癇 に 障る。 余計な一言が多く、カンに障る友人への対応

癪に障る人の6つの特徴と対処法とは?

癇 に 障る

癇に障る男の特徴 髪型を気にしすぎている 何となく癇に障る男性の多くには、「ナルシスト」という分かりやすい特徴があります。 彼らは「自分の事が大好き」という態度が目に見えて分かる為、その仕草や一挙一動には「癇に障るな〜!」と感じざるを得ません。 そんなナルシストな彼らの行動を観察してみると、様々な特徴があります。 その中の一つに挙がるのが、「髪型を気にしすぎ」という特徴です。 自分の容姿を異常に気にする彼らは、常に自分の髪型が気になって仕方が無く、髪の毛をしきりに触ったりいじったりしている事が多いです。 そんな行動に、周囲は「誰も見てないし!」と苛立ちを感じてしまいます。 鏡ばかり見ている ナルシストな性格をしている彼らは、とにかく自分の髪形や顔ばかりを気にして生活している為、「鏡ばかり見る」という独特すぎる特徴もあります。 鏡ばかり見ている男性には、ただでさえ癇に障るものがありますが、極め付けには彼らのほとんどが「街中のショーウィンドウ」や「窓ガラス」など、自分の姿を反射する物に何でも反応する傾向にあります。 その為、デートをしたり街を一緒に歩いていても、反射する物を見つける度に急に立ち止まり、突然の「自分チェック」が始まる事は日常生活茶飯事です。 そんな行動には、一緒に居る側は「さすがに恥ずかしい」「何かむかつく」と感じてしまいます。 喋り方・仕草が格好付けている ナルシストな性格をしていると、全身から「自分の事が大好き」というオーラに包まれ、喋り方や仕草にまでナルシストさが表れます。 いちいち俳優やモデル気取りとも思える行動を取ったり、「王子様か?」と言いたくなるような仕草をする彼らには、「もはや癇に障らない事の方が難しい」と言っても過言ではありません。 また、「明らかに顔が格好良いわけではないのに何故か格好付けている」という男性は特に反感を買いやすく、非難の的となる事も多々あります。 彼らは無意識に「俺って格好いい!」という自意識を醸し出してしまっている為、誰が見ても「癇に障る男」という印象を与えてしまうのです。 意識高い系 近年、時代の進化と共に増加してきているのが、「意識高い系」と呼ばれる人達です。 彼らは何かと意識の高い発言をしたり、SNSで謎の事業を始めたりと、とにかく「俺は周囲の人間とは違う」という事をやたらアピールする事が特徴です。 しかし、彼らは口先では非常に立派な事を言っていますが、「いざ蓋を開けてみると全く行動が伴っていない」というパターンが非常に多いです。 その為、彼らの言動には「何様?」「偉そうな発言が癇に障る」「見ていてイライラする」と感じる人は少なくありません。 その中身の無い発言はもちろんの事、彼らは「意識高い俺を見て!」という自意識が見え見えな為、余計に周囲をイラつかせてしまうのです。 態度が大きい どんな場所にも、「大した実力が無いのに何故か偉そうな男性」「何故か誰に対しても上から目線な人」が存在しますよね。 彼らは、何故か「自分が一番偉いのだ」と言わんばかりの態度を取り、日頃から周囲を見下すような素振りが目立ちます。 彼らが何故そんなに態度が大きいかというと、「自分が一番可愛い」という自己中心的な性格かつ、あまりにもワガママすぎる為です。 その為、周囲から「何でこんなに偉そうなんだろう?」「お前には言われたくない!」と思われる事は日常茶飯事てす。 また、彼らの中には「上司に取り繕う事だけは上手い」「先輩には媚びへつらっている」というタチの悪いタイプも存在する為、「存在その物が見ていて癇に障る」と感じる人も少なくありません。 仕事が出来ると勘違いしている 職場において、仕事の出来る男性は非常に魅力があり、女性のみならず同性からも高い人気を誇りますよね。 しかし、そんな立場に憧れるからと言って、何故か「仕事が出来る風」を装う男性が存在します。 よくよく見ると大した実力が無いにも関わらず、何故か大口を叩いてみたり、後輩にやたら先輩風を吹かせてみたりと、周囲からすれば癇に障る事この上ありません。 例え周囲から見れば「大した仕事してないじゃん」と感じるような事でも、「俺はこんなに頑張っている!」「俺は大変な思いをしている!」と自分を過大評価しすぎる傾向にある為、周囲はうんざりです。 