ドロップジャンプ。 Excelでプルダウン選択→指定セルへジャンプする方法を教えて...

バドミントンのドロップ 打ち方・コツ・練習方法などを詳しく解説! 〜ショット別解説〜

ドロップジャンプ

抄録 【はじめに】スポーツ場面における重篤な外傷の一つとしてあげられる前十字靭帯損傷(以下,ACL損傷)の発生率は女性では男性に比べ2から8倍高いといわれている。 女性に多い理由として,Q-angleが大きい,全身弛緩性を有する者が多い,膝外反位を呈するものが多いことなどが報告されている。 受傷機転には,ジャンプ着地動作,減速動作,カッティング動作などが指摘されている。 その中でもジャンプ着地動作において,Noyesらはドロップジャンプテスト(以下DJT)では,女性において股関節内転,膝関節外反角度が増加したと報告しているが性差による動作パターンの影響についての検討はなされていない。 そこで本研究では,DJT着地時における下腿内側傾斜角度に性差が及ぼす影響について検討することを目的とした。 【方法】対象は下肢運動機能に問題が無く,週1回以上レクリエーションレベル以上のスポーツを行っている健常者40名(男性16名,女性24名,平均年齢17. 1歳,平均身長162. 4cm,平均体重57. 7kg)とした。 DJTは,高さ30cmの台から前方に飛び降り,両脚での着地後に両手を振り上げ真上にジャンプし,再び着地し立位姿勢となるまでの動作とした。 計測は測定前に充分練習した後3回施行し,台から飛び降りた際の着地時における左膝関節最大屈曲時を解析対象とした。 真上にジャンプできなかったり,着地後にバランスを崩した場合は再度測定を行なった。 動作の計測には,三次元動作解析装置VICON-MX(VICON MOTION SYSTEMS社製)および床反力計OR6-7(AMTI社製)を用い,関節角度,下腿内側傾斜角度(前額面における垂線に対する内側への傾斜),関節モーメント,足圧中心,床反力,上前腸骨間距離,重心の高さを算出した。 関節モーメントは得られた値を体重で除し,上前腸骨間距離と重心の高さは得られた値を身長で除して正規化した。 筋力は股関節屈曲,伸展,外転,内転,膝関節屈曲,伸展,足関節背屈,底屈の等尺性最大筋力を測定した。 統計学的手法は対応のないt検定を用いた。 【結果】男女の比較では(男性群,女性群),下腿内側傾斜角度(-1. 9,8. 1,0. 0,19. 2,4. 4,3. 05)に高値を示した。 脊柱屈曲角度(27. 9,12. 0,31. 5,-0. 1,-1. 2,5. 2),股関節外転(4. 9,3. 9),股関節内転(4. 0,3. 1),膝関節屈曲(1. 2,1. 2),膝関節伸展(2. 5,2. 5),足関節背屈(3. 6,2. 5),足関節底屈(8. 8,7. 3)の各筋力が男性群で有意(P<0. 05)に高値を示した。 【考察】女性は男性に比べて骨盤前傾角度が有意に高値を示し,脊柱屈曲,胸郭前傾角度が有意に低値を示した。 一般的には,ジャンプ跳躍高を上げるためには,重心位置を低くする必要があるが,今回女性は男性と比較して重心位置は有意に高くなっていた。 このことは女性は男性と比較し,股関節屈曲筋力以外の下肢筋力が有意に低値を示していたことから,重心位置を低くすることが困難であるためと考えられた。 そのため,骨盤前傾角度を増加して,大殿筋とハムストリングスの張力を高めジャンプ跳躍動作に対応していると考えられた。 また女性において,股関節内転モーメントが有意に高値を示したのは,上前腸骨間距離で表される骨盤幅の広さが要因と考えられ,それに伴い下腿内側傾斜角度も増加したと考えられた。 そのため着地時には下腿内側傾斜角度を軽減させるために股関節外転角度を増加させ,床反力が股関節中心の近くを通るような着地を指導する事が予防において重要と考えられた。 【理学療法学研究としての意義】DJT着地時における性差が下腿内側傾斜角度に及ぼす影響を検討することにより,ACL損傷の予防の一助となることが考えられた。

次の

超大ジャンプなど有効なワザまとめ

ドロップジャンプ

私は上位の方の効果しかないと思い込んでいましたが、たしかに両方の効果が重複するということもあり得ます。 これは実際に確認してみる価値はありますね。 ドロップ率を調査 二つのパターンでドロップ率を調べてみました。 Vジャンプの仮面改のみ• Vジャンプの仮面改+フワフワメガネ 仲間モンスターにVジャンプの仮面改を装備させ、自分がフワフワメガネをつけた状態とつけない状態での比較です。 スレア海岸でプチアーノンだけをひたすら倒し、討伐数とドロップしたわたアメの数をチェックしていきました。 結果 結果はこうなりました。 仮面改のみ 討伐数2006匹。 わたアメ56個。 ドロップ率:2.8% 仮面改+メガネ 討伐数2000匹。 わたアメ88個。 ドロップ率:4.4% 結論 Vジャンプの仮面改とフワフワメガネは両方装備すると、ドロップ率が上がります。 両方装備がオススメ.

