喘息 吸入 薬 市販。 咳喘息に効果が期待できる「市販薬と病院の薬」

咳喘息に効果が期待できる「市販薬と病院の薬」

喘息 吸入 薬 市販

Sponsored Link 咳喘息に効く治療薬の条件 結論から先にお話しておくと、咳喘息を良くしていくには 気管支拡張薬+ステロイドの組み合わせがベストです。 咳喘息というのは、簡単に言えば気管支が炎症で狭くなる病気です。 狭くなった気管支が原因となって、咳が出続けているという状態ですね。 つまり、咳喘息は気管支を広げたり炎症を抑えていくことで症状が治まっていきます。 薬で言えば、気管支を広げる薬が「気管支拡張薬」、炎症を抑えていく薬には主にステロイドが当てはまりますね。 ただ、気管支が狭くなっているのは、あくまで気管支の炎症が原因です。 結果として気管支が狭くなっているだけなので、 気管支拡張薬だけでは一時しのぎにしかならない点に注意が必要と言えるでしょう。 咳喘息を根本から治していくには、気管支に起こっている炎症そのものを良くしていく必要があるというわけですね。 咳喘息に効く薬の条件は、「気管支拡張薬」と「ステロイド」の両方が含まれること! Sponsored Link 市販薬が効かない原因 咳喘息には、一般的な咳止めや風邪薬、抗生物質などがほとんど効きません。 既に咳喘息を起こしたことのある方であれば、思い当たる節があるのではないでしょうか。 これは先ほどもお話した通り、咳喘息は喉ではなく、気管支が炎症で狭くなっていることが主な原因となっているためです。 一般的な咳止めなどには、気管支を広げたり炎症を抑えたりする成分は含まれていません。 そのため、 咳喘息には喘息(ぜんそく)などでも使われる、気管支に効果的な薬を使う必要があります。 咳喘息は、 いわゆる普通の咳とは違うので、「普通の咳用の薬」では治らないと考えておけば良いでしょう。 咳喘息の咳は、普通の咳止めや風邪薬では治らない!原因に合わせた薬を使っていく必要がある! 咳喘息に効く治療薬の種類 咳喘息でよく使われる薬の種類と言えば、最初にもお話した通り、大きく分けて以下の2つですね。 気管支拡張薬(気管支を広げる薬)• 吸入ステロイド薬(気管支の炎症を抑える薬) 大まかに言えば、気管支拡張薬は咳を和らげる薬、吸入ステロイド薬は咳喘息の元となる炎症を抑える薬といった感じです。 気管支拡張薬は咳を止めるのに即効性があるものの、一時的に抑えているに過ぎません。 一方、吸入ステロイドは咳喘息の治療に役立ちますが、効果を実感するのに時間がかかります。 両方使えば良いとはいえ、少し不便ですよね。 そこで登場したのが、 気管支拡張薬と吸入ステロイドを合わせた合剤です。 これ1つで咳を抑えながら咳喘息の治療も出来る、とても便利な薬と言えるでしょう。 病院でよく処方されている合剤の吸入薬は、主に以下の4種類ですね。 シムビコート• アドエア• レルベア• フルティフォーム どれも粉のような薬を吸い込むタイプの薬になります。 直接薬を吸い込むことで、気管支の奥まで薬が入っていくのが特徴です。 特によく見かけるのは、「シムビコート」という薬ですね。 主に呼吸器科などで処方してもらうことが出来ますよ。 実は僕自身も、この薬を使って咳喘息を治した経験があります。 薬を使う前は夜の咳き込みがひどかったのですが、この薬を使い始めて本当に楽になりました。 実際、咳喘息は病院での治療で症状を軽く出来るケースが多いです。 市販薬ではなかなか治らなかった咳が、この薬を使い始めて良くなったという人は少なくありません。 あまり見かけないタイプの薬なので、不安になってしまう方もいるかもしれませんが、使い方は病院や薬局でちゃんと教えてもらえます。 また、 「ステロイドが含まれているので副作用がひどいんじゃないか…」と考えてしまう方が多いのですが、こちらもほとんど心配はありません。 飲み薬と違って吸入薬を吸った範囲にだけ効果のある薬なので、体に副作用が出てくることは滅多にないと考えて良いでしょう。 咳喘息の吸入薬は、元々長期的に使うことを前提に作られています。 副作用はほとんど出ないように調整されているので、安心して使うようにしましょう。 咳喘息の薬としてよく使われるのは、気管支拡張薬と吸入ステロイド薬の2種類。 