女性への態度がチャラい 男性の中でも「女好きな男性」は、女性に対しての態度が非常にチャラチャラしている事が分かります。 激しいボディタッチをしたり、人前でもお構い無しに女性を口説いている為、周囲から見れば見るに堪えない事も多いです。 また、当事者の女性も「鬱陶しい」「話しかけないでほしい」と感じている場合が多く、彼らのヘラヘラとした雰囲気には誰もが癇に障ります。 また、このような「女性への態度がチャラチャラしている男性」は、大概が普段の生活でもチャラチャラしていており、常識の無い行動ばかり取っている事が多いです。 その為、「チャラチャラした人間は大嫌い」という真面目な人々からすれば、彼らの存在は癇に障るどころではありません。

次の

癇(カン)とは

癇 に 障る

あなたにはどうしても「癪に障る(しゃくにさわる)と感じる人」はいるでしょうか。 癪に障る人とは、あなたが腹が立って腹が立って仕方がない人のことです。 癪(しゃく)というのは、お腹や胸のあたりに激痛が走る意味合いがあり、腹が立ちすぎてしまうとお腹や胸が痛くなることから「癪に障る」と言われるようになりました。 そこまで腹が立つ人というのはなかなかいないかもしれませんが、残念ながらそういう人に出くわしてしまうケースも少なくありません。 そんなときはいったいどうすればいいのでしょうか。 また、あなた自身の言動によって相手から癪に障る人物として認識されている可能性もあります。 そこで今回は癪に障る人の特徴と対処法についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。 【目次】 スポンサーリンク 癪に障る人の特徴 皮肉やイヤミを言う 癪に障る人の話し方には、ストレートな表現をしないで、わざと皮肉やイヤミを言うという特徴があります。 たとえば、職場の上司が癪に障るタイプの人だったとしましょう。 その上司から指示された仕事が手間取って、なかなか思うように進んでいないとします。 その仕事の進捗状況を上司に報告すれば、上司は「もっとペースを上げてくれ」と指示するか、「なんでこんなに時間がかかっているんだ」と問いただすのがふつうでしょう。 しかし、癪に障るタイプの上司は、そのようなストレートなものの言い方をしません。 「あいかわらずマイペースだね。 君みたいに悠長な性格で、のんびり仕事ができたら、ストレスもたまらないだろうね。 私なんかいつもスピードを気にして仕事をしているからストレスがたまる一方だよ。 君がうらやましい」というような言い方をするのです。 さらに、「そんなのんびり屋の君の仕事ぶりも、私のストレスの元だけどね」などと付け加えたりします。 そんなことを言われて不快に感じない人はいないでしょう。 むしろ「なんで遅いんだ」と怒鳴られた方がすっきりするはず。 人を怒ったり非難したり、あるいは批判する際、皮肉やイヤミを言うことで、人の気持ちをより傷つけるのが、癪に障る人の特徴なのです。 スポンサーリンク 上から目線で人を見下して話す 上から目線というのも、癪に障る人の大きな特徴と言っていいでしょう。 人に対して自分の優位性を示そうとするため、高飛車なものの言い方をし、人を見下すのです。 これも、職場を例にして説明しましょう。 たとえば、同期入社の人が同じ職場にいたとしましょう。 同期なのですから、対等な立場なはずなのに、どういうわけか上から目線で話をする人がいます。 「自分はあなたとは同期だけど、友達だともライバルだとも思ってない。 だって、力が違うから」というようなスタンスで話をするのです。 まるで、自分の方が先輩か上司のように、優位に立って接するわけです。 こういう人は、「この仕事、やっといて」と、平気で自分の仕事を人に押しつけたりします。 上司や先輩が部下や後輩に仕事の指示をするのはふつうでしょう。 癪に障る人はそうではなく、自分と対等の立場にある人に対しても、「これ、やっといて」というように仕事を押し付けるのです。 そこには「自分の方が上」という意識があると考えていいでしょう。 実際には上の立場でないにも関わらず、上から目線で人に接し、人を見下したような言動をするのが、癪に障る人の特徴と言っていいでしょう。 スポンサーリンク 細かいミスや欠点を指摘する 「そんなこと、どうでもいいじゃないか」と思うような細かいことを指摘するというのも、癪に障る人の特徴です。 