最 凶 の 支援 職 話 術士 で ある 俺 は 世界 最強 クラン を 従える。 [小説]最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

ありふれた職業で世界最強 10|オーバーラップ文庫

最 凶 の 支援 職 話 術士 で ある 俺 は 世界 最強 クラン を 従える

作品を購入する• 電子版• 紙書籍 あらすじ紹介 英雄だった亡き祖父に憧れ、最強の探索者(シーカー)を志す少年・ノエル。 しかし、祖父の遺志を継ぎ、類稀なる才略をも開花させた彼は最強への道を見出す。 ノエルは巧みな策謀で伝説の暗殺者の後継者や、流浪の刀剣士といった英傑達を仲間に引き込み最強の組織(クラン)を結成! さらに、奇想天外な話術で歯向かう敵を翻弄し、組織(クラン)を遥かなる高みへと導いていく。 そんな燃えるような想いを持ちながら、主人公・ノエルの職業は最弱で支援特化の「話術士」。 でも、彼はそこで決して立ち止まらずに、最弱職の自分が最強へ至れる道を切り拓いていく。 持たざる環境に生まれた人が、それでもと力を尽くしてる姿って、やっぱり熱いものを感じるんだよね。 けれど、ノエルが最弱職っていうのは動かしようがなくて......。 力では敵わない相手は必ず出てくるんだ。 そんな苦境に対しては、彼の大きな武器のひとつ、大胆不敵な「話術」が光るんだよ。 対峙する敵の弱みを的確に突き、知略と胆力だけで相手を翻弄。 最弱職のノエルが大組織の幹部までも驚嘆させるのは、まさに痛快の一言だよ!• 「最凶」であり「最強」。 主人公・ノエルの信条は、最強として君臨するためには、権謀術数を弄することもいとわず、裏切った仲間は奴隷に落とす。..... 正直、他のお話の主人公と比べても悪い方向で異彩を放っていますし、情け容赦のないノエルなんですけど、野望のために絶対にためらわない姿には、ある種のカリスマ性すら感じてしまうんです~!! うーん不思議です癖になります。 どこか抜けている暗殺者の血を引く美女、強力な戦技と脆い心を併せ持つライバル、果ては収監されている猟奇殺人鬼まで、集うのは個性豊かな最強の英傑たち。 そんな曲者揃いの中で、はじめは敵として相対することも珍しくない! でもノエルは彼らを「最強」を構成する一員として迎え入れていきます。 悪党や嘘をつく人間にはとことん容赦しない「最凶」ノエルですが、能力があったり、器が大きいと互いに認め合い、信念に沿った絆を結んでいきます。 主人公のレイが通うアーノルド魔術学院は、本来貴族や名家の子たちが通う場所。 唯一の一般家庭出身のレイは周りから下に見られることも多くって。 あからさまにバカにされたりして、ぐぬぬーってなっちゃうこともあるんだけど、レイは周囲からの悪評を気にしない。 そして、とっても真面目ですごく良い子なの! ちょっと抜けてるところもあって..... 上半身裸でひたすら筋トレしてたり、園芸部でお花を育てるのにやる気を燃やしたり! 彼の学院での日常を追いかけてると楽しくて、思わず笑っちゃうんだよ。 でもね! レイの正体は、世界最高峰の魔術師「七大魔術師」のひとりなの! 封じられてた実力を解放すれば、普通の学生では到底かなわない敵の魔術師もねじ伏せちゃうんだよ! それまで軽く扱われることも多かったレイが、最高峰の魔術で強敵を圧倒して、周りの人の評価も改めちゃうのは気持ちがよかったな~! 主人公のレイがとにかくかっこいい! 読んだ後にスカッとするお話だよ。 そこに挑戦する空挺騎士や傭兵たちの活躍を描く世界観が壮大なファンタジーだよ。 型破りな傭兵のアインハルトと堅物な女騎士のアリア、生き方も性格も正反対な二人はまさに水と油だね。 けれど幼い頃から数々の遺跡を渡り歩いたアインハルトの経験と実力はアリアも認めざるを得ず、アインハルトもアリアの才能や人望を見出して、お互いに背中を預ける姿が熱くなるんだ。 アインハルトが使う硝子の魔法は脆くて儚いけれど、力自慢の騎士や古代遺跡の守護者を翻弄する変幻自在な戦いぶりは、型にはまらない彼らしくて玄人好みだね。 雇われたのならば仲間のために身体を張って、必ず生きて帰す。 報酬で動く傭兵であっても仁義を通す彼の流儀が惚れ惚れするんだ。 過去の後悔からいつも自分の命を粗末にするアインハルトを諌めて、はじめて彼に救いの手をさし伸べるアリアも感動的だったな。 本当に救われたのは彼の方だったのかもれないね。 物語の前と後では、二人ともひと回りもふた回りも大きくなってみえるよ。 未知へ挑むことで自分の世界観を広げる、これぞ冒険の醍醐味ってやつだね。 表紙顔隠れてますよ! って初見思うのですが、紙山さんはこれでOK! ついでに極度のあがり症で、緊張すると汗で服がびしょぬれになり水たまりができてしまう、そして頭にかぶった濡れた紙袋で窒息しそうになる...... はい、インパクト強すぎですっ! プラスで、制服にご飯を食べさせたりなんて異様なこだわりを持つ新井さん、魔法少女のパネルとしか流暢に話せない春雨ちゃんと、このお話のヒロインたちは一度見たら忘れられないくらい個性抜群です。 予想通り、どこかしらでコミュ力が欠けてるんですから、彼女たちが集まれば、生まれるのはまさにカオスめいた空間になります。 すれ違いラブコメディを読んでる気持ちになります。

