ワクワクメール フリーメールアドレス。 電子メールアドレスの変更

【2020年版】フリーメールのおすすめ一覧。安全に使えるセキュリティ対策が充実しているものがベスト

ワクワクメール フリーメールアドレス

フリーランスにとって事業専用のメールアドレスは必要か? フリーランスとして働くとき、メールアドレスにまで気を使っていますか? 特に、副業として働いている人は、個人アドレスをそのまま使っている人も多いはずです。 また、クラウドソーシングで仕事を請け負っている場合には、サイト上でやりとりをするので、そもそもメールアドレスが相手に知られることはないでしょう。 しかし!フリーランスとして仕事をしていくなら名刺交換をする機会もありますし、直接、クライアントとメールでやりとりをすることも考えられます。 仕事が少ないうちは個人的なメールアドレスでも対応できるかもしれませんが、営業も軌道にのり、本格的にフリーランスとしてやっていくなら事業用と個人用を区別して使い分けた方がいいでしょう。 フリーランス用メールアドレス〜ローカル部分について〜 メールアドレスは、「ローカル@ドメイン」の形で構成されています。 仕事で使用されるメールアドレスのローカル部については、その使用目的により、「個人名」「屋号」「企業名」「info」など、もしくはこれらの組み合わせとなることが多いようです。 ローカル部については、使用できる文字に制限があるくらいで、かなり自由度は高くなります。 確かにメールアドレスの交換時にその話題で盛り上がったことを覚えています。 こういった多少奇をてらったものも、よほど相手に「?」と思われない限り、印象を残すといった観点から見れば「あり」だと思います。 フリーランス用メールアドレス〜ドメイン部分について〜 一方、ドメインの部分はどうでしょう。 多くの企業が採用しているのは「. jp」、「. com」、「. net」、「. jp」です。 これに加え、最近「. biz」「. jp」なども見られるようになってきました。 ある統計によると、これらのドメインのうち一部上場企業の98%が「co. jp」を使用しているそうです。 ドメインによって登録可能対象者や個数が異なっていることはご存じでしょうか? 例えばこの「co. jp」は日本国内に登記のある企業しか登録できず、しかも登録できるドメインは1組織につき1つだけなのです。 そういった制約によって、日本企業のイメージである「安心感」「信頼感」といったよい印象をドメインの中で表しています。 次に「. com」、「. net」は、企業・個人に関わらず、何個でも登録できますが、企業のドメインとしては多少弱いかも知れません。 ただ、個人で使用した場合には、多少「信頼」感が生まれるような感じがします。 また「. jp」も同様ですが、日本に住所がある必要があります。 見ていないようで見ているのがメールアドレスのドメインです。 Gmailはふさわしくない? 仕事専用のアドレスを作る際、Gmailでもいいのか、というのはよく議論になるポイントです。 Gmailは使いやすいため広く普及していますが、フリーメールのためビジネスの場ではふさわしくない、とみなされることがあります。 気にせずに使っている、という人もいますが、中にはGmailのアドレスを使っているフリーランスは信用しない、と言い切るクライアントもいるようですので注意しましょう。 これはGmail自体に問題があるわけではなく、個人事業主として必要なことにお金をかけていないのはビジネスパートナーとしてどうなのか、という点が疑問視されるためです。 たとえば、もし独自ドメインのメールアドレスを取得しているフリーランスと、Gmailを使っているフリーランスがいた場合、どちらが仕事をしっかりこなしていると見られるでしょうか。 独自ドメインのメールアドレスを維持するには経済的な負担もありますが、そういったところにお金をちゃんとかけられるかどうか、というところが見られているというわけです。 