グローバル スタンダード と は。 グローバルスタンダード4(GS4)の試験を5/1に開始|IC3公式サイト

グローバルスタンダード4(GS4)の試験を5/1に開始|IC3公式サイト

グローバル スタンダード と は

グローバル・スタンダードとは何のスタンダードか グローバル・スタンダードとは和製英語であり、「世界標準」と翻訳されるものの、何かしら明確な「スタンダード」が取り決められているわけではありません。 国際工業規格や国際会計基準などの国際標準から派生して生まれた言葉で、主にこの「グローバル」はアメリカを指している場合が多い傾向にあります。 それは例えば年功序列賃金制度や終身雇用制度をやめて、能力主義に移行していったのもこのグローバル・スタンダードに基づくものです。 グローバル・スタンダードの注意点 グローバル・スタンダードを理解する上で注意すべきなのはその使い方です。 この言葉は国際標準にとどまらず、企業活動や経営手法、経営システムなどにまで使われるようになっています。 しかしあくまで「グローバル・スタンダード」という一定のルールや標準があるわけではないため、国際標準以外にこの言葉を使う場合には「意味が曖昧としている」という点に留意しなくてはいけません。 グローバル・スタンダードとデファクト・スタンダード グローバル・スタンダードにも種類があり、そのひとつがデファクト・スタンダードという言葉です。 これは「事実上の標準」と訳すことができます。 商品サイクルの早い分野においては、何年もかけて整備をするよりも「今使われている規格や基準」をそのまま「業界の標準」にする方が実用性が高くなります。 このときの「業界の標準」こそデファクト・スタンダードです。 仕事を世界標準に近づける 自分の仕事の水準を「グローバル・スタンダード」に保っておけば、仕事の質は自然と向上します。 グローバル・スタンダードの意識を日常に取り入れて、ビジネスパーソンとしてレベルアップしましょう。

次の

GRS

グローバル スタンダード と は

グローバル・スタンダードとは何のスタンダードか グローバル・スタンダードとは和製英語であり、「世界標準」と翻訳されるものの、何かしら明確な「スタンダード」が取り決められているわけではありません。 国際工業規格や国際会計基準などの国際標準から派生して生まれた言葉で、主にこの「グローバル」はアメリカを指している場合が多い傾向にあります。 それは例えば年功序列賃金制度や終身雇用制度をやめて、能力主義に移行していったのもこのグローバル・スタンダードに基づくものです。 グローバル・スタンダードの注意点 グローバル・スタンダードを理解する上で注意すべきなのはその使い方です。 この言葉は国際標準にとどまらず、企業活動や経営手法、経営システムなどにまで使われるようになっています。 しかしあくまで「グローバル・スタンダード」という一定のルールや標準があるわけではないため、国際標準以外にこの言葉を使う場合には「意味が曖昧としている」という点に留意しなくてはいけません。 グローバル・スタンダードとデファクト・スタンダード グローバル・スタンダードにも種類があり、そのひとつがデファクト・スタンダードという言葉です。 これは「事実上の標準」と訳すことができます。 商品サイクルの早い分野においては、何年もかけて整備をするよりも「今使われている規格や基準」をそのまま「業界の標準」にする方が実用性が高くなります。 このときの「業界の標準」こそデファクト・スタンダードです。 仕事を世界標準に近づける 自分の仕事の水準を「グローバル・スタンダード」に保っておけば、仕事の質は自然と向上します。 グローバル・スタンダードの意識を日常に取り入れて、ビジネスパーソンとしてレベルアップしましょう。

次の

グローバル・スタンダードとは?

