猫 品種。 猫の種類まるわかり!超便利な猫の一覧表

猫の平均寿命は何歳?寿命の長い種類、短い種類は?ギネス記録は?

猫 品種

・ミックスの特徴 最近では全国の多くの場所で「譲渡会」などの保護猫活動がされています。 譲渡会で譲り受けたり、知り合いから譲り受けたりなどの飼育経路が多いことからも人気の種類ランキングの1位はミックスです。 ミックスとはいわゆる雑種のねこちゃんを指します。 日本猫と混同される方も多いと思いますが、区別をつけるとしたら日本猫と海外の血種の猫が交配し、そこから産まれてきたねこのことをミックスと呼ぶことが多いです。 最近では、洋猫同士をかけあわせたミックス猫が人気になっています。 純血種同士をかけあわせたねこちゃんですので、一般的なイメージの雑種とは違った印象があります。 ペットショップやブリーダーなどで、親の種類が純血種と分かっているねこ同士をかけあわせたねこちゃんを「ミックス猫」として販売していることがあります。 ・ミックスの性格 純血種と違って何種もの血が混ざっているため、「こういった性格」という決まった傾向がないのがミックス種です。 ミックスされた種類によって性格も様々ですが、猫特有の警戒心の強さや、人懐っこさを持つ子が多いとされています。 生活環境で性格は変わってきますので、一緒に暮らすうちに性格が変化していくでしょう。 ・ミックスの魅力 ミックス種は、純血種の猫より長生きしやすいと言われています。 純血種はその猫独特の遺伝性の病気を受け継いでしまう可能性があり、遺伝性の病気はいくら生活環境に気をつけても病気になってしまうリスクがあります。 一方、ミックス種はさまざまな猫種の血が混ざり合うため、特定の病気が出にくくなっているとのこと。 つまり、病気のリスクが純血種と比べて低いそうです。 生活環境によって寿命は異なりますが、平均的なミックス種の寿命は13~16歳くらい、純血種の猫は12~15歳くらいが平均といわれておりミックス猫はやや長寿傾向にあります。 茶、黒、銀、白、クリームなど、様々な毛色の種類がいます。 大きさは中型で、体つきは筋肉質でしっかりしています。 オスで4kg~7kg、メスは3kg~6kgほどの体重になります。 アメリカンショートヘアは活発で運動量が多い反面、運動不足になるとストレスが溜まったり、太りやすい傾向があります。 肥満は様々な病気の原因になるのでお部屋でも十分に運動ができるようにキャットタワーなどを設置してあげるといいですね。 ・アメリカンショートヘアの性格 アメリカンショートヘアは基本的には明るく賢い性格ですが、やや慎重で、家族以外の人には警戒心を出すことも多いようです。 より自立心の強い祖先猫であるブリティッシュショートヘアの影響が強い子の場合は家族からでもベタベタと触られることを嫌がる傾向があります。 ・アメリカンショートヘアの魅力 大きな瞳と丸い顔立ち、そして、がっちりとした体格が魅力のアメリカンショートヘア。 むやみに威嚇したり、怒ったりしないので、飼い主さんに対しては、従順で素直。 ねこちゃんと初めて暮らす方にもおすすめです。 コミュニケーションが上手なため家族以外の人が多く出入りするような家庭でも飼いやすいねこちゃんです。 また、折れ具合も個体差によって変わってきます。 全体の7割が立ち耳のスコティッシュフォールドですが、スコティッシュフォールドらしい丸みのある顔にピンと立った耳も魅力のひとつですね。 丸みを帯びた身体や顔が愛らしさを強調し、小さく折れ曲がった耳と大きな瞳を持つことから、「フクロウに似ている」などと言われることが多いです。 スコティッシュフォールドは、腰を抜かしたような独特の座り方をすることがあります。 スコ座りとも呼ばれる姿勢ですが、腰や股関節の形成不全のためこのような座り方ができるとされています。 両手両足をたたんだ香箱座りを苦手とするスコティッシュフォールドも多くます。 