オクラレシピ人気。 オクラの大量消費レシピ特集!食材のアクセントに大活躍な人気メニュー♪

長芋レシピ31選!つくれぽ1000超の人気1位は?殿堂&絶品料理

オクラレシピ人気

【材料】• 薄切り豚バラ肉…60g• オクラ…4本• 人参…20g• 水…400cc• A酒…大さじ1• Aオイスターソース…大さじ1• ごま油…大さじ1• ラー油…数滴• 白いりごま…少々 【作り方】• オクラは塩を振って板摺し、額の周りを削って1cm幅に切ります。 豚肉は4㎝幅、人参は細切り、もやしは2等分に切ります。 鍋にごま油を引いて中火で熱し、豚肉と人参を入れて炒めます。 肉の色が変わったら水を加えて沸騰させ、火を弱めて3分煮込みます。 アクを取り、A・もやし・オクラを入れて1分半煮込みます。 ラー油・白いりごまを入れたら完成です。 【材料】• ナス…2本• オクラ…8本• トマト…1個• 生姜…2片• ごま油…大さじ2• 醤油…大さじ2• 砂糖…小さじ1• 水…2カップ• 片栗粉…小さじ2• 卵…1個• 酢…大さじ2• ラー油… 適量 【作り方】• ナスは1. 5cm角に切って水に晒し、玉ねぎ・トマトも1. 5cm角に切ります。 オクラは額を取って1cm幅の斜め切り、生姜は千切りにします。 フライパンにごま油を中火で熱し、生姜の香りが立つまで炒めます。 カットした野菜を加えてしんなりするまで炒め、砂糖・醤油を加えて絡めます。 水で溶いた片栗粉を加えてとろみがつくまで煮ます。 塩で味を調えて卵を回し入れたら火を止め、酢・ラー油を加えて完成です。 【材料】• 椎茸…2枚• オクラ…3本• ベーコン…2枚• 水…150cc• 固形コンソメ…1個• 牛乳…200cc• 生クリーム…50cc• 塩…少々• ナツメグ…少々• オリーブオイル…大さじ1• あらびき黒胡椒… 少々 【作り方】• ゴーヤは縦半分に切って種とワタを取り、薄切りにして塩もみし、水に晒します。 椎茸・玉ねぎはみじん切り、オクラは5mm幅、ベーコンは1cm幅に切ります。 鍋にオリーブオイルを引いて水気を絞った【1】・【2】を加えて炒めます。 塩・ナツメグを加えて味を調え、器に盛り、黒胡椒を散らして完成です。 【材料】• 鶏もも肉…1枚• オクラ…5本• マッシュルーム…5個• カットトマト缶…200g• 溶き卵…1個分• 胡椒…少々• 水…300cc• 固形コンソメ…1個• オリーブオイル… 大さじ1 【作り方】• 鶏肉は余分な皮を取り、一口大に切って塩胡椒で下味をつけます。 玉ねぎ・マッシュルームは5mm厚さに切ります。 オクラは塩を振って板摺し、水で洗って水気を除いて5mm幅に切ります。 鍋にオリーブオイルを引き、玉ねぎ・マッシュルーム・鶏肉を順に炒めます。 トマト缶・水・コンソメを加えてひと煮たちしたら弱火にして蓋をします。 10分煮込んだら蓋を開けて塩胡椒で味を調え、オクラを加えてひと煮たちします。 溶き卵を回し入れたら完成です。 【材料】• ナス…2本• バター…10g• 水…150cc• コンソメ…小さじ2• 牛乳…150cc• 生クリーム(六部立て)…適量• オリーブオイル…適量• ミニトマト…2個• オクラ…1本• クラッカー…適量• 黒胡椒… 適量 【作り方】• ナスは皮をむき3mm幅に切って水に晒します。 玉ねぎは薄切りにします。 トマトは小さめの角切り、オクラは小口切りにして下茹でし、クラッカーは砕きます。 鍋にバターを溶かして【1】をしんなりするまで炒め、水・コンソメを加えます。 牛乳を加えて弱火で温めて器に盛ります。 生クリーム・【2】・オリーブオイル・黒胡椒をトッピングしたら完成です。 【材料】• ささみ…2本• オクラ…8本• 梅干し…2個• 酒…大さじ1• 水…500cc• Aだしの素…小さじ1• A薄口醤油…小さじ2• Aみりん…小さじ2• 大葉… 適量 【作り方】• ささみは筋を取り、梅干しは種を取って細かく刻みます。 オクラは板摺して水洗いで産毛を落とし、2mm幅の薄切りにします。 鍋に酒・水を入れて火にかけ、沸騰したらささみを入れて2分茹でます。 ささみに火が通ったらいったん取り出して粗熱を取ります。 鍋を再びに火かけてAを加え、沸いたら火を止めてオクラ・梅干しを加えます。 【4】もほぐし入れて全体を混ぜ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷まします。 器に盛り、千切りにした大葉を乗せて完成です。

次の

オクラスープの人気レシピ!わかめや卵を使ったコンソメ味もおすすめ!