たとえば、グループで旅行に行くことになったとしましょう。 幹事役の人が気を利かせて、旅行のためのちょっとしたパンフレットを作ったとします。 参加者のためのサービスなのですから、それを渡された参加者はお礼をいうのがふつうでしょう。 ところが、癪に障る人はすなおにお礼を言おうとはしません。 そのパンフレットを細部まで読み込んで、誤字や脱字を見つけると、「ここ、まちがってるよ」と指摘するのです。 日程の根幹にかかわるような大きなミスであれば、そうした指摘をするのも理解できないわけではありません。 集合時間や場所がまちがっていたのでは、旅行に支障が出るからです。 しかし、癪に障る人が指摘するミスは、ごく小さな誤字や変換ミスだったりするのです。 細かく読み込んでもそうしたミスが見つからない場合でも、癪に障る人は何か指摘をしたくてたまりません。 そのため、「文字が小さくて読みづらい」とか「レイアウトがちょっとダサい」というような、何らかの欠点を見つけて、それを指摘します。 とにかく、何か一言、指摘しないと気がすまないのが、癪に障る人の特徴と言えるでしょう。 スポンサーリンク どうしてだかあの人と一緒にいるとイライラしてしまう 例えば、私たちが毎日通っている職場や学校で、どうしてだかあまり気にいらない、近寄りたくない人はいませんか。 常に自然に接するように注意していても、気がつけばその人がいるだけでイライラなんてことも多いものです。 でも、人を嫌ったりするのは大人げないし、出来るだけ普通にしようと思っていても、一緒の時間を過ごしているだけで、その人がそこにいるだけでどうしてもイライラが止まらなくなってしまう、もう、この空間から逃げ出したいなんて考える人も中にはいるようです。 そのため、その人と離れていると特に気にならないのに、ただ、一緒にいるだけでこんなに癇に障るのはどうしてだろうと悩んでしまう優しい人もいれば、もう諦めて、その人とあまり接触しないように心掛けているなんて人もいます。 しかし、学校や職場では、少なからず会う機会もありますので、それがきっかけでますますイライラしてしまい、結果的にこんなに人を嫌ってしまうなんてと最悪の場合には自己嫌悪に陥ってしまうケースもあります。 この癇に障る人ですが、一見すると普通に見えて、実はやはり人と少し違っているなんてこともあるようです。 自分に 人は見ていても癇に障ることも ちょっとした例で言うと、新入社員が入社してきた時などでは、やはり慣れない職場や新しい環境、初めての仕事などで、緊張したり、失敗なんてこともあるものです。 それを自分にもあんな頃があったなあと懐かしい目で見てくれる先輩もいれば、うっとおしい、ちゃんと仕事憶えろよと腹立たしく思う先輩もいるわけです。 でも、時間が経つにつれ、次第に出来なかったことが出来るようになったり、仕事を憶えてバリバリ頑張るようになるのが一般の社会人でもありますが、世の中には、いつまで経っても、自分に自信がなく、これは出来ません、出来るかどうかわからないですなどと、曖昧な立場でいる社会人もいます。 このような曖昧な人は、自分に自信がなく、常に失敗したらどうしよう、自分が人に迷惑を掛けたらどうしようと考えて行動していますので、傍から見れば、あの人はなんなのとイライラしてしまうことも珍しくありません。 また、自信が無くてもすんなりと物事をこなしてしまうなんちゃって出来ない人もいれば、本当に仕事が出来なくて、入社して一年以上経っても、すみませんといつも頭を下げているやはり出来ない人もいます。 このようなタイプの人も、第三者から見れば、ちょっと癇に障るなんてこともあるようです。 スポンサーリンク なんでも人のせいにする人も癇に障ることもある 他にも、世の中には、癇に障る人は沢山いるものです。 でも、上記で挙げたような、仕事が出来ない、自分に自信が持てなくてウジウジしているような癇に障るタイプの人もいれば、ちゃんと仕事は出来る、リーダシップが取れるのに、いちいち癇に障るようなタイプの人もいます。 例えば、自分がミスしたことでも、あれは自分でなく、他の人がやったなどと、いちいち名指しで言う人もいますが、これも傍で聞いていると、なんだかイラッとしてしまうこともありませんか。 仕事などで大きなミスを犯したならばともかく、本当にどうでもいいようなミスなどの場合には、この人はちっぽけな人なんだなと思ってしまい、そのようなことがずっと続けば、次第にうっとおしい、小さい人間だなあと癇に障ることも少なくありません。 