体つきはしっかりしていて、長毛、短毛どちらもいます。 オスは4kg~6kg、メスは2,5kg~4kgほどになります。 ・スコティッシュ フォールドの性格 スコティッシュフォールドはとてものんびりとした性格をしています。 子どもや同居動物との相性も良く、環境の変化にもあまり動じません。 賢く、好奇心が強く、遊び好きで、家族とともにいることを好みます。 ・スコティッシュフォールドの気をつけたい病気は? ・関節炎 スコティッシュ・フォールドの折れた耳は、そもそも骨の形成異常が原因。 そんな身体的特徴から、他の猫種に比べて筋骨格系疾患の発症が多いと言われます。 なかでも関節炎の発症は他の猫種に比べ、約2. 5倍にのぼります。 さらに、性別にみると、女の子の発症率は、男の子に比べ1. 5倍ほど高くなっています。 ・軟骨異形成症候群 後肢や前肢の骨に軟骨の塊(骨瘤)が発生して、骨の変形を起こす病気です。 スコティッシュ・フォールドに多く、遺伝的に発生するケースが多いといわれています。 骨の変形そのものの治療法はなく、痛みが伴う場合には、鎮痛剤や消炎剤を用いる等の対症療法を行なうこともあります。 多くの場合、遺伝によって発生するため、予防することは困難です。 歩行異常や四肢の骨に何か異常がみられたときには、獣医師の診断を受けましょう。 ・耳の病気 耳が折れ曲がっているスコティッシュ・フォールドは、耳の中の蒸れやすさなどから、「外耳炎」などの耳の病気が多く見られます。 耳の病気は気づきにくいため、普段の行動やしぐさにも注意が必要です。 定期的に耳をチェックし、ニオイを嗅いでみたり、また声への反応を意識してみてください。 いかがでしたか?人気の猫種トップ3をご紹介しましたが、どの子も本当にかわいいですね。 猫種によっての違いはもちろんありますが、やはりそれぞれ性格が違います。 ねこちゃんと一緒に暮らす時は、ねこちゃんの個性を理解し、それぞれに合った食事や環境を用意してくださいね。 【関連記事】.

次の

ミヌエット(ナポレオン)ってどんな猫?性格や値段は?

猫 品種

猫の種類、病気になりやすい品種や症状は? 1 猫に多い遺伝性の病気について 2 猫の遺伝性の病気の症状や治療法 3 猫の種類に関係なく多い病気 4 体の特徴によってかかりやすくなる猫の病気は? この記事では、猫の品種や種類によってかかりやすくなる病気は、一体どんなものがあるのか? 情報をまとめていきたいと思います! 猫に多い遺伝性の病気 まずは、特定の猫の種類や品種がかかりやすいといわれている病気について、どんなものがあるのか理解していきましょう! 遺伝性の病気についてまずは詳しくみていきます。 ある種類や品種の猫に、遺伝性の病気が起こる場合があるのですが、これは親から受け継いだ遺伝子情報が、なんらかのきっかけで傷ついたときに、それが子どもへ受け継がれると、猫は遺伝子の病気を発症するのです! 親猫のどちらか片方が病気を抱えている場合、それが子どもに受け継がれやすくなると考えられています。 遺伝子の病気は、子猫のときから見つかる場合と、成長しながら一緒に進行していくものがあります。 病気の種類によっても違いがあるので、早くから遺伝子の病気を持っているのかどうかというサインに気づくことも大事だといわれています。 猫が遺伝子性の病気を持っているかどうかは、一般的な健康診断などでわかるといわれていて、聴診、血液検査、尿検査、といった基本的な検査を受ければ、多くの病気の兆候などは発見出来るといわれています。 医学の進歩は本当に有り難いもので、我が家の近所にも、高度医療を取り入れた動物病院がオープンしたりと、この世界も、どんどん進歩していて、どうやら、どうぶつの世界も、が発展しているようですが、遺伝子の病気は生まれ持った遺伝子が原因となりますから、早期に発見されれば進行を遅らせることが出来たり、手術で完治させる事もできるものもありますので、とにかく早い段階で、なんらかの遺伝性の病気が潜んでいないかどうかをチェックしておくといいようです。 