ふたりぼっちのオタサーの姫。 【漫画】 ふたりぼっちのオタサーで姫になる?クール教信者の読切がヤンジャンに │ inANIME

漫画「ふたりぼっちのオタサーの姫」の各話ネタバレと無料読み放題まとめ

ふたりぼっちのオタサーの姫

クール教信者先生のすごさについて まず、自分はマンガ家さんたちの事情は分かってませんし、描くペースが早いことが一番すごいとは思いません。 思いませんが…クール教信者先生はちょっと連載抱えすぎなんじゃないでしょうか…。 ・小林さんちのメイドラゴン ・小森さんは断れない! ・チチチチ ・ぱらのいあけーじ ・平穏世代の韋駄天達 ・ふたりぼっちのオタサーの姫 new (漏れあったらすいません)作画担当だけで考えたら月刊なのか週刊なのか、雑誌掲載では何ページ掲載されているのか…と、いろんな要素があるとは思うのですが…それはそれとしてもこれだけ同時連載してるってとんでもないことです。 ただ、これ何がすごいかというと、 4年前くらいにも同じような記事書いたことなんですよ(その記事たぶん消しちゃっててログ残ってないっぽい)。 そして全然関係ないけど「おじょじょじょ」は某イラストレーターさんと熱く語った思い出があります。 さらに言うと、自分がクール教信者先生を知ったのは新都社「ピーチボーイリバーサイド」であり、そしてWEBマンガの旦那は思い入れがあります。 「ピーチボーイリバーサイド」はリメイク版が講談社で連載中なので、懐かしく感じつつも楽しませていただいております。 …余談ですけど、ONE先生やヤバ子先生など新都社スタートのマンガ家さんが今大活躍しているのを見ると、テンション上がりますね。 プロレスでいうならプリンスディビットがフィン・ベイラーでアメリカで活躍しているのを見ているかのような…。 マジかよあの野郎ッ やりやがったッ!! と混沌としたヤンジャンに突如現れた癒やし・うまるちゃんを思い出しますね。 あのころのヤンジャンはいろいろとヤバかった…! 天然ダメっ娘オタサーコメディ 今日発売のヤングジャンプよりふたりぼっちのオタサーの姫始まります。 よろしくお願いします。 — クール教信者 coolkyou2 物語はオタサーの姫に関するもの。 オタサーの姫というか、大学でサークルに入ること=負け組だと本気で思っていた当時の自分を殴ってやりたいのだけれど、今もしサークルに入って素敵な生活を送っていたらもしかしたら大きく変わっていたかもしれないな…なんていう話は置いといて、物語はザ・オタサーの姫感満載な大山武子と典型的なオタク…の2人しかいないサークルの話。 物語を説明しちゃうと、オタサーの姫になろうとがんばるもオタサーの姫って全然分かってないところから始まり、そしてオタクっぽいサークルに入るも1人しかいなくて、ぶっちゃけそこまでオタサーの姫のような扱いをされてるわけではなく、気づけば2年生…まだサークルは2人だけ。 ふたりぼっちのオタサーの姫 1話 1年もサークル入って、オタサーの姫として未だ修行の身だと思ってるあたり、なんかもういろいろとおかしい気がするんですが…。 まあそれはそれとして、オタサーの姫として日夜努力してる…という話。 ショートコメディ枠なので、ぶっちゃけそこまで物語を考えるのではなく、感じろタイプなマンガ。 つまりうまるちゃん枠のような毎週木曜日の癒やしを求める 一種の清涼剤感覚で読めるマンガなわけですよ。 …とはいえ、クール教信者先生といえば 突然のシリアス展開が魅力のひとつでもある以上、いくらのほほんオタサーの姫だとしても何が起こるか分からない。 注意深く作品を追い続ける必要があります。 まだ、純粋に癒やし作品として見続けていいものなのか、判断は難しい…。

次の

ふたりぼっちのオタサーの姫:至極の鬼才・クール教信者先生が挑むヤンジャン週刊連載作品に癒やしを求めるべきか:なんおも

ふたりぼっちのオタサーの姫

8話のネタバレ 大山は料理の本を読んでいた。 男性の心をつかむにはまずは料理からと本に書かれていたからであった。 基本的なことのようでなかなかできる女性はいないであろう。 なんと大山は意外にもそこそこ料理ができる女性であった。 一通り作って弁当箱に詰めるが、作ったあとでで肉類が多すぎてバランスが悪いことが判明してしまった。 ひとまずこれでいいかと大山はタクさんに弁当を渡すことにした。 大山は弁当を作りすぎてしまったからと、テンプレートのセリフで弁当を手渡した。 タクさんはあっという間に弁当を平らげてしまったのであった。 こんなボリュームのある弁当を食べているのなら大山さんはさぞ活力にあふれた毎日を送っているのであろうと言われてしまった。 そうしていい気分になってしまったのでまた次の日もアレンジして違う弁当を作ってくる。 タクさんは大山の狙い通りに弁当のアレンジ部分を指摘して褒めてくれたのであった。 その後も大山はシチューなどの変わり種弁当を次々と作っていたのであった。 しかし連日ボリュームのある弁当を食わせすぎてしまったため、タクさんの体重は増加してしまったのであった。 大山はお母さんにヘルシーな弁当の作り方を教わった。 翌日ヘルシーの弁当を差し出すと、タクさんはバス券を貢いでくれたのであった。

