの金属のカタマリふたつのそれぞれの面を、鏡よりも完璧な平面になるように研磨したあと、接着剤とかを一切使わずにグッと密着させるだけで完全にくっついてしまう、という実験をしてまして、この現象を知らなかった私はかなりビックリしました。 この現象は理屈の上では、金属に限らず、どんな物質でも起こるものなんですか? また、この現象により接着したものは、完全に「一体化」してしまったんでしょうか?言い換えれば、もともとひとつの物体だったもののように、なんらの継ぎ目も残さず、完全に融合してしまったのでしょうか? この現象はなんと呼ばれているのでしょう? 詳しい方、教えて下さい! A ベストアンサー >この現象は理屈の上では、金属に限らず、どんな物質でも起こるものなんですか? これは、固体を固体としてまとめ構成している分子間引力や結合力によるもので、原理的には、すべての固体物質同士で、こういう現象は起こり得ます。 ただ、色々と物質により「条件」が必要になり、日常的な固体物質のあいだでは、こういう現象は普通観測されません。 しかし、先の方が述べておられるように、真空での金属などの場合は、条件を人為的に整えないでも、真空に磨いた金属を露出させているだけで「条件」が整うことがあり、接合が起こり得ます。 液体の場合を考えてみてください。 水に水を注ぎ加えると、普通は、一体化して、どれが最初の水で、後から入れた水と最初の水の「境界」はどこにあるのか、と言っても、そんなものはありません。 完全に一体化してしまいます。 液体一般は、同じ種類の液体だと、こういう風に、境界なく混合してしまいますし、異種の液体でも、混合することが多いです(水と油のように、混合しない液体同士も無論あります)。 液体の場合は、簡単に一体化するのに、固体の場合は、何故簡単に一体化しないか。 それは、液体は、確かに分子構造を持っていますが、分子と分子のあいだの結合が緩やかな力でつながっていて、「三次元的立体的に」、分子構造が決まっていないからです。 液体に同種の液体を注ぐと、液体の分子同士で、緩やかな結合を取るので、簡単に混じり合って一体化してしまうのです。 固体物質で、こういうことが起こらないのは、まさに、立体的三次元的に、分子結合が構成されているからで、また、通常の固体は、空気中にあると、表面が酸化等して、化学変化を起こし別の物質分子になっているので、同種の固体を押しつけてと思っていても、あいだに異種の物質があって、接合しないのです。 液体などの場合も、酸化などで変質しますが、全体が変質する訳ではなく、例えば、油だと、表面だけが酸化して膜になるが、なかは質の変化を起こしていないので、表面の変質した液体とは混じらないが、なかの変質していない液体とは混合して一体化することができます。 しかし、固体の場合、酸化膜などの表面の別の物質で被われた「内部」に、どうやって、例えばアルミの分子面を接触させるか、液体と違って、固体のなかに入って行ける訳でないので、簡単に接合・一体化が起こらないのです。 ただし、蝋などの物質は、長時間重ねて置くと、一方が他方のなかに、沈み込んで一体化するというようなことがあります。 これは、ガラスもそうですが、これらは、非晶質と言い、丁度、液体と固体の中間のような構造になっているからです。 岩石でも、長い時間で見ると、同じような性質があります。 ただ、岩石の場合、同種物質というのが難しいので、そのままでは、一体化しません。 「接合・一体化が可能な条件」というのは、その固体物質の分子結合というか、結晶の三次元的な構造が影響します。 金属の場合も、三次元的構造があり、結晶なのですが、結合のために、微妙に決まった方向に原子が並ぶ、組立立体パスルのように、凸部と凹部が組み合わさらねばならない、というような厳しい条件ではありません。 従って、アルミとか、鉄の表面を十分に綺麗にし、純粋な鉄やアルミが露出するようにして、同じように条件を整えた面と接合し、「圧力」を加えると、平面がほぼ完全である場合、分子間結合が、二つの面のあいだ生じ、接合が完成し一体化します。 この場合、平面の度合いは、分子の結合力が到達する範囲の誤差で、互いに接合できるような条件でなければならず、一部はそういう条件になっているが、他の部分はそうでないと、条件にあった部分だけが接合し、そうでない部分は、接合していないという状態になります。 「圧力」をかけるのは、普通の状態で押しつけただけでは、突起部などが少しでも残っていると、それに邪魔されて、分子同士が結合できる距離にまで平面が接近しないからです。 かなりな圧力を加えると、平面に多少の不整合があっても、押しつけられることで、互いに分子の露出した面が、くっつき合う距離になるので、分子結合が成立し、接合し、一体化するのです。 完全な平面や、完全に不純物のない表面を造ると、圧力をかけなくとも、触れさすだけで、接合します。 粘着テープや接着剤の固まり始めた場所に指を触れると、くっつくのと同じことです。 鉄などだと、色々な不純物を混ぜて合金にしていることが多いので、うまく分子と分子が接合しないことも起こり得ます。 つまり、単一物質の固体で、しかも分子の立体構造が比較的融通のきく物体なら、このような方法で接合できるということです。 接着剤は、まさに、複雑な構造の固体物質の分子構造と、かなり自在に分子結合できるような物質で造られていて、最初液状なのは、相手の固体表面の分子構造に応じて、それに応じた結合を接着剤の分子で選択できるように、丁度、液体が混じり合うのと同じ原理で、分子結合を築くためです。 普通、二つの表面に接着剤を塗って、乾燥しかけると、接着剤同士を接合して、これで接着ということになります。 接着剤同士は、同じ物質構造で、また完全に乾燥していない状態だと、分子結合力の活性が残っているからです。 完全に乾燥すると、活性は消えます。 水晶と水晶でも接合しますが、水晶の場合、結晶の分子配列が非常に規則的で、立体的に方向を持った整列構造なので、この整列方向とうまく整合しないと、水晶同士の接合は不完全になります。 非常に微妙で精密な結晶格子と、方向も含めて接合させるというのは、難しいのです。 