中でも、この2種類の効果を合わせ持った「シムビコート」「アドエア」「レルベア」「フルティフォーム」の4種類が、よく効く薬として病院で処方されている! Sponsored Link 咳喘息に効く市販薬はないの? 結論から言うと、上でお伝えしたようなステロイドを含む吸入薬は、市販薬として売られていません。 ただ、 咳を一時的に止める気管支拡張薬の成分を含む市販薬は販売されています。 いわゆる「ぜんそくに効く!」とうたわれている咳止めが、咳喘息にも効果のある市販薬と考えて良いでしょう。 中でも口コミで特に評判が良いのは以下の2つですね。 アスクロン• アストフィリンS ただ、これらの市販薬で咳喘息そのものを治すことは難しいので、 あくまで咳を一時的に抑えたい時に使うようにしましょう。 アスクロン リポビタンDやパブロンなどでお馴染みの大手、ワシのマークの「大正製薬」が出している咳止め薬です。 咳喘息に効果的な気管支を広げる成分だけでなく、咳を起こす中枢に働きかけて咳を止める成分も含まれているのが特徴ですね。 咳喘息を悪化させるような成分も含まれていないので、安心して使うことが出来ますよ。 咳喘息を起こした方の実際の口コミでも、 「アスクロンを飲んで咳がピタっと止まった」「4日ほど飲み続けたら咳が治まった」「即効性がある」といった意見が多く見られました。 もちろん効果には個人差があるので人にもよりますが、咳喘息による咳を止めるにはとても優秀な薬と考えて良いでしょう。 ただ、薬は顆粒タイプでかなり苦みが強いです。 苦い薬が苦手な方は、次にご紹介するアストフィリンSの方を使うと良いでしょう。 値段はその時々にもよりますが1200円前後で、子供でも8歳から飲むことが出来ます。 妊娠中や授乳中も飲んで問題ありませんが、気になることがあればかかりつけの産婦人科で確認をするようにしてください。 アストフィリンS アストフィリンSは、チョコラBBなどで知られている「エーザイ」が販売している咳止め薬です。 先ほどご紹介したアスクロンと同じく、気管支を広げる成分や咳そのものを止める成分が含まれているのが特徴ですね。 アスクロンと同じで、咳喘息が原因で起こる咳の症状をしっかりと抑えることの出来る薬と言えるでしょう。 昔から口コミでも良い評価の多い薬で、 「寝る前に服用するとぐっすり眠れた」「この薬が一番よく効いた」といった意見が多いですね。 (もちろん個人差はあります) 錠剤タイプの飲み薬なので、アスクロンのような顆粒タイプの苦みがダメな方には特におすすめですよ。 ただ、値段は1500円前後と、アスクロンと比較すると少し高いのがデメリットです。 服用も15歳からなので、小さい子供には使えない点にも注意が必要ですね。 また、妊娠中の服用は可能ですが、授乳中の服用は一応NGになっています。 服用する場合は一度授乳を止めて、1日ほど空けてから授乳を再開すると良いでしょう。 時々咳喘息の薬として紹介されている「エスエスブロン」は咳喘息にはNG! まとめ 今回は、咳喘息に効く治療薬について色々とお話してきました。 今回の記事のポイントを簡単にまとめておくと、以下の通りですね。 気管支を広げる薬+ステロイドが咳喘息に効く薬の条件• 通常の市販薬は咳喘息に対応していない• 咳喘息に効くのは気管支拡張薬+吸入ステロイド薬を合わせた吸入薬• 吸入薬に市販薬はなく、病院でのみ処方されている• 市販薬なら「アスクロン」や「アストフィリンS」で咳を抑えられる• 市販薬は咳を止めるだけで、咳喘息を治す薬ではない• 市販薬の「エスエスブロン」は咳喘息にはNG つまり、 一時的に咳を止めたい時には「アスクロン」や「アストフィリンS」といった市販薬を使い、治療をしたい時には病院を受診すると良いでしょう。 咳喘息は、一度治まったと思っていても、原因を解決しない限り何度もぶり返す病気です。 市販薬を使って咳が止まった後もぶり返すという場合には、早めに病院に行くようにしてください。 また、病院を受診する際には何科を選ぶのかも大切になります。 基本的には 「呼吸器科」でOKですが、症状によって多少変わってきますので、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