このようなタイプの人間は、話をしていても、すぐに人の名前を出し、グチグチうるさいなんてことも珍しくありません。 確かにミスを訂正することも大事ですが、やはり簡単に修正が効くようなものならば、サッとそれをフォローするのも社会人としてのマナーでもあります。 このような人間にはなりたくないと思い、常に自分は癇に障る人を反面教師にして過ごすようにしましょう。 スポンサーリンク 癪に障る人への対処法 必要最低限の にとどめる 口を開けばカチンとくることを言ってきたり、人を詰ったり貶めたりしてくる人=癇に障る人というのは、残念ながらどこにでもいるものです。 こういう人とは縁を切りたいと思うのが人の常ではあります。 しかし、会社関係や親戚関係、大勢のグループ仲間の一員であるなど、そう簡単に交流を絶つことができないこともあるでしょう。 どうしても付き合っていかなければならないとすれば、一番の対処法は物理的に会話をする時間を短くすることです。 人は誰でも、初対面や会う頻度が少ない人に対しては、その相手を慮ったり気遣ったりして、少しでも自分の印象をよくしようという習性を持っています。 癇に障ることを言うということは、それだけ接触頻度が高く、深層心理の中で「この人は何を言っても許される」と思われてしまっているのです。 そう思われないように、必要最低限の挨拶のみ交わして、無駄口はたたかないようにすることが第一歩です。 他のメンバーがいれば他の人との接触時間を増やし、癇に障る人との接触時間を物理的に減らしていきましょう。 そうすることで、腹が立つ時間が自ずと減少し「この人には失礼なことを言わないでおこう」と思われるというメリットがあります。 スポンサーリンク 同じ土俵に立たない 癇に障ることを言ってくる人というのは、相手の事をライバルか少し鬱陶しい存在だと思っている可能性が非常に高いです。 他の人に対しては穏やかで感じのよい対応をしているのに、なぜか自分にだけイライラするような発言をしてくるのです。 そして、相手より優位に立ちたかったり、相手を貶めて自分が価値のある存在であると確認したい場合に、そのような癇に障ることをいってくるでしょう。 こういった人には、反論をしたり、それよりも上を行こうと正論で言い返したりすることは逆効果です。 腹を立てて言い返したりすることで、相手はその反応を面白がって更にエスカレートしていきます。 更にライバル心をメラメラと燃やし、それ以上に癇に障ることを言ってくるでしょう。 こういった場合、同じ土俵に立って言い争いをしてしまうと自分も同じ穴のムジナになってしまいます。 決して同じ土俵に立たず、相手の言うことを肯定も否定もせず適当な相槌をうったり、冗談で切り返してみたりすることが有効です。 「あまり面白い反応が返ってこない」となれば、だんだん癇に障る発言が減っていくでしょう。 スポンサーリンク 自分を改善するいい機会だとプラスに捉える 癇に障る人の発言は、なぜ癇に障るのかというと、その人の急所を捉えていることが多いからです。 又は、自分の触れられたくない部分をズバリと突かれて癇に障るのでしょう。 人間は的外れなことを指摘されても特に腹は立たないのに、自分の思っていることを見事当てられると腹が立つようにできているのです。 癇に障ることを言ってくる人は、人の弱点や弱みを見つけるのがとても得意で、そういった部分に於いては人並み以上の才能があります。 自分が癇に障ってしまう発言はどういった時かというのを分析し、自分の悪い所や弱点・弱み・短所を発見する絶好の機会と捉えましょう。 当り障りのないことを言う人しか周りにいなければ、それに甘えて自分を振り返ることもなくそのままの自分でいるでしょう。 しかし、癇に障る人のおかげで、自分の改善点を見出し改善することができる、これは願ってもないチャンスです。 癇に障る人の発言をおおらかに真摯に受け止め、少しずつ自分の短所を改善し、向上ができるようなそんな余裕を持ちたいものです。 癇に障る人に対し、逆に感謝の気持ちを持ち対応することができるようになるでしょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

癇に障るの意味!言葉の成り立ちを分かりやすく解説!

