ハンナ シュミッツ。 様子見シュミッツ : ひそうそう

ヘルマン・シュミッツ

ハンナ シュミッツ

F1ブラジルGPで勝利を手にしたのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。 そしてそのコンストラクター代表として表彰台に上がったのは、戦略担当のハンナ・シュミッツだった。 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、シュミッツが指示した戦略は、フェルスタッペン勝利の大きな助けとなったと指摘。 シュミッツはブラジルGPの決勝レースで最初のセーフティカーが出動した際、新品タイヤを履かせるためにフェルスタッペンをピットに呼び戻した。 このピットストップは、この時2番手を走っていたルイス・ハミルトン(メルセデス )に、首位の座を譲ることを意味していた。 当時のハミルトンは、フェルスタッペンとは逆の戦略を採ろうとしていた。 そのためチームは、ストップすべきかどうか、ジレンマに直面していたという。 しかし、ピットストップすべきだという正しい戦略を指示したのはシュミッツだった。 「その時点では、先頭を走る者として、チェスをしているようなモノだった。 2番手を走るドライバーは、我々と逆のことしかできないからね」 そうホーナーは当時のことを説明した。 「コース上でのポジションを譲るのは、とても勇気がいることだ」 「コース上でオーバーテイクできると、確信する必要がある。 マックスはすでに1度、それをやっていた。 そして我々は、タイヤを交換するアドバンテージを感じていたんだ。 そして彼は再び(ハミルトンを)オーバーテイクをすることができた」 シュミッツは昨年出産し、その後産休を取ったという。 そして復職後は、連日通勤に長時間を費やすなど、日々努力を続けているという。 ホーナー代表はこの彼女の仕事ぶりも賞賛した。 「ハンナは数年にわたって、戦略チームに参加してきた」 「彼女は昨年産休を取り、それを終えてフルタイムでの仕事に戻った」 「彼女は仕事をするために、通勤にかなり長い時間をかけなければいけない。 彼女は連日通勤に4時間かかっているけど、業務に対する情熱を持っているんだ」 「彼女は今日、戦略の決断を行なった。 だから表彰台に上がってもらうことで、彼女の努力に報いるのが正しいと感じたんだ。 彼女がチームの重要なメンバーであるということは、世界中の働くお母さんににとって、素晴らしいことだと思う」.

次の

レッドブルF1代表、女性ストラテジストのハンナは「働くお母さんの鏡」 【 F1

ハンナ シュミッツ

あらすじ [ ] ある雨の日、15歳だったミヒャエル・ベルクは学校からの帰り道で気分が悪くなり、名前も知らない女性に看病して貰う。 その後、にかかっていることが分かり、数ヶ月間病の床につく。 快復した彼はバーンホーフ通りを歩いて女性の住居を探し再会、ほどなく二人は男女の仲となる。 彼女の名はハンナ・シュミッツ。 ある日、ハンナにせがまれ、ミヒャエルが本を朗読して聞かせることになり、朗読は2人の習慣となった。 朗読されたのはの『』やの『』など。 そして突然に、ハンナは行方をくらましてしまう。 大学生になったミヒャエルは、のに関する裁判を傍聴し、思いがけず被告としてハンナの姿を認めることになる。 彼女は第二次世界大戦中に強制収容所で看守をしていたのである。 数週間続いた裁判によって、彼女が戦時中にどういう事件に関与していたのかが明らかにされる。 裁判で彼女にかけられた容疑は、事実よりも重い罪であろうことは明白だが、ある理由から彼女は抗弁を全くせず、裁判はハンナに不利に進んだ。 ミヒャエルはを旅行し、彼女が戦時中に勤めていた強制収容所の跡地を訪問した。 そしてハンナや、ナチスの戦争犯罪について思いを巡らせる。 その年の6月末に、ハンナは無期懲役の判決を受けた。 ミヒャエルはハンナに送るために、『オデュッセイア』を朗読して録音し、刑務所に送る。 4年目になって、彼女から手紙が届く。 彼は刑務所を訪問し、彼女と再会した。 出所の準備を進めていたが、その当日になってハンナが自殺しているのが発見された。 彼女の遺書らしき紙も見付かり、ミヒャエルはその遺志を叶えて、一度きりの墓参りをするのだった。 登場人物 [ ] ミヒャエル・ベルク 主人公で物語の語り手。 ハンナ・シュミッツ 1922年10月21日、ヘルマンシュタット生まれ。 ミヒャエルよりも21歳も年上の女性。 映画化 [ ]• 『』 監督:、出演:、 参考文献 [ ] 日本語訳 [ ]• 訳 その他 [ ]• 、「シュリンク『朗読者』」『西部邁と佐高信の快著快読』、2012年10月20日、83-114頁。 関連項目 [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