遺伝性の病気は、子猫のときに発見されるものだけではなく、成長とともに異常が見られるようになるものもあるので、年に1度は検診を受けるといいといわれています。 遺伝性の病気は、猫の種類や品種では、特定の純血種に多いとはいわれていますが、MIX、そして特定の猫種以外の子にも現れる場合もあるので、猫の病気について知識を持ち、異常が現れたらすぐに対応できるようにしておくと安心です! 特定の猫の種類や品種によって、発生率もさまざまなのですが、理由は遺伝子の仕組みが複雑なため、いろいろな条件が重なることで病気を発症するためです。 猫の遺伝子性の病気の症状や治療法 まずは、猫の遺伝子性の病気で、心臓や血管に現れる病気についてまとめていきます。 これは、心臓の壁が厚くなって、機能が落ちてしまう病気です。 猫の心臓は、4つの部屋に分かれているのですが、左の壁が厚くなるのです。 左は酸素を沢山含んだ血液を、体中に送り出す役割をしているのですが、猫がこの病気になってしまうと、左の内側が狭くなるので、血液を十分にためることが出来ないので、体に送り出す血液の量が減ってしまいます! 左に血液が滞ったり、ができやすくなるので、とても危険だとわれているのですが、その理由は、血管にが詰まると突然命を失うこともあるからです。 この病気になると、次のようなサインが現れるといわれていますので、この種類の猫を飼っている方は、よく観察をしてみてください! 息切れしたり、呼吸困難になってしまいます! 猫はハァハァと息切れをしたり、疲れやすくなりますので、口で息をするようになります。 の症状を見せるようになり、これが進行していくと、肺に水がたまるになったり、咳をひんぱんにするようになったり、呼吸困難を起こす場合もあります。 が血管に詰まってしまうと、それらの付近で機能不全を引き起こします。 多いといわている症状は、お腹の大動脈にが詰まることで、後ろ足が麻痺してしまうというケースす。 この病気の治療法は現在早期発見出来れば、進行を遅らせることが出来、寿命を伸ばすことが出来る方法しかないようです。 完治させる治療法は現在ありません、治療方法は、心臓の働きを助けてくれる薬を服用させたり、血圧を整える薬、が血管に詰まった場合は、を溶かしてくれる点滴治療をしたり、手術で取り除いたりします。 「門脈体循環シャント」 この病気になりやすい品種や種類は、、、シャムに多いと言われていますが、すべての猫種&MIXもかかることがあります。 血液が肝臓を経由しなくなるというもので、門脈とは、肝臓に血液を運ぶ血管のことをいいますが、この門脈からシャント(異常血管)が分岐してしまうため、本来なら肝臓に運ばれる血液が全身に運ばれてしまうという病気です。 肝臓は、小腸で吸収された栄養素を含む血液を受け取って、それをエネルギーに代謝したり、体に有毒物質となるものを解毒したりする働きをする、大事な臓器です! 血液が全身に運ばれてしまうため、この病気になった猫は、栄養不足になったり、有害物質によって脳に異常が出てくることもあるといわれています。 この病期になった猫は、栄養不足になるので発育が悪く、体が小さくやせています。 けいれんや嘔吐などを起こしますが、特徴的なのは、食後30分~1時間後に、多量のよだれを伴ったけいれんを起こすことです! 食欲不振、下痢、嘔吐する場合もあり、突然猫が動かなくなることもあります。 猫によっては生まれて半年後くらいから、これらの症状が見られるようになる子と、成長して6~7歳以降に出てくる場合があるといわれています。 治療法ですが、病気へ対応している療法食を食べさせたり、肝臓の働きを助ける薬で、この病気の病状を管理していきます。 症状が安定している子なら、手術でシャントを閉じることもあります。 