チキン ラーメン ちょい 足し。 【みんなが作ってる】 チキンラーメン 納豆のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

【中毒性注意】チキンラーメンにちょい足しすると捗る禁断の廃人飯レシピ

チキン ラーメン ちょい 足し

卵を冷蔵庫から出し、室温に戻しておく。 ラーメン丼には熱湯を入れ、温めておく。 鍋に水450mlと鶏ガラスープの素を入れて火にかけ、沸騰させる。 ここに、肉入りカット野菜を凍ったまま入れ、再沸騰したら2~3分茹でて火を通す。 丼の湯を捨てて「チキンラーメン」を入れ、卵を落とす。 さらに2の具材とスープを入れたらフタをし、3分蒸らす。 仕上げに刻みネギを散らし、胡椒をふりかけたらできあがり。 「湯を注ぐだけで簡単につくることができる『チキンラーメン』。 どうせ湯をわかすなら、そのときに冷凍の肉入りカット野菜を入れれば栄養バランス、ボリューム共にぐんとアップします。 湯に鶏ガラスープの素を少し足すことで野菜に下味が入り、よりおいしく食べられますよ。 材料はすべてコンビニで材料を買えますので、夜中に急に食べたくなった時も大丈夫です」 筋肉料理人さん。 著者プロフィール.

次の

【みんなが作ってる】 チキンラーメン 納豆のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

チキン ラーメン ちょい 足し

・シンプルだからこそアレンジしやすい チキンラーメンの最大の特徴は非常にシンプルなインスタントラーメンということになるだろう。 麺に味付けを施し、パッケージにはスープもかやくも添付されていない。 袋を開けて熱湯に浸すだけで完成してしまう手軽さは他の商品にはない唯一無二の個性だと言える。 だからこそアレンジが映えやすいのがチキンラーメンである。 チキンラーメンは生卵を落として作ることが推奨されているが、これも立派なアレンジである。 他にも少しの工夫でチキンラーメンを格段に美味しく食べる方法があるので紹介したい。 ・チキンラーメンをもっと美味しく食べる最強テクニック8選 1. 釜玉風チキンラーメン チキンラーメンを少なめのお湯で作り、早い段階で麺とスープを取り分け、麺の方に卵をのせて釜玉うどんのようにかき混ぜて食べよう。 スープを分けても麺にはしっかり味がついているので、バッチリウマい。 トマトチキンラーメン 水の代わりに沸騰させた無塩のトマトジュースを使用するだけで、チキンベースの絶品トマトラーメンが完成する。 トマトの酸味と醤油味、そしてチキンの旨味が完璧にマッチ! 3. チキンラーメンチャーハン チャーハンを作る際に砕いたチキンラーメンをトッピング。 チキンの旨味がチャーハン全体に浸透し、味に深みが生まれるだけでなく、サクサクとした乾麺の食感が絶妙なアクセントに! 4. クリームチーズ+チキンラーメン 砕いたチキンラーメンをクリームチーズと混ぜるだけ。 お酒のおつまみに最適な食べ物が誕生する。 チキンラーメン焼きそば フライパンにチキンラーメン1人前と水を適量入れて加熱し、麺がほぐれたら一気に水気を飛ばし、お好みの具をプラスして焼きそば風に。 どんな具材にも合う味付けなので、具だくさんになるほど激ウマ化! 6. チキンラーメン唐揚げ 鶏のから揚げの衣部分に砕いたチキンラーメンを使うだけ。 サクサク食感がプラスされる上に、唐揚げの肉汁+チキンラーメンの旨味というチキンのダブルパンチが激しくウマい! 砕いたチキンラーメンを揚げ物の衣にするのはトンカツやコロッケなどにも応用可能。 冷やしチキンラーメン 少なめのお湯で調理し、麺がほぐれたら氷を大量投入して冷やしながら通常時と同じくらいのスープ量に戻せば完成。 暑い季節にピッタリの冷やしラーメンとなる。 どんチキ 今年ネット上で話題となったアレンジレシピで、同じ日清食品のどん兵衛きつねうどんとチキンラーメンを混ぜることで完成する。 量は多いが2種類の出汁が混ざることによりスープに奥行きが生まれる。 2人以上で食べるときに試したい一品。 ・日清もアレンジを推奨している この手のアレンジレシピを見ると「普通に食べたほうがウマいに決まっている!」とブチギレする人がいるが、もともとがシンプルなチキンラーメンにはあまり当てはまらない。 実際にチキンラーメンの公式サイトでも画期的なアレンジレシピがいくつも紹介されているのである。 ぜひそちらもチェックしてみてほしい。

次の

味噌ラーメンちょい足しレシピ11選!美味しいアレンジ調味料や隠し味は?