グローバル スタンダード と は

ビジネス、芸術、学業、情報網など、あらゆるものが世界規模、すなわちワールドワイドになってきています。 これまでは日本国内の常識だけで生活できてきたものでも、今では世界基準でものを考えなければなりません。 特にオリンピックを控え、それ以降はもっと日本を訪れる外国人が増えると見込まれる今、世界基準=グローバルスタンダードは常識となります。 グローバルスタンダードは世界共通の常識、あるいは考え方になります。 日本語では世界基準、世界標準などと呼ばれます。 気をつけたいのは、グローバルスタンダードは常に変化し、また業界によっても意味合いが変わってくることです。 ここではそんな「グローバルスタンダード」をもっとよく理解してもらうために、業界別のグローバルスタンダードなどを紹介していきます。 グローバルスタンダードは本当に存在するのか グローバルスタンダードが難しいのは、それが目に見えないことです。 グローバルスタンダードは本当に存在するのかという疑問もあります。 確かに日本国内で日本人だけでビジネスを進行していればグローバルスタンダードは関係ありません。 しかし、例えば家電などは現在はほとんど日本国内で生産されず、と東南アジアなどの工場で生産されています。 ビジネスをする以上、世界とは切っても切れない関係です。 国によって言語も文化も違います。 それでもうまくビジネスを達成させるには共通の認識としてグローバルスタンダードが必要です。 そのため、今ではなにをするにもワールドスタンダードを念頭に置いておくべきであり、ワールドスタンダードは確かに存在します。 グローバルスタンダードは誰が決めている? そもそもグローバルスタンダードは誰が決めているのでしょうか。 目に見えるグローバルスタンダードとして、製品の基準や製造工程を定めるものがあります。 例えば「ISO」があります。 「国際標準化機構」が定める2万種類もある規格です。 製品(工業製品や食品など多岐に渡る)の規格が認定されることで、信頼性が上がります。 このケースでは非営利団体が規格を決めていて、世界中の企業がそれに従っています。 このグローバルスタンダードはこの団体が決めているといってもいいでしょう。 しかし、そのほかにもたくさんのグローバルスタンダードがあります。 無形のグローバルスタンダードは誰が決めているというわけではなく、世界中の「トレンド(流行)」が決めています。 例えば数十年前は家庭の食卓でタバコを吸う父親はよくいましたが、今では非常識です。 これも一種のグローバルスタンダードで、世界中のトレンドがそうなったからにほかなりません。 「グローバルスタンダード」の例文 ここでは業界別にグローバルスタンダードがどのような意味で使われているかを検証していきましょう。 世界規模の常識ですので、日本国内だけでなく世界共通の認識です。 自身に関係のない業界であっても世界の常識=トレンドはしっかりと把握しておくべきです。 ここでは業界別グローバルスタンダードを紹介しますので、現在における世界標準を憶えておきましょう。 医療 グローバルスタンダードが医療業界で使われることもあります。 サービスやケアの方法、医療知識などを国際的な水準にすることです。 ただ、医療業界においては問題点もあります。 というのは、日本の医療レベルは世界的に見て高度です。 グローバルスタンダードはときに平均値になることもありえます。 つまり、グローバルスタンダードに従うことで、逆に日本の医療を低下させるのではないかという懸念です。 医療業界のグローバルスタンダードは「国際病院評価機構(JCI)」という機関が認証しています。 東南アジアなど治療費の安い国に観光がてら訪れる医療ツーリズムで患者が国外に流出している現在、日本でも国際病院評価機構の認証取得病院が増えてきています。 介護 介護の世界は現状グローバルスタンダード化というと機材などの向上があり、それ以外ではあまり世界標準化は進んでいないように見受けられます。 ご老人が相手になりますので、特に日本的なサービスの方が望ましいから、という事情があるからです。 いずれにしても、医療と同じで日本の介護士の技術や知識は世界的に見てハイレベルです。 グローバルスタンダードにこだわることで、逆に問題が発生する可能性もあります。 唯一この業界でグローバルスタンダード化が望まれるのは、介護士の給与などが仕事量に見合う対価になることです。 IT IT業界におけるグローバルスタンダードは多岐に渡った意味合いがあります。 