体力がない子や、シャントの位置によっては手術が難しいい場合がありますので、全ての猫に対して行えるものではありません。 加齢で肝臓の働きが弱まってくると、を引き起こす可能性がありますので、安定している子は、手術を受けさせるようです。 「多発性嚢胞腎症」 この病気になりやすい猫の種類や品種は、アメリカンショートヘア、、ですが、他の猫種&MIXもかかる場合があります。 これはかなりやっかいな病気のようですが、猫が成長するに従って、腎臓の中に液体の入った袋(嚢胞)が沢山出来、その中の一つが大きくなっていきます。 嚢胞が増えると、腎臓自体が大きくなっていきますので、腎機能に負担がかかり、腎機能障害の症状が出てきてしまい、最後は慢性腎不全になってしまいます。 3歳~10歳頃から、猫は慢性腎不全の症状が見られるようになるケースが多いことが報告されているようです! 多飲多尿になり、食欲不振で痩せていき、猫は繰り返し吐いたりします。 治療法は、これも病気に対応した療法食を与え、腎臓の働きを助けてくれる薬を使って症状を和らげるのが一般的です。 嚢胞がお腹を圧迫している場合は、ここに注射器を入れて、中の液体を抜く場合もあります。 家庭では、できるだけ猫が沢山の水を飲めるように工夫してあげるようにします。 「」 この病気にかかりやすい猫の種類や品種は、アメリカンショートヘア、シャム、、そしてすべての猫種&MIXもかかる場合があります。 どんな猫も、母親の体内の中では、肺動脈と大動脈が動脈管と呼ばれる血管で繋がっているのですが、これは生後普通は閉じるのですが、開いたままになってしまう病気です。 開いているので、心臓から肺へ循環していく血液の量が増え、逆に心臓から全身へ送られる血液の量が減るので、全身に十分な量の血液が回りませんから、猫は疲れやすく、息切れをしたり、呼吸が速くなったり、痰や咳を出します。 チアノーゼ(舌や唇が真っ青になる)になった場合、すぐに獣医に見せることが必要です。 この症状は、1歳までに出るケースが多いといわれていて、猫に体力があれば、手術をして開いた動脈管を閉じる事ができれば完治する場合もありますが、出来ない場合は、心臓の負担を軽くしたり、動きを助ける薬を使います。 心臓に負担をかけないように、猫は常に安静にさせることが大事であるといわれています。 次は、骨や骨格に関する遺伝性の病気について情報をまとめていきたいと思います。 成長期に、骨や軟骨が変形するので、こうなった骨や軟骨は元に戻りません。 最初は足やしっぽなどの一つの箇所に痛みが起きていき、そのうち全身の関節に痛みが広がっていきます。 生後4ヶ月頃から、痛みが激しいので、猫は鳴き声をあげたり、片足をあげたままにして人間に触られるのを嫌がります。 多くの場合、1歳半を過ぎれば、症状の進行も止まるので痛みも収まるといわれていますが、中には、かわいそうですが、生涯痛みが続くケースもあるようです。 治療法は、成長期で止まるケースが多いので、それまでは鎮痛剤を投与して痛みを軽減してあげたり、関節の軟骨を保護する作用のあるを与える方法もあるといわれています。 「股関節形成不全」 成長期に股関節の軟骨がうまく形成されず、骨盤に足の骨がうまく収まらなくなってしまう病気です! 炎症が起こるので、猫は痛みを感じ、これがかなり激しい場合は、歩き方に異常が出てくるケースもあります。 生後4ヶ月頃から痛みで猫は動きが鈍くなってしまったり、階段を降りたり上がったりするのを嫌がったり、ひどくなると足をひきずってしまう歩き方になる場合もあります。 成長期は、骨と筋肉のバランスを保ちつつ、徐々に発育させるようにして、獣医の元で食事管理をしていきます。 日常生活に支障が出る場合は、手術を行う場合もあります。 猫がこの病気になると、治療をしても元に戻らないので、非常にやっかいな病気です。 慢性腎不全になると、猫は食欲が落ちて痩せてしまい、大量に水を飲み、尿も沢山出します。 