あべこべ 意味。 逆交互=てれこ=あべこべ=てんこしゃんこ?

あべこべ体操

あべこべ 意味

「テレコ」の意味とは? 「テレコ」の語源や由来• もうひとつの「テレコ」• 「テレコ」の使い方• 「テレコ」を使った例文• 「テレコ」の類語 「テレコ」の意味とは? 「テレコ」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 みなさんが関西方面に住んでいらっしゃる場合は、良く耳にすると答えるかもしれません。 一方で、その他の地域に住んでいる人からすれば、ほとんど耳にした事が無い言葉になるかもしれません。 「テレコ」は方言ではありませんが、知っているエリアと知らないエリアがある言葉です。 知っている人は、当然のように 「テレコ」という言葉を使い、知らない人は意味が分かりません。 そこで、日本全国の人と仲良くなるために、 「テレコ」の意味を紹介します。 「テレコ」の意味 「テレコ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「テレコ」には、 「逆」という意味や 「互い違いになる事」、さらには 「あべこべ」という意味があります。 主に関西地方で使われている言葉ですので、関西弁の流れの中で登場する事が多く、そこがまた関西地方以外の人からすると、意味を分かりにくくします。 例えば 「あなたのシャツは、『テレコ』になってますよ」という場合、 「あなたはシャツを裏表逆に来ていませんか」という意味になります。 関西弁の場合は、 「テレコちゃうの? 」などという表現になります。 このように 「テレコ」は主に関西地方で使う言葉で、 「逆」 「互い違いになる事、 「あべこべ」という意味がある事を覚えておきましょう。 もうひとつの「テレコ」 「テレコ」というもう一つの言葉があります。 それが 「テープレーコーダー」を略した 「テレコ」です。 実際にテープレコーダーを使ったことがある世代なら分かると思いますが、カセットテープにはA面とB面があり、間違って差し込んでしまい、聞きたい曲が聞こえないという事があります。 これは 「あべこべ」にカセットテープを入れてしまうというミスです。 「テレコ」と同じ意味があり、この事から、テープレコーダーが、 「テレコ」の語源だという説があります。 しかし先述した通り、 「テレコ」は歌舞伎の世界で使われるなど、テープレコーダーが登場するよりずっと古くからある言葉です。 そのため、テープレコーダーが、 「テレコ」と呼ばれているのは偶然という事になります。 「テレコ」の使い方 「テレコ」という言葉はどのような場面で使えばいいでしょうか。 まず 「テレコ」は、関西地方を中心にして使われている言葉ですので、関西旅行に行った時、仕事で関西に出張した時などに使うようにしましょう。 また 「テレコ」には 「逆」 「あべこべ」などの意味があります。 何かを見た時に 「逆」 「あべこべ」 「互い違い」だと感じた時、またそうしたい時に、 「テレコ」という言葉を使ってみましょう。 例えば大阪出張時に、取引先と打ち合わせをしている時、資料の向きを逆に渡してしまった時などに 「資料の向きが『テレコ』になってしまいました」などと言ってみましょう。 「テレコ」という言葉が潤滑油になって、会話が弾み仕事がうまく行くかもしれません。 関西弁の方がもっといいと思う人もいるかもしれませんが、標準語を使っている人の関西弁は、関西の人からすると気持ち悪く感じられるそうなので避けましょう。 例文1 ビジネスシーンにおける、 「テレコ」を使った例文を紹介します。 「大変申し訳ありません! A商事に配達する予定の荷物と、B商事に配達する予定の荷物が『テレコ』になってしまいました。 すぐに担当者が荷物を引き取りに行きますので、少々お待ちください」 これはA商事に配達する予定の荷物を、B商事に配達し、B商事に配達する予定の荷物を、A商事に配達してしまうというミスを謝罪し、今後の対応について話しているシーンです。 ビジネスシーンではこのようなミスが起こりがちですが、すぐに謝り対処する事が大切です。 この例文は、 「テレコ」に 「あべこべ」 「互い違い」という意味がある事が良く分かる文章になっています。 例文2 恋愛の場面における 「テレコ」を使った例文を紹介します。 しかしCさんは西口の改札で、Dさんは東口の改札と、待ち合わせ場所が『テレコ』になっていた。 携帯が無い時代だったので、ふたりは結局会えなかった」 携帯電話が普及する前によくあった出来事です。 待ち合わせ場所があべこべになり、結局会えずに帰ってしまうというシーンです。 今ならすぐにスマホを取り出し、電話を掛ければ済む話ですが、以前はうろうろと探し回ったあげく、すれ違いに終わる事が良くありました。 この例文は、携帯が無い時代の、待ち合わせ時の 「テレコ」の切なさが伝わるような文章になっています。

