れいわ 今年。 れいわ新選組

驚異のドブ板全国ツアー中のれいわ新選組代表・山本太郎がもくろむ「2020年の一手」

れいわ 今年

山本太郎氏(44)が代表を務める政治団体「れいわ新選組」から参院選東京選挙区に立候補した、沖縄創価学会壮年部の野原善正氏(59)が22日未明、落選が決まり都内の開票センターで敗戦会見を開き「本当に悔しい」と唇をかんだ。 野原氏は公示前日の3日に、比例区に転出しての立候補を表明した山本氏に代わり、東京選挙区で立候補した。 立候補の理由として、辺野古新基地建設の問題を全国の国民の問題として考え、他の都道府県に平等に引き受けてもらう議論をすること、そして24歳で入信し今年で35年となった創価学会と公明党が、自民党と与党連立を組み「うまみに浸り、民衆救済の精神を忘れ去った」と批判。 公明党の山口那津男代表(66)との対決を承知で、ケンカを売る形で立候補した。 野原氏は、山本代表が前回、当選した際に獲得した66万票を下回る、20万票台の得票にとどまったことに「東京には地盤もなく、太郎さんの基礎票も取れなかった」と肩を落とした。 その上で「山口代表も切り崩せなかった。 私の力不足」と肩を落とした。 山本氏は「ポテンシャルはある候補だが、こちらの準備も遅かった」と敗因を分析。 さらに、野原氏が創価学会の改革を前面に押し出して戦いすぎたとして「敗因は創価を語りすぎたのもあるかも。 バランスを考えたい」と語った。 その上で「次もやってくれますか?」と衆院選での再挑戦を提案した。 野原氏は「はい。 喜んでやります。 後に引けない戦い。 さいは投げられた。 れいわの仲間達と力を合わせて頑張る」と衆院選での再挑戦を誓った。 【村上幸将】.