シニア猫はほぼすべてこの病気にかかるといわれていて、原因はまだ解明されていません。 腎臓の働きを助けるような治療法をしつつ、低タンパク質低ナトリウムの食事を与えます。 体の特徴によってかかりやすくなる病気は? ここからは、猫の体の特徴によってかかりやすくなるといわれる病気について理解をしていきましょう。 ポイント柄の猫に多い目の病気があるのですが、それは斜視とです。 この病気にかかりやすい猫の種類は、シャムやシャム系のMIXです。 斜視は人間にも現れる人がいますが、両目もしくは片目が見る対象に向かず、左右上下に傾いている状態のことで、は、瞳がゆらゆらと規則的に揺れている状態のことをいいます。 これは視力に何らかの問題があるのかといえば、まったくありませんので、日常生活に支障はないと考えられています。 生まれつきならいいのですが、成長して突然これが現れた場合は、脳神経の病気が疑われるので、すぐに受診したほうがいいようです。 次は、白い毛がある猫に多いといわれる病気についてです。 体の一部や全身に白い毛がある猫は、紫外線の影響を受けやすいといわれていますので、皮膚の病気にかかりやすいといわれています。 症状が軽くて、皮膚が赤くなっている程度であれば、治療は抗炎症剤を使った方法が一般的です。 かゆみがひどくて、猫が耳をひっかいたり、膿や出血があるのなら、を投与する場合もあります。 「扁平上皮癌」 猫の白い部分の粘膜にがんが出来て、炎症やただれ、、膿や出血などの症状が見られる。 日光過敏症が進行してこれになる場合もあります、6歳以上の猫が扁平上皮癌に移行する場合が多く、治療方法はがんになった部位と、その周辺を手術で取り除くことです。 「流涙症」 この病気になりやすい種類は、やで、鼻がぺちゃっと潰れている猫がなりやすいといわれています。 鼻の低い猫は、鼻涙管が圧迫される傾向があるので、この病気を引き起こしやすくなると考えられています。 流涙症は、涙が溢れて止まらなくなる病気で、鼻の低い猫は、鼻涙管が狭くなってい たり、詰まりやすくなっていることがあるので、この病気にかかりやすくなるといわれています。 角膜炎や結膜炎が原因となって、涙の出る量が増えたことが原因で起こるケースもあります。 この種類の猫の目の周りがいつも濡れていたり、目の下の毛が茶色になっていたら受診しましょう。 治療は点眼が基本です。 耳に特徴のある猫に多い病気もありますので、情報をまとめておきましょう。 「外耳炎・耳ダニ」 この病気になりやすい種類は、やなどの、耳に特徴のある猫です。 の垂れた耳は、通気性が悪くなりがちで、のように反った耳を持った猫は、内部の構造が複雑なので、汚れや耳垢がたまりやすいため、耳の病気にかかる率が高くなるといわれています。 外耳炎は耳の中に炎症が起きる病気で、耳ダニは、ミミヒゼンダニが耳の中に寄生するのです。 耳をかいたり、しきりに頭を振ったりしているのなら獣医に連れて行ったほうがいいようです。 耳ダニ駆除剤やなどで治療をします。 ここまで記事をまとめてきましたが、どうやら遺伝性の病気を抱えやすい種類の猫は、アメリカンショートヘア、、、シャム、、であるようです。 現在日本などで人気のある猫ばかりだと思われますし、飼っている方が多いため、この病気を抱えていることがわかったと考えれば、他の種類の猫にもこれらの症状が出る場合もあると思われますので、この情報は、これまで沢山の人がこれらの種類の猫を飼ってきた結果導き出された情報であるという面にも気づいたほうがいいかと思います。 猫に多い慢性腎不全も、食生活の改善や、食物からもっと水分を摂取出来るようにするという工夫をすることで、改善されていける可能性もありますので、必ずなるからと諦めないようにしたほうがいいのかなと個人的には考えていて、そのため手作りごはんやトッピングなどを続けています。 mo88mo.

次の

ミヌエット(ナポレオン)ってどんな猫?性格や値段は?