次の

ボックスジャンプで瞬発力アップ!効果的なトレーニングのやり方

ドロップジャンプ

デプスジャンプ(ドロップジャンプ)のやり方と効果を見ていきます。 プライオメトリックジャンプに含まれるこのトレーニングで、筋力発揮を向上させていきましょう。 デプスジャンプ(ドロップジャンプ)を知っていますか? デプスジャンプは、広義の意味では筋肉のトレーニングとしてみなすことができますが、一般的な筋トレとは違う種類のトレーニング。 主に筋トレが筋肉そのものを大きく強くするとしたら、このデプスジャンプは下半身の筋肉を中心に、その筋肉の持つ力を引き出していくトレーニング方法になります。 今回は、そのデプスジャンプ(ドロップジャンプ)のやり方と効果について、詳しく見ていこうと思います。 筋力発揮を高めるためにも、分類的にはプライオメトリックジャンプに含まれるこのトレーニングについて確認していきましょう。 デプスジャンプ自体は、ドロップジャンプとも呼ばれることのあるトレーニング種目で、台の上から軽く飛び降り、着地と同時にすぐにショックを吸収して素早く切り返し、できるだけ高くジャンプを行うというもの。 このデプスジャンプでは、着地して両足が地面に接している時間は、通常0. 2秒程度以下だとされており、台から飛び降りた後、いかに「 素早く」飛び上がれるかがカギとなるトレーニング方法です。 このように、高負荷のウェイトを利用して筋肉を増強させる一般的な筋トレとは違い、デプスジャンプは筋肉を太く強くするといったものではなく、その 筋肉が発揮できる力を伸ばしていくといったトレーニングになります。 また、デプスジャンプは、プライオメトリックトレーニングの中でも、そのジャンプ動作によりプライオメトリックジャンプに分類されるトレーニングの一つです。 鍛えられる主な筋肉 また、デプスジャンプ(ドロップジャンプ)では、全身の筋肉を動員して体を動かすため、多くの筋肉が関与していますが、その中でもジャンプ動作に大切な下半身の筋力発揮が中心に鍛えられていくことになります。 特に、ジャンプで必要な、次の動作に関与する筋肉の筋力発揮を高めることになります。 股関節伸展• 大臀筋• ハムストリング など• 膝関節伸展• 大腿四頭筋• 足関節伸展• 腓腹筋• また、動作の中では股関節、膝関節、足関節の動作を中心に、他にも複数の関節が関与し、それぞれの関節を動かす多くの筋肉が関与するため、トレーニング自体は多関節種目(コンパウンド種目)として分類されることになります。 高さ30㎝ほどの丈夫な箱やベンチを用意します• その台の上に両足を揃えて立ちます• 両腕は体の横に自然と伸ばしておきましょう• 台の端に乗るようにします• 胴体はまっすぐ保ったまま、箱から軽く飛び降りて両足で着地します• 飛び降りるといっても、イメージとはしては台から自然な感じで落ちるというイメージに近くなります• 床との接触時間をなるべく短くするように、すぐに切り返して垂直に跳び上がります• この時、同時に腕の動きを使っていきましょう• 動作の切り返しに集中して力を発揮するようにします• できるだけ高く跳び上がるようにしていきましょう• デプスジャンプはとても簡単な動作で自重で行うトレーニングのため、一見すると大したことなさそうですが、実は関節に掛かる負荷はとても大きいトレーニングになる点を覚えておくことが大切です。 膝に不安がある人はやらないようにし、また、10代の成長期の人は、基本的にはあまりやらない、又は、やったとしても低い台を利用するといった形で進めていきましょう。 着地した際のショックを和らげるためにも、しっかりと膝関節を曲げてショックを吸収していくことが大切です(膝関節を伸ばしたまま着地すると、大きな衝撃を受けることになり、怪我につながってしまうかもしれません)。 通常のウェイトを利用した筋トレでまずは筋肉を増強し、その後デプスジャンプで発揮できる筋力を高めていくと、論理的には飛躍的に筋力発揮が伸びていくはずです。 デプスジャンプ(ドロップジャンプ)の効果 台を利用せずに地面の上からそのまま垂直飛びした場合に比べ、デプスジャンプでは台の高さを利用し、その上から地面に跳び下りることで、より地面反力 (床反力とも呼ばれ、地面にかけた圧力が反力となって返ってくること)が増し、その分、伸張反射も大きくなるといった効果があります。 また同時に、デプスジャンプを繰り返すことで、筋肉と神経系間の連携や、複数の筋肉間の連携を強化していくといった効果もある。 その結果として、より素早く筋力の発揮をできるようになり、主に下半身のスピードと瞬発力の向上につながってきます。 そのため、短距離走やジャンプ動作が含まれる多くの競技パフォーマンスを底上げする効果が高いとされています。 実は中距離・長距離にも効果がある また、実は短距離だけではなく、現在では中長距離のパフォーマンス向上の効果も持ち合わせていることが判明してきています。 これは、 マラソンも一歩一歩はジャンプと着地の繰り返しですから、切り返し能力が高くなると無駄な力を使わなくて済むので、ランニング効率が上がる。 (参照: , p. 190) ランニング効率が上がれば、その分体力を消耗しなくて良いため、持久的な運動をより効率的い続けることができる(つまり、持久的な能力が伸びる)ため、デプスジャンプは中長距離のパフォーマンスを高めるためにも効果があるとされるのです。 このことから考えると、デプスジャンプは、立ち居で行う多くの陸上競技に関して、少なからず効果があるかもしれないと言えそうです。 一緒に確認しておきたい他の筋トレ記事• 垂直跳びのトレーニング|鍛え方にはプライオメトリクスと筋トレを!• 瞬発力を高めるにはお尻を鍛えるべき!筋トレやストレッチ情報もあり!•

次の