次の

吸入器(ネブライザー)のおすすめ人気ランキング15選【家庭でも吸入薬が使える】

喘息 吸入 薬 市販

喘息の薬と頭痛薬の相性は? 喘息を罹患している人が頭痛薬を服用した場合、喘息の発作が起きてしまうことがあります。 これは 「アスピリン喘息」という病気で、 喘息患者の全体の10%がこのアスピリン喘息を発症していると言われています。 なぜアスピリン喘息が起こるのか? 私たちの身体では痛みや熱が生じた際にプロスタグランジンという物質が作られています。 この物質が痛みを起こす炎症を生じさせ、私たちの身体が痛みや熱を感じるようになっているのです。 市販薬として販売されている頭痛薬である アスピリン、イブ、バファリンなどはこのプロスタグランジンを身体に作らせないようにする働きをしています。 これにより、痛みが抑えられ、熱も下がるというわけです。 しかし、アスピリン喘息の患者の場合、このプロスタグランジンが作られなくなる代わりに身体で合成される、気管を収縮させる作用を持つロイコトリエンという物質に反応してしまい、喘息発作を引き起こしてしまうのです。 プロスタグランジンを抑制する働きをもつ鎮痛剤を総じて非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼びます。 このNSAIDsを喘息患者の人が服用するとアスピリン喘息を発症してしまう危険があるというわけです。 前述した アスピリン、イブ、バファリン、他にも ロキソニンやナロンエースなどがこれに含まれます。 喘息で飲める頭痛薬はあるの? アスピリン喘息は発症すると症状の進行が早く、場合によっては命にかかわる危険な状態となってしまうこともあります。 すべての喘息患者の人たちがNSAIDsを服用できないという訳ではありませんが、喘息持ちの方はアスピリン喘息を発症してしまう危険性があるということを留意して使用する必要があります。 アセトアミノフェンを含んだ頭痛薬はアセトアミノフェンの含有量が300mg以下であればアスピリン喘息の危険性は低くなると言われています。 ただ、薬のアレルギーによりアスピリン喘息発作を発症させてしまう可能性が少しでもある場合はかかりつけのお医者さんに相談したり、お薬を処方してもらう方が安心ですし、安全です。 一番してはいけないことは自分で勝手に判断してお薬を飲んでしまうことです。 アスピリン喘息は命にかかわる危険な症状を引き起こすので自己判断だけでお薬は絶対に飲まないようにしてください。 他には漢方でも頭痛に良いとされているものがあります。 呉茱萸湯(ごしゅゆとう)、桂枝人参湯(けいしにんじんとう)、釣藤散(ちょうとうさん)などは頭痛に効果があるという結果報告が出されています。 漢方は副作用など気にしなくていいので頭痛を緩和する方法として意外と注目されているんですよ。 市販の頭痛薬で飲めるものはある? 市販で売られている頭痛薬の中にはほぼ全てNSAIDsが含まれています。 市販薬の中でも危険性が少ないものを紹介していきます。 (アスピリン喘息を発症する危険性が全くないという訳ではありません。 ) パブロンSゴールドW アセトアミノフェンが300mg含まれており、量的には危険度は少なめです。 アセトアミノフェンは副作用が比較的起きにくい物質であると言われています。 葛根湯(かっこんとう) 風邪の初期症状に効く市販でも販売されている漢方薬ですが、頭痛にも効果を発揮します。 漢方は副作用を気にせず使うことができるので、安全といえます。 まとめ どうでしたでしょうか? 喘息持ちの人が頭痛薬を飲むときは細心の注意を払わないといけません。 アスピリン喘息は頭痛薬に含まれている鎮痛剤で発作が起きてしまうので、同じ成分が入っている座薬や湿布、目薬など様々な痛み止めの薬でも喘息発作が起きてしまう場合があります。 喘息持ちで頭痛がひどいという人は病院に行って主治医の方と相談して、どの頭痛薬を使うのか決めた方が危険度は低くなると思います。 安易な気持ちで大丈夫だろうと思って市販の頭痛薬を使うことはおすすめしません。 万が一、頭痛薬を服用して喘息の発作が出た場合は、すぐに病院に行き、どの頭痛薬を使ったか、いつ頃症状が出たかなど、しっかりと主治医に説明することが大事です。

