メッセンジャー あいはら 嫁。 メッセンジャー・あいはら「間質性肺炎」治療で一時休養 PCR検査は2回受け「陰性」

「メッセンジャー」あいはら、間質性肺炎の治療で一時休養 PCR検査は陰性― スポニチ Sponichi Annex 芸能

メッセンジャー あいはら 嫁

5月12日から間質性肺炎の治療のため休養していたお笑いコンビ「メッセンジャー」のあいはら(50)が3日、自身のYouTubeチャンネル「メッセンジャーあいはらのパララジオ」に出演し、仕事復帰した。 冒頭で「どうもみなさん、ご心配かけました。 メッセンジャーあいはらです。 帰ってまいりましてご心配かけまして、たくさんお便りもいただいて、声も届いておりました」とあいさつ。 5月上旬に体調不良を訴え、大阪市内の病院で検査を受け、間質性肺炎と診断された。 同29日に退院。 新型コロナウイルスのPCR検査も2回受けたが、いずれも陰性だったという。 あいはらは「3週間入院したんですけど、これでも2週間早かった」と明かした。 この日の放送では、「実際の話、本調子でない。 病気自体は順調に治ってるんですけど、肺炎というのはステロイド治療があって、その量をだんだん減らしていくんですけど、まだ相当な数量を体に入れてるので、抵抗力があまり強くない」とも話した。 酸素計で、通常96あたりが正常値が、あいはらは86だったという。 その後、酸素値がどんどん下がり、麻酔で記憶がなくなった。 どんどん呼吸が下回り「いよいよまずいぞと。 嫁には『覚悟してくれ』と。 家族集めておいてって」という状態に。 ICUで人工呼吸器をつけた患者20人ほどの中で、最も重症患者だったという。 正式な病名は「過敏性肺炎」。 入院生活を振り返り、あいはらは「神様から生かしていただいた命と言っても過言ではない」と感謝。 「来週からは(番組を)よりおもしろくできるよう頑張ります」と意気込んだ。

次の

メッセンジャー黒田結婚相手(嫁)一般女性顔画像!馴れ初めやwikiプロフィール(年齢・名前・職業)!新居はどこ?

メッセンジャー あいはら 嫁

Index• あいはら プロフィール・経歴 【芸名】あいはら 【本名】會原 雅一(あいはら まさかず) 【通称】パラちゃん・パラ 【出身】大阪府岸和田市 【生年月日】1969年9月6日 【学歴】大阪府立泉鳥取高等学校卒 【身長】172 【血液型】A 【趣味】プロレス・サーフィン・テニスのまねごと 【その他】大阪NSC10期生 【事務所】よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属 同期には、ココリコ・土田晃之さん・劇団ひとりさんなど。 あいはらさんは、とにかく目立ちたいことがしたいということでNSCに入学。 同じ養成所の黒田さんを誘ってコンビ・メッセンジャー結成。 下ネタや「黒田は子供の頃イナゴを食べて生き延びた」「黒田の本当の親父は隣の家のおっさん」等の過激&毒舌トークが得意で、自分のエロトークで興奮してくると鼻が詰まってくる。 プロレスが大好きで新吉本プロレスにも参戦したことがある。 また アイドル(ハロプロ、主に松浦亜弥)好きで『ごきげん! ブランニュ』では松浦亜弥さんと共演した。 岸和田出身で、大のだんじり祭り好きで、実際に引いている姿を毎年住民に目撃されているそうです。 サラリーマンの方等も会社を休むぐらいだんじり祭は凄いって聞きますものね。 嫁との出会いや子供は? あいはらさんの 奥さんは、あいはらさんの ファンで元追っかけ。 電話番号を書いたファンレターを渡した事から交際が始まったようです。 ファンからお付き合い出来るってなんだか夢ありますね。 そして奥さんはかつては美容室を経営されていたようです。 そして2008年7月に第1子、2011年8月13日に第2子が誕生。 2児のパパとなったあいはらさんですが、彼が父親になるまでには様々な葛藤があったそうです。 幼い頃に両親が離婚し祖父母のもとで育ったあいはらさん。 経済的事情もあり子供の話題は避けていたそうです。 でも、だんだんと経済的に余裕ができはじめた結婚6年目の頃に「今のうちに子供を産みたい」と妻から告げられたそう。 実はかなりいい人! 芸人仲間や後輩からは 人格者として評判が高いあいはらさん。 ブラックマヨネーズ・小杉竜一さんは「いい印象しかない」、すっちーさんは「真っ先に相談する先輩」と語っている。 南海キャンディーズ・山里亮太さんが、相方の山崎静代さんがピンでの活動が増えたことに対して周りに不満を漏らした際には、山里さんをたしなめ、一方では山崎さんに対しては「ごめんな。 山里はアホやから。 許したってくれ。 」と山里さんをフォローしていたという。 あいはらさんの見る目が変わるし、かなりいい人で芸人仲間たちが慕っているというのがわかりますね。 まとめ コメントがいちいち面白いあいはらさん。 今後もメッセンジャーの活躍が楽しみです。

次の

メッセンジャーあいはら休養 間質性肺炎PCR陰性

メッセンジャー あいはら 嫁

メッセンジャー・あいはら 間質性肺炎の治療で休養していたお笑いコンビ、メッセンジャーのあいはら(50)が3日午後6時配信の自身のYouTubeチャンネル「メッセンジャーあいはらのパララジオ」で仕事復帰した。 5月上旬に間質性肺炎と診断され、大阪市内の病院に入院したが、同29日に退院。 冒頭で「帰ってまいりまして。 3週間入院したんですけど、これでも2週間早かったんです」と報告した。 新型コロナウイルスのPCR検査は2回受け、いずれも陰性。 しかし、「健康レベルでいうと、いまが5。 入院する前が2。 自分の意識がない中で起こったことで、退院して嫁とか先生に聞いて、そんな大変やったんやなぁと知った」と重症だったことを明かした。 最初の検査で肺炎と診断され、紹介された病院に自分の足で向かって入院した夜に病状が急変。 「夜、先生が『のどに管を通します』と。 いわゆる人工呼吸器。 翌日、嫁には『覚悟してくれ。 家族を集めといてくれ』と。 僕は意識ない。 3日後にはICUの中で一番重症患者やった」 その後に病状は回復したものの、「急変ってあるんやねぇ。 死の淵をさまよった。 先生も『奇跡や』て、いうてはった。 人生、一皮むけましたよ」と安堵。 「まだ抵抗力がない。 外を練り歩くロケや、4時間しゃべりたおすとかはやめてくれと言われてる」が、徐々にテレビ、ラジオにも復帰する。

次の