ロール カーテン 付け方。 意外と知らない!自分でロールカーテンを取り付けたい時の取り付け方法とは?

ロールスクリーンの取り付け方法 カーテンレールにロールスクリーンを取り付け

ロール カーテン 付け方

ロールスクリーンが選ばれる理由 窓まわりアイテムといえば、カーテンやブラインドが頭に浮かぶのではないでしょうか。 でも、ロールスクリーンもほかにはない魅力があるんです! シンプルな見た目で部屋がスッキリ ロールスクリーンが選ばれる1番の理由は、シンプルな見た目。 カーテンのようにウェーブがないので、部屋を広くスッキリ見せられます。 また、ロールスクリーンは巻き上げたときもとてもコンパクト。 生地の厚みにもよりますが、すべて上げた状態だと厚さが10cmほどしかありません。 カーテン・ブラインド・シェードなど、生地やスラット(羽根)のあるタイプは、開けた状態でも窓を遮る部分が大きくなってしまいます。 一方、ロールスクリーンは閉じたときも開けたときも邪魔になりにくいアイテム。 空間を広く使いたい、狭いリビングや小さな子供部屋にぴったりです。 【注意】閉じたまま光・視線の調節がむずかしい 一般的なロールスクリーンは、ブラインドのように光や視線の調節ができません。 生地が1層のシンプルなものだと、巻き上げたときは外から丸見え。 太陽の光も、室内へダイレクトに入ってきます。 とはいえ、日中部屋を明るくするにはやっぱりロールスクリーンを巻き上げておきたいですよね。 視線が気になる人には、ダブルロールや調光ロールスクリーンがおすすめ。 最近では「遮光タイプのロールスクリーン+フラットなレースカーテン」という新しい組み合わせも人気が高まっています。 カラー・機能も充実 ロールスクリーンは、カラバリ・機能も充実しています。 シースルー• ウォッシャブル 家庭の洗濯機で簡単に洗えるウォッシャブルタイプや、火がついても燃え広がらない防炎タイプ。 太陽光・紫外線をシャットアウトして、家具・フローリング・お肌の日焼けを防ぐ遮光タイプ。 インテリア用品通販サイト「Re:HOME(リホーム)」では、上記のようなさまざまなタイプをご用意しています。 そのポイントをお伝えしますね。 お部屋になじむ「白系」がおすすめ ロールスクリーンの色は、ただの白ではなく「薄いベージュ色」「ライトグレー」を選ぶとおしゃれな部屋が作れます。 ロールスクリーンは窓に取り付けるものなので、壁紙との相性がとても重要。 たとえば、壁紙が白色系の場合、ロールスクリーンも同一色の白系でまとめると空間がスッキリとして広く見えます。 最近は、壁紙も色とりどり!パッと見て白でも、うっすら暖色系・寒色系の色味が入っていたり、うっすら黄色系で和風の空間が作られていたり。 ボタニカル(植物)な雰囲気には、うっすら緑色系が使われるケースもあります。 もちろん、部屋のメリハリをつけるためにはっきりとしたビビット色を取り入れるのもありです。 でも、大きめの窓にそのアクセントをもってきてしまうと、なんだか落ち着かない空間になってしまうので注意してくださいね。 インパクト大な大柄のロールスクリーンに憧れているあなた。 お気に入りの北欧柄を、大きな窓にドーンと飾っておしゃれに見せたいですよね。 どうしてもこの大柄がいい!と譲れない場合は、背景・柄ともに落ち着いた淡い色を選ぶと良いですよ。 マリメッコはちょっと勇気ない。。 光をたくさん採り入れたい窓や空間の間仕切りにおすすめです。 このロールスクリーンは光を取り入れつつも熱や紫外線をカットしてくれます。 断熱率は36. 生地の色にもとことんこだわっていて、他ロールスクリーンにはない色味が北欧インテリアによく合います。 主な操作方法はチェーン式・プルコード式の2つ。 窓が床まで伸びている掃き出し窓にはチェーン式を!窓の下に壁がある腰窓にはプルコード式がおすすめです。 窓にはもちろん、ダイニングとキッチンの間や室内階段との間などに取り付けて空間を分けるのにもぴったり。 冷暖房効率を上げる断熱効果も期待できます。 来客時にロールスクリーンを下ろせば、見せたくないものをサッと隠せますよ。 生地が簡単に取り外せるので、力の弱い女性でも掃除がしやすいですよ。 洗い終えた生地にシワがあるときは、家庭用のアイロンで伸ばせば元どおりの綺麗な生地に仕上がります。 通常、取り付けにはネジを使いますが、タイル張りなどネジが打ち込めない窓には、テンションバーというメカを利用します。 ネジが打ち込めないようなお風呂にも設置できるので、安心してくださいね。 万が一火がついても燃え広がらないので、避難経路が確保できます。 カーテン生地のような綿素材のものはむしろ火災をエスカレートさせてしまいますが、これなら安心ですね。 そんな人には遮光タイプがおすすめです。 光をほぼ完全にシャットアウトできるものからうっすらと光が入れられるものまで、いろんな遮光レベルがありますよ。 各商品に1〜3までの等級が表示されているので、部屋・家庭の状況や生活スタイルに合わせて選んでくださいね。 日中も部屋を完全に真っ暗にしたい、女の一人暮らしで外から生活パターンを知られたくない。 そんな人には光を100%通さない完全遮光タイプがおすすめ。 生地の表面に専用の樹脂コーティングを施し、光を反射します。 また、プロジェクターのスクリーンにもなるので、オフィスでも活用が期待できます。 閉じたまま光を調節「ダブルロールスクリーン」 外の視線が気になるけど、日中は太陽の光で部屋を明るくしたい。 そんな人にはダブルロールスクリーンがおすすめです。 一般的なロールスクリーンが生地1層なのに対し、ダブルロールスクリーンは厚地+レース生地を組み合わせた生地2層タイプ。 2枚(ドレープカーテン+レースカーテン)のカーテンのように朝昼はレース生地のみにして、夜は室内が透けて見えないように厚手生地を使います。 今後、さらなる進化を遂げていく期待のロールスクリーンです。 関連: ナチュラル感MAX「綿生地タイプ」 部屋をナチュラルなコーディネートで仕上げたい人には、綿生地がおすすめです。 化学繊維では表現できない自然な質感が魅力。 綿の生地そのものがとても丈夫にできているので、使い込むほど味わい深くなります。 部屋に、かすれ感のあるプリント柄を取り入れるだけで、おしゃれな空間が演出できますよ。 生地サンプルで失敗しらず 色柄や使い方など、バリエーション豊富で選ぶのも楽しくなりそうなロールカーテン。 通販だと実際の透け感や触りごこちがわからないので、くらべるのってむずかしいですよね。 リホームでは、そんなあなたのために 生地サンプルを無料でご提供しています。