次の

吸入器(ネブライザー)のおすすめ人気ランキング15選【家庭でも吸入薬が使える】

喘息 吸入 薬 市販

喘息(ぜんそく)治療は吸入薬が基本。 吸入薬の種類と注意点を解説 ひどい咳が続くために夜も眠れない、喘息発作が心配で生活に制限がかかってしまう、そのような喘息治療の基本となるのが「吸入薬」です。 今日では、医療が進歩し、ステロイド吸入薬など、喘息治療に用いられるお薬が充実してきています。 適切な治療を行うことで、十分にコントロールすることが可能になりました。 今回は、喘息に治療に用いられる吸入薬・吸入器の種類について主に解説するとともに、吸入薬の使用にあたる注意点なども合わせて説明します。 吸入薬についての正しい知識を知ることで、喘息発作に対する不安を少しでも和らげることができますと幸いです。 1.喘息(ぜんそく)は治療の継続が大切 1-1 喘息(ぜんそく)とは 喘息のひとつの特徴としては、胸に耳をあてると、「 ヒューヒュー、セーゼーという音(喘鳴)」が聞こえることです。 風邪をひき、咳がひどく長引いている、咳がひどくて寝付けない、明け方、苦しくて目が覚めるなど、このような場合には、喘息の可能性があるため、 早めに医療機関を受診するようにしましょう。 2014年の喘息の推定患者数(患者調査データ)では、約118万人となり、約4割が20歳未満と、若い人に多い疾患です。 もちろん、成人後に発症するケースも多くあります。 厚生労働省人口動態調査によると、喘息による死亡数は、近年では1995年に7253人とピークを示したのち、徐々に減少しており、2015年には1551人となっています。 2015年でいうと、死亡数1551人のうち、約9割は65歳以上の高齢の方です。 このように、喘息は重症の場合、命の危険につながることもありますが、 喘息による死亡数が減少しているのは、医療が進歩し、ステロイド吸入薬など、治療薬が充実してきたためだと考えられます。 喘息は、日常生活に支障がでないように、発作時の対応はもとより、合わせて長期に渡って、発作がでないように治療を継続していくことが大切です。 1-2 喘息(ぜんそく)に用いられる治療薬 喘息は、頻度や症状、現在の治療を考慮して、「 重症度」とよばれる指標で判定されます。 ここでは詳しく説明しませんが、重症度分類としては、「 間欠型」「 軽症持続型」「 中等症持続型」「 重症持続型」「 最重症持続型」があります。 お薬の治療方法として、 治療ステップ1〜4というものがあり、この重症度に応じた治療ステップのお薬による治療が行われます。 いずれにおいても、「 吸入ステロイド薬」が治療の基本です。 主に、喘息に用いられる治療薬としては、発作がでないようにコントロールする「長期管理薬」と発作を鎮める「発作治療薬」があります。 2.喘息(ぜんそく)に用いられる吸入薬の種類 喘息に用いられる吸入薬には様々な種類のものがあり、吸入器にも色んなタイプのものがあります。 まずは、これらについて説明していきます。 2-1 ステロイド薬 「ステロイド」とはホルモンの一種で、私たちの体の中にある副腎皮質とよばれる器官で作られています。 体内において、様々なはたらきをもっており、私たちが生きていく上では欠かせない重要なホルモンです。 このステロイドを治療に応用しようと、人工的に開発したものがステロイド薬です。 喘息の治療においては、ステロイド薬は、強い抗炎症作用を持っており、継続することによって、喘息の発作を起こりにくくします。 発作がでないようにコントロールする「 長期管理薬」です。 