オクラレシピ人気

オクラのレシピ人気1位&殿堂入りレシピ! 第1位 おくらの胡麻和え もう一品ほしい時にぴったりのレシピです。 忙しい朝でも簡単に作れますし、胡麻との相性も良くおいしく食べられます。 もちろん作り置きもオッケーです。 お弁当にも良いですよ。 第2位 オクラチーズ お弁当はもちろん、おつまみにもおいしいです。 簡単に作れるのは忙しい朝にも嬉しいですね。 チーズがオクラに絡まるため、オクラが苦手なお子さんも食べやすいのではないでしょうか?是非、とろとろチーズたっぷりで食べてみてください。 第3位 茗荷のごま油和え トマトとキュウリとオクラなので、さっぱり食べられます。 赤と緑で食欲もそそられますね。 暑い季節や食欲のない日にも良さそうです。 ミョウガとの相性も良くおいしく食べられるので、お好きな方は作ってみてはいかがでしょう。 第4位 焼きオクラのしょうがマリネ 生姜が効いていてさっぱりしています。 作り方は素焼きなので簡単にできます。 作り置きもできるのは嬉しいポイントですね。 酸っぱさの中に少し甘みがあり、酸っぱいのが苦手なお子さんでも食べられると思います。 挑戦してみてはいかがでしょう、きっと喜ばれますよ。 【殿堂入り】オクラの豚肉巻き 豚肉を甘辛にしているのでご飯がもりもり進みます。 オクラをお肉で巻いているので、野菜嫌いのお子さんも食べられるのではないでしょうか? 半分に切ると星型になって彩りが良く、また冷めてもおいしいのでお弁当に是非どうぞ。 ブログなど写真栄えもしそうですね。 [ad ad1] オクラの弁当レシピ! オクラの豚肉巻き・冷凍保存 こちらも豚肉で巻いたレシピになりますが、味はゴマ味噌風味となっています。 作り置きはもちろん、冷めてもおいしく、お子さんが好きな味付けではないでしょうか。 こってりな味付けでご飯が進みますよ。 竹輪オクラの照り焼き 竹輪にオクラを詰め焼くだけのレシピです。 こちらも切り口がかわいいですね。 とっても簡単に作れる大活躍レシピなので、お弁当の定番メニューになりそうです。 また、このレシピでは火を通せるので安心ですね。 オクラのごまおかか和え 作り方も簡単で、少し甘めのシンプルな味付けとなっていておいしいですよ。 食べやすい味付けで、お子さんの大好物になるのではないでしょうか。 作り置きのおかずにも良いです。 緑が多めなので、お弁当の彩りもきれいにできますね。 オクラとコーンの和え物 材料を入れてチンするだけの簡単レシピです。 量の調節もできますし、お弁当のちょっとした隙間を埋めたい時や、彩りを加えたい時にもおすすめです。 バターを入れてもおいしいですよ。 オクラのバター醤油炒め バター醤油の香ばしい味がたまらなく、つい食べ過ぎてしまいます。 シンプルな味付けですが、ベーコンも入っているのでオクラが苦手なお子さんでも食べやすいのではないでしょうか。 オクラを入れることでボリュームが出せます。 [ad ad1] オクラの下処理と茹で方・茹で時間!レンジで簡単にする方法 一通りオクラのレシピをご紹介しましたが、ここでオクラの下処理と茹で方&時間、更にはレンジで簡単に下処理していく方法もご紹介していきます。 オクラの上手な下処理方法! まな板に並べ、塩をまぶして手でゴロゴロと転がす「板ずり」という方法をします。 これでオクラにうっすらはえている毛を取ることができます。 なお、手で1本ずつ塩をつけてこする方が毛の取り残しは少なくなるので、おいしく食べられると思います。 少数派のようですが、毛が硬いものがあり、指に刺さるという方もいるそうです。 その場合は、売られている時に入っていたネットに入れた状態のまま同じ処理をすることで解決できます。 ネットなので、そのまま洗って塩をかけてすりあわせたあと、洗い流すことができます。 まな板を洗う必要もなくなるので、ネットに入っていた場合はこちらの方法の方が洗い物を少なくできるのでよい方法かもしれません。 また、レンジ加熱して取る方法もあります。 軽く塩もみして水洗いをしたあと、水で塗らしたクッキングペーパーに包み、耐熱皿に乗せ600wのレンジで1分程度の加熱をします。 そのあと冷水につけると毛が取れています。 ガク(ヘタの近くの筋の入った部分)を切り落とさず包丁でむくと、オクラの頭の部分もおいしく食べることができます。 時間のない時や気になる時は、筋の部分で切るとオクラの穴はできないので最適な方法となります。 [ad ad1] オクラの茹で方!ヘタは取る? お湯を沸騰させたあとオクラを入れます。 この時、塩もみしたオクラには塩がついたまま、塩もみしてないオクラにはティースプーン山盛り1杯程度の塩をお湯に入れて茹でます。 なおヘタに関してですが、ヘタを取ってしまうと茹でた時に中へ水が入り、仕上がりが水っぽくなってしまうので取らずに茹でましょう。 もし茹でている間にオクラが浮くようでしたら、落し蓋をしたり、箸で上下をひっくり返すように混ぜながら茹でると良いですよ。 茹であがったら冷水に入れますが、長く漬け込むと水っぽくなってしまいますので気をつけましょう。 荒熱が取れたくらいが目安です。 冷めたら水気を切るのですが、キッチンペーパーで丁寧に拭くと水気が残りません。 オクラの茹で時間は?ササッと茹ででOK? 生でも食べられる野菜のため、長く煮込む必要はありません。 10~20秒、少し大きめのもので30秒くらいが目安です。 色鮮やかな緑になったら茹であがったサインになります。 大きさや鮮度、自分の好みでも時間は変わってしまうので、1度取り出して確認してみると良いと思います。 【簡単!】オクラをレンジで茹でる方法! サイズやオクラの量、レンジのw数によっても違いがでてきてしまいます。 ですが一般的な目安としてオクラ10本(約80g)に対して1分程度と言われています。 耐熱容器に入れ、軽くラップをしてください。 [ad ad1].