無理に接合させても、結晶の配列方向が違っている接合面が後の残ります。 そして、この接合面を境にして、水晶の結晶整列の方向が違っていることになります。 シリコンウェハースの場合は、普通、エピタキシャル成長という方法で結晶を造り、薄板(ウェハース)は、この成長軸と垂直な面で切断して薄い板にするので、ウェハース同士では、結晶の並んでいる三次元的方向が揃っているのです。 それ故、水晶の場合には非常に難しかった、結晶配列の立体的方向性の条件が、整っているので、接合が可能になります。 異物質の固体同士の接合になって来ると、水とアルコールは溶け合うが、水と油は溶け合わないのと似て、接合できる場合とできない場合などが出てきます。 なお、金属などだと、溶けるまで熱しなくとも、ある程度熱を加えて、不純物を十分に除去した面を圧力をかけて押しつけ合うと、平面がそれほど完全でなくとも、接合し一体化します。 これは、熱によって、結合性が高まり、そこに圧力が加わるので、金属面が融通を持って、結合する方向へと曲がるためです。 しかし、圧力が小さいと、あいだに空気が入ったりします。 また、熱ではなく、超音波と圧力で接合させる方法もあるようです。 この現象は、一般的には「接合」ですが、「固相接合」というのではないでしょうか。 あいだに、はんだや銀ろうなど、また接着剤を使うのも、もしかたら、固相接合かも知れませんが。 >この現象は理屈の上では、金属に限らず、どんな物質でも起こるものなんですか? これは、固体を固体としてまとめ構成している分子間引力や結合力によるもので、原理的には、すべての固体物質同士で、こういう現象は起こり得ます。 ただ、色々と物質により「条件」が必要になり、日常的な固体物質のあいだでは、こういう現象は普通観測されません。 しかし、先の方が述べておられるように、真空での金属などの場合は、条件を人為的に整えないでも、真空に磨いた金属を露出させているだけで「条件」... A ベストアンサー 水の分子と、紙やビニールの表面の分子は、 「ファン・デル・ワールスの力」や 「水素結合」で引き合っています。 物体の隙間が、分子程度の大きさだと、 これらの力が働いてくっつきます。 たとえば、数センチぐらいの小さな磁石が、多量にあると考えてください。 それを2枚の鉄板の間に適量挟むと、磁力で、鉄板が動かなくなるでしょう。 すごく大雑把なたとえですがそんな感じです。 隙間の幅が分子よりずっと大きくなると、 間は水なので、自由に滑ります。 まとめると、隙間の幅、それから物質の種類によって滑るか着くかが変わります。 道路などは凸凹しているから、分子程度の幅にはなりにくく、滑りやすくなります。 A ベストアンサー ANo. 1です。 いくらでも見つかるはずです。 upp. so-net. ifoc. kyushu-u. 毛管現象ついて調べてみると、以下のような説明でした。 表面張力によって液面は縮まろうとする方向に力が加わり、 2. 壁面付近の傾きをもった液面が縮まろうとして水面を持ち上げる。 この時、液体の上昇する力は壁面付近の表面張力の垂直成分に等しい。 というのは何となく理解出来たのですが、 3. 上の二つの力と持ち上げた液体の重さが釣り合うまで液面は上昇する。 という意味が理解出来ません。 2の時点で、「二つの力と持ち上げた液体の重さは既に釣合っている」のではないでしょうか。 「液面が更に上昇する」仕組みが理解出来ません。 以上、宜しくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 水が糊と同じ働きをしているからじゃないですか。 濡れた布はひとの肌や色々なものに良くくっ付きます。 乾いた布ではなく、濡れた布の場合、このとき、繊維と肌の間にあってその隙間を埋めているのは空気ではなく、水だということになりますよね。 ここで、空気と水の大きな違いをふたつ考えます。 水の分子は空気よりも重くて動きが鈍い。 水の分子はどんなものにでも簡単にくっ付いてしまう。 空気は身軽で、何処にでも飛んで行ってしまうので、少なくとも糊の役割は果たせません。 水の分子はどんなものにでも結合するという性質をもっており、くっ付くことができないのは、油だけです。 水に濡れるということは、水の分子がその物体の表面の分子と結合するということです。 ですから、油を塗った表面を水で濡らすことはできません。 水は、水の分子同士が結合し、布の繊維とも、肌の表面とも結合します。 このようにして、塗れた布は肌にくっ付きます。 布をはがしても、水は肌にくっ付いたままですよね。 ただ、結合と言いますと、水の分子が手を繋いで結晶化し、布を縛り付けているように思えてしまうかも知れませんが、そういうことではありません。 水は様々な分子と結合することは事実なのですが、厳密には、くっ付いたり離れたりを刳り返すんです。 しかも、その速さは1秒間に何千回というものです。 このような働きが、水の粘着力になっているのだと解釈して下さい。 水というのはたいへん忙しない分子なんですね。 水は空気よりも動きが鈍いと言いましたが、それは水が静かな分子であるということではなく、空気のように何処かに飛んで行ってしまわないということです。 そして、このような水の分子が繊維と肌の隙間を埋めてしまいますので、そこには空気が入り難くなります。 そのため、周りから空気の圧力が掛かり、更にはがれ難くなります。 ただ、水が糊と違うところは、乾けば何処かに飛んで行ってしまうということです。 水蒸気になると、分子の動きが結合する力を振り切ってしまうんですね。 こんにちは。 水が糊と同じ働きをしているからじゃないですか。 濡れた布はひとの肌や色々なものに良くくっ付きます。 乾いた布ではなく、濡れた布の場合、このとき、繊維と肌の間にあってその隙間を埋めているのは空気ではなく、水だということになりますよね。 ここで、空気と水の大きな違いをふたつ考えます。 水の分子は空気よりも重くて動きが鈍い。 水の分子はどんなものにでも簡単にくっ付いてしまう。 空気は身軽で、何処にでも飛んで行ってしまうので、少なくとも糊の役割は果たせません。 水の分子は...