癇 に 障る

何気ない行動や言動だったのに相手にものすごくキレられてしまった・・・。 このような経験はないでしょうか。 このようなシチュエーションではあなたがそのつもりがなくても相手の癇に障ってしまったということになります。 逆に、相手から言われたくないことを言われるとかなり頭にきたという事もあるかと思います。 この場合は、相手があなたの癇に障るような言動をしてきたといえます。 このように、人間関係を悪くしないためには、お互いが相手を思いやり、言動や行動に配慮しないといけません。 そこで、今回は癇に障る人にありがちな特徴と心理と、もし身近に癇に障る人がいるときにはどのように対処していけばいいのかについてご紹介していきます。 癇に障る人の意味とは 癪に障る人とは、腹が立つことや気に障るようなことを言ってくる人のことを指します。 『癪』という言葉には、腹や胸などに発作性の痛みを引き起こす病気のことを表す意味があります。 ですので、癪に障るという言葉は腹や胸のあたりに不快感や嫌悪感があるという意味が転じて、『腹が立つ』とか『むしゃくしゃする』というような意味で使われています。 たとえば、相手にいちいち突っかかるような言い方をされたときに『あの人の言い方は癪に障る』というような形で使います。 このように、癪に障るような言い方をしてくる人は、上から目線だったり態度が大きかったりと、こちらが不愉快に思うような言い方や態度で接してくる場合が非常に多いです。 癇に障る人の特徴と心理 癇に障る人の特徴と心理は以下の通りです。 ・自己顕示欲が強い ・とにかくしつこい ・どうでもいいことを鬼の首を取ったように指摘する ・言い方がきつい ・デリカシーがない ・話していて疲れるくらい通じない ・場の空気を乱すほど空気が読めない ・上から目線で説教くさい ・すぐに人のせいにする ・失敗を認めないで謝ろうとしない ・いつも余計な一言が多い ・陰口をいったり悪口をいったりする ・平気で嘘をつく ・オドオドしている 癇に障る人の特徴と心理:自己顕示欲が強い 相手に対して癪に障るような態度を取る人はプライドが高くて自己顕示欲が強い人が多いです。 このようなタイプの人は、常に態度がデカくて自分が一番えらいとか優位な立場だというように考えている可能性があります。 ですので、相手に対してはいつも上から目線で発言をしたり、自分はできて相手ができないようなことがありますと、バカにしたりする傾向があります。 たとえば、 誰かに仕事を頼む際にも『オレは忙しいから、これをやっておいてくれ』というような言い方をします。 このように、態度がデカくてプライドが高い人は、いちいち癪に障るようなことを言ってきますので周囲の人からはあまり関わりたくない人と思われてしまうことが多いです。 癇に障る人の特徴と心理:とにかくしつこい 癪に障る人は、自分の都合のいいように話が進んだり、自分が納得いくような結果を得たりするまではしつこく付きまとって来る傾向があります。 また、相手がミスをした時などには、くどいくらいに注意してきたり説教話をこれでもかとクドクド引き伸ばしたりすることも多いです。 たとえば、同僚が交際していることが癪に障る人の耳に入りますと、交際の真偽や相手の特定など自分が知りたい情報は、同僚が答えるまでしつこく質問をし続けてきます。 さらに、はっきりとした返事をしないと、同僚のことをバカにするような挑発的な発言をしてくることもあります。 このように、癇に障る人は自分勝手な理由で相手のことをしつこく詮索してきますので、周囲の人から敬遠されてしまいがちです。 癇に障る人の特徴と心理:どうでもいいことを鬼の首を取ったように指摘する 結果に影響がないようなどうでもいいことでも、癪に障る人は細かく指摘してくることが多いです。 また、そのような際には鬼の首を取ったかのように大げさに指摘をすることで、こちらのミスを周囲の人にも認知させようとします。 たとえば、チョットしてミスなのに、周囲で仕事をしている人達が全員集まっているところで、怒鳴り散らして説教したりします。 このような相手の小さいミスを大げさに指摘して揚げ足をとるような行為をする人は、こちらのことをバカにしていたり自分が目立ちたいという願望を持ち合わせていたりといった心理的な背景が隠れていることが多いです。 そして、鬼の首を取ったかのような行為は、癪に障る人がライバル視している人や普段から気に食わないと思っている人に向けられることが多いです。 このように、癪に障る人はいつもライバルなどの特定の相手に対して粗探しをしていて、蹴落とすタイミングを狙っている傾向があります。 