妊婦 足つる。 妊婦の足がつる原因は?こむら返りはどう防ぐ

妊婦の足がつる理由は? 予防と対策|ウーマンエキサイト

妊婦 足つる

足がつる(こむら返り)とは? 妊娠中に足がつりやすい原因について知る前に、まずは足がつるとは具体的にどんな症状なのか、この点についてみていきましょう。 足がつるとは、足の筋肉が異常に収縮することにより、痙攣がおきる状態で、医学用語では有痛性筋痙攣と呼ばれています。 足の中でもとくにふくらはぎにおこることが多く、こむらがえりとも呼ばれています。 ふくらはぎだけでなく、太もも、足先、稀に腕におこることもあります。 足がつるのは健康な状態でもおこる症状で、日ごろあまり運動をしない方が急に激しい運動を行った場合や、夜間睡眠中に寝返りを打ったときに起こりやすい、という特徴があります。 男性よりも女性、年齢が高い方、妊娠中の女性に多くみられるトラブルです。 足がつる状態は通常数秒から数分間続き、痛みはおさまります。 妊娠中に足がつる原因とは? 足がつることは妊娠中のマイナートラブルのひとつ。 夜寝ているときに突然ふくらはぎに激痛が走り、痛みがなかなかおさまらなかった。 こんな経験をする妊婦さんは大勢います。 ふくらはぎに激痛が走るこむらがえり以外にも、足の裏や足先、ふとももなど、つる部分はいろいろ。 妊娠中に足がつりやすい原因はいくつかあります。 ここでは足がつる原因について詳しくみていきましょう。 黄体ホルモンによる影響 妊娠の成立・継続に重要な役割を果たす黄体ホルモン。 黄体ホルモンには妊婦さんの血管を拡張させるはたらきがあります。 血管を拡張させることにより、血流の流れを良くし、子宮におなかの赤ちゃんの成長に必要な養分をたっぷり含む血液を集めることが、黄体ホルモンの役目です。 血流が増えることにより、心臓から足に下がってきた血液が戻りにくくなり、これによって筋肉が緊張し、足がつるという症状になってあらわれます。 大きくなった子宮による影響 妊娠後期や臨月になるとおなかの赤ちゃんはいよいよ大きく成長し、これにより子宮も重みと大きさを増します。 大きくなった子宮はまわりにある臓器や筋肉を圧迫します。 重く大きくなった子宮の圧迫により、下肢の血流は滞り、筋肉が収縮することにより、こむらがえりや足のつりが生じます。 運動不足によるもの 妊娠中はいろいろな原因により、運動不足になりやすい状態です。 妊娠初期は流産の可能性が高いことから、またつわりで体調が悪く体を動かす気分にならない妊婦さんも多いでしょう。 このため妊娠前に比べると、筋肉を動かす機会が少なくなっています。 妊娠後期や臨月になると、今度は大きくなったおなかのせいで、体を動かすことが億劫に感じます。 こむらがえりは運動不足による筋肉の衰えや筋肉量の低下によって起こる、と考えられています。 妊娠中の運動不足もまた足がつる原因のひとつです。 水分不足によるもの 脱水症状になってもこむらがえりが起こりやすくなります。 体から水分が失われると、血液循環が悪くなり、筋肉が収縮しやすい状態に。 夜間にこむらがえりの多い理由のひとつは、水分補給ができないため、水分が不足しがちなためと考えられます。 妊婦さんの足がつる原因のひとつは、水分不足にあります。 妊娠初期はつわりのために水さえ喉を通らないこともあります。 吐き気のせいで食事の量も減り、食事から摂る水分量も減ってきますので、意識的に水分を補給しない限り、水分が不足してしまいます。 体の冷えによるもの 体の冷えもまた足がつる原因のひとつです。 一見すると、妊婦さんと体の冷えは無関係のような気がしますが、実のところ妊娠中に手足の冷えに悩む方は大勢います。 妊娠初期はプロゲステロンの影響もあり、体温が高めになります。 妊娠初期の症状であるほてりや熱っぽさの原因はこのことにあります。 風邪のひきはじめのようなほてりや熱っぽさを感じるため、薄着をしたり、エアコンに当たりすぎて、手足の先やおなかを冷やしてしまう。 そして体が冷えることで血液循環が滞り、足の筋肉が冷えをきっかけに過敏に反応し、異常に収縮する。 これもまた妊婦さんの足がつる原因のひとつです。 むくみによるもの 妊娠の継続に重要なプロゲステロンには、体の養分や水分を溜め込むはたらきがあります。 妊娠初期から妊娠中期の前半までのむくみの主原因は、このことにあると考えられます。 さらに妊娠初期だけでなく、妊娠中期の後半以降妊娠後期・臨月にかけても、妊婦さんの体はむくみやすい状態にあります。 赤ちゃんの成長に合わせて、大きくなった子宮が静脈を圧迫することで、むくみが生じ、このため足がつりやすい状態になります。 ミネラル不足によるもの カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラルが不足することも、足がつる原因のひとつ。 