フリーランスにとって重要なことは、自分をいかに「ブランディング」するかです。 ブランディングとは、「この仕事ならあの人にお願いしたい」と多くの人から思われるまでに自分の価値を高めること。 そのためには他人からどう思われるか、というところも非常に重要なポイントとなってきます。 そのため、独自ドメインを取得してWebサイトとカスタムメールアドレスを用意するのも、忘れてはならないブランディングの一環なのです。 独自ドメイン名の決め方のポイント では、独自ドメインを作成する際に、どういった点を意識すべきなのでしょうか。 基本的には以下のポイントを押さえた上で設定できると良いかと思います。 できるだけ短く• 誰にでも直感的にわかりやすく・覚えやすく• 自社の業種がわかるようにする• 会社名・サービス名がわかるようにする 独自ドメインのメリット なぜ独自ドメインを取得するべきなのでしょうか? それは、以下に独自ドメインにする事のメリットをまとめてみました。 損する事はないので、絶対に独自ドメインしておくべきですよね。 好きな単語を使える• 検索エンジン最適化(SEO)に効果的• ブランディングに効果的• イメージアップに繋がり、信頼が得られる• 独自のメールアドレスが持てる 会社名・サービス名を決める時もドメイン名を念頭に入れる 今の時代、会社名を決める前にドメイン名を先に決めるのも少なくないかと思います。 インターネットでビジネスを始めるリテラシーの高い人なら尚更。 誰が見てもわかりやすい・覚えやすい単語を使った独自ドメインを使えば、会社名もわかりやすく・覚えやすくなる。 会社名は同じ名前の会社さんが他にあっても良いですが、独自ドメインの取得は同じ名前が他にあったら取得できなくなりますからね。 独自ドメインの取得は早い者勝ち、競争があるので、優先度早めで対応しておきたいタスクです。 独自ドメイン取得の費用 勿論、独自ドメインを取得するにはお金が掛かるのですが、決して高くはありません。 ドメイン内容次第ではありますが、年間1,000円程度です。 com• jp あたりは人気ですので、早めに取得しておくようにしましょう。 値段も割と高めだったりします。 将来的な事を考えて、今すぐ使わないにしても、関連のドメインは全て取得してしまっておいても良いかもしれません。 もちろんお金はかかってしまいますが・・。 独自ドメイン取得の方法 ドメインを取るには、ドメイン取得業者を利用するのが一般的です。 それぞれに取得できるドメインの種類やサービス内容が違うので、自分のビジネスに合ったものを選びましょう。 <ドメイン取得業者の例>• お名前. onamae. star-domain. ドメイン取得業者のサイトから空いているかどうか検索ができるので、試してみましょう。 com」などは広く普及しているためすでに取得済みになっているケースが多いですが、新しく運用開始となった「. xyz」などは比較的空きが多く、自由な選択肢が残されています。 【フリーランスの皆さん】案件でお困りではないでしょうか? 今回、メールアドレスについて見てきました。 この記事を読んでいる方の中には、フリーランスの方が多いと思います。 その中でも、案件をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか? フリーランスになったからには、働き方にこだわりたいという方も多いのではないでしょうか? そこで参考までに、「こんな働き方もあるんだ!」ということを知ってもらえればと思い、紹介したい働き方があります! それは、 単価を下げずに週2〜3日からできるフリーランス案件です! フリーランスになっても週4〜5日で働いている方の方が多いですよね。 この記事を読んだことが何かの運命だと思って、案件をご覧になってはいかがでしょうか?.

