幸せ な 結婚。 私の幸せな結婚|原作小説は完結してる?何巻・何話まででてるか解説

幸せな結婚2

幸せ な 結婚

年齢が高くなるほど、結婚しにくくなるとは言いますが、 晩婚だからこそ、幸せな結婚ができる可能性もあるものです。 以前、50代の既婚者女性がこんなことをおっしゃっていました。 「30代になった方が、20代のときよりも男性の見る目が養われて、相手選びに失敗しないかもしれないわよ!私の周りでは、50代で離婚をしようと思っている人が結構いるのよ……」と。 ただ、年齢が上がれば上がるほど、慌てて結婚をしてしまうという可能性もあります。 以前、バツイチ&シングルマザーの女性が、こんなことを話してくれました。 「『もう適齢期だから早く結婚しないと!』『早く赤ちゃんが欲しい!』ということで、慌てて結婚しちゃうのは、かなり危険よ。 自分の都合の悪いことに対しても、見て見ぬ振りをして結婚をしてしまうこともあるから。 実際に私は慌てて結婚し、価値観の不一致で離婚をしてしまったわ……」と。 年齢が上がれば上がるほど、結婚に焦ってしまう心情も分からなくはありません。 でも、 結婚って、焦って良いことはありません。 では、焦らないために、大切なことは何でしょうか?.

次の

「幸せ」になれるの?結婚を科学的に考える。

幸せ な 結婚

カップルが幸せな関係でいるための3つの法則 今回お話を聞いた際、最も印象的だったのが「対話」の重要性です。 ちょっとした不満や希望を相手に共有し、話し合いながら解消する。 家族のカタチが複雑になっている時代だからこそ、風通しの良い関係性をお互い考えながら話すことで、常に進化できるパートナーシップは生み出されます。 それに加えて、よしおかさんは幸せなカップルに共通する3つのポイントを教えてくれました。 しかし人や関係性を枠にはめた途端、倦怠期は簡単に訪れます。 大切なのは今の二人にとってのベストなカタチを創り続けること。 それに取り組み続けることで、その都度新鮮な発見と心のアソビが生まれ、互いに飽きのこない関係が生み出されます。 翼とは「個としての夢や挑戦を互いにアシストし合う意識」を指します。 対等な結婚生活を求め合う時代だからこそ、二人の信頼関係を大切にしつつ、才能を伸ばし合い、お互いが羽ばたく姿を応援しあうこと。 その結果さらなる相乗効果で、仕事や家庭生活に活力や創意工夫が生まれていきます。 パートナーの活躍を妬まず、支援する姿勢に切り替えると、後々パートナーから感謝され、自分の人生にも必ず良い変化が訪れます。 それは「相手の人格や立場を尊重した上で、自分の気持ちや考えを正直に伝える」ということ。 意見や要求をぶつけるといった「闘争」を選ぶのではなく、お互いを活かし合う「歩み寄り」を選ぶこと。 柔軟で寛容なカップルでいるために、練習していきましょう。 ケンカはNGということではなく、ときには、真剣に感情を出しあって理解を深め合うことが必要なときもあります。 パートナーは親友でもあります。 ケンカをした後は早めに許し合い、「ごめんなさい」「いつもありがとう」「あなたは特別な存在」という気持ちを日頃から伝えることを忘れずに! そういえば、恋愛の時は自由で心地がよかったのに、結婚を意識すると関係性にぎこちなさを覚えたことが過去にありました。 もっと自由に、そしてもっと自分も相手も活かす生き方でいいんだと、まずは考えていきたいなと思うのでした。