ミネラルが不足すると、筋肉や神経が過敏になり、筋肉が極度に収縮します。 ミネラルやその他の栄養素が不足すると、筋肉に疲れが溜まりやすくなり、こむらがえりがおこりやすくなります。 妊娠中はおなかの赤ちゃんに対しても栄養が供給されますので、妊婦さんはいろいろな栄養素を余分に摂取しなければなりません。 ミネラルだけでなく、ビタミンB群、葉酸、ビタミンC、ビタミンDなど、妊婦さんに不足しやすい栄養素はたくさん。 その中でも鉄分はとくに不足しがちで、妊婦さんは貧血にもなりやすい状態にあります。 妊娠中に足がつったときの対処法 妊娠中に足がつったときの対処方法についてみていきましょう。 足がつることで生じる痛みは、しばらくすると完全におさまりますが、睡眠中のこむらがえりの激痛は大人の男性でもつらいもの。 足がつった場合に効果的な応急処置や対処方法についてみていきましょう。 ふくらはぎのストレッチ こむらがえりはふくらはぎの筋肉が異常に収縮することによりおこります。 こむらがえりがおこったら、まずはふくらはぎの筋肉をゆるめるストレッチを行いましょう。 かかとを前方向に突き出し、足のつま先を手で引っ張り体側に倒すようにし、ふくらはぎを思いっきり伸ばします。 妊娠後期・臨月になると、おなかが前にせり出していて、自分で足先をひっぱることは難しいので、。 の場合は、足裏にタオルや手ぬぐいをひっかけて引っ張ると楽にストレッチができます。 パパや家族の方に足先を体のほうに押してもらってもいいでしょう。 これを無理をしない程度に数回繰り返します。 ふくらはぎを伸ばす際のポイントはゆっくり、無理をしない範囲で行うこと。 急にふくらはぎを伸ばすと、肉離れをおこすおそれがありますので注意しましょう。 足がつったときにふくらはぎのストレッチを行っておくと、翌日以降に痛みを引きずりません。 またこのふくらはぎのストレッチは足がつったときの対処法としてだけでなく、予防法としても効果的ですので、ぜひ覚えておきましょう。 足を温めマッサージ 足を温めることも痛みの軽減に効果的です。 痛みのある部分を温め、足の下側から上に向かってマッサージしましょう。 足の下側から上に向かってなでることで、血流を促進し、筋肉のこりをほぐすことができます。 ふくらはぎや太腿をマッサージするだけでなく、足首をぐるぐる回したり、ひざ裏を軽くもむことも効果的です。 マッサージをする際には優しい力で行うことがポイント。 強い力を入れて押したり、ツボの部分を刺激するのはNGです。 とくにおなかの張りやすくなる妊娠後期や臨月にはとくに注意が必要。 力を入れてマッサージするのではなく、筋肉の緊張をやわらげるつもりで、優しくなでる程度にしましょう。 足がつることを予防する方法とは? 今度は妊娠中の足がつることを予防する方法について詳しくみていきましょう。 足がつることはある意味やむを得ないこととはいえ、夜中に突然おこるこむらがえりの痛みは、表現できないほどつらいもの。 妊娠後期や臨月に激しい痛みを感じると、そのせいでおなかが張ってしまうのでは?と不安に思う妊婦さんもいるでしょう。 足がつる事を予防する方法について挙げていきましょう。 足を冷やさない 妊娠中は体を冷やさないことが大切です。 手足の冷えはそのまま血行不良につながりますので、手足やおなかを冷やさないよう十分に注意しましょう。 シャワーだけで済ませずに、浴槽に半身浴でつかり、体を内側から温めると全身の血行が促進されます。 軽い運動を行う 運動不足は血行不良の原因になるだけでなく、筋肉の衰えにもつながります。 妊娠中は激しい運動を行うことはできませんが、妊婦さんでもできるように考案された妊婦体操やストレッチで、体を軽く動かす習慣をつけましょう。 栄養バランスの取れた食事 生活改善 ミネラルやビタミンなどの栄養素が不足しないよう、栄養バランスを考えた食事を取りましょう。 カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラルは、体の筋肉や神経のはたらきを調整しています。 ミネラルが不足し、バランスが崩れると、筋肉や神経のはたらきにも支障が出ます。 足がつることを予防するためには、各種ミネラルを満遍なく盛り込んだ食事を心がけることが大切です。 まとめ 妊婦さんの足がつる(こむら返り)ときに知っておきたい情報をいろいろなポイントから挙げてみました。 妊娠中はいろいろな原因が重なり、足がつりやすく状態にあります。 足がつる こむら返り こと自体はマイナートラブルですが、いつ起こるか予測することができないため、対処法についてしっかり覚えておくと安心です。 突然起こるこむらがえりに上手に対応できるようにしましょう。