癇に障る人の特徴と心理:言い方がきつい 相手に対する言い方がいつもきついのは、癪に障る人によく見られる特徴のひとつです。 なぜならば、言い方がきつい人は話し口調も強かったり話す速度も早かったりして、相手に威圧感を感じさせることが多いからです。 また、話す内容も相手に配慮しないようなストレートな言い方をしますので、相手が傷ついたり相手の癪に障ったりすることは非常に多いです。 たとえば、仕事が遅い同僚に対して『なんでこんなこともすぐにできないの?』とか『あんたは用無しだから、もう帰っていいから。 』というようなきつい言い方をしてしまうことは癪に障る人にはよくある話です。 さらに、『君がもう少し仕事が早かったらとっくに終わってるんだよ!』というような嫌味ったらしい言い方をすることも癪に障る人の言い方の特徴のひとつです。 癇に障る人の特徴と心理:デリカシーがない 癪に障る人は、基本的に相手のことを考える行動や発言をすることが苦手です。 ですので、相手に対するデリカシーがなくて自分の思ったことや言いたいことは、考えるより先に口に出てしまう傾向が非常に強いです。 たとえば、友人がダイエットを頑張っていることを知りながらも、目に見えた結果が得られていない時などには、『ねぇねぇ、どうしたの?その体系!もしかしてダイエットやめちゃった?』とか『あのダイエット器具を買ってたけど使ってるの?』というように、非常にデリカシーがない発言をしてしまいます。 すると、相手は当然ですが嫌な思いをするとともに、実際に痩せてないといった結果を周りからストレートな評価として聞いてしまったことでショックを受けて、そのまま落ち込んでしまったりするでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:話していて疲れるくらい通じない こちらの話が全く通じないような人は、話していても疲れてしまいますし、一度、丁寧に説明したことなのに何度も同じ質問をされたりすると、なんでこんなに説明してもわからないのかと癪に障ることもあるでしょう。 このような話が通じないような人は、ほかの事柄に気持ちが行っていて、こちらの話を聞いていない場合が非常に多いです。 また、自分の言いたいことだけを主張しているような人も、こちらの話を聞く気がありませんので、会話が成り立たないことが多いです。 このように、何度話をしても相手に内容を理解してもらえなかったり、同じ質問を繰り返されたりしますと、ストレスが溜まってイライラすると共におちょくられているような気分になってしまう人も多いでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:場の空気を乱すほど空気が読めない その場の空気を乱すような発言や行動を平気でしてしまう人を見ますと、癪に障ってしまう人も多いのではないでしょうか。 たとえば、街中で芸能人を見かけた際にみんなが順番に握手をするときに手持ちのものへのサインを1人が1つだけしか求めていない場面で、空気が読めない人は握手をした上に、バッグやスマホケースなど友人にもあげるからと言って、ありとあらゆるものにサインを求めたりします。 このような行為は、周りの空気を読んでいるほかのファンや、芸能人本人にも迷惑になりますし、困らせてしまう行為になってしまいます。 また、このような場面をみた周囲の人やファンは『周りの迷惑を考えなくて無神経だ』とか『あまりにも図々しくて癪に障る』と思ってしまうでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:上から目線で説教くさい 癪に障る人は、話し方がいちいち上から目線で説教くさい傾向があります。 そして、特にアドバイスをしたり注意をしたりする際には、普段以上に相手のことを下に見る偉そうな話ぶりになることが多いです。 たとえば、仕事の連絡が遅れたことを部下に指導している際にも、上から目線で物事を話すような人は『これだから今の若者は甘やかされすぎなんだよ』とか『やっぱり、ゆとりの代表だな』というように、注意ではなく腹の立つような言い方をします。 また、その言い方も非常に癪に障る言い方をすることが多くて自分が全て正しくて相手のことを常識はずれだというような言い方をすることも多いです。 このように、癪に障る人は上から目線で自分の考えを主張する傾向が非常に強いです。 癇に障る人の特徴と心理:すぐに人のせいにする 自分が悪くないにもかかわらず、人から責任を押し付けられたり責任転嫁されたりしますと、誰でも気分が悪くなるでしょう。 