次の

都知事選を見に行く:「首相になる」じゃなかったの? 演説のれいわ山本氏を直撃、見えた戦略

れいわ 今年

れいわ新選組の「前例なき政治資金集め」が明らかにした、ある問題点 「政治資金規正法」って大丈夫なの? 2019. 25 ドクター Z 週刊現代 :現代ビジネス 総額4億円以上集まった 今年7月の参院選で注目を集めた、山本太郎氏率いるれいわ新選組(以下、れいわ)。 ネット上で一般の支援者の寄付を募る「クラウドファンディング」で総額4億円以上を集め、支援者は3万3000人に達したと報じられている。 政界ではあまり前例のない方法で資金調達を行っているれいわ新選組だが、これが政治資金規正法に抵触するのではないか、と考える人もいるかもしれない。 実際にはどのうなのか。 政治資金規正法は、1948年に制定された古い法律で、都度改正されてきたものの、当然クラウドファンディングといった手法は想定されていない。 また、さまざまな「抜け道」があるとも言われている。 れいわ新選組の募金方法を例に、その問題点を検討してみよう。 れいわ新選組への寄付は公式サイトから可能だが、一般的な商業的クラウドファンディングとは異なり、寄付についての厳密な制限と注意書きが書かれている。 (1)寄附は個人名義で、(2)寄附は日本国籍をお持ちの方のみ、(3)政治資金規制法(原文ママ)により、外国籍の方、匿名の方、団体・企業からの寄附は禁止、などとあり、応募フォームには、そうした注意事項を確認したことを示す欄も設けられている。 すべての寄付者が、この手順と注意事項をしっかり守っている限り、問題はない。 しかし、そうでないと、形式的には政治資金規正法に抵触する可能性もある。 たとえば申し込み名と振り込み名を変え、本来寄付を禁止されている人物からカネを受け取ればアウトだ。 時代遅れ また、年間5万円を超える寄付を受けた場合や1回のパーティーで20万円を超える支払いを受けた場合は、相手の名前等を政治資金収支報告書に明記しなければならないという決まりがある。 それに加えて、5万円以下の寄付でも寄附金控除申請を個人が行った場合、こちらも収支報告書に明記する必要がある。 個人献金を政治家がネットで募集しているケースはいくらでもあるが、今回のれいわ新選組ほど大規模な資金調達が行われたケースは類を見ない。 数万人規模、それも顔も合わせていない人物の名前と住所の確認作業を、誰がどう行うのか。 また、山本太郎氏が参加した、各所での集会では、役者に対する「投げ銭」のように、不特定多数からの5万円以下の少額寄付も多かったとみられる。 こうした場合は名前や住所は不特定のまま処理される。 こうした「投げ銭」も、政治資金規正法からすれば盲点のひとつなのだ。 筆者は別に、れいわ新選組がクラウドファンディングなどを利用して法をすり抜けていると言いたいのではない。 今までに無かった手法で資金を集める政治団体が誕生したことで、かねてから「抜け道」が多いとされていた政治資金規正法の「時代遅れ感」が浮き彫りになったと論じたいだけだ。 クラウドファンディングと政治資金 クラウドファンディングで賄った資金で10人の公認候補を擁立し、参院2議席を獲得したれいわ新選組。 政党要件を満たし、立派に一人前の政党となったからには、なんらかの「政治とカネ」疑惑が噴出したときに、「法令適用を間違っていました」では追及を逃れられない。 クラウドファンディングをどのように政治資金規正法で規制していくのか、早急な議論が求められる。 『週刊現代』2019年8月24・31日号より いずれにしろ全寄付者の名前等を報告書に記載しとけばOK? 「年間5万円を超える寄付を受けた場合や1回のパーティーで20万円を超える支払いを受けた場合は、相手の名前等を政治資金収支報告書に明記しなければならないとい... — Freest Market tokiv 「クラウドファンディングをどのように政治資金規正法で規制していくのか、早急な議論が求められる。 — X-BB mummy82371520 私は個人献金がもっと一般化して 助成金や法人献金を廃止の方向が望ましい派なので 課題提起はいいのだが、この取り上げ方は、と思う。 個人の自由の確保と公平性をどう担保するか。 トークンかな? と思ったりする。 — 考えたいひと sinkthinkH 時代遅れを放置しているのは政府・立法府だ。 この抜け道を反対分子が意図的に規正法違反に陥れることができる制度でもあるということ。 れいわ新選組の「前例なき政治資金集め」が明らかにした、ある問題点 — 四四村 sGjzfU7oBIT1uOd >2019年10月スタート!【毎週木曜】よる9:00放送 「令和も私、失敗しないので」米倉涼子主演の大ヒットドラマ 『ドクターX』待望の第6シリーズ この秋、登場!! _____だそうである。 ほんで何年か前にキムタクの「ドクターY」っちゅう不人気ドラマがあって、すぐ終わった。 でもって「ドクターY」を名乗る不明の人物が執筆しているようだけど、 本名やペンネームを出さない理由はナニ? なぜ? どうして? もしかして、「あやしいぞー、あやしいぞー、法律違反じゃないのかー」っていう印象操作なのか? >「令和も私、失敗しないので」じゃなくて、「私もれいわ、応援する!」