あられ と ひょう と みぞれ の 違い。 ひょうとあられとみぞれの違い【あなたは説明できますか?】

雪とは別物!?『ひょう』と『あられ』と『みぞれ』の特徴とは

あられ と ひょう と みぞれ の 違い

冬になると、天気予報では降雪量という言葉が出てきます。 文字通り雪が降る量ですが、降ると言えば雪や雨の他に みぞれ・あられ・ひょうがありますよね。 突然ですが、この3つを詳しく説明してほしいと言われたら、あなたは説明できますか。 私は雪が降らない地域に住んでいたこともあり、未だに違いがよく分からないんですよね。 子供にとっさに聞かれて答えてみると、間違っていて夫に訂正されることも。 勝負事でないことは分かっていますが、うまく説明できない事に対して、なんだか悔しい気持ちが湧いてきてしまいます。 この際なので、はっきり分かるようになって、きちんと説明できるようになりたいと思ってるのです。 というわけで、今回はみぞれ・あられ・ひょうのちがいを徹底的に調べました。 私と同じように 違いがよく分からないという人は必見です。 この記事を読めば、違いだけでなく他の情報も知ることもできて、迷うことなく誰に対してもきちんと話すことができますよ。 まずは3つの特徴や降る季節から説明していきますね。 みぞれの特徴 みぞれは雨かんむりの下に英の字がつき 、 【霙】と書きます。 溶けかけた雪・雨に混ざった雪で、私が住んでいる地域ではだいたい11月下旬に1度は降ってきているように思います。 車の運転中にワイパーを動かしていると、フロントガラスに水分たっぷりのみぞれが集められるんですよね。 みぞれには雪の結晶が見られます。 みぞれが降る季節 溶けかけた雪・雨に混ざった雪ということで、みぞれが降る季節は冬となります。 都心では雪が降ると言われている時にみぞれが降ることも多いですよね。 日本海側では 初雪の時期にみぞれが降ることが多いです。 私は天気予報で、雨を表す傘マークに雪マークが出てくるようになったら、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換するようにしています。 同じように小さな雪マークが出てきたら、タイヤを交換するという人もいるのではないでしょうか。 あられの特徴 あられを漢字で書くと、雨かんむりと散の字を組み合わせて 【霰】と書きます。 あられの特徴として挙げられるのは、 氷の粒だということです。 溶けかけた雪である、みぞれとは全く違うことが分かりまよね。 直径はだいたい 5㎜以下程度で、一気に降るとあっという間に地面が真っ白になってしまうこともあります。 あられが降るときは、窓ガラスなどにあたると カラカラと音がなるので、「あー降ってきたな」とすぐ分かることも多いです。 あられには雪の結晶は見られません。 あられには2種類あった 実はあられには2種類あるということを知っているでしょうか。 雪あられと氷あられです。 雪あられの特徴は• 白色で透明• 固い場所に当たると割れやすい 氷あられの特徴は• 透明、または半透明• 固い場所に当たっても割れにくい という違いがあります。 気象庁では 雪あられは雪、 氷あられは雨に含むそうです。 あられの降る季節 俳句の季語としても使われるあられは、 冬の季語です。 氷あられは雨に含まれますが、雪あられは雪に含まれるため、冬の時期に降ってきます。 私が住んでいる地域では、 冬の時期によく見かけますね。 ほんの1~2分と少しだけの時もあれば、10分近く一気に降ってあっという間にアスファルトが真っ白になることも。 ひょうの特徴 ひょうは雨かんむりに旧字体の包で 【雹】と表します。 特徴としては、 氷の粒です。 どこかで聞いたことありませんか。 そうです、先ほどあられの項目でも氷の粒が特徴だと話しました。 結局同じなのかと思ったあなた。 実はひょうとあられを見分けるには 最大の違いがあるのです。 それは 大きさです。 あられのところでは直径5㎜以下くらいですが、ひょうの大きさは 直径5㎜以上になるんです。 ややこしいですよね。 ひょうの降る季節 あられに似ているひょうも俳句の季語として使われます。 しかし、季節は正反対の夏の季語として使われます。 冬だけでなく、条件次第では他の季節にもみられるからです。 2つの見分け方としては 細かい粒はあられ、 大きい粒はひょうと覚えてくださいね。 みぞれ・あられ・ひょうが降る仕組み みぞれとあられ・ひょうの仕組みはそれぞれ違っているので、ここで説明します。 同じく空から降ってきますが、仕組みは全く違ったものですよ。 みぞれの場合 みぞれと降る仕組みが一緒のものがあるのですが、分かりますか。 それは 雪です。 雪が降る目安としては、 上空の寒気が何度くらいなのかを見極める必要があります。 それではなぜみぞれは降るのか。 上空で雪を降らす寒気があるとき、雲の中の水蒸気が凍り、氷の粒として地上に向けて落下します。 この氷の粒は一定ではなく、様々な大きさをしているのですが、落下する最中に地上付近の気温が高ければ、すべて溶けてしまい雨粒になって落ちてきます。 みぞれが降る場合は、この 氷の粒の一部が溶けていたり逆に凍っている状態で降ってきているんですね。 これがみぞれの特徴でもある溶けかけた雪・雨に混ざった雪なんです。 元々は雪のため、結晶も見られるんですね。 あられ・ひょうの場合 さてあられとひょうの場合はどうなるのでしょうか。 どちらも 氷の粒なので仕組みは同じです。 地表付近が暖かい空気で上空に冷たい空気があり、大気の状態が不安定の場合、 積乱雲が発生します。 積乱雲とはいわゆる入道雲の事。 その積乱雲の中には強い上昇気流があり、氷の粒が地表に向かって落ちてこようとしても、舞い上げられるのでなかなか落ちることはできません。 その中で、他の氷の粒と くっついたりしながらどんどん大きくなっていきます。 そして上昇気流でも支えられなくなったとき、あられやひょうとして落下するのです。 夏は関東や中部地方など、広い範囲で発達する積乱雲は、冬になると東北や北陸地方などの日本海側で発達します。 大陸から流れてくる寒気が、日本海を通過する際に暖められて、積乱雲が発生するので、冬にあられなどが降ってくるんですね。 天気予報での表し方 みぞれ・あられ・ひょうは天気予報ではどういった表現になっているのでしょうか。 予報 みぞれという単語は 気象用語で言うことはありません。 なぜかと言えば、予報するのが難しいからです。 実際に降ってみないと