次の

電子メールアドレスの変更

ワクワクメール フリーメールアドレス

昔と違い、今はフリーメールアドレスを利用していて困ることが少なくなった 一昔前までは、フリーメールのアドレスだと登録できないサービス等が色々ありました。 フリーメールアドレスはプロバイダメールよりも信頼性が低いとかなんちゃらとかいう理由だったと思います。 ところが、徐々にネット関連の基本サービスは無料で使えるのが当たり前という世の中の流れになっていったのに対し、プロバイダメールはそのプロバイダを利用している時しか使えない有料のサービスのまま。 この流れの中で多くの方がGmailやヤフーメール等の無料で使えるメールサービスにどんどん流れていき、プロバイダメールの利用者がどんどん少なくなっていったというのが現状。 そして、フリーメールの利用者がどんどん増えていった結果、今はフリーメールのアドレスだと登録できないというサービスはほぼなくなりました。 インターネットバンキング等のサービスですら、フリーメールのアドレスで登録できてしまいます。 これは各企業が提供しているWebサービスで「信頼性が低いからフリーメールでの登録はできません」なんて時代遅れのことを言っていると、利用者数が全く増えないという現実があるから。 私はプロバイダメールもフリーメールもどちらも使ったことがありますが、途中からはフリーメールのアドレスしか使っていません。 十年近くこのスタイルで利用していますが、何らかのサービスに登録できないということは一度もありませんでした。 今はフリーメールアドレスだけを使ってプロバイダメールアドレスは一切使っていないという方のほうが多くなっています! 特にフリーメールアドレスを利用して困ることはないので、これからアドレスを取得する方はフリーメール等で取得しておいたほうがいいですよ! プロバイダや光回線を乗り換える際にプロバイダメールだとアドレスが変わってしまう 光回線やプロバイダを切り替えた経験があるという方もいらっしゃると思います。 特に引越しが多い方等は、引越しに伴ってプロバイダや光回線を切り替える・または切り替えざるをえないということがよくあります。 この時にプロバイダメールを使っているとネックになるのが、プロバイダを変えるとそのプロバイダのメールアドレスが利用できなくなるということ。 どうしても変更したくないという方の場合、以前利用していたプロバイダの契約をメールアドレスだけ利用できるプランに変更し、毎月料金を支払って継続するしかありません。 (例えば、OCNだとメールアドレスを残す為だけに毎月250円支払い続ける必要があります) 後からプロバイダを乗り換える可能性が全くないという方は別ですが、少しでも乗り換える可能性があるのであれば、はじめからプロバイダメールは利用せずにフリーメールアドレスを利用することをお勧めします。 プロバイダーのアドレスを使っていると、プロバイダーを変更する度にメールアドレスが変わってしまいます。 加えて、例えば光回線の契約を解約してもプロバイダーのアドレスを使い続けたいという場合には、プロバイダーだけ契約を残して料金を支払い続けていく必要があります。 それなら、はじめからフリーメールアドレス等を利用していたほうが長い目でみてもお得ですよ! フリーメールアドレスで困らない方は無理にプロバイダメールは利用しないほうがいい 何らかの事情があってフリーメールアドレスではなく、プロバイダのメールアドレスやサービスを利用しないという場合以外は、無理にプロバイダのメールアドレスを利用する必要は全くありません。 ここまで説明してきたように、今はフリーメールアドレスでも困ることがほとんどなく、プロバイダメールを利用しているとプロバイダが変更になった時に使えなくなってしまう為です。 仕事で使う等の用途があるならプロバイダメールのほうがいいと思いますが、個人利用の場合はフリーメールアドレスを利用することをお勧めします。

次の

安全に使える無料フリーメールアドレスおすすめTOP5!2020年15社比較一覧!