ITは国境を越えたビジネスであり、プログラミング言語などは世界共通ですので、よりグローバルスタンダードが大切になります。 辞書によっては「グローバルスタンダード」は「金融システム、経営システムなどで国際的に共通している理念やルール」と説明しているものもあるほどで、元々グローバルスタンダードが一般的にも使われるようになる以前は、IT業界で使われる単語だったといえます。 金融 金融においても昔からグローバルスタンダードは当たり前だったといえます。 金融市場は世界のマーケットが繋がっていますから、システム、考え方、投資方法などすべてにおいてグローバルスタンダード化は必須条件だったからです。 現在はネットの発達でオンライン金融証券会社も増えていますので、証券市場だけでなく、一般家庭からも世界の市場にアクセスできますから、グローバルスタンダードは常識のひとつです。 ただ、金融詐欺や証券会社倒産における資産の保全などに関してはグローバルスタンダードの法令などは存在しません。 海外の証券会社で口座開設をしている投資家は、このときばかりはグローバルスタンダードではなく、その国の法律に従わなければなりません。 製造業 教育の面でもグローバルスタンダードは重要です。 最低でも世界標準を超えることが望まれます。 なぜなら、教育面がグローバルスタンダード化されていくことは、日本の国力が向上することに貢献するからです。 ここでは教育面におけるグローバルスタンダードとはどういったことなのかを紹介します。 医学部 医学部におけるグローバルスタンダードは、日本の医学力の向上に繋がり、国民の利益にもなります。 医師不足といわれる今、特に医学部のグローバルスタンダードは早急に実現するべき事項です。 また、2023年からはアメリカで医師として働くには、国を問わず医学部をアメリカが決めた規定の医学教育で修了した者だけに規制するようになります。 これに合わせて日本も「世界医学教育連盟(WFME)グローバルスタンダード準拠 医学教育分野別評価基準日本版」が作成されています。 教育学部 教育学部でもグローバルスタンダード化は進んでいます。 大学を卒業し社会に出たら、すべてがグローバルスタンダードで動いています。 真の国際社会人を増やすには、教育の段階でグローバルスタンダード化が進んでいることが重要です。 特に英語教育は日本のレベルは高いですが、残念なことに読み書きはできても会話ができない人が多いです。 実際に国外で働く場合、読み書きよりも英会話力が重要になります。 この辺りも小さいころから英語に慣れ親しむべきグローバルスタンダード化は課題になることでしょう。 法律関係 そもそも法律のグローバルスタンダード化は難しいです。 現状、世界共通の法律はありません。 国益を守るためにはグローバルスタンダードとは反対の法律も必要な場合だってあります。 そのため、この問題をより早く解決するには国を超えて活動できる国際弁護士の育成や、警察などの連携をする「国際刑事警察機構(インターポール)」の垣根をより低くするなどの対策の方が手っ取り早いです。 理系の学部 理系の学部では物理などの分野では日本人のノーベル賞受賞などもあり、水準は高いです。 ただ、そういった人物はまだ稀であります。 コンスタントに技術や知識水準が高い、世界レベルの人物を輩出するには、日本の教育全体のグローバルスタンダード化は重要です。 つまり、教育全体を底上げすることで日本の国力アップ、あるいはグローバルスタンダード化が進みます。 特に理系ですと国力にもダイレクトに影響しますので、早急なグローバルスタンダード化は大切です。 経営での「グローバルスタンダード」の使い方 「グローバルスタンダード」はネットの発達で国境という垣根が低くなっている現在、急速に進んできています。 かつては海外旅行に行くには入念な下調べが必要でした。 しかし、今ではスマートフォンさえあればどこにいても情報収集が可能です。 これは情報のグローバルスタンダード化です。 これからもグローバルスタンダードはどんどんと進んでいきます。 自分に関係のないことだと無関心でいると、世界に取り残されてしまい、自分が得られるはずの利益を失うことになるでしょう。 グローバルスタンダードはトレンドで決まります。 常にアンテナを張って、グローバルスタンダードの変化に敏感になることで、社会を見渡すことができるようになり、自分のためにもなることは間違いありません。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の