癪に障る人は、このように自分の責任をすぐに人のせいにするような、相手のことを不愉快にさせる行為を平気でしてしまう傾向があります。 ですので、たとえば自分が仕事でミスをしてしまった際にも、人のせいにする人は『きちんと仕事をしていましたよ!ミスに気づかなかった係が悪いんですよ。 』というような主張をします。 また、時には上司にお願いされていた仕事の存在を忘れていて怒られた際などには部下や後輩のように逆らうことができない立場の人に責任を押し付けることもあります。 このような自分勝手な行為をされますと、どんなに温厚な人であったとしても癪に障ることは、まず間違いないでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:失敗を認めないで謝ろうとしない 自分が引き起こした問題が原因で、周りの人に迷惑をかけたり他人の仕事を増やしてしまったりしても謝ろうとしない人に対しては、周囲の人の多くが癪に障ると感じてしまうでしょう。 また、自分の失敗を認めようとはしないで誤魔化したり他人に失敗をなすりつけようとしたりする人も、他の人からは腹が立つと思われてしまいがちです。 このように、素直に自分のミスを認めることができないような人の行為は、周りの人に嫌悪感を与えることになってしまいます。 ですので、たとえ失敗が全て自分の責任ではなかったとしても、自分が関わった部分がありましたら、まずは失敗を認めて迷惑をかけた人に謝罪することが社会人としての礼儀と言えるでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:いつも余計な一言が多い 何を話す時にも、言わない方がよい余計な一言を言ってしまう人が、身近にいるという人も多いのではないでしょうか。 このように、必要なことだけを話したらよいのに、いつも余計な一言が多い人は言うべきことにプラスして嫌味や皮肉を付け加えてしまうので、話し相手から癪に障る人だと思われてしまいがちです。 たとえば、誕生日に友人からアクセサリーをもらった際に、癪に障る人は『あまり好みではないけれど、ありがとう』『他の人からは、もっと高級の物もらったんだけど、とりあえずもらっておくね。 ありがとう。 』というように、感謝の気持ちが感じられないような余計な一言を付け加えてしまいます。 このようなことを言われますと、友人は当然ですが『好みでないなら返して』とか『趣味が悪いと言われているようだ』と思ってしまうでしょう。 癇に障る人の特徴と心理:陰口をいったり悪口をいったりする あまりにも悪口を言ったり、相手の見ていないところで陰口を言ったりするような行為が目立つ人は、周囲の人から癪に障ると思われることが多いでしょう。 と言いますのも、陰口や悪口を言う人は少なからず周りにいるものですが、時には誰に対しても陰口をいいながら調子を合わせる八方美人な人もいます。 たとえば、同僚と一緒に上司の悪口を言っていたにもかかわらず、上司には同僚が言っていた悪口だけを告げ口するような人は上司から気に入られるために、わざと同僚から上司の悪口を聞き出していると考えられます。 このように、自分が目上の人から気に入られるために同僚のことを陥れようとするような悪口を言う行為は、周りの誰からの信頼も無くしますし相手の癪にも障る行為でしょう。 癇に障る人の特徴と心理:平気で嘘をつく 癪に障る人は、後ろめたさなどはなく相手が困るような嘘を平気でつく傾向が非常に強いです。 このような相手に平気で嘘をつくという行為は、その嘘に騙された人のことをバカにする行為だとも言えます。 ですので、悪びれる様子もなく平気で嘘をつかれた人からしますと、当然イライラするでしょうし癪にも障るでしょう。 また、相手のことを考えない人がつく嘘は、たとえば、偽りのスケジュールを教えたり待ち合わせ場所を偽ったりするような、相手の仕事やプライベートに支障をきたすほどの、非常に迷惑な嘘である傾向があります。 このような嘘に騙されてしまうと腹が立つだけではなく予定が狂ったり、仕事が遅れてしまったりという迷惑を被ることにもなりかねません。 癇に障る人の特徴と心理:オドオドしている いつもオドオドしている人は、周りの人から癪に障ると思われてしまいがちです。 なぜならば、オドオドしている人は、はっきりと自分の意見を言ったり考えを主張したりすることができなくて、いつも誰かの陰に隠れているような性格をしている場合が多いからです。 ですので、たとえば仕事でミスをした際などにもオドオドした人は、すぐに原因を話したり謝罪したりすることができなくて呆然としていることが多いです。 