ワクワクメール フリーメールアドレス

こんにちは、「」編集部のダイゴです。 無料で作れて便利なフリーメールアドレスですが、「有料のメールとは何が違うの?」「フリーメールって結局何を作れば良いの?」などなど便利だからこそ迷ってしまうことがありますよね! メールアドレスは一度作ったら長く使う物ですし、作り替えるのも手間ですから、しっかりと調べて納得できるところでフリーメールアドレスを作りたいという人は多いと思います。 そこで今回の記事では、 人気のフリーメールアドレス15個を徹底比較した上で「フリーメールアドレスと有料アドレスの違い」や「おすすめのフリーメールアドレスTOP5! 」などについて紹介していきます。 フリーメールに関して迷っていることがあるようでしたら必ず参考になります。 少しでも目を通していただければ幸いです。 そもそもフリーメールアドレスとは?有料や使い捨てとの違いを解説! フリーメール アドレス 有料メール アドレス 使い捨てメール アドレス 利用料 無料 有料 無料 信頼性 利用期間 サービス終了まで 利用料を払っている間 1日〜1週間 フリーメールとは、字面の通り無料で使う事ができるメールアドレスのことです。 代表的なサービスとしてgmailやYahooメールなどが挙げられます。 同じくメールアドレスとして、有料メールアドレスや使い捨てメールアドレスがありますが、それぞれ表で示した様な違いがあります。 主な違いは信頼性で、有料メールはわざわざお金を払って契約して使っているため信頼性が高いです。 一方で、使い捨てアドレスは誰でも無料で簡単に作れる上に足が付かないので信頼性が低いです。 フリーメールアドレスは有料アドレスと使い捨てアドレスの良いとこ取りをしたようなアドレスで、ある程度の信頼性がある上に無料で長く使うことができます。 各ポイントごとにパートを区切って解説していくので是非参考にしてくださいね! ポイント1:容量の大きさ フリーメールアドレスの選び方1つ目のポイントは、メールボックスの容量です。 メール1通の容量は平均的に10kB程度です。 ファイルが添付されている場合は10MB〜25MBになることが多いです。 そのため、添付ファイル付きのメールが多い人は100通以上保存すると、ボックスの容量を1GB消費することになります。 メールが100通しか保存できないと考えると、ボックスの容量が1GBでは少し心もとないですよね? 最近では、フリーメールアドレスでもメールボックス容量が10GB以上のものが増えてきているので、 容量が10GB以上あるものを選ぶことをおすすめします。 ポイント2:ドメイン名 フリーメールアドレスの選び方2つ目のポイントは、ドメイン名です。 ドメイン名とは、メールアドレスの@以降の文字列のことです。 人にアドレスを伝えることを考えると、ドメイン名はなるべく短くてわかりやすい方が良いです。 例えば、Gmailの場合「@ジーメール」と言えば誰にでも伝わるのでとても便利ですよね・・・? 逆にoutlookなどは、「 アウトルック」といっても、ドメイン名が複数あるので伝わりません。 そのため、 なるべく短くてわかりやすいドメイン名フリーメールアドレスを選ぶと便利に使うことができます。 ポイント3:アプリの有無 フリーメールアドレスの選び方3つ目は、アプリの有無です。 フリーメールアドレスの中には、専用アプリがリリースされているアドレスが存在します。 専用アプリがあれば、メールボックスの管理がとても快適に行えるので便利です。 さらに、 専用アプリがある=企業が力を入れて運営しているフリーメールアドレスであると判断できます。 そのため、専用アプリがあるフリーメールアドレスはサービス終了となる可能性が低いアドレスであると考えられます。 フリーメールアドレスの一番のリスクは「サービス終了」なので、そのリスクを最低限に抑えることはとても大切です。 無料で作れるおすすめフリーメールアドレス15社一覧を比較! 容量 ドメイン スマホアプリ gmail 15GB gmail. com 有り Yahooメール 10GB yahoo. jp 有り AOLメール 無制限 aol. jp 無し iCloudメール 5GB icloud. com 無し Outlookメール (旧hotmail) 無制限 hotmail. com live. jp outlook. biglobe. jp 無し exciteメール 1GB excite. jp 無し YandexMail 10GB yandex. ru 有り tutanotaMail 1GB tutanota. com 有り ZohoMail 5GB zoho. com 有り vivaldiMail 5GB vivaldi. net 無し mail. com 2GB mail. com 有り protonMail 500MB protonmail. com 有り CookMail 無し cook. li 無制限 disrootMail 1GB disroot. org 無し 比較的日本人の利用者が多いフリーメールアドレス15種類を表で比較してみました…! 多くの人が気にする「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントで比較しています。 こうして比較してみると、各メールサービスの特徴がよくわかりますね!フリーメールの中で特にgmailが人気の理由も良く分かります。 