リンガーハット テイクアウト。 【リンガーハットのテイクアウトは2時間後も出来立てとほぼ同じ!】「長崎皿うどん」は購入から2時間経っても60℃以上!

【リンガーハットのテイクアウトは2時間後も出来立てとほぼ同じ!】「長崎皿うどん」は購入から2時間経っても60℃以上!

リンガーハット テイクアウト

リンガーハットではテイクアウトで長崎ちゃんぽんや皿うどんを食べることができます。 お値段は税込みで500円です。 ワンコインというのが気軽ですよね。 今回は野菜たっぷり皿うどんも合わせて注文したので、ミドルサイズとの比較もしていきます。 リンガーハットのテイクアウトメニュー ここでテイクアウトメニューを確認してみましょう。 1年前に比べてテイクアウトできるものが増えています。 まぜ辛めんや牛・がっつりまぜめんも追加されていますね。 このラインナップにミドルサイズ皿うどんも加わったわけです。 ただし、店舗・期間限定なので、必ずお近くのリンガーハットにあるわけではないのでご注意ください。 Sponsored Link ミドルサイズ皿うどんと野菜たっぷり皿うどんの比較 左が野菜たっぷり皿うどん、右がミドルサイズ皿うどんです。 容器の大きさは横から見るとわかりやすいかも。 やや野菜たっぷりの方が大きいですね。 まずは野菜たっぷりから見ていきます。 容器の下段に野菜、上段に麺が入っています。 見てください、この野菜の量。 野菜の量は367gもあります。 無茶苦茶たくさん入っています。 これを一度に全部食べたら確実にお腹いっぱいになりますよね。 で、先程の麺をこの野菜の中に入れて食べるという手順になります。 次は今回のメインであるミドルサイズ皿うどんです。 こちらは下段に麺、上段に野菜となっています。 麺に野菜を全部入れて食べるというスタイルですね。 これで食べる準備が整いました。 野菜たっぷりに比べるとこちらは適量です。 多くもなく少なくもなくというちょうどいい感じです。 それではいただきます。 味は当然のことながら野菜たっぷり皿うどんと一緒です。 いつものような美味しさがここにはあります。 実は通常のサイズの皿うどんでも僕はかなりお腹いっぱいになるのですが、このミドルサイズを食べ終えてみたところ、やっぱり満腹になりました。 ミドルと言えども食べごたえはしっかりとありますよ。 量は具体的には不明ですが、個人的には少ないという感じは全くありませんでした。 まとめ リンガーハットのテイクアウトメニューに店舗限定・期間限定ながらミドルサイズの皿うどんが追加されました。 税込み500円です。 ミドルではありますが、十分満腹感が得られるサイズだったと思います。 お近くのリンガーハットで取扱があるかぜひ確認してみてくださいね。 参考リンク ・ 通販でもリンガーハットが食べられちゃいますよ。

次の

【検証】リンガーハットの「持ち帰り皿うどん」の保温力は異常! 何時間後までアツアツか試した結果…

リンガーハット テイクアウト

ぎょうざたっぷり食べるスープが気になる 対象メニューを見ると、まず「薄皮ぎょうざ定食」が500円(税込、以下同じ)。 薄皮ぎょうざ12個にごはん、長崎の漬け物「ぶらぶら漬け」、付け合わせが入っています。 「ちびっこ弁当」は420円。 半チャーハン、ウィンナー、薄皮ぎょうざ3個が入って、ゼリー2個が付いています。 ゼリーは店舗によって変わります。 「ぎょうざたっぷり食べるスープ」は890円。 担々風スープに薄皮ぎょうざ10個が付いています。 ぎょうざをスープに入れて楽しむメニュー。 「リンガーオードブル」は1,490円。 皿うどん1人前に半チャーハン、薄皮ぎょうざ8個、枝豆が付いた2人前のメニューです。 このほか定番「長崎ちゃんぽん」は637円。 麺とスープ・具の間にフィルムが挟んであって伸びにくい工夫がされています。 めん増量1. 5倍または2倍が無料。 「野菜たっぷりちゃんぽん」は799円、「小さいちゃんぽん」は486円、「野菜たっぷり食べるスープ」は756円となっています。 「長崎皿うどん」は669円。 麺と餡(あん)が分けてあって、麺のパリパリ食感と餡の温かさが長持ちする工夫がされています。 「野菜たっぷり皿うどん」は810円。 「小さい皿うどん」は486円。 薄皮ぎょうざの単品は5個270円、3個172円。 半チャーハン単品は280円で付けられ、ほかのメニューと組み合わせての持ち帰りに便利。