次の

東京・足立区の婚活結婚相談所 幸せ結婚サポートWaKa

幸せ な 結婚

スポンサーリンク 結婚して幸せになる条件 結婚する相手は穏やかな人 いつも穏やかな人、感情にアップダウンがないというのは、男性としてポイントが高い。 「穏やかな人なんてどこにでもいる」と思いがちですが、これがなかなか、いないものなんです。 機嫌がいい日もあれば、悪い日もあるのが人間。 機嫌が悪くなりそうな状況にあっても、穏やかにいられる人は、実はそう多くはいません。 また、穏やか過ぎると物足りないんじゃないか……という思いも出てきそうですが、結婚するとなれば、穏やかな彼となら、間違いなく、安定した生活が送れます。 一方、機嫌がいいときは周囲に優しく、機嫌が悪いときは、まわりに当たるような男性とは、一緒に生活を続けると疲れることが目に見えています。 さらに、感情の起伏が激しい人は、職場でも信用されないので出世も望めません。 出典 価値観が合う人と結婚する 価値観がピッタリと一致する人というのは、なかなか巡りあえるものではありませんが、それでも「この人とは価値観が合うな」と感じる人はいます。 一般的に『物事の優先順位』が一致する人に、人は「価値観があるかも」と感じやすいと言われています。 特に『時間やお金を何にどれだけ使うか』で、その人が人生においてなにを大切にしているかを知ることができます。 結婚を考えている相手とは、大切にしているものや、『心地よい』と感じるものや時間の過ごし方を話すようにしてみましょう。 出典 スポンサーリンク 結婚相手への条件を厳しくしすぎない あなたが結婚相手に求めるものは何ですか?「カッコいい(可愛い)。 背が高い(グラマー)。 お金持ち。 学歴・家柄・肩書き」など、恋人やパートナーの候補に対して、さまざまな条件を付ける人がいますが、「好き」という感情より、「条件」の方を優先してしまうと、後で後悔することになるのは避けられないかもしれません。 パートナー選びに明確な条件を掲げることは間違いではありませんが、その優先順位が問題なのです。 出典 必ずしも恋愛感情は必要ありませんが、体の関係を持たないと子どもができないので、異性としての魅力を感じられる相手を選ぶことは必要かもしれません。 また、経済力、心身の健康、コミュニケーションスキル、道徳心、誠実さ、寛容さ、家庭やパートナーを守り抜く覚悟が、それぞれ最低限のレベルで必要だと思います。 それらの条件を満たしていて、なおかつそれでも自分と結婚をしてくれる男性がたくさんいるなら、あとはその候補の中で、恋愛をしても良いと思いますし、好きな条件の男性を探しても良いと思います。 出典 結婚して幸せになる確率 離婚するの確率は3分の1以上 現在、日本の離婚率は35%にのぼります。 さらに結婚生活が事実上破綻したまま離婚せずに暮らしている人や結婚生活に解決不可能な不満を感じている人をあわせれば、少なくみても半分以上の人が結婚生活に失敗しています。 もし結婚に失敗している人の割合が5%なら、その5%の人達に問題があるのかあるいは努力が足りないのでしょう。 だから結婚しなければよかったと思う。 一人でいると寂しく結婚っていいなと思う。 何でも大事にする人(物においても、自分の親でも、お金でも)は結婚してもしあわせになれるとおもう。 自分勝手な人は絶対幸せにはなれないな。 結婚って簡単ではない。 結婚して幸せだと心から思う人、確率で言うと かなり低いと思うよ。 40%位かな… 出典 確率を考えすぎないことも重要 「幸せな結婚の確率」 「離婚率は上昇を続けている」 「離婚する可能性を考えると」 ・・トピ主さんは「確率」ばかり考えていませんか? 確かに長い人生、山あり谷あり分岐点ありですが、 結婚は、サイコロや宝くじとは違います。 トピ主さんの周りで「幸せな結婚」がごくわずかで、 それがまるで幻想のように思っているのかも知れませんが、 それは社会がゆがんでいるのでも無いし、 結婚制度に問題がある訳でもありませんよ。 出典 結婚しても幸せじゃない理由や原因 スポンサーリンク 結婚相手との不一致 だいたい離婚する人や上手くいっていないケースで言えば、性格の不一致とか コミュニケーション不足で会話が無いとかそんな状態になっていたり どちらか一方が問題ある行動、金銭的にだらしないとか すぐにギャンブルで宵越しの金は持たない人と、お金を貯めるのが趣味の人が結婚したら3年で離婚しましたし 地元のマイルドヤンキー化した人たちは若くして結婚してますが できちゃった婚率が多くて30前後で離婚してます。 しかし幸せそうな人も多いです、これは結婚したら幸せになるとかではなくて 結婚した後にお互いが協力して生活しているか、とかコミュニケーション会話ができているかとか おい互いの相性で決まるものだと思います。 出典 毎日同じことの繰り返しだから 私は最近結婚した主婦ですが正直全然幸せじゃないです。 よく周りや芸能人とかで幸せそうにしてる方を見るとなんでだろって思ってしまいます。 元々結婚前から同棲してたので今さら何か変わるわけじゃないし…って感じなのもあるかもしれないのですが。 