ヘルマン・シュミッツ

ハンナ シュミッツ

毎度のお出ましをありがとうございます。 本日もご多忙中を恐縮です。 つい最近、新聞社の出版している60年〜80年前の歴史でさえ当時を誤解しています。 平成の感覚で歴史を見ているように思えてなりません。 資料をあたって発言や文書などを駆使しているのですが、人やもの、置かれた立場の理解がないようです。 成績抜群の戦闘機「零戦」でさえ、工場より出荷され陸路を牛車で運んでいた時代です。 馬車ではダメで、牛車で運んだ理由がありました。 そんなことから、ハンナ・シュミッツさんです。 小説「朗読者」 映画「愛を読むひと」の続々続編です。 法廷での「想像的」証人喚問です。 弁護士: ハンナ・シュミッツさん あなたの生い立ちを教えて下さい。 ハンナ・シュミッツ: 私は、1922年10月21日生れです。 ジーベンビュルゲン出身です。 ルーマニア王国に入植しているドイツ人で、ヘルマンシュタット市で育ちました。 ルーマニアに併合されるまではオーストリア帝国だったところです。 17歳でベルリンでジーメンス・アーゲーに勤めました。 1943年秋に21歳で親衛隊に入隊しました。 弁護士: あなたは故郷でヒトラーユーゲントに所属していましたか? ハンナ: いいえ 所属していませんでした。 弁護士: ヒトラーユーゲント法で入団が義務付けられていますが、何故ですか? ハンナ: 私が生まれた時はルーマニア王国のドイツ人だったので、ドイツ国籍はジーメンス・アーゲーに就職する際に申請しましたし、故郷にはそういった政府としての組織もありませんでした。 弁護士: ドイツのユダヤ法などは承知していますか? ハンナ: いいえ、詳しいことはわかりません。 弁護士: あなたが看守をしていたユダヤ人をどのように判断していましたか? ハンナ: 身なりがよく、元々は清潔にしている上品で知的な人が多いと思っていました。 外見上からは、私たちドイツ人と何ら変わるところはありませんでした。 弁護士: 悪人に見えましたか? ハンナ: いいえ、そうは思いませんでした。 弁護士: 何故、親衛隊に応募したのですか? ハンナ: 衣食住が保証されていました。 ドイツ人として政府の機関に勤めることは誇りであるとも思っていました。 制服は、生活の規律や清潔によいと思いましたし、一般に衣類を入手するのは困難な時代でした。 弁護士: 入隊する時に親衛隊の看守がどのような業務であると知っていましたか? ハンナ: いいえ、知りませんでした。 弁護士: 知っていれば入隊しなかったと思いますか? ハンナ: そうですね・・・・・・ 働き口は限られていましたが、知っていれば入隊しなかったと思います。 弁護士: 親衛隊に入隊して後悔しましたか? ハンナ: 選択してしまったことは換えられないので、戦争中でもあり、そこに居ることしかできませんでした。 弁護士: 看守の仕事を辞めたいと考えませんでしたか? ハンナ: 軍隊なので簡単に辞めるなどとは考えられませんでしたし、 叶えられないことを希望することありませんでした。 弁護士: あなたは殺戮者として加担したのですか? ハンナ: 私は、親衛隊に入隊して看守としての義務を果たすように求められました。 ドイツ軍の鉄の規律は、親衛隊では更に厳しい規律でした。 命令に従って行動していました。 私は、人を殺したりしたことはありません。 収容先を宛がう選択の仕事を任されていました。 弁護士: 宛がった収容先がガス室であったことになりますね・・・ ハンナ: そうです。 その通りです。 弁護士: あなたは、計画の立案をし、実行していたのではないのですか? ハンナ: 私は、収容所に勤務する衛兵と共に決められた計画と命令を実行するしかなかったのです!! 弁護士: 上層部の計画に基づいて、次々と収容者が送りこまれており、組織の歯車だったことになりますね? ハンナ: 収容所には次々とユダヤ人やジプシーなどが送り込まれてきました。 滞ってしまったりしたら収容所に収容者が溢れ収容しきれなくなってしまいます。 食事の配給もできなくなってしまうし、輸送計画まで変更することになってしまいます。 私たちは、目の前の列車を計画に従って処置するしかなかったんです。 30万とか50万とかいった人数は戦後になって初めて知りました。 弁護士: あなたは、殺戮についての罪を認めますか? ハンナ: 私は、そこに居て自分の仕事を義務として果たしていた事を認めます。 弁護士: 以上で弁護側の質問を終わります。 検 事: それでは、検察側から質問したいと思います。 