次の

【楽天市場】リュック メンズ バケツの水をぶっかけても濡れない防水リュック「二層構造と無縫製で雨から守る」通勤・通学・アウトドア・自転車・バイク・旅行で使える大容量バッグ ビジネスバッグ/バックパック/リュックサック/PCカバン【ラドウェザー LAD WEATHER】あす楽 送料無料:e

濡れない水 値段

いまも昔も子どもたちの遊び道具の定番である「おりがみ」。 親戚同士が集まったときにも、世代を超えて楽しめますよね。 しかしこのおりがみも、時代とともに着実に進化しているのです。 東洋紡から発売される「オリエステルおりがみ」は、なんと水に濡れても大丈夫な素材をつかっている革命的おりがみ。 おりがみなのに、花瓶にもなる驚きの耐水性! 「ヨット」や「ふね」といった折り方は昔からあるものの、いざ川やお風呂に浮かべると、破れたり溶けたりして、当然ながらあえなく沈没……ということが当たり前でした。 しかし特殊な素材で作られている「オリエステルおりがみ」は、水に濡れても破れないので、水のあるシチュエーションでも問題なし。 おりがみボートの競争なんかもできちゃいます。 もちろん紙やセロハンと同等の折り曲げ性やひねり性があるため、通常のおりがみと同じように楽しむことができます。 発色も綺麗でインクののりも良いため、屋外の展示や装飾などにももってこい。 また、折り方を工夫すれば花瓶代わりにもなるほど丈夫です! 「オリエステルおりがみ」は、赤や青に黄色や緑といった基本的なラインナップから、フィルムのような透明色まで20色セット。 価格は350円。 また、12月からは「オリエステルおりがみ」の大判(43センチメートル角)の販売も開始しており、クリスマスやハロウィン用、また海をイメージしたものなど、季節に合わせた商品も展開されていきます。 では、さまざまな折り方のアイデアも公開中。 親戚同士が集まる年末年始。 何気なく折ったおりがみがスイスイ水の上を走っていったら、子どもたちとしては感動モノです。 「オリエステルおりがみ」で、チビッコたちの人気者になっちゃいましょう。

次の