次の

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

最 凶 の 支援 職 話 術士 で ある 俺 は 世界 最強 クラン を 従える

だが、鑑定で発現したジョブは、支援職の話術士だった。 話術士は支援能力を持つ代わりに、使い勝手が悪く、しかも個の戦闘能力が最弱のピーキーなジョブ。 決して最強にはなれない。 「なら最強のクランを創ってマスターになれば、実質最強だ」 そう考えたノエルは、その野望を叶えるため努力を積み重ねていく。 一方で、野望のためなら一切容赦しないやり方は、誰もが認める『悪』の道だった。 だが、そんなノエルの異質な才能に多くの強者は心酔し、その下に集い始める……。 これは、最強を求める最凶の話術士が、仲間を従え世界最強のクランを創る物語。 syosetu. 最初にこの作品のタイトルを見た時は、 「懲りずにまた成り上がりか…。 そして、流行りの支援職か…」 とも思ったのですが、 その中でもこの作品は一線を画すると思います。 それが、 「とにかくカッコいい」という点です。 成り上がり系に多いダークヒーローなのですが、 主人公は女顔(評価爆上がり) それは置いといて、基本的な成り上がりの支援職の作品といえば… デバフやバフでやりすぎる展開(チート)などが多いですが、この作品はスキル的なチートはありません。 あるのは、 主人公の『頭脳』と『機転』と『勝ちのためなら何でもするという野望』です。 今までの作品の、成り上がったらすぐハーレムを作るような生ぬるさは無く… 最後まで己の確固たる信念を貫き通す力強さがあります。 主人公のかっこよさ、そして、その才能に惹かれる仲間たちとの冒険者生活… セリフも忘れていた厨ニ心がくすぐられるものばかり… 成り上がり作品でここまでのめり込める作品は、本当に少ないです。 (大体の作品はチートなので、飛ばし読みが多い) 気になった方はぜひ!!(序盤ダークですが、慣れます) ただの屍のようだと言われて幾星霜、気づいたら最強のアンデッドになってた ソロ冒険者のジオンは、身の丈に合わない高難度ダンジョンに挑み、死んだ。 アンデッドと化して動き出した彼の死体はダンジョンを徘徊。 新たな大災厄の出現を知った人類は、恐怖し、絶望する。 「世界の終わりだ……」と。 「大丈夫、悪いアンデッドじゃないよ?(にこっ)」 「「「ひいいいいいいっ!?」」」 「……なぜだ」 これは、世界を滅ぼすつもりなど毛頭ない最強のアンデッドと、彼に(勝手に)恐れおののく人類の、滑稽な戦いの物語である。 syosetu. 『人間との友好を築きたい主人公(最強アンデット)』と、 『その力に恐れている人間達』 ただ、構図的には主人公から上手く歩み寄ればいいのでは?となるのですが… 異常なまでの主人公のコミュ障具合で、全て悪い風に受け取られてしまいます。 なので、この作品はバトル系というよりは、 ギャグよりな感じで私は読んでいます。 気になった時にちょっと読むのがオススメな作品です。 気になった方はぜひ!! 幼馴染の魔王の娘が家出して、今はうちで居候してる 【書籍化します】詳細はまだ内緒です。 赤ん坊の頃、両親に捨てられた主人公は、魔王に拾われた。 人間の身であるがゆえに、魔王城から離れた小屋でこっそり育てられていたのだが…… ある日、偶然にも魔王の娘と出会ってしまう。 それから主人公は魔王の娘と遊ぶようになり、はや10年。 「家出してきたわ」 「帰りなさい」 どんな理由か知らないが、魔王と喧嘩したらしい魔王の娘が、家出して主人公の家に居候することに。 これは世界最強の魔王の娘と、それをお世話する普通の人間である主人公による、一つ屋根の下ラブコメである。 syosetu. 内容としては、 主人公と魔王の娘の日常のような話なのですが… 主人公は普通の人間です。 ただ、 捨て子で魔王に拾われた主人公は、魔王城の近くですくすく成長。 結果的には、 力は普通の人間。 