って言ってほしいもんじゃ! 23. : : [1] (1)寄附は個人名義で、(2)寄附は日本国籍をお持ちの方のみ、(3)政治資金>規制法(原文ママ)により、外国籍の方、匿名の方、団体・企業からの寄附は禁止、などとあり、応募フォームには、そうした注意事項を確認したことを示す欄も設けられている。 >すべての寄付者が、この手順と注意事項をしっかり守っている限り、問題はない。 しかし、そうでないと、形式的には政治資金規正法に抵触する可能性もある。 >たとえば申し込み名と振り込み名を変え、本来寄付を禁止されている人物からカネを受け取ればアウトだ。 それは他の政党でも同じでしょ? それとも、数少ない大金持や大企業からの献金だけなら、誰からもらったかわからないなんてことは絶対にないから大丈夫だけどっ、てこと? そんな政党ばっかりではないはずなんだけど。 今までも、もらっちゃいけない人からもらったことがバレて問題になった政治家とかいなかったっけ? >また、山本太郎氏が参加した、各所での集会では、役者に対する「投げ銭」のように、不特定多数からの5万円以下の少額寄付も多かったとみられる。 こうした場合は名前や住所は不特定のまま処理される。 こうした「投げ銭」も、政治資金規正法からすれば盲点のひとつなのだ。 実は私はまだ生の演説会には行けてないのだが、現場の様子を書いたものを読むと現場での寄付者も住所氏名を書かされてるようだったけどな。 「投げ銭のように」は失礼だよ。 >また、年間5万円を超える寄付を受けた場合や1回のパーティーで20万円を超える支払いを受けた場合は、相手の名前等を政治資金収支報告書に明記しなければならないという決まりがある。 >それに加えて、5万円以下の寄付でも寄附金控除申請を個人が行った場合、こちらも収支報告書に明記する必要がある。 そもそも、れいわに寄付する人は、ほとんどがお金持ちじゃない。 私も今後も寄付はしていくつもりだけど、年間五万円も寄付できるかどうかわからないよ。 そんな人が大多数だろう。 それに、そもそもネットで寄付の申し込みをするときに領収書と寄付金控除の書類の要、不要の選択項目があるんだよ。 選挙の時は確認作業が遅れるから、すぐにはそうした書類が送れないかもとかサイトに書いてあったような気もするが(私の場合は少額だし、そもそも申し込まなかった)たぶん、ボランティアが手伝っているんだと思うけど、そうしたことはちゃんとやってんだよ。 これ書いた人、れいわに寄付なんかしたことないのに、勝手に想像で書いてるとしか。 本人は寄付したくなくても寄付した人から話ぐらい聞くのが筋だろ? つまりはいちゃもん付けたいだけなのでは? 27. : : [319]. 日高見連邦共和国 将来の心配より、今現在の不透明な政治資金、特に自民・維新の連中を追求せよ!! なんで日高見さんまで、こうなっちゃうのかね。 もっとも、歴史上の偉大な思想家・革命家でさえ、「脳髄と心臓が直結している」と唯一の弱点を指摘されたこともあるのだが。 れいわや一般大衆を基盤とする党派にとって、政治活動や選挙の資金確保の問題は避けることができない。 もっとも自明のことであろう。 政治資金規正法は、昭和28年の施行以来、数多い改正を重ねてきているのである。 政治資金に関わる事件がきっかけになったことも多いが、国会議員関係政治団体などの扱いといった新たな事態に対応するための改正も多い。 しかし、なによりも政争の道具とされやすい法律だということを忘れるべきでない。 動機に悪意や不法の意図など一切なくとも、わずかでも「法律違反」であるという判断で、政党や政治家がいとも簡単に葬られたり、無力化されてきた事実をしこたま見てきたはずだ。 与党の陰謀によってといった、ある意味わかり易い筋書きなどではなく、ほとんどはメディアと一般の国民(残念ながら)の「ともかく法律違反をしている」という大合唱で、政治家たちが処断されてきたのは衆知のことである。 多くの人々からの少額の口座への寄付によって資金を確保することに成功したのはれいわである。 そしてれいわは、国会に二人も送り込んでいる。 政治資金規正法を、新しい時代の政治資金の授受の在り方に見合うように、法律の改正をいくらでも進められる条件を獲得しているのだ。 議員立法でなくとも、技術的な問題としての範疇がほとんどならば、国(総務省)が改正案を作るよう働きかけることも難しいとは思えない。 これも、れいわが音頭を取って進める価値はあると思える。 (参考) 「物品などを提供しているとはいえ、CFによる支払いは事実上の政治献金。 現在の報告書のあり方ではCFによる政治資金集めの実態がチェックできず、不正の温床になる可能性がある」と指摘。 その上で「CFは出資者の記録がネット上に残るため、情報公開の手法次第では透明性の高い政治資金集めの手段になり得る。 総務省が積極的にルール作りをするべきではないか」 (日本大の岩井奉信教授 Web記事より) 32. : : [1].