喘息の治療の基本は、ステロイド薬です。 喘息の重症度に応じて、低用量〜高用量と量を調整し、コントロールしていきます。 吸入では、直接気道にとどき、局所に作用することと、含まれているステロイド量は微量ですので、全身への副作用の心配はほとんどありません。 しっかりと指示されている量・使い方を守っていれば、安心して、使用することができます。 このお薬には、短時間作用タイプと長時間作用タイプがあります。 短時間作用タイプは、素早く気管支を拡げる作用があり、喘息発作時に症状を鎮める 発作治療薬として使用されます。 長時間作用タイプは、長時間に渡って、気管支を拡げる作用があり、喘息の重症度に応じて、 長期管理薬として使用されます。 基本的には、発作がでないようコントロールする長期管理薬として用いられます。 本来であれば、吸入薬を併用するには、2つの吸入を別々に行わなければいけない手間がありますが、配合薬では、2剤配合されているため、1つの吸入で済ませることが可能です。 配合薬であるシムビコートにおいては、長期管理薬として使用されるとともに、発作時に追加吸入することもあります。 第一選択薬ではありませんが、症状に応じて、合わせて使用されることがあります。 <抗アレルギー薬(化学伝達物質遊離抑制薬)> アレルギー症状に関与している「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」などの体内物質の作用をおさえることによって、喘息症状を改善する効果をもたらします。 主な抗アレルギー薬の吸入 ・インタール(クロモグリク酸ナトリウム) など <抗コリン薬> ・自律神経である副交感神経を亢進させるアセチルコリンのはたらきを抑える作用によって、気管支を拡げ、喘息の症状を和らげます。 主な抗コリン薬の吸入 ・アトロベント(イブラトロピウム) ・テルシガン(オキシトロピウム) ・スピリーバ(チオトロピウム) など 3.喘息(ぜんそく)に用いられる吸入器の種類 喘息の治療の用いられる吸入器のタイプにも様々なものがあり、より使用しやすいように年々進歩しており、それぞれ特徴があります。 患者さんに合わせて、適した吸入器を選ぶ必要があります。 主に、「 ドライパウダータイプ」、「 エアゾールタイプ」、「 ネブライザータイプ」の3つのタイプの吸入器があります。 3-1 ドライパウダータイプ 代表例 ・ディスカス ・ディスクへラー ・タービュヘイラー ・エリプタ ・ツイストへラー ・ハンディへラー など 使いやすさから、一般的に使用されることが多い吸入器タイプです。 粉末状の薬剤が吸入器に充填されています。 簡単な操作で吸入ができる状態にセットし、マウスピース(吸入口)に口をつけ、自分のタイミングで息を吸い込み、薬剤を取り込みます。 お薬の量がごくわずかであるため、吸っている感じが得られないこともありますが、吸入後にマウスピース(吸入口)を下にして、トントンと叩いて、薬剤が出て来なければ、しっかり吸えています。 お薬の残量などは、カウンターがついており確認することができます。 メリットとしては、自分のタイミングで吸入することができます。 一方で、吸う力がある程度必要であるため、小さなお子さんやご高齢の方だと使用が難しい場合があります。 3-2 エアゾールタイプ 薬剤が充填されており、缶を押すことによって、1回分が噴霧されます。 メリットとしては、薬剤が噴霧されるため、発作時など吸い込む力が弱っている場合にも、吸入しやすいことがあります。 