次の

ブラインドの取り付け方法|DIYショップRESTA

ロール カーテン 付け方

そうなると「部品の交換」や「故障した箇所を特定」する必要がありますので、自分で修理するのは難しくなります。 DIYが得意な方でしたら直せる可能性もありますが、難しいと感じたらロールスクリーンを購入したお店に問い合わせてみましょう。 国内メーカー「ニチベイ」「タチカワ」「トーソー」のロールスクリーンであれば、 購入してから3年間の保証が付いています。 但し、故障の内容によって 1年以内や 対象外となるケースもありますので、一度確認してみるといいですね。 因みにメーカーへ連絡する場合は、ロールスクリーンに付いている メンテナンスシールをみながら詳細をつたえると、製造日や品番などの確認がスムーズになります。 ロールスクリーンを使う時の注意点 ロールスクリーンは多くの部品で構成された「メカもの」ですから、長く使い続けていると何らかの不具合が出てきたりします。 とはいえ、スクリーンが巻き上がらなくなったり巻きずれがおこる場合は、改めて操作方法も見直してみましょう。 カーテンのような柔らかな素材とは違って、機械で操作するロールスクリーンはある意味デリケートな商品とも言えます。 操作の際には、優しく水平に扱ってあげることで長持ちにもつながりますよ。 ロールスクリーンを買い換える場合は「つっぱり式」もお勧めです また、使えなくなったロールスクリーンを買い換えるときは、「つっぱり式」も便利です。 名前の通りつっぱり式なので、取り付ける場所は「壁と壁の間」や「窓枠の内側(枠内の天井付け)」に限定されますが、ネジ留めしなくても良いので手軽に設置できます。 壁や窓枠に穴をあけられない場所にお勧めです。