次の

【超簡単】オクラ人気レシピ15選!弁当のおかずにもぴったり!

オクラレシピ人気

独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 オクラの栄養素について オクラは何を隠そう野菜の中でも群を抜いて栄養価が高い緑黄色野菜のひとつ。 ビタミン群、カルシウムや鉄、カリウムなどのミネラル、葉酸も含んでいるので、様々な料理に活用して、積極的に食べたい野菜です。 オクラの特徴であるネバネバした食感は食物繊維のペクチンや、糖タンパクの働きによるものです。 体内で水分を吸って膨らみ、腸の動きを活発にするほか、タンパク質の消化吸収を助ける働きがあるとされ、夏バテ予防・スタミナアップに効果があると言われています。 オクラの調理法について どんどん食べたいオクラですが、調理の仕方が分からないから手を出せないという人もいるのではないでしょうか。 そんな人も、下処理の仕方さえ覚えてしまえば簡単に食卓にプラスすることができます。 オクラには固い産毛が生えているのでそのままでは食感が悪く、塩をまぶしてこすることで産毛を取って滑らかな食感にすることができます。 生のまま輪切りにしてサラダとして食べるときにおすすめです。 塩を洗い流さず2分ほど下茹ですると、生で食べるより歯触りが柔らかくなり炒め物や煮物、揚げ物、焼き物など幅広い料理に使えます。 細かく刻むほど粘り気が出てくるので、よく叩いてソース状にしたものを冷ややっこに掛けたり揚げ物のソースにしたりしてもおいしいです。 野菜嫌いな子供もパクパク食べてくれるオクラレシピです。 アスパラの肉巻きはよくありますが、アスパラをオクラに替えるとねばねばな食感がたまらない肉巻きになりますよ。 薄切りの豚肉で産毛を取ったオクラを巻き、片栗粉をまぶします。 フライパンで肉に色が付くようにこんがり焼きます。 合わせておいたしょうゆ、みりんなどをフライパンに入れ、煮詰めたら完成です。 オクラの緑が色鮮やかな、ウィンナーとの炒め物レシピです。 材料2つでとっても簡単、あっという間にできます。 フライパンで、斜め切りしたウィンナーを炒めます。 下茹でして斜め切りしたオクラも加え、さらに炒めます。 塩こしょうで味付けし仕上げにバターを落として溶かしたら出来上がりです。 シンプルな味付けでオクラのねばねばとウィンナーの塩気が引き立ちます。 夏を代表する野菜と言えばオクラ。 アフリカ原産の野菜で、独特の形と粘りが特徴で、カットすると星型に見えるので七夕の料理にもよく使われます。 硬さがあるので火を通して使い、湯がいて冷水でしめてサラダに使うこともできます。 そのまま一本丸ごと使うこともでき、揚げ物、炒め物などあらゆる料理に使えてアクセントになります。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 料理に一つ添えるだけでおしゃれな仕上がりになる、とっても便利な野菜です。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形が印象的なオクラは、そのまま1本使うと料理のアクセントになります。 食べるとぬめりがあり、ネバネバ系を代表する野菜として納豆やとろろなど他の粘りのある食材とよく合わせて使われます。 硬さがあるため必ず火を通して料理に使い、炒め物や揚げ物、煮物などさまざまな料理に使うことができます。 和食から洋食までどんな料理にも合わせやすく、特徴的な形や粘りがあるにもかかわらず好き嫌いの分かれない野菜です。 オクラの粘りはアラバン・ガラクタン・ペクチンなどの食物繊維で、ペクチンには整腸作用がありお腹の調子を整える効果があります。 この記事では、「オクラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の