鳥 メロ。 三代目 鳥メロ 津田沼北口店(津田沼/居酒屋)

三代目鳥メロの店舗一覧やお得なクーポン情報

鳥 メロ

2020年 08月• 残1-3:即予約可(残りわずか)• TEL:要問い合わせ• 23:00 ドリンクL. 営業時間は変更になる場合がございます。 詳しくは店舗までお問い合わせください。 営業時間 月~日、祝日、祝前日: 16:00~翌0:00 (料理L. 23:00 ドリンクL. 営業時間は変更になる場合がございます。 詳しくは店舗までお問い合わせください。 お問い合わせ時間 15:00~ このお店は営業時間外でも できます。 詳細は店舗までお問い合わせください。 掘りごたつ あり :大人数可。 詳細は店舗までお問い合わせください。 ソファー あり :大人数可。 詳細は店舗までお問い合わせください。 テラス席 なし :大人数可。 詳細は店舗までお問い合わせください。 貸切 貸切可 :日~木は50名~、金土祝前は60名~で可。 予約状況によって異なりますのでまずはお問い合わせください。

次の

【バイト体験談】三代目 鳥メロの評判・クチコミ

鳥 メロ

今回行ってきたのは「三代目 鳥メロ」です! アスキーのグルメ担当ナベコです。 この連載では、全国各地にチェーン展開している居酒屋を取材し、おすすめメニューなどを紹介します。 同じチェーン店でも店舗ごとによって環境が異なる場合もございます。 予めご了承くださいませ。 チェーン店はメニューが豊富だったり、値段も比較的安価だったりと利用する機会が多いですよね? ただ、意外と困るのが「公式サイトなどではわからないこと」もあるという点。 たとえば、お箸が割り箸なのか、おしぼりはタオルなのか、などなど。 飲み会などのシーズンでは、幹事を務める人が出席する人の要望にできる限り応えるという使命が(たぶん)ありますよね。 そういうときに役立つような情報も本連載で紹介します。 今回ご紹介するのは「三代目 鳥メロ」。 公式サイトでも「ビール一杯199円」と大々的に推しているほど、ビール好きは要注目のチェーン店です。 焼き鳥をはじめとする鶏料理がメインなので、ついついたくさん食べてしまいそう! お会計は、はたして安く済むでしょうか? 店舗情報 「三代目 鳥メロ」 公式サイト: 料理ジャンル:焼き鳥、鶏料理 看板メニュー:焼鳥各種(150円~)、清流若どりのモモ一本焼(999円)などなど 繁華街のお店のみ「単品飲み放題」をやっていた 今日も居酒屋巡りしてきました! とある平日の20時過ぎごろ、都内繁華街の鳥メロに行ってきました! ビルの2階の店内は、テーブル席が多く、フロアが広いため、お客さんは6割といったところ。 待つことなく案内してもらえましたよ。 私は酒量が多いので「飲み放題」をコースなしで付けられるお店ならば、そうお願いしています。 こちらでも単品飲み放題をやっていました! 1500円で2時間制! ただし、今回に限ってはちょっと迷いました。 鳥メロの生ビールは通常価格1杯199円という破格の安さ。 生ビールだけ飲むならば、5杯でも1000円程度です。 ですが、よくよくメニューをみると、サワーは300円代や400円代のものが多く、ビール以外のいろいろなドリンクを飲みたいというなら飲み放題が断然オトクです。 私はビールも好きですが、ほかのお酒も大好き! ということで今回は「飲み放題」で。 1杯目は言うまでもなく「生ビール」! メニューにも記載されていますが、23時以降は朝まで「生ビールあり」の飲み放題は1800円で! これってかなりお得では? 注意点ですが、鳥メロの店舗の中でも、単品の飲み放題をやっている店は一部でした。 私も取材(飲み)に行く際に何店舗か調べたところ、繁華街の店舗は単品飲み放題を実施している率が高かったものの、それ以外だとあまりやっていなかったです。 鳥メロの飲み放題が気になるという方は、直接問い合わせをするか、繁華街の鳥メロを狙って行ってみてください。 お通しは塩昆布をのせたキャベツでした。 おかわり自由ということです。 2人ぶんがひとつの皿に盛られて提供されるという、焼き鳥屋さんらしいスタイル。 おかわり自由なので、フル活用するとよさそうですよ。 「ババサワー」(左)、「じじハイ(青汁)」(右) じじハイは、青汁サワーのようです。 青汁というと苦そう、でも健康によさそうだからなぁと、おそるおそる飲んでみたところ、確かに野菜ジュースのような味はしましたが、意外にすっきりして飲みやすかったです。 甘味があまりないため、甘い系が苦手という人はいけると思います。 飲んでいて罪悪感ないし、また飲みたいなあ。 一方ババサワーは、ブルーベリーとカルピスのサワー。 色がものすごくピンクです。 ところで、ババサワーはどこがババ要素なのでしょう? ブルーベリーが目に良いから、とか? ブルーベリーの果実味、カルピスの乳性のコクがする甘~いサワーでした。 ジュースのようなので、私としてはもっと濃い味のお酒が好みですが、お酒があまり得意ではないという女性にはウケそう。 若い女性がババサワー頼むって、どういう気持ちになるだろう。 私ですか? お酒はなんでも飲みますけどね! 定番のレモンサワーもゴクゴク。 カットレモンが入っているのがうれしかったです。 味は少し甘め。 炭酸があまり強くなかったけれど、すっきりしていて飲みやすかったです。 「秘伝ぷるぷるダレのふわとろレバー」(499円) 鳥レバー。 写真を見ていただきたいのですが、ピンク色でほろほろの状態でした。 おそらくですが、低温で長時間加熱することで、しっかりと熱を通しつつ、柔らかさを保っているのでしょう。 上には、秘伝のタレがのっています。 口に入れた瞬間、ふわとろの食感が広がります。 一般的な鶏レバーの串焼きと柔らかさが全然違いますよ。 味はちょっと甘め。 にんにく、唐辛子の風味もほんのりしてお酒が進みます。 ん~~~……!! ふわっと食感のレバーをお酒で流し込むってたまらない! それにしても、レバーをおいしくいただけるって大人になったなってちょっとしみじみします。 レバーは滋養にもいいし、鳥メロに来たならば、また食べたいです。 お酒好きならコスパが抜群だった鳥メロ 初めて鳥メロに行ってみて、看板料理でうたっている鶏料理がふつうにおいしいというのが発見でした。 鶏料理といっても、焼き鳥だけではなく、一品料理や鉄板焼きがあるというのも発見で、ただ焼き鳥だけじゃない、というのもポイント。 また、ユニークなネーミングのメニューがあるので、友人同士で来て話題に困らなそうなのもいいです。 鶏料理全般のメニューは基本的にカバーされているので、安く飲めて鶏料理を食べたい、そんなときは鳥メロを利用するのがよさそうです! お酒を飲むことをメインにする利用だとめちゃめちゃお得 1500円で飲み放題というコスパのよさ 鶏料理が豊富なので、まず「飽きない」。 食べやすい味付けなのも後押ししていて、気が付くと追加で注文していました。 ただ、全体的にお酒(とくにビール)が安いのが特徴で、食べに行くというより、お酒を飲みに行くということに重きを置くと非常にお得な居酒屋だと思います。 女性はうれしい「個室内でお化粧直し」 お手洗いは、今回行った店舗だと「男性用」「女性用」「男女兼用」と洗面所付きの個室がわかれていました。 女性用に入ったところ、広くはありませんでしたが、洗面所も個室内なので、人の目を気にせずお化粧直しができるのがうれしかったです。 串を9本、一品料理4品、お酒を12杯飲んで1人4000円 みなさん知っていましたか? 安い居酒屋だと逆に調子に乗っていっぱい注文してしまうことを…… お会計は、2人で串9本、料理4品、お酒12杯を飲んで、税込額7942円でした。 ひとり約4000円。 今回は飲み放題をつけてとことん飲んでこの額でした。 お酒をひとり6杯飲んで好きなだけ飲み食いしています。 単品で頼むビールも199円と安いので、例えば、ビールを2、3杯飲むのであれば、単品で頼むと予算としてはさらに安くなるはず。 鳥メロは料理がおいしいのでぜひともいろいろ注文してほしいのですが、お酒中心に攻めるとかなりお得な居酒屋です。 もやっています!.