次の

意外と知られていない【カーテンの処分方法】一般的な処分方法からリサイクル方法までご紹介

ロール カーテン 付け方

自分でロールカーテンを取り付けたい時の取り付け方法をご紹介します。 自分でロールカーテンをつける 窓にロールカーテンを取り付けるとき、専門業者に頼めばきれいに取り付けてもらえますが、どうしてもコストがかかってしまいます。 取り付け費用を節約したいというときは、自分でとりつけることを検討してもよいかもしれません。 ロールカーテンの取り付け方法 ロールカーテンの取付方法には、窓枠の天井につける「天井付け」、窓枠の上につける「正面付け」、カーテンレールにつける「カーテンレール付け」、特殊な突っ張り棒を使ってつける「突っ張り棒付け」があります。 天井付け 窓枠の中にカーテンが治まり、壁から出っ張らずスッキリ見える取り付け方です。 ロールスクリーンを固定するためのブラケットを取り付けます。 ブラケットの取り付け位置を決めた後、ブラケットを両面テープで貼り付け、ネジ穴にキリで下穴をあけてからネジを取り付けるとスムーズです。 ブラケットには向きがあるので注意しましょう。 また、ブラケットの取り付け位置は窓枠ギリギリにつけると破損する可能性があるので、やや内側につけるようにしましょう。 本体フレームをブラケットの爪に引っ掛けてから、カチッと音がするまではめ込めば、取り付け完了です。 正面付け 窓枠を覆うように取り付ける方法です。 遮光機能や遮熱機能のあるロールカーテンは、正面付けにすることで機能を発揮します。 窓枠にロールスクリーンを固定するためのブラケットを取り付けます。 正面付け用のブラケットは天井付け用とは違うので注意してください。 ブラケットのネジ穴が窓枠の中央に来ること、左右の高さが同じになることに注意して位置を決めた後、ネジで固定します。 両面テープやキリを使うとスムーズにつけることができます。 ブラケットには向きがあるので注意しましょう。 本体フレームをブラケットの爪に引っ掛けてから、カチッと音がするまではめ込めば、取り付け完了です。 カーテンレール付け 一般のカーテンからロールカーテンに切り替える場合、カーテンレール付けを選ぶとレールを取り外す手間を省くことができます。 ただし、大きなロールカーテンや重いロールカーテンは、レールが強度不足になることがあるため向いていません。 ロール用のブラケット側からネジを通し、カーテンレール用取り付けプレートを仮止めします。 カーテンレールのサイドキャップを外してランナーを抜き取ったあと、取り付け金具をレールの端からスライドさせて入れます。 左右のバランスを見ながら位置を決めたらネジを締めてブラケットを固定します。 入りづらい場合はネジを緩めて下さい。 本体フレームをブラケットの爪に引っ掛けてから、カチッと音がするまではめ込めば、取り付け完了です。 突っ張り棒付け 窓枠部分が金属やコンクリートなど、ねじ止めできない場合の取り付け方法です。 突っ張り棒の取り付ける向きによって、天井付けにも全面付けにもできます。 ただし、石膏ボードや滑りやすい壁面には取り付けることができないほか、大きなロールカーテンや重いロールカーテンは、突っ張り強度不足になることがあるため向いていません。 突っ張り棒を受け止めるプレートキャップを窓枠の内側につけます。 キャップの裏側には両面テープがついています。 左右の高さが同じになるよう、注意してください。 突っ張り棒本体にあるプレートのネジをゆるめ、ブラケットを固定する位置を決めた後、プレートにロールスクリーンを固定するためのブラケットを取り付けます。 突っ張り棒をプレート受けに押し当ててはめ込んだあと、突っ張り棒の左右についたダイヤルが堅くなるまで均等に指で回します。 本体フレームをブラケットの爪に引っ掛けてから、カチッと音がするまではめ込めば、取り付け完了です。 まとめ ロールカーテンの取り付け方法は、ロールカーテンを取り付ける場所、用途、大きさ、重さによって選ぶ必要がありますが、どの方法でもブラケットを水平に取り付けることができれば、取り付けることができます。 コツを掴めばご自身で取り付けることも可能ですが、大きめのロールカーテンなどは扱いも大変になるので、ロールカーテンでお悩みの際はお気軽にご相談ください。

次の