あなたは「我が闘争」を読みましたか? ハンナ: いいえ、読んだことはありません。 本そのものも手に取ったことはありません。 検 事: それは、何故ですか? ハンナ: 私には必要が無かったからです。 つまり、興味がなかったからです。 職責上必要なものでもありませんでした。 検 事: あなたは何故、囚人を自分の個室に連れてきて本を読ませたのですか? ハンナ: 私は精神を強く持たないとならない仕事についていました。 私は心の慰めを必要とし、本の朗読を必要としていました。 そうすることにより暫くの間、囚人は、労働を免れ、清潔にし食事に恵まれました。 検 事: 何故、そのようなことを? ハンナ: 私には、そうすることのできる権限がありましたし、その必要があったからです。 検 事: 何故そのようなことを? ハンナ: 子供の頃、家族が本を読んでくれました。 検 事: 家族はどうされましたか? ハンナ: 私の子供の頃の戦争で亡くなりました。 妹と両親を亡くしました。 検 事: 以上で本日の質問を終わります。 「 私はこれからもずっと、誰にも理解してもらえない。 私が何者で、何故こうなってしまったか、どうしてこうなってしまったかということも、誰も知ることができないという気がしているの。 誰にも知られずに理解もされないなら、誰かに理解を求めることもないのよ 」 「元気でね、坊や」 そして縊死を選択しました。 ホラ話が収まらなくなってきました。 このあたりで、御免を蒙ります。 本日もご無礼仕りました。 「これでよし、百万年の仮寝かな」とご紹介していましたが、大西中将の「これでよし」に対してハンナには「これでよし」となる理解の先が全くありません。 朗読してくれたミヒャエル・ベルクは私のことをナチスに加担していたと思って、同情はしてくれても理解はしてくれていない。 だから、手紙を書いてくれなかった。 「 私はこれからもずっと、誰にも理解してもらえない。 私が何者で、何故こうなってしまったか、どうしてこうなってしまったかということも、誰も知ることができないという気がしているの。 誰にも知られずに理解もされないなら、誰かに理解を求めることもないのよ 」 「元気でね、坊や」 そして縊死を選択しました。 危機的状況下にある人間模様、生き様に魅かれます。 時代の間で生きることの刹那さや懸命さに興味あり、こころの充足となっています。 補足事項です。 シビウ市 現在のルーマニアのほぼ中央部に位置する ベルリン〜シビル間は東京〜那覇間程度の距離 推測ですが、当時なら1週間〜位の汽車旅行でしょうか・・ シビウ市 『ウィキペディア(Wikipedia)』より ローマ人が建てた街ケドニア(Caedonia)の近くに、1190年にドイツ人の入植者によって設立された。 14世紀には商業の中心地となる。 1376年の書物に19のギルドに分かれた職人たちがいたことが記されている。 トランシルヴァニアで最も重要な街になった。 17世紀には、西洋社会の東の端の街と考えられており、一時はトランシルヴァニア公国の首都だった時期もある。 非常にドイツ色の濃い都市であったが、19世紀からルーマニア人の活躍が目立ってくる。 1860年以後、オーストリア帝国がルーマニア正教会を認可したことから、府主教座が置かれた。 第一次世界大戦後オーストリア帝国は解体され、シビウはルーマニア王国に併合された。 人口の大多数はルーマニア人であったが、ドイツ人とハンガリー人の大きなコミュニティーを依然として抱えていた。 1950年代から1990年代までドイツ系の人々はドイツへ移住を始め、現在市内に残っているのは2000人ほどである。 1922年10月21日生なら大正11年となる。 平成22年で健在なら88歳となる。 ジーメンス・アーゲー、Siemens AG は、 1847年設立 の ドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く企業。 ドイツ読みではジーメンス、日本語読みではシーメンスとなっているようです。 1936年12月、「ヒトラー・ユーゲント法」制定によって、それまでナチ党の「私的」組織だった「ヒトラー・ユーゲント」は公式に「国家機関」となり、それ以外の青少年組織は禁止された。 そして10歳から18歳までの青少年が強制加入させられ、「ヒトラー・ユーゲント」は、第三帝国の青少年組織の総称となった。 10歳になった少年少女を持つ親で、「ヒトラー・ユーゲント」への届け出を行なわず、これに違反した者は、150マルクの罰金もしくは拘束が科せられることとなった。 お粗末さまでした。

次の