猫 品種

人気猫種第1位は、折れ耳が特徴的な。 スコティッシュフォールドの歴史は、1960年代にスコットランドの農場で誕生した1匹の猫がはじまりとされています。 「スージー」と名付けられたその猫は、ほかのきょうだい猫とは異なり、成長しても耳が折れ曲がったままという特徴をもっていました。 やがておとなになったスージーが子猫を出産すると、そのなかにも耳が折れた個体がいたため、折れ耳が遺伝性によるものだと判明。 その子孫をもとに繁殖が行われたことで、スコティッシュフォールドという猫種が誕生したのです。 スコティッシュフォールドの性格は、人懐っこく甘えん坊。 飼い主に構ってもらえなかったり留守番の時間が長かったりすると、ストレスを溜めてしまうことも。 「まるで犬のよう」と評されるスコティッシュフォールドは、愛猫とたくさんスキンシップをとりたい人向けの猫です。 人気猫種第2位は、短い足でお馴染みのです。 マンチカンのはじまりとなったのは、1983年にアメリカ・ルイジアナ州でトレーラーの下に住んでいたメスの短足猫。 その短足猫の子孫をもとに育種が行われ、1995年にTICAにて正式な猫種として認定されました。 マンチカンの最大の特徴といえば、なんといっても短い足。 「猫界のダックスフンド」とも呼ばれるマンチカンですが、実は短足の個体は実は全体の2割程度で、残りの8割は足長タイプとされています。 性格は、人懐っこく好奇心旺盛。 足の長さに関わらず、活発に動き回ることが好きなので、運動できるスペースを確保してあげると喜びます。 また、聞き分けがよく、高い学習能力をもっているため、トイレや爪とぎのしつけも楽に行えるでしょう。 世界最大の猫種のが、人気ランキング第3位です。 アメリカ合衆国・メイン州の「州猫」に認定されているメインクーンですが、猫種としての成り立ちはさまざまな説があり、定かではありません。 北アメリカで自然発生したとされるメインクーンは、厳しい気候にも耐えられるほど豊かな被毛をもち、胸元にはライオンのたてがみのような飾り毛が生えているのが特徴です。 野性味あふれるルックスに似合わず、性格はおおらか。 協調性にも優れているので、ほかのペットや小さなお子さんがいるご家庭でも安心して飼育することができます。 また、鳥のさえずりに例えられるほど鳴き声が小さく、ご近所との騒音トラブルに悩まされる心配がないというのも、メインクーンの魅力のひとつなのではないでしょうか。 はノルウェー原産の猫で、神話に登場する猫のモデルになるほど、地元では広く親しまれている猫です。 4000年前から存在していたともいわれる猫種ですが、本格的にブリーディングがはじまった1970年代のこと。 1977年にはCFAに、アメリカでは1984年になってようやく正式な猫種として登録されました。 風格ある外見にもかかわらず、ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかで我慢強い性格をしています。 過酷な環境を生き抜いてきただけあって、環境の変化に強く、ストレスに対する抵抗力もあります。 換毛期になると抜け毛のケアに手間がかかりますが、おとなしくてしつけのしやすい性格ははじめて猫を飼う人にもおすすめです。 人気猫種第5位は、ヒョウ柄のような被毛に身を包んだです。 ベンガルは、ヤマネコとイエネコの掛け合わせによって誕生した品種で、もともとは猫白血病の研究を目的に交配が行われました。 実験自体は失敗に終わったものの、アメリカの猫愛好家がこの猫に興味をもち、さらに品種改良を重ねた結果、1980年に新たな猫種として正式に認められました。 ワイルドな容姿から、気性が荒いイメージをもたれがちのベンガルですが、意外にも温厚で社交的な性格。 愛情深いタイプなので、ほかのペットとも仲よくやっていけます。 ただし、ほかの猫と比べて運動量が多いです。 ストレスを溜めないためにも、おもちゃを使って遊んであげたり、上下運動ができるようにキャットタワーを設置してあげたりするといいでしょう。 