しかし、 胆力が魔王や四天王にも負けないぐらいに成長。 そんな主人公が、 わがまま(ツンデレ)な幼馴染の魔王の娘と過ごしていくのですが… 魔王の娘が突然家出… 理由は…望まない婚約云々で… 主人公も昔から一緒な魔王の娘のことは大切に思っており、いつしか主人公の目標は… 気になった方はぜひ読んでみて下さい!! 魔王令嬢の教育係 ~勇者学院を追放された平民教師は魔王の娘たちの家庭教師となって復讐の道を歩む~ 平民の出でありながらその才を示して勇者学院の教師になったフレイ・ガーネットはある日、名家出身の同僚の恨みを買い、その謀略によって学院から追放されてしまう。 事実無根の罪にも関わらず、遂には街の人からも迫害されはじめて失意の底にいた彼のもとに届いた謎の手紙。 その差出人である謎のメイド・ロゼからフレイはその教師としての才能を見込まれ、ある人物たちの教育係になって欲しいと仕事の依頼をされる。 怪しみながらもロゼに同行したフレイを待っていたのは、魔王の娘である五人の姉妹だった。 「冗談じゃないわ! 人間の男が私の教育係だなんてどういう事なの!?」 などと最初は疎まれながらも少しずつ親交を深め、フレイは個性的な教え子たちと共にその目的への道を歩んでいく。 syosetu. 異世界の学校の先生になる作品もありますが、 この作品は魔王令嬢5人の先生です。 どんなに綺羅びやかなんだろう…と思い、読み始めましたが… 主人公は人間ということもあり、 最初は舐められながらのスタートです。 しかし、 主人公の実力はさすがのチート具合 笑 そのおかげで、 徐々に彼女たちも懐いていき、最終的には… 笑 また、 5人の令嬢それぞれに個性があり、得意なジャンルも違っています。 そんな彼女達の頑張る姿と、 あまり明かされない主人公の存在。 タイトルにもあるように、復讐の道とは一体何なのか!? ちょうど現在、その章が進行中なので一緒に読んでいきましょう!! まとめ 今回は ここ最近の注目なろう作品を紹介しました。 ハイファンタジーばかりですが 笑 既に書籍化決定作品もありますが、 今から読み始めても全く遅くないです! 特にオススメな作品は 『最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える』ですが、 ぜひ自分に合ったジャンルの作品を!! そして、まとめと言いつつ特に語ることが無いので、最後に一個… 最近のなろうの流行ジャンルが、好きになれない 笑 ちなみに、流行っているのは、『 幼馴染などの主人公にとっての身近な人物を見限る作品』です。 人によっては、幼馴染ざまぁと呼ばれているらしく… という、この流れを素早く逆手にとった作品も出てきています。 (ちなみに、 私は個人的に見限る系作品と読んでいます) 簡単なこのジャンルのテンプレな流れを説明すると… 1,主人公と、主人公にパワハラレベルで強く当たる幼馴染。 2,主人公に我慢の限界が来て、幼馴染と絶縁宣言!(異世界だと、逃亡したりする) 3,主人公にようやく自由が!!しかし、幼馴染はどんどん状況が… 4,幼馴染ざまぁ という流れです。 今までのざまぁと違うのは、 離れていくのは主人公の方からであって、最終的にざまぁされる人が追放するわけでは無いこと… ただ、 これって、今までのざまぁと結果的にあまり変わってない気が…(そのため、微妙) しかし、 最近ではこの流れが、ランキング上位で目立つようになってきました。 また、この流れか… しかも!! 今まではの流行は、ハイファンタジーで追放刑や成り上がりが流行るといように、 各部門内でほとんどが収まっていたのですが… このジャンルは、なぜかハイファンタジーと現実世界(恋愛)で流行っています。 (読んでいないだけで、他でも流行ってるかも) いつ終わるのか、この流れ… ということで、 さんざん語りましたが、読みたい人だけ読みましょう 笑 それでは、いきなりですが、今回はここらへんで!!(書き疲れた).