さらに、オドオドした人は誰かの陰に隠れてミスの原因を代弁してもらうような行為をしてしまうことも少なくありません。 そうしますと、ミスをした本人からの報告やミスの原因の説明を求めている上司は、このようなオドオドした態度に腹立たしさを覚えるでしょう。 癇に障る人の対処法と接し方 癇に障る人の対処法と接し方は以下の通りです。 ・必要最小限の会話にとどめる ・張り合わず同じ土俵にたたない ・相手のいいところを見つける ・指摘してくれたとプラスとして受け止め感謝する ・自分の味方になってくれる人を探す 癇に障る人の対処法と接し方:必要最小限の会話にとどめる 話していて癪に障ることが多いと感じる人とは、会話を必要最小限にとどめることをおすすめします。 と言いますのも、いちいち人の揚げ足をとったりデリカシーがないことを言ったりするような癪に障る人と一緒にいますと、こちらがイライラしてストレスを溜めてしまうことになります。 ですので、このような一緒にいて腹立たしさを感じる人とは、ある程度の距離感を保って適度に接するようにすると良いです。 そうしますと、相手が癪に障るようなことを言ってくる前に、会話を終わらせることができます。 また、たとえ癪に障ることを言われたとしても、会話を必要最小限にとどめることで、軽く聞き流すことができるようになります。 癇に障る人の対処法と接し方:張り合わず同じ土俵にたたない 癪に障る人と同じ土俵に立ってしまいますと、自分も他人のことを傷つける行動や発言をしてしまいますので、周囲の人からはこちらも同じ穴のムジナだと思われてしまいます。 また、相手から腹の立つことを言われたからと言って張り合ったり、同じ土俵に立ったりしますと、お互いに悪口の言い合いになったり揚げ足を取り合ったりすることになってしまい、誰かに仲介に入ってもらわないと収集がつかない状態になってしまいます。 ですので、癪に障ることを言ってくるような人にはこちらからはあまり話しかけたり近づいたりしないようにして極力、接する機会を減らしますとイライラしてストレスを溜めることもなくなるでしょう。 さらに、相手を腹立たせるような行為を仕返すことはしないで、自分とは少し考え方が違う人なのだと割り切ってしまうと良いです。 癇に障る人の対処法と接し方:相手のいいところを見つける 相手がたとえ癪に障るようなことを言ってくるような人でも、周りから認められるべき良いところは必ずあるはずです。 ですので、癪に障る人と上手に接していきたいと考えましたら相手の良いところを見つける努力をすると良いでしょう。 たとえば、職場の同僚や同じクラスの同級生などに癪に障る人がいましたら、なかなか関わらないようにすることは難しいです。 そこで、癪に障ることをしてくるという短所だけに目を向けるのではなく『仕事ができる』とか『スポーツ万能』というように、なんでも良いですので相手の長所も探してしまいましょう。 そうしますと、自分のことをしっかり見てくれる相手には癪に障る人も嫌がる行為をしなくなるかもしれません。 癇に障る人の対処法と接し方:指摘してくれたとプラスとして受け止め感謝する 癪に障る人は、きつい言い方をしてきたりデリカシーのないことを言ってきたりすることがあります。 ですが、癪に障る人は決して相手のことを悪く言おうとしているわけではなくオブラートに包まないで素直な意見を言っているだけの場合も多いです。 つまり、癪に障るような言い方をしてくる人の言うことは、もしかしたら周囲が気を使って自分にはっきりと言えないことを言っているのかもしれません。 ですので、癪に障る人から言われたことを、周りが言いにくいことをはっきりと指摘してくれたのだとプラスに考えることができる心の広さを持てましたらイライラすることもなくなるでしょうし、むしろ指摘してくれたことに感謝をすることになるかもしれません。 癇に障る人の対処法と接し方:自分の味方になってくれる人を探す 癪に障る人は、自分の敵対する人に対しては非常に当たりが強くて相手が迷惑する行為をしたり嘘をついたりすることも多いです。 ですので、相手からライバル視されたり敵視されたりしていることが原因で、癪に障る行動や発言を執拗にされていると感じましたら、自分の味方になってくれる人を探すと良いでしょう。 たとえば、職場でいつも営業成績を争っている同僚が、しつこく付きまとってきたりわざと嘘のスケジュールを伝えてきたりしますと、仕事にも支障が出てしまうでしょう。 そこで、職場内で自分の味方になってくれる信頼できる友人ができますと、癪に障る人も付きまとったり平気で嘘をついたりすることができなくなると考えられます。

次の