人気猫種第6位は。 『不思議の国のアリス』に登場する「チェシャ猫」のモデルとしても有名な猫です。 ブリティッシュショートヘアの歴史は古く、古代ローマ帝国がイギリスに侵略の際、ネズミ退治のために連れてきた猫がルーツとされています。 第二次世界大戦後、ブリティッシュショートヘアは絶滅の危機に瀕しますが、やなど別の猫種と交配することで、かろうじて現在まで血統をつないできました。 すんぐりむっくり体型のブリティッシュショートヘアは、見た目通り、穏やかでマイペースな性格。 身体能力は悪くはありませんが、走り回ったり飛び跳ねたりすることよりも部屋でのんびり過ごすことを好みます。 あまり猫には手をかけず、ほどよい距離感を保って暮らしたい人にはうってつけのタイプです。 「ぬいぐるみ」という意味の名前を持つが人気ランキング第7位にランクイン。 アメリカのペルシャのブリーダーが地域の外猫と自身が飼っていた猫を交配して生まれたのが、ラグドールの基礎猫と言われています。 ラグドールを作出したブリーダーは、ラグドールをビジネスに利用し、繁殖希望の人はフランチャイズ契約を結ばなければ猫を譲ってもらえませんでした。 このことに疑問を持った夫婦が契約を結ばずに譲り受けた猫で新たに繁殖をおこない、固定化と有力血統種団体への登録がされたという歴史があります。 ぬいぐるみという名前の通り、温厚で抱っこが好きな猫です。 落ち着いた性格で大声で鳴くことも少なく、集合住宅でも飼いやすいでしょう。 激しい遊びにはあまり関心を示さず、ソファでのんびりしたり、飼い主のそばにそっと寄り添っていたりすることを好みます。 人気ランキング第8位の猫種は、大きな瞳と潰れた鼻から「テディベアキャット」の愛称で親しまれる。 エキゾチックショートヘアの誕生は1960年代と比較的歴史が浅く、ペルシャとなどを組み合わせて作出された猫種です。 ペルシャ譲りの性格をもつエキゾチックショートヘアは、穏やかで従順。 また、アメリカンショートヘアの気質も受け継いでいるため、人に抱っこされたりなでられたりすることを好む、甘えん坊な子が多いです。 ほかの猫種と比べて運動量は少ないですが、遊ぶことが苦手というわけではないので、定期的におもちゃなどを使って一緒に遊んであげましょう。 顔の構造上、目のまわりが汚れやすいため、コットンやガーゼなどでふき取ってあげるなど、こまめなお手入れは忘れずに。 人気ランキング第9位は幅広い世代から根強い人気を誇る、アメリカンショートヘア。 アメリカンショートヘアの祖先はブリティッシュショートヘアとされ、イギリスからの移住者とともにアメリカに渡ってきたと考えられています。 現在は愛玩猫として広く愛されているアメリカンショートヘアですが、アメリカに入ってきた当初はペットではなく、ネズミ退治のハンターとして飼育されていました。 ネズミ捕りとして活躍していただけあって、アメリカンショートヘアの性格は好奇心旺盛。 陽気で社交的な面もあるので、先住猫や小さな子どもがいる家庭でもうまくやっていけるでしょう。 また、ほかの猫種と比べて体が丈夫で、病気やケガをしにくいという特徴もあります。 ただし、肥満になりやすい体質のため、キャットタワーを設置するなど、運動不足にならないような工夫をしてくださいね。 人気ランキング第10位はです。 サイベリアンの歴史は古く、紀元1000年頃にはサイベリアンとよく似た猫が存在したと言われています。 サイベリアンの最大の特徴はもふもふの被毛です。 一般的な長毛種の猫がダブルコートなの対して、サイベリアンはトリプルコート。 より厳しい寒さに対応できるようになっています。 寒さに耐えて暮らしてきた歴史のあるサイベリアンは、大きな体とは対照的に忍耐強く従順で、比較的しつけがしやすい猫と言われています。 また、猫としては珍しく水を怖がらない個体が多く、水の張ってあるお風呂に飛び込んでしまうなんてことも。 遊び好きで好奇心旺盛なところも大きな魅力でしょう。 温厚な性格のため、子どもとも仲良くできますよ。

次の