次の

妊娠中に足がつる原因は?こむら返りの対策と体験談!(メディキュット、サプリ、運動など)|Poko Life

妊婦 足つる

一般的には足を酷使したり過度な運動などをすると足がつりやすいのですが、 妊婦が足をつるのは主に、睡眠中や、起床時に起こることが多いようです。 その原因は、いまだよくわかっていないのですが、複数の事柄が複雑に絡み合って発症に至っていると考えられます。 お腹が大きくなることでの負担増加 妊婦さんは妊娠が進むにつれ、お腹が大きくなってきます。 妊娠も後期になると胎児の成長スピードも速くなり体重が急激に増加したりします。 そのため、 足への負担が大きくなり、筋肉の疲労が溜まることが原因の一つと考えられています。 血流の悪化 お腹の中の赤ちゃんが成長すると、子宮も大きくなります。 大きくなった子宮によって 血管が圧迫され足の血流が悪くなり筋肉に血液が滞ることも原因の一つです。 さらに、妊娠に伴いホルモンの分泌が大きく変わることも血流悪化の要因とされています。 栄養不足 妊婦は赤ちゃんに酸素や影響を送る必要があるため、 栄養が不足しがちです。 カルシウムやビタミンが不足して血液が薄まると、 浸透圧の低下が起こり足がつることの原因になっているかもしれません。 足がつりやすい人の特徴 全ての妊婦さんが足がつりやすいかと聞かれればそうではないようです。 足をつりやすくなる人には傾向もあります。 急激な体重の増加があった 妊娠中はお腹の中の赤ちゃんの成長に伴い、体重は増えるものですが、その増加量が人よりも大きく、 中期から後期にかけて急激に体重を増やした方は筋肉の負担に体がついていけず足がつりやすくなると考えられています。 これは、生まれてくる赤ちゃんの体重が大きい場合に起こりやすい可能性が高いです。 運動量の少なさ 普段から軽い運動をする方としない方でも足のつりやすさが変わるようです。 運動をしないと、足の血流が悪くなることが原因になっているかもしれません。 実際に足がつったらどうすればいい?対応法は? 妊婦が足をつりやすいのは、体に大きな変化が起こる時期なので、 その特性上仕方がないことかもしれません。 ですが、少しでもその頻度を減らせればいいですよね。 足がつりやすくなる原因から以下の対応方法が 予防策になると思われます。 急激な体重増加には注意 体重管理をしっかり行いましょう。 体重を増やさないのではなく、適切な妊娠の状態を保つということです、そうすれば足の筋肉への負担も軽減されます。 軽い運動を行う 足の血流をよくするために、適度な運動も大切です。 しかし、過度な運動は逆に疲労と貯める事になりかねないので注意してください。 栄養のある食事を心がける ビタミンB1、ビタミンD、カルシウム、マグネシウムなどが不足しないようにしましょう。 妊婦はお腹の中の赤ちゃんにも栄養を与えるので、キチンとした食事を心がけるようにしましょう。 足のマッサージを行う 血行促進のため、入浴などで足を温め、マッサージをするようにしましょう。 お腹が大きくなるとマッサージも大変なので、旦那さんなどに手伝ってもらうと良いでしょう。 お腹が大きくなると、体への負担や、出産への不安も大きくなり妊婦さんは肉体的にも精神的にも大変な状態になるでしょう。 そのような状況で、足をつったりしてさらなるダメージを負うのはできれば避けたいものです。 そんな時は本記事を参考にしていただいたり、旦那さんに甘えてみたり、十分な睡眠をとってリラックスすることで改善されるかもしれません。 必要な場合は適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。