次の

今年は、平成31年度ですか?

れいわ 今年

れいわ新選組の「前例なき政治資金集め」が明らかにした、ある問題点 「政治資金規正法」って大丈夫なの? 2019. 25 ドクター Z 週刊現代 :現代ビジネス 総額4億円以上集まった 今年7月の参院選で注目を集めた、山本太郎氏率いるれいわ新選組(以下、れいわ)。 ネット上で一般の支援者の寄付を募る「クラウドファンディング」で総額4億円以上を集め、支援者は3万3000人に達したと報じられている。 政界ではあまり前例のない方法で資金調達を行っているれいわ新選組だが、これが政治資金規正法に抵触するのではないか、と考える人もいるかもしれない。 実際にはどのうなのか。 政治資金規正法は、1948年に制定された古い法律で、都度改正されてきたものの、当然クラウドファンディングといった手法は想定されていない。 また、さまざまな「抜け道」があるとも言われている。 れいわ新選組の募金方法を例に、その問題点を検討してみよう。 れいわ新選組への寄付は公式サイトから可能だが、一般的な商業的クラウドファンディングとは異なり、寄付についての厳密な制限と注意書きが書かれている。 (1)寄附は個人名義で、(2)寄附は日本国籍をお持ちの方のみ、(3)政治資金規制法(原文ママ)により、外国籍の方、匿名の方、団体・企業からの寄附は禁止、などとあり、応募フォームには、そうした注意事項を確認したことを示す欄も設けられている。 すべての寄付者が、この手順と注意事項をしっかり守っている限り、問題はない。 しかし、そうでないと、形式的には政治資金規正法に抵触する可能性もある。 たとえば申し込み名と振り込み名を変え、本来寄付を禁止されている人物からカネを受け取ればアウトだ。 時代遅れ また、年間5万円を超える寄付を受けた場合や1回のパーティーで20万円を超える支払いを受けた場合は、相手の名前等を政治資金収支報告書に明記しなければならないという決まりがある。 それに加えて、5万円以下の寄付でも寄附金控除申請を個人が行った場合、こちらも収支報告書に明記する必要がある。 個人献金を政治家がネットで募集しているケースはいくらでもあるが、今回のれいわ新選組ほど大規模な資金調達が行われたケースは類を見ない。 数万人規模、それも顔も合わせていない人物の名前と住所の確認作業を、誰がどう行うのか。 また、山本太郎氏が参加した、各所での集会では、役者に対する「投げ銭」のように、不特定多数からの5万円以下の少額寄付も多かったとみられる。 こうした場合は名前や住所は不特定のまま処理される。 こうした「投げ銭」も、政治資金規正法からすれば盲点のひとつなのだ。 筆者は別に、れいわ新選組がクラウドファンディングなどを利用して法をすり抜けていると言いたいのではない。 今までに無かった手法で資金を集める政治団体が誕生したことで、かねてから「抜け道」が多いとされていた政治資金規正法の「時代遅れ感」が浮き彫りになったと論じたいだけだ。 クラウドファンディングと政治資金 クラウドファンディングで賄った資金で10人の公認候補を擁立し、参院2議席を獲得したれいわ新選組。 政党要件を満たし、立派に一人前の政党となったからには、なんらかの「政治とカネ」疑惑が噴出したときに、「法令適用を間違っていました」では追及を逃れられない。 クラウドファンディングをどのように政治資金規正法で規制していくのか、早急な議論が求められる。 『週刊現代』2019年8月24・31日号より いずれにしろ全寄付者の名前等を報告書に記載しとけばOK? 「年間5万円を超える寄付を受けた場合や1回のパーティーで20万円を超える支払いを受けた場合は、相手の名前等を政治資金収支報告書に明記しなければならないとい... — Freest Market tokiv 「クラウドファンディングをどのように政治資金規正法で規制していくのか、早急な議論が求められる。 — X-BB mummy82371520 私は個人献金がもっと一般化して 助成金や法人献金を廃止の方向が望ましい派なので 課題提起はいいのだが、この取り上げ方は、と思う。 個人の自由の確保と公平性をどう担保するか。 トークンかな? と思ったりする。 — 考えたいひと sinkthinkH 時代遅れを放置しているのは政府・立法府だ。 この抜け道を反対分子が意図的に規正法違反に陥れることができる制度でもあるということ。 れいわ新選組の「前例なき政治資金集め」が明らかにした、ある問題点 — 四四村 sGjzfU7oBIT1uOd >2019年10月スタート!【毎週木曜】よる9:00放送 「令和も私、失敗しないので」米倉涼子主演の大ヒットドラマ 『ドクターX』待望の第6シリーズ この秋、登場!! _____だそうである。 ほんで何年か前にキムタクの「ドクターY」っちゅう不人気ドラマがあって、すぐ終わった。 でもって「ドクターY」を名乗る不明の人物が執筆しているようだけど、 本名やペンネームを出さない理由はナニ? なぜ? どうして? もしかして、「あやしいぞー、あやしいぞー、法律違反じゃないのかー」っていう印象操作なのか? >「令和も私、失敗しないので」じゃなくて、「私もれいわ、応援する!」