今回の15社比較を参考に、容量やドメイン名から自分に合ったフリーメールサービスを選んで活用してみてくださいね…! 次のパートでは、15社比較した結果を元にオススメのフリーメールアドレスTOP5を紹介していきます。 【ランキングの基準】 今回は、多くの人が気にする 「容量」「ドメイン名」「アプリの有無」の3つのポイントを基準に、おすすめのフリーメールアドレスランキングを組みました…!その他、UIの使いやすさやウイルス対策の有無なども考慮に入れて比較しているので是非参考にしてください。 1位:gmail 開発元 Google 容量 15GB ドメイン gmail. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 — GmailはGoogleが提供するフリーメールサービスです。 Androidが普及した事などから今や誰もが知っているフリーメールサービスですよね。 Gmailの特徴は完全無料のサービスで何アカウントも作れる上に、UIが非常に見易く使いやすいことです。 また、日本国内であれば「@ジーメール」と伝えるだけでドメイン名が伝わるのもとても便利ですよね。 Gmailはやも可能で、機能性も高い点がポイントです。 専用のスマホアプリもリリースされており、性能・使いやすさ・容量のどれをとってもNo1フリーメールサービスと言えます! 2位:Yahooメール(ヤフーメール) 開発元 Yahoo 容量 10GB 有料プランは無制限) ドメイン Yahoo. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 有り 添付ファイル 25MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — YahooメールはYahooが提供するフリーメールサービスです。 おそらく日本で2番目に多く作られているフリーメールアドレスだと思います。 Yahooメールの特徴は、YahooBBやYahooプレミアムに登録していればメールボックスの容量が無制限になることです…! その他に関してはGmailと比べて若干劣るので、YahooBBやYahooプレミアムに登録している人におすすめできるフリーメールサービスです。 3位:AOLメール 開発元 AOL Asia Limited 容量 無制限 ドメイン aol. jp ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 16MB 取得難易度 取得時間 3分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 米国のサービス(日本語対応) Aolメールは、一昔前に日本で流行ったフリーメールサービスです。 米国の会社が運営していますが日本語にも対応しています。 Aolメールの一番の特徴は、無料アカウントでもメールボックスの容量が無制限なところです…! 添付ファイルの容量や、UIの利便性などはGmail・Yahooメールに劣ります。 そのため、無料で容量無制限のメールボックスが使いたい人におすすめのサービスです。 4位:iCloudメール 開発元 Apple 容量 5GB ドメイン icloud. com ウイルス対策 有り スマホアプリ 無し 添付ファイル 5GB 取得難易度 取得時間 7分 広告の有無 なし 有料プランの有無 あり 備考 appleIDを作成する必要あり iCloudメールはAppleのAppleIDに紐付いたメールサービスです。 AppleIDを作る必要があるので作成は面倒ですが、 icloudを活用して5GB icloud容量を有料で増やせば無制限)までのファイルをメールに添付することができるのが特徴的です。 無駄な広告も無く使いやすいメールアドレスですし信頼性も高いので、普段からapple製品を使っている人には非常におすすめのメールアドレスです。 5位:Outlookメール 開発元 Microsoft 容量 無制限 ドメイン hotmail. com live. jp outlook. com ウイルス対策 有り スマホアプリ あり 添付ファイル 20MB 取得難易度 取得時間 5分 広告の有無 あり 有料プランの有無 あり 備考 — OutlookメールはMicrosoftが提供するメールサービスで、昔はHotmailとしてサービスが提供されていました。 SrfaceやXboxなどのマイクロソフト製製品を持っている人は、Outlookメールを所有しているかと思います。 icloudメールと同様に信頼性は高い上に容量無制限で使えますが、メールボックスに広告が表示されるためランキング5位となりました。 Microsoft製品を普段から活用している人は、Outlookメールをメインアドレスにすると便利なので活用すると良いでしょう! 仕事でもプライベートでもおすすめフリーメールアドレスはgmail Gmailは仕事にもプライベートにも使えるおすすめのNo1フリーメールアドレスです…! 優れたUIに、15GBまで保存できるメールボックス・専用のスマホアプリなど「無料で使っていいの?」と思ってしまう程優れたフリーメールアドレスと言えます。 また、アカウントが何個でも作成可能なので「仕事用」「プライベート用」などと複数のアドレスを作る事ができるのも魅力ですね。 