次の

妊婦はよく足がつる!˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚改善するツボと対策法

妊婦 足つる

com 妊娠中期~後期にかけ、足がつりやすくなったり、こむら返りを起こしやすくなったりします。 足がつることは、筋肉が急に収縮した状態で硬直してしまう現象を指し、筋肉疲労やカルシウムやマグネシウムなど電解質の栄養不足、血行不良などが原因だと言われます。 妊娠中のママの足がつることは、赤ちゃんの成長により足の筋肉に重みがかかることが主な原因の一つです。 足に重力がかかることで下半身が血行不良となり、筋肉がつりやすくなります。 こむら返りは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)という筋肉が異常収縮するために起こります。 そのほか、妊娠期間中の発生はまれですが、スポーツなど激しい活動を行った場合に筋肉が損傷する肉離れを起こしている場合もあります。 その際、痛みが伴い歩けなくなることもありますので、健診医に相談しましょう。 妊娠中に足がつりやすい時期とは妊娠期間中において、お腹が大きくなる妊娠中期ごろからお産直前にかけ、足のつりやこむら返りが発生しやすくなります。 夜や朝方など寝ているときなど筋肉が緩んでいるときや、また背伸びをしたり体を伸ばしたりして筋肉を動かした際にも発生します。 ママに筋肉疲労や血行不良などの自覚がなくても発生します。 つりやすい箇所と、痛みの種類足がつることやこむら返りは、ふくらはぎや足の裏、足の甲や指の付け根などで発生します。 ママに自覚がなくても、お腹の重みにより体を支える足そのものに負担がかかっているためです。 足がつったりこむら返りが起きたりすると、鋭い痛みとともに筋肉が膨らんだり盛り上がったりする感覚が起こります。 痛みは寝ていても気付くくらいの強さで、筋肉が収縮している間ずっと続き、翌日まで痛みが残る場合があります。 一度起こると慢性化しやすく、同じ箇所で何度もつることがあります。 足のつり予防と対策足のつりやこむら返りを防ぎ、慢性化させないための予防は普段の生活で行うことができます。 発生した時は、筋肉を緩めてあげることが大切です。 体に負担がかからないよう座りながら足全体を延ばしたり、足の指を丸めたりするストレッチも効果的です。 マタニティ体操なども検討してみましょう。 体を温める 血行が良くなることで冷えを防ぎ、筋肉を緩めます。 湯船にお湯を張って入浴したり、足湯などの時間を設けたりして、しっかりと体を温めましょう。 カルシウムやマグネシウムを摂る 体は電解質を使って神経や筋肉の機能を調整しますが、つわりなどで嘔吐が続いた場合、血液中の水分が少なくなると電解質のバランスが崩れます。 また、電解質のもとになるミネラルが食品や飲み物から補給されない場合にも、血液が薄められて電解質のバランスが崩れます。 食事の際はカルシウムやマグネシウムを含む食品や飲料を摂るように意識しましょう。 マグネシウムを含む食べ物や飲み物 納豆 油揚げ 豆味噌 しらす干し イワシの干物 こんぶの佃煮 あさり はまぐり 桜エビ あおさ わかめ ひじき とろろこんぶ オートミール ミネラルウォーター(硬水) スポーツドリンク カルシウムを含む食べ物や飲み物 モロヘイヤ 小松菜 大根の葉 かぶの葉 牛乳 チーズ ヨーグルト しらす 煮干し 干しエビ 炒りごま 木綿豆腐 足がつったときはどうしたらいい?もし発生したら、足の指を手でつかみ足の甲側に反らしたり壁に手を付けて筋を伸ばしたりすることで、筋肉の違和感が収まり痛みも引きやすくなります。 収まった後は疲労を貯めないために足全体を優しく揉み、マッサージしておきましょう。 お腹が大きく自分の手が届かない場合は、パパや家族の手を借りましょう。 異常なほど頻繁に発生する場合、原因となる疾患が潜んでいる可能性があります。 下肢静脈瘤や糖尿病の症状として足がつる場合もありますので、気になる場合は健診医に相談しましょう。 産科婦人科舘出張佐藤病院 院長/産婦人科医 NPO法人ラサーナ理事 医学博士 日本産婦人科学会専門医 日本生殖医学会生殖医療専門医 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 日本抗加齢学会専門医 日本体育協会公認スポーツドクター 他 多くの専門医資格を持つ立場から女性の心身の健康を支援するための診療を日々心がけている。 女性の生涯にわたるメディカルアドバイザーであることをライフワークとし、予防医療の観点から食事や栄養、運動など生活習慣の大切さを指導している。 東京オリンピックに向けて女性アスリートの健康支援やNPO法人ラサーナ理事として子宮頸がん、乳がん検診率向上や予防に向けた活動にも力を入れている。

次の