次の

【検証】リンガーハットの「持ち帰り皿うどん」の保温力は異常! 何時間後までアツアツか試した結果…

リンガーハット テイクアウト

リンガーハットの持ち帰りメニュー価格一覧 リンガーハットではちゃんぽん麺、皿うどん、餃子が持ち帰りできます。 以下にその持ち帰り可能な商品の価格をまとめます。 ただし、価格は店舗によって異なるので注意。 価格の一例だと考えてください。 持ち帰り可能な長崎ちゃんぽんメニュー一覧 【長崎ちゃんぽん】 価格:590円税別 カロリー:683kcal 概要:野菜255g、麺200g (麺1. 汁ものということもあってなるべくこぼれないように設計されている感じ(それでも傾けたら厳しいけど)。 そして2018年12月1日からはこの持ち帰り容器が有料になっています。 長崎ちゃんぽんや皿うどんの容器代は30円税別、餃子の容器代は10円税別です。 以下は皿うどんを注文した時のレシートですが32円(税込み)の容器代がかかっていることが分かります。 リンガーハットの持ち帰り商品がのびるのを防ぐ対策 リンガーハットの持ち帰り容器は密封度が高く、のびにくくなっています。 とは言えやっぱりちゃんぽん麺はのびますよね、、、。 では何分ぐらいまでなら大丈夫なのでしょうか?まずは店員さんに聞いてみました。 リンガーハットのちゃんぽん麺は持ち帰りとのびるかどうか店員さんに聞いてみた 店員さんに持ち帰りで何分ぐらい大丈夫なのか確認しました。 その結果、店員さんは大変申し訳なさそうに「 何分ぐらいでのびるというのは言いづらいところです。 できるだけ早く召し上がって欲しいとしか言えません」とのことでした。 そりゃそうですよね。 普通に店内でちゃんぽん麺を食べていてもしばらく経ったらちのびます。 でも、店員さんは1つの対策を教えてくれました 店員さん直伝の麺がのびることに対する対策 麺がのびることに対する対策とは皿うどんにするというものでした。 やはり長崎ちゃんぽんはどうしてものびやすいとのこと。 皿うどんならばしばらくは持つのでお持ち帰りするならば皿うどんがおすすめとのことでした。 実際にリンガーハットの皿うどんを持ち帰りで注文してみた そこで実際にリンガーハットの「野菜たっぷり皿うどんの麺2倍」を持ち帰りで注文しました(2人で食べる分量を考えました)。 何と皿うどんだと麺と具材がセパレートになっています。 まずはこちらが具材の画像です。 そして、こちらが麺の画像です。 これならば麺は乾燥したままなのでのびません。 一方の具材は時間が経つと冷めてくるかもしれませんが、皿を移して温め直すことができます。 リンガーハットで麺がのびる対策としては長崎ちゃんぽんではなく皿うどんを注文するといいでしょう。 実際に少し時間が経ってから食べてみましたがおいしかったです。 その他、持ち帰りの注意点(レシートクーポンの餃子不可) あと、持ち帰りの注意点としてはレシートの餃子無料クーポンです。 何気なしにレシートの餃子無料クーポンの注意書きを読んでみると「店内飲食のみ(持ち帰り不可」)となっていました。 餃子無料クーポンで餃子の持ち帰りをしたいところですがそれは不可なので注意してください。 リンガーハットの持ち帰りメニュー価格一覧などまとめ• リンガーハットでは長崎ちゃんぽん、皿うどん、餃子の持ち帰りが可能。 長崎ちゃんぽん、皿うどんは30円の容器代、餃子は10円の容器代がかかるので注意• 長崎ちゃんぽんは麺がのびるのであまりおすすめできないかも• 一方で皿うどんはセパレートになっており麺はのびないのでおすすめ• レシート餃子無料クーポンでの持ち帰りは不可 今回はリンガーハットの持ち帰りメニュー価格一覧などをまとめました。 長崎ちゃんぽん、皿うどん、餃子の持ち帰りができるので自宅でリンガーハットの商品を食べたいと思ったら持ち帰りを検討してください。 ただし長崎ちゃんぽんはのびるのであまりおすすめはできません。 皿うどんの方が良いでしょう。 以上、リンガーハットの持ち帰り情報でした。 何か不明点や間違いの指摘などあれば気軽にコメントしてください。 必要に応じて追記修正などしていきます。 (合わせてお読みください) スポンサーリンク.

次の