次の

オーバーラップ広報室 【特報】『最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える』書籍化&コミカライズ決定!

最 凶 の 支援 職 話 術士 で ある 俺 は 世界 最強 クラン を 従える

この主人公が容赦なさすぎる件について。 え、何故こんな前置きになったかって? それはこの作品の主人公、ノエル(表紙中央)が敵に対して容赦なし、千倍返しがモットーだからである。 舞台は探索者と呼ばれる他作品で言うなればに該当するであろう者達が様々な依頼を受け駆け回るちょっと仄暗いファンタ風な。 作品の主人公であるノエルもまた、一つのパーティの司令塔をしながら上を目指す探索者の一人である。 しかし、破壊神と呼ばれ最強の探索者として名を馳せていた彼の祖父とは違い、彼は戦力としては最弱である。 何故なら彼は「話術師」。 直接的な攻撃手段をほぼ持たず自衛の手段を持ちえぬ最弱の職業だからである。 だが、話術がある。 そしてこの話術と敵対する者には容赦なしな彼の手練手管が唯々ヤバいとしか言いようがないのである。 パーティの仲間が資金を横領したと聞けば、他探索者を言葉巧みに操り仲間を追い詰め、ヤクザに奴隷として売り払い。 自分達を騙した依頼者の村長も徹底的に痛めつけ。 更には自分達に目を付け襲い掛かってきたヤクザの軍団を情報と言葉を以て内部崩壊に追い込み徹底的に叩き潰す。 探索者じゃなくてヤクザの方がお似合いなのではと言いたくなるほどにそのやり口は苛烈で凄絶。 だがそんな危うい光に惹かれるからか彼の周りには癖のあり過ぎる者達が集う。 ライバルクランの一員でありながらも彼を気に掛けるリーシャ(表紙右)。 伝説の暗殺者の後継者、彼に惹かれ仲間となった暗殺者、アルマ(表紙左)。 ヤクザの一団を率いる両極端な一面を持つオネエ、フィノッキオ。 最短距離で行くと決めその言葉のままに駆け抜ける。 その道を阻む者を全て食らいつくしながら。 しかし、彼は誰にも縛られぬ。 自らを乗りこなすのは自分だけ、そう言わんばかりに駆け抜ける。 「俺の王は俺だけだ。 俺は、誰にも縛られない」 この言葉に集約されているのは彼の生きざま。 頭がぶっ飛んでいると言われようが構わず、誰の言葉にも縛られず突き進む一人の漢の生きざまなのだ。 それがそんじょそこらの温い作品とは違い、暴力と抗争マシマシなヤバめの世界と合わさり独自の面白さを築いているのがこの作品である。 個人的にはwebで人気であるのも納得であると感じる・ 只のファンタを読み飽きた読者様には是非お勧めしたい。 今までとは違う景色が見れる筈である。 yuukimasiro.

次の