次の

「あべこべ」 の由来と語源

あべこべ 意味

A ベストアンサー 「リスペクトが先で、それの反対として」といった見解がありますが、英語にdissが元々よく知られたものとしてあり、それがそのまま日本に伝わったと考える方が妥当です。 '90〜'00年中頃まで欧米では子供から大人までヒップホップが音楽シーンの一大主流になった時期があり、アーティストの間でdiss合戦が繰り広げられていました。 こういった状況で欧米ではその"diss"が使われていたわけですが、洋楽が日本に入ってくる時に、このアーティスト同士のdissり合いを、「侮辱する」「批判する」といった日本語と差別化して、そのまま「ディス」といった訳で紹介されました。 要するに、当初はヒップホップの世界の用語として使われていたのです。 それが日本で一般的に使われるようになったわけですが、その今の使われ方・意味は前の回答の通りです。 たぶん軽いノリで使い易いから広まったんだと思います。 日本で使われる「リスペクト」も同様です。 米国のヒップホップ経由です。 こちらも「尊敬」「敬意」「敬う」よりも軽く、使われ方・意味も少し違う。 「同業者としてファンです」くらいな感じだと思います。 本当に目上の人にはあまり使わないと思います。 「リスペクトが先で、それの反対として」といった見解がありますが、英語にdissが元々よく知られたものとしてあり、それがそのまま日本に伝わったと考える方が妥当です。 '90〜'00年中頃まで欧米では子供から大人までヒップホップが音楽シーンの一大主流になった時期があり、アーティストの間でdiss合戦が繰り広げられていました。 こういった状況で欧米ではその"diss"が使われていたわけですが、洋楽が日本に入ってくる時に、このアーティスト同士のdissり合いを、「侮辱する」「批判する」といった日本語と差別... Q 「行」の部首は、「彳(ぎょうにんべん)」では無く、「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」であることが、このサイトの過去問にありました。 漢字の部首は、その元となった字で表されることがしばしばあり、「氵(さんずい)」は「水」、「忄(りっしんべん)」は「心」、「犭(けものへん)」は「犬」という具合です。 (例:「池」の部首は「水」と表記されている書物が多くあります) この考え方から行くと、「彳(ぎょうにんべん)」は「行」の字が元になったと思いましたが、「彳(ぎょうにんべん)」と「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」は別の部首という扱いを受けていて、「役」「後」「待」などの部首は「ぎょうにんべん」、「行」の他「術」「街」などは「ぎょうがまえ」になっています。 ということは、「ぎょうにんべん」と「ぎょうがまえ」の間には、直接関係が無く、別々の部首だということでしょうか。 Q なんか、私の友人ですが、 何回言っても、何べん言っても抽象的な文章の書き方を直してくれないのですが、どうしたらいいですか? 「文章が抽象的でわからないから、直してください!」ってお願いをしても、 「うん?俺は学生の頃には、国語はいつも5で成績はよかったよ、どこかおかしいのか?」ってなるし、何べん言っても何度言っても抽象的な文章が治らないのですが、 国語や文章とかに変な自信?があるような方は、自分の文章が抽象的な文章とかに気づけないのでしょうか? リアルにあって話をすれば、普通なんですが、メールとか死ぬほどにイライラが募って泣きたいです! やっぱり、国語が常に5、って方とかは自分の文章が正しい!これで伝わる!って思い込みが激しかったりするのでしょうか?お願いいたします!泣きたいです! A ベストアンサー 文には書き手の個性が強く出ます。 本人はそれが当たり前だと思ってその文を書いているのですから、ご友人は自分の文章が抽象的だと分からないのだと思います。 抽象的な文章…というとどういうものかあまり想像が付きません。 主語が抜けるということでしょうか。 「抽象的」というだけでは、ご友人もどこを改善すればいいのか分からないのではないでしょうか。 質問者様が泣きたくなるほどストレスを感じていらっしゃるのでしたら、1度その人と会っているとき、その抽象的で分からなかった文をいくつか見せて、どこをどうしたら伝わりやすいか(主語を書く、単語選び)と具体的に添削して、治し方を示すのが近道な様な気がします。 その時に、質問者様が「あなたの文章が読みづらい」といった言い方をしてしまうと、ご友人も「国語は5だった」なんて意固地になって改善する意欲なくなってしまいます。 「ごめん。 私の読解力が足りなくてさ、これってどう意味だったの?」と相手を立てて、「なるほど!次からはこういうとき〜って書き方をしてくれたら私でもわかるかも!じゃあ次にこれは?」といった具合に相手をおだてつつ、いくつかやってみて下さい。 本人はそれが当たり前だと思ってその文を書いているのですから、ご友人は自分の文章が抽象的だと分からないのだと思います。 抽象的な文章…というとどういうものかあまり想像が付きません。 主語が抜けるということでしょうか。 「抽象的」というだけでは、ご友人もどこを改善すればいいのか分からないのではないでしょうか。 質問者様が泣きたくなるほどストレスを感じていらっしゃるのでしたら、1度その人と会っているとき、その抽象的で分からなかった文をいくつか見せて、どこ...