チキン ラーメン ちょい 足し

味噌ラーメンのちょい足しに合うトッピングや調味料の1つ目は、牛乳です。 牛乳を味噌ラーメンにちょい足しすると、とてもまろやかでクリーミーなラーメンを味わうことができます。 そもそも、牛乳ラーメンというラーメンの種類もあることですから、とても挑戦しやすいトッピングと言えるでしょう。 また、牛乳ならどの家庭でも常備していることが多いでしょう。 もっとも試しやすいちょい足しアレンジになるのではないでしょうか。 しかし、牛乳のちょい足しは入れすぎには注意しましょう。 あまり多くの量を入れてしまうと、味がクリーミーになる一方で薄くなってしまいます。 そうなると、それ以上に味を足していく必要があるため、純粋に牛乳味噌ラーメンとしてのちょい足しを楽しむことができません。 味噌ラーメンにコーンスープを足すのは意外に思われる方も多いでしょう。 本来、味噌とコーンの相性はいいですから、コーンスープを足すことで、味噌ラーメンがよりコク深くなり美味しく食べることができるようになります。 コーンスープは、フリーズドライのタイプを使ってもいいですし、写真でご紹介しているように缶のタイプのコーンスープを活用してもいいでしょう。 溶けやすさや便利さを考えると、個人的には缶のコーンスープの粒タイプがおすすめです。 ぜひ一度試してみてくださいね。 また、次の記事ではカップ焼きそばのアレンジレシピについてご紹介しています。 カップ麺の中でも、カップ焼きそばが一番好きという方は、意外と多いのではないでしょうか。 そのアレンジレシピは多く知られていますが、ぜひ次の記事を参考に、新しいカップ焼きそばの楽しみ方を試してみてください。 インスタント味噌ラーメンの美味しいちょい足しレシピの3つ目は、片栗粉と卵をちょい足しするインスタント味噌ラーメンのレシピです。 インスタント味噌ラーメンを普通に作ったのち、まずは、仕上げに水溶き片栗粉を足してラーメン全体にとろみをつけます。 その後、溶き卵を加えてふわふわの卵に仕上げます。 そうすることで、トロトロでふわふわの味噌卵ラーメンを味わうことができます。 ちなみに、卵を入れるタイミングは好みで決めましょう。 卵がふわふわよりも、歯ごたえがあるようにして食べたい場合には、水溶き片栗粉を加える前に入れることをおすすめします。 また、次の記事ではサッポロ一番塩ラーメンのアレンジレシピについてご紹介しています。 インスタントラーメンと言えば、サッポロ一番ですが、もっともシンプルな味わいの塩ラーメンを好む方はとても多いです。 ぜひちょい足しや隠し味などで、よりサッポロ一番塩ラーメンを美味しく味わいましょう。 ちょい足しで味噌ラーメンを違う料理にアレンジするレシピの1つ目は、ごま油とチーズを使って汁なし麺を作るというレシピです。 まずは麺を普通に茹でます。 その後、あたたかいままざるにあけ、付属の粉末スープを半量程度混ぜ合わせます。 最後に、少しだけ鍋の蓋などで温めておいたチーズとごま油をかけて混ぜます。 これで、簡単に味噌ラーメンの汁なし麺を作ることができます。 味噌味でありながら、ごま油とチーズのコクも感じられるとても美味しい汁なし麺に仕上がります。 ネギやのりなどのトッピングをすることで、より美味しく味わうことができるでしょう。 ぜひ一度試してみてくださいね。 仕上げにコチュジャンが加えられるため、味噌やスープの量は調整するといいでしょう。 なお、ごまはいりごまではなく、しっかりとすったごまを使うことをおすすめします。 また、よりこだわりたい場合には、ひき肉を炒めて具材として入れるのもいいでしょう。 より担々麺に近い美味しい味噌ラーメンを味わうことができます。 また、より辛いものが好みの場合には、唐辛子を加えたり、豆板醤を加えるといいでしょう。 