次の

【漫画】 ふたりぼっちのオタサーで姫になる?クール教信者の読切がヤンジャンに │ inANIME

ふたりぼっちのオタサーの姫

『ふたりぼっちのオタサーの姫』 オタサーの姫 第1話「オタサーの姫!大山武子!」 私…大山武子は…オタサーの姫である。 だってですよ!あくまで自分の認識ですけど、「オタサーの姫様」ってネットスラングでは サークルクラッシャーの俗語のようなものでしたからね。 男ばかり集まるオタクサークルに女性が入るとお姫様のような扱いを受ける…そして サークルは崩壊すると。 野郎ばかりのむさ苦しい所に女性が入れば、それはまるで暗黒の世界に一筋の光が差し込んだようなもの。 荒野に咲く一輪の花に見えるようなもの。 ありがたみがあるってことですよ。 男性と女性が2人っきりじゃ、もうサークルクラッシャーになりえない。 ありがたみという点でもどうだろう。 これでは「オタサーの姫」でなくただの 「オタサーの女」だ! だが可愛いので良し! 大山武子という痛い子 オタサーの姫として修行 主人公の大山武子は結果として「オタサーの姫」になったわけでもないのが笑いポイントよね。 地味子から高校デビューや大学デビューする子は多いかと思いますけど、大山武子はそれが「オタサーの姫」である。 いわゆる「童貞を殺す服」をあえて着て、ツインテールにして、いかにもなテンプレのようなオタサーの姫の格好をしています。 ワンピのルフィの言葉を借りれば 「オタサーの姫に俺はなる!」ですよ。 パロってるしな! オタクさんを萌ゆさせるために、あざといポーズまで練習してるってんだから凄い。 実行してもなんのかんのであまり効果がありません。 ドラクエでいえば「大山武子はオタサーの姫を実行した!しかし効果が無かった!」です。 この漫画は 大山武子の痛面白い言動を愛でるギャグ漫画といったところか。 大山武子はかわいい いい…かな? オタサーの姫としてちやほやされたい(本人はよく分かってないけど)。 そのために練習として現在の2人しかいないサークルに所属しており、オタクさん相手に修行と称してあざといポーズや言葉で色々おねだりします。 そのおねだりが視覚的インパクト抜群で素晴らしい。 そもそも、大山武子は普通に可愛いです。 ペロペロできます。 おそらく大学デビューした地味子さんなんだろうけど、したたかさを持っており「あざとさ」をわざと繰り出す積極性がある。 どう客観的に見ても痛い子なのだが、オタクさんで修行するって一途さも垣間見える。 つまり、猫のしたたかさと犬の一途を兼ね揃えた最強の愛玩ヒロイン(かもしれない)。 あと、胸の破壊力は天下一品なので目の保養にもなります。 大山武子はかなりの逸材だ! 良いギャグ漫画や! 何がオタサーの定義かは謎だけど… よく「高校デビュー」「大学デビュー」を題材にしたエンタメ作品ってあるじゃないですか。 パッとしなかった前時代から生まれ変わる『政宗くんのリベンジ』『高校デビュー』とかさ。 イケメン男に変身とかギャルになるとかさ…。 その根底にあるのは 「大多数にモテたい」ですからね。 『ふたりぼっちのオタサーの姫』はそういった作品と同じようでいてまったく違うベクトルだから。 一般的な多数からモテたいでなく、オタクの中でモテたいという 志しの低さが光る。 そもそも大山武子は別にオタクでないところもミソである。 化粧とかオシャレ覚えて美人さんとかギャルに変身すればええのに、なんでごく一部でしか需要のない「オタサーの姫」なんや! まるでプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラでは通用しないからって自分の身の丈をわきまえてるので、エーデルヴィジやベルギーリーグで留まって活躍するサッカー選手みたいなものです。 逆セリエAですよ! 逆セリエAじゃん!? 逆セリエA 名門校野球部で補欠に甘んじて出場すらできないよりも弱小校で4番&キャプテンの方が幸せになれるってメソッドである。 それが「逆セリエA」です。 『かってに改蔵』でも屈指の人間心理を付いた名エピソードです。 なお、「」では『かってに改蔵』が無料で読めますので、ぜひともDLしてください。 大山武子の「オタサーの姫に…私はなる!」理論は「逆セリエA」と同じだ。 てか、『改蔵』やってた2000年代って「セリエA」が世界最高峰のリーグだったんだよなぁ。 今の若い子はピンと来ないかもしれませんが、プレミヤやエスパニョーラよりもレベル高いって言われてた時代よ。 この辺の時代変化はよくあることで、『アオアシ』の1話だって今読み返すと「?」ですもんね。 アオアシ1話 俺には野望がある。 俺の作り上げたクラブで、世界を手中に収める。 世界への踏み台はない。 我がクラブこそが世界だと。 バルサもマドリーも マンチェスターもミランも、叩きつぶす。 当時のCL優勝候補の名門である。 ここでいうマンチェスターはシティーの方でなくユナイテッドの方である。 もう凋落しちゃったね。 ミランなんて完全に落ちぶれたし。 サッカーだけでなくね。 「逆セリエA」でオタサーの姫だって、もしかしたら未来では一般的な大多数からモテモテの意味になってるかもしれない(なってません)。 って、話が明後日の方向へそれ過ぎた。 オタクでもないのに「オタサーの姫」を目指す大山武子は「逆セリエA」で幸せを掴みたい。 すなわち、ギャルや美人とかでデビューする自信の無い表れでしょう。 やばいどうまとめよう。 えっと…『ふたりぼっちのオタサーの姫』期待大で面白かったです。 特に入浴シーンの B地区は最高でした。 無料でクール教信者作品読めます ちなみにアプリ「」ならクール教信者先生の『小森さんは断れない』がチケットで無料で読めます。 他にも色んなジャンルの作品が無料です。

次の