って言ってほしいもんじゃ! 23. : : [1] (1)寄附は個人名義で、(2)寄附は日本国籍をお持ちの方のみ、(3)政治資金>規制法(原文ママ)により、外国籍の方、匿名の方、団体・企業からの寄附は禁止、などとあり、応募フォームには、そうした注意事項を確認したことを示す欄も設けられている。 >すべての寄付者が、この手順と注意事項をしっかり守っている限り、問題はない。 しかし、そうでないと、形式的には政治資金規正法に抵触する可能性もある。 >たとえば申し込み名と振り込み名を変え、本来寄付を禁止されている人物からカネを受け取ればアウトだ。 それは他の政党でも同じでしょ? それとも、数少ない大金持や大企業からの献金だけなら、誰からもらったかわからないなんてことは絶対にないから大丈夫だけどっ、てこと? そんな政党ばっかりではないはずなんだけど。 今までも、もらっちゃいけない人からもらったことがバレて問題になった政治家とかいなかったっけ? >また、山本太郎氏が参加した、各所での集会では、役者に対する「投げ銭」のように、不特定多数からの5万円以下の少額寄付も多かったとみられる。 こうした場合は名前や住所は不特定のまま処理される。 こうした「投げ銭」も、政治資金規正法からすれば盲点のひとつなのだ。 実は私はまだ生の演説会には行けてないのだが、現場の様子を書いたものを読むと現場での寄付者も住所氏名を書かされてるようだったけどな。 「投げ銭のように」は失礼だよ。 >また、年間5万円を超える寄付を受けた場合や1回のパーティーで20万円を超える支払いを受けた場合は、相手の名前等を政治資金収支報告書に明記しなければならないという決まりがある。 >それに加えて、5万円以下の寄付でも寄附金控除申請を個人が行った場合、こちらも収支報告書に明記する必要がある。 そもそも、れいわに寄付する人は、ほとんどがお金持ちじゃない。 私も今後も寄付はしていくつもりだけど、年間五万円も寄付できるかどうかわからないよ。 そんな人が大多数だろう。 それに、そもそもネットで寄付の申し込みをするときに領収書と寄付金控除の書類の要、不要の選択項目があるんだよ。 選挙の時は確認作業が遅れるから、すぐにはそうした書類が送れないかもとかサイトに書いてあったような気もするが(私の場合は少額だし、そもそも申し込まなかった)たぶん、ボランティアが手伝っているんだと思うけど、そうしたことはちゃんとやってんだよ。 これ書いた人、れいわに寄付なんかしたことないのに、勝手に想像で書いてるとしか。 本人は寄付したくなくても寄付した人から話ぐらい聞くのが筋だろ? つまりはいちゃもん付けたいだけなのでは? 27. : : [319]. 日高見連邦共和国 将来の心配より、今現在の不透明な政治資金、特に自民・維新の連中を追求せよ!! なんで日高見さんまで、こうなっちゃうのかね。 もっとも、歴史上の偉大な思想家・革命家でさえ、「脳髄と心臓が直結している」と唯一の弱点を指摘されたこともあるのだが。 れいわや一般大衆を基盤とする党派にとって、政治活動や選挙の資金確保の問題は避けることができない。 もっとも自明のことであろう。 政治資金規正法は、昭和28年の施行以来、数多い改正を重ねてきているのである。 政治資金に関わる事件がきっかけになったことも多いが、国会議員関係政治団体などの扱いといった新たな事態に対応するための改正も多い。 しかし、なによりも政争の道具とされやすい法律だということを忘れるべきでない。 動機に悪意や不法の意図など一切なくとも、わずかでも「法律違反」であるという判断で、政党や政治家がいとも簡単に葬られたり、無力化されてきた事実をしこたま見てきたはずだ。 与党の陰謀によってといった、ある意味わかり易い筋書きなどではなく、ほとんどはメディアと一般の国民(残念ながら)の「ともかく法律違反をしている」という大合唱で、政治家たちが処断されてきたのは衆知のことである。 多くの人々からの少額の口座への寄付によって資金を確保することに成功したのはれいわである。 そしてれいわは、国会に二人も送り込んでいる。 政治資金規正法を、新しい時代の政治資金の授受の在り方に見合うように、法律の改正をいくらでも進められる条件を獲得しているのだ。 議員立法でなくとも、技術的な問題としての範疇がほとんどならば、国(総務省)が改正案を作るよう働きかけることも難しいとは思えない。 これも、れいわが音頭を取って進める価値はあると思える。 (参考) 「物品などを提供しているとはいえ、CFによる支払いは事実上の政治献金。 現在の報告書のあり方ではCFによる政治資金集めの実態がチェックできず、不正の温床になる可能性がある」と指摘。 その上で「CFは出資者の記録がネット上に残るため、情報公開の手法次第では透明性の高い政治資金集めの手段になり得る。 総務省が積極的にルール作りをするべきではないか」 (日本大の岩井奉信教授 Web記事より) 32. : : [1].

次の