しかし豆板醤を加える場合には、一度ひき肉をにんにくやごま油と炒めて、豆板醤もその中で炒めてから使うことをおすすめします。 インスタントラーメンなどは、特に男性は量が少なく感じることがあるのではないでしょうか。 そんなときには、鍋の中にご飯をいれて、かさ増ししましょう。 本来、ごはんと味噌の組み合わせは日本人が大好きな組み合わせですから、とても美味しく食べることができます。 さらにお好みでその上からチーズをのせることで、コクがある味噌ラーメンとして味わうことができます。 なお、次の記事ではチキンラーメンの簡単アレンジレシピについてご紹介しています。 インスタントラーメンの中でも、チキンラーメンの歴史は長く、幅広い年齢層から愛されているラーメンです。 そんなチキンラーメンをより美味しく味わう方法について、詳しく解説しています。 ぜひ次の記事を参考になさってください。 カップ麺の味噌ラーメンに驚きのちょい足しトッピングの1つ目は、コーンバターです。 そもそも、自宅で鍋で作る普通のラーメンや、インスタントラーメンでちょい足しやアレンジ、隠し味を楽しむことはあっても、カップ麺でちょい足しやトッピングを楽しむということ自体は驚きに感じる方も多いのではないでしょうか。 しかし、味噌バターコーンラーメンは日本人が大好きな味で、お店で味噌ラーメンを注文する際にも、コーンバターをトッピングするという方は多いはずです。 カップラーメンの味噌ラーメンにコーンバターをちょい足しする場合には、お湯を注いだあとに、そのままコーンとバターを乗せれば完成です。 よりバターの風味を楽しみたい場合には、食べる直前にバターを入れるといいでしょう。 また、余裕がある方は、一度フライパンでコーンバターを作ってから麺の上に乗せることをおすすめします。 コーンに若干の焼き色がついた方が、よりコクがある味噌バターラーメンとして楽しめるためです。 カップ麺の味噌ラーメンに驚きのちょい足しトッピングの2つ目は、にんにくです。 ラーメンににんにくのトッピングは珍しいことではありませんが、カップラーメンにはあまりにんにくをトッピングすることはないのではないでしょうか。 チューブタイプのにんにくであれば手軽にちょい足しできるためとてもおすすめです。 にんにくの匂いが気にならない程度に、適量を入れてアレンジを楽しみましょう。 また、次の記事ではにんにくの最適な保存方法や賞味期限などについてご紹介しています。 チューブにんにくの普及で、便利にすりおろしにんにくを使えるようになりましたが、やはり本来の香りを楽しむのであれば固形のにんにくを使いましょう。 ぜひ次の記事を参考になさってください。 カップ麺の味噌ラーメンに驚きのちょい足しトッピングの3つ目は、ピーナッツバターです。 ピーナッツバターは、甘くてコクがあるピーナッツがベースのクリームで、パンなどにぬって食べるのがほとんどです。 しかし、味噌ラーメンへのちょい足しがとても美味しいと話題になっているのをご存じでしょうか。 ピーナッツバターを加えることで、ピーナッツの持つコクが味噌ラーメンに広がることになります。 また、その独特のナッツの香りも、味噌ラーメンのいいアクセントになります。 カップ麺に使うときには、ピーナッツバターをしっかりと溶かして味わうといいでしょう。 驚きのトッピングですがぜひ一度挑戦してみてください。 また、次の記事では緑のたぬきのちょい足しアレンジについてご紹介しています。 カップ麺には、ラーメンや焼きそば、そば、うどんなどさまざまな種類がありますが、この天ぷらそばは、出汁が効いていてとても美味しく味わうことができます。 たまにはアレンジして、一風変わった緑のたぬきを味わってみてくださいね。

次の