一方で、うまく吸入するためには、薬剤の噴霧のタイミングと吸入するタイミングを合わせる必要があります。 タイミングを合わせるのが難しい小さなお子さんやご高齢の方が吸入しやすいように、「 スペーサー」とよばれる吸入補助具を合わせて使用することがあります。 スペーサーは、筒状になっており、使用することで、噴霧された薬剤を一旦とどめて、自分のタイミングで一気に吸い込むことができます。 3-3 ネブライザータイプ 専用の機械(様々な機種あり)に薬剤である薬液(液体)をセットして利用します。 機械で薬液を霧状にし、マスクやマウスピースを口に加えて吸入していきます。 特に、エアゾールタイプやドライパウダータイプではうまく吸入できないような小さなお子さんやご高齢の方でも確実に吸入することができます。 一方、持ち運びが大変なことや費用がかかること、 吸入に少し時間がかかるなどのデメリットもあります。 ネブライザーは、様々な機種が販売されており、ジェット式、メッシュ式、超音波式などのタイプがあります。 4.喘息(ぜんそく)治療時の吸入薬の注意点 4-1 吸入後は、必ずうがいをするようにしましょう。 特に、ステロイド薬を含む吸入薬においては、口の中やのどに薬剤が残ってしまうと、声がかすれる、イガイガする、又、口腔ガンジダ症(口の中に白いできもの)の副作用を引き起こす原因となることがあります。 そのため、吸入後は、必ず十分にうがいを行うようにしましょう。 4-2 指示どおりに正しい吸入方法で吸入しましょう。 まずは、医師の指示どおりに吸入を行うことが大切です。 長期管理薬を発作治療薬のように使用したり、指示された回数以上に吸入を行ってしまうと、正しい効果が得られないばかりか、副作用のリスクが高まる危険性があります。 また、様々な吸入器がある中で、使用方法が曖昧なまま使用を続けたり、慣れてきて手順が雑になってしまったりすると、正しく使用していると自分では思っていても、実はしっかり吸入できていないということもあるかもしれません。 使用方法に少しでも不安がある場合や、吸入を続けていても、症状が改善されないような場合には、しっかりと吸入できていない可能性があります。 早めに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。 4-3 自己判断で治療を中断しないようにしましょう。 発作が続いている際には、吸入薬など継続して使用できていたものの、発作がしばらく治まると自己判断で治療を中断してしまうという方も多くいらっしゃいます。 しかし、 喘息の症状は、長期管理でしっかりと治療を継続することが大切です。 自己判断で治療を中止していたところ、突如、発作が起こり、急激に症状が悪化してしまうということもあります。 喘息発作は命の危険にもつながることがありますので、自己判断で治療を中断せず、お薬については、必ず主治医と相談するようにしましょう。 5. おわりに 今回は、喘息に治療に用いられる吸入薬・吸入器の種類について主に解説するとともに、吸入薬の使用にあたる注意点なども合わせて説明しました。 日々、喘息の治療薬は進歩しており、様々な種類が出てきています。 また、より使いやすいように吸入器も工夫されています。 それぞれ、患者さんの症状や背景に合わせて、適切な吸入薬が処方されますので、ご自身が抱えている不安や要望などは、主治医にしっかりと相談するようにしましょう。 喘息の発作は、ご本人、そしてご家族にとっても、非常に苦しく、つらいものです。 今回の記事を参考にし、喘息発作に対する不安を少しでも和らげることができれば幸いです。

次の