次の

三代目鳥メロの店舗一覧やお得なクーポン情報

鳥 メロ

三代目鳥メロの店舗(「Wikipedia」より) 居酒屋「和民」などを展開する ワタミは、鶏肉を使った料理を提供する店舗を急速に増やしている。 同社は「 ブラック企業」との批判を受けたことなどでブランドイメージが低下し、競争激化も相まって業績が悪化。 一度は奈落の底に落ちたが、鶏業態が下支えし業績は底を打ちつつある。 この鶏業態が復活のカギとなっている。 から揚げがメインの居酒屋「ミライザカ」と、焼き鳥がメインの居酒屋「三代目鳥メロ」以外にも、続々と鶏業態を繰り出している。 同社が発表した2018年4~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比2. 0%減の465億円、営業損益は4億円の赤字(前年同期は2億円の赤字)だった。 主力の国内外食事業と宅食事業、海外外食事業は、いずれも減収だったことが影響した。 ただ、いずれも微減にとどまっている。 最主力の国内外食事業は、売上高が前年同期比3. 5%減の226億円、営業損益は6700万円の赤字(前年同期は8400万円の赤字)だった。 減収となったが、不採算店の閉鎖が主な要因のため、問題視する必要はないだろう。 営業損益は赤字だったが、わずかではあるが改善している。 その後も赤字が続き、不振に苦しんできた。 しかし、18年3月期には5年ぶりとなる黒字を達成することに成功した。 経営改革が実を結びつつある。 特に功を奏しているのが、不振の和民やわたみん家を三代目鳥メロやミライザカに積極的に転換していったことだろう。 転換や閉鎖を進め、4~9月期だけで和民とわたみん家は60店減り、三代目鳥メロとミライザカは58店増えた。 その結果、三代目鳥メロが134店(9月末時点)、ミライザカが149店(同)となっており、現在は両業態がワタミの主力となっている。 新店の三代目鳥メロとミライザカは計画を上回るほど好調だという。 4~9月期は、三代目鳥メロが計画比20%増、ミライザカが同3%増だった。 一方で転換店の既存店売上高も好調で、三代目鳥メロが同0. 2%増、ミライザカが同5. 7%増だった。 好調を受け、18年10~19年3月期も新規出店と転換で両業態を計10店増やすとしている。

次の