毎朝早く起きてお弁当作って、なかなか起きてくれない旦那をやっと起こし送りだしたら、掃除や洗濯をして夕飯のメニューを決めて買い物に行って、帰って来たら夕飯を作って… と毎日の繰り返しをしてるととてもじゃないけど幸せだなんて感じられません。 その理由としては、2人が同じラインに立っていることで関係がより平等なものとなり、カップルのどちらかが優位に立ってさまざまな決断を下し、もう1人が相手に頼りきる……というシナリオがなくなるからだという。 確かに、いくら高収入で家計を支えているからといえども、関係のすべてを1人に牛耳られ、もう1人には決定権がない場合、その結婚は幸せとはいえないだろう。 女性が結婚・出産後に仕事を退職したら、夫の態度が急変して関係が悪化した……という話は、筆者の周囲でもよくある。 出典 スポンサーリンク 価値観のズレがあるかどうか 幸せになる人と不幸せになる人の違いは、価値観です。 結婚する前にお互いが絶対に譲れない価値観が合っているかどうか。 結婚生活や子育て、金銭感覚にズレがないかどうか。 こういった価値観や性格のマッチングがどの程度されているかで 結婚後の生活に大きく影響してくるということです。 実際、離婚した方は以下のような失敗談が多く寄せられます。 ・デキちゃった結婚をしてしまった ・勢いだけで恋愛結婚 ・長年付き合っていた相手と情だけで結婚した ・外見や年収、職業などの条件だけで相手を選んだ 上記のケースで共通していることは、 やはりお互いを深く知る事なく結婚してしまった、ということですよね。 出典 結婚して幸せになる人と不幸せになる人の違い|30代独身女性が学ぶべき事 パートナー選びの成否 自分の仕事を心底嫌っている男性 マザコン過ぎる男性 自分を低評価する男性 自信過剰の男性 友達のいない男性 八方美人で人当たりがいい男性 ナルシストな男性 大人になれない男性 これらに当てはまる男性は、結婚をする前に1度落ち着いて「結婚後もうまくやっていけるかどうか」を見極める必要がありますよ。 出典 スポンサーリンク 結婚して幸せは幻想? 独身の方が幸せだった 私は一度離婚をして、再婚しています。 2度の結婚を経験しているのですが、はっきり言って、結婚しても幸せになるとは限りません。 私は「結婚=幸せ」は幻想以外なにものでもないと思っています。 逆に、独身のときのほうが幸せを感じることがいっぱいありました。 もし、戻れるなら一度も結婚していないときに戻りたいと思うくらいです。 男性は結婚すれば「家族を養う義務」や「妻に対する気遣い」など、心労も増えます。 女性は「家事をする義務」や(子供ができれば)「育児」があります。 女性の立場から言うと、ろくでもない男と結婚していしまうと、朝起きた瞬間から秒刻みで、地獄です。 おそらく男性もろくでもない女と結婚してしまうと、同じように地獄のような毎日になるのではないかと思います。 出典 相手の家族とも付き合わなければいけない 結婚したら相手の両親の面倒もみなければなりません。 彼が次男でも、必ずしも長男がみるとは決まっていません。 もしかしたら同居になることもあるかもしれません。 結婚前に同居はしない約束なんてしても、状況が変われば同居をせざるをえない場合もあります。 それを拒めば、冷たい嫁と相手の家族から非難され、承諾すれば自分が苦労をする、ということもあります。 出典 スポンサーリンク 結婚して幸せすぎるエピソード 嫁の日記を盗み読みしたら いつも昼飯は、納豆ご飯やお茶漬けしか食べてないって分った。 友達とファミレスに行くのも月に一度と決めてるらしい。 俺に美味しい料理を食べさせたいからみたいな意味のことが 書いてあった。 昼飯けずって夕飯にまわすって。 しかも、すげー明るく書いてあんの。 俺の文句とかも書いてあるけど、文句書いてるくせに最後は俺を庇ったこと書いてるし。 マジで泣いた。 もっと俺に甲斐性があれば昼から寿司でもなんでも食わせてやるんだけどな。 給料少ないのに専業で居てくれって言ったの俺だし。 金のことで責められたこと一度もないし(タバコ減らせとは言われるが) 節約も楽しいよーとか言ってたし。 盗み読みは良くないことだが、結婚してよかったってつくづく思った。 子どもたちの前では良いパパですが、こっそりと義両親に子どもたちのことをお願いして、ロマンティックなディナーへ連れて行ってくれたり、家で二人きりでDVDを観たり、付き合っていたころに戻ったような時間を作ってくれる主人には感謝しています』(50代女性/夫・アメリカ人) 結婚して子どもができると、二人きりの時間を積極的に作ろうとしてくれる日本人男性は確かに少ないかもしれませんね。 結婚すれば幸せになれるとは限りません。 とはいっても、結婚したら幸せすぎて困るという人もたくさんいることも事実です。 こればかりは一度経験してみないとわかりません。 しかし、気軽に試せるものでもないので、結婚相手の条件などをしっかりと吟味して結婚するようにしましょう。 そうすれば必然的に結婚して幸せになれる確率はアップするでしょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の