一昔前までは「仕事にフリーメールアドレスなんてあり得ない」と考えられていましたが、最近では仕事でGmailのアドレスを使う人も増えてきたので全く問題ありません。 迷わず「gmail」のアイコンをクリックしてください。 すると、gmailのログイン用ページが表示されます。 画面右上の「アカウントを作成する」ボタンをクリックしましょう。 すると、アカウント作成用の画面に遷移します。 まずは「氏名」「ユーザー名」「パスワード」を求められるので入力しましょう。 ユーザー名はそのままメールアドレスになるので、後悔の無いユーザー名にしてください。 パスワードは忘れない物を入力しましょう! 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、本人確認ようの電話番号とパスワードを忘れたときに連絡するためのメールアドレス・生年月日・性別の入力を求められます。 電話番号はSMSが受け取れる携帯電話の番号が好ましいです。 国際電話識別番号が既に入力されているので、最初の0を省いて「90-0000-0000」の様に入力してください。 また、再設定用のメールアドレスは今使っているメールアドレスか身内のメールアドレスなど必ずいつでもアクセスできるアドレスを入力してください。 入力が終わったら、画面下部の「次へ」ボタンをクリックします。 次に、携帯電話番号を使った本人確認のステップです。 画面下部の「配信ボタン」を押すと、電話番号を入力した携帯電話にSMSが送信されてきます。 このような感じですね!届いたSMSの「G-」以降の番号を次のステップで使用します。 今回の場合は「716382」ですね! それでは、先ほど届いたSMSに書かれている番号を入力していきます。 このように、入力欄にG-以降の番号を入力できたら画面下部の「確認」ボタンをクリックしましょう。 すると「電話番号の活用」と言うステップに入ります。 この設定はメールアドレスを作成してからいくらでも変更できますし、ほとんど使わない機能です。 画面下部の「スキップ」ボタンを押して飛ばしてしまいましょう。 最後に、プライバシーポリシーと利用規約の確認を行います。 表示される文章に目を通せたら、画面最下部の「同意」ボタンを押しましょう。 こちらもチェックしてみてくださいね。 気になる点はチェックしてみてくださいね! Q1.フリーメールって安全なの?危険性は? A.Gmailなら間違いなく安全です。 危険性はないと言い切れるでしょう。 Gmailは大手のGoogleが運営しているフリーメールです。 安心してご利用ください。 Q2.iPhoneなどスマホでも使えるフリーメールはある? A.iPhoneでもGmailが使えるのでおすすめです! Gmailのアプリでも使えますし、iPhone標準のメールアプリにGmailを入れる事も可能です。 Q3.GMOのフリーメールはどうなの? A.GMOで提供しているのはフリーメールではなく、「freeml」というメーリングリストサービスです。 freemlは無料でメーリングリストが運営できたのですが、2019年12月2日にサービス終了となってしまいました…。 Q4.マイクロソフトのフリーメールはどうなの? A.マイクロソフトが提供しているフリーメールは「Outlook」です。 記事中で解説していますので、そちらをご覧ください。 Q5.捨てアドとして使えるおすすめの使い捨てメールはある? A.Gmailを捨てアドとして使っている方も多いです。 アカウント作成が少し面倒ですが、Gmailで問題ないかと思います。 もっと楽に作りたい場合、ドメイン名が怪しくなりますが「」などもおすすめです。 Q6.フリーメールソフトでおすすめは? A.「Thunderbird」や「Becky! 」はOutlookに近い使用感なのでおすすめです。 ブラウザ上で動作するGmailは外部メールを取り込む事も可能で、メールソフトとして使う事もできます。 メールソフトとして使う場合もGmailはおすすめできます! Q7.フリーメールが使えないことってある? A.2020年現在、フリーメールが使えない事はほとんどないでしょう。 会員情報の登録などにフリーメールが使えず、キャリアメール( softbank. jpなど)が必須なサイトも多かったのですが、2017年~2018年頃からフリーメールでも大丈夫なサイトが増えてきました。 2020年1月現在、よくあるサービスでフリーメールを使えないという事はないでしょう。 まとめ 今回紹介したこと• 日本語対応で使い物になるフリーメールアドレスは7種類しかない• 比較するときは「容量」「ドメイン名」「スマホアプリの有無」をチェック• おすすめフリーメールアドレス1位は「Gmail」• おすすめフリーメールアドレス2位は「Yahooメール」• おすすめフリーメールアドレス3位は「Aolメール」 今回の記事では、そもそもフリーメールアドレスとは何なのか?やおすすめのフリーメールアドレスTOP5! について紹介してきました。 記事作成のための調査の結果、比較的日本人が良く使っているフリーメールアドレスは15種類ありました。 その中でも、ほとんどの人がGmailを活用しているのが実情です。 15種類のフリーメールアドレスを比較した結果も、 最もおすすめできるフリーメールアドレスはGmailでした。 フリーメールアドレス選びに迷ったら、とりあえずGmailを選んでおけば失敗することは無いと言えそうです!.

次の