次の

テレコの意味は?方言?ビジネス用語?それとも業界用語なの?

あべこべ 意味

スポンサードリンク テレコってどんな意味?方言なの? テレコという言葉は「 手を加える」という意味の「 手入れ」に、接尾語の「こ」がくっ付いて変化したもの。 元々は歌舞伎で異なる筋の話を一つの脚本にまとめて、交互に進行させるという表現方法を「 てれこ」といいました。 それが転じて 「互い違い」「入れ違い」「食い違い」「あべこべ」といった意味合いに使われるようになりました。 てれこは関西弁なので関西を中心に使われていましたが、現在では全国に「テレコ」が伝わり広く使われるようになりました。 関西のお笑い芸人さんなどはテレビでも自然と「テレコやで~」なんて使ってますが、「あべこべ」という意味なのですね。 テレコは使う業界によって意味が変わってくることもありますが、たとえば マスコミやテレビなどでは台本の台詞が入れ替わっていたり、互い違いになっている場合に、 「この台本テレコになっている」 というように使います。 また、 アパレル関係だと服や靴などが入れ替わってしまった場合やコーディネートがあべこべな場合に、 「その荷物テレコだから」 とか 「このディスプレイ、テレコじゃない?」 のように使われています。 通信会社でも流す順序が逆になっている場合などにも使うようですね。 (^^ 元々は 歌舞伎からきた言葉ですが、マスコミ業界やアパレル業界、テレビ関係、通信業界で頻繁に使われるようになっていったようです。 業界で使われているのでビジネス用語といえば確かにビジネス用語なのですが、どちらかといえば、 くだけた言い方という印象を受けますね。 まとめ 今回は「テレコ」の意味について紹介しました。 もとは歌舞伎の演出で2つの脚本を交互に進行させたのが語源になっていました。 そこから転じてマスコミ業界やテレビ業界で使われるようになったというわけですね~。 テープレコーダーとか、録音しておきなさいという意味ではないので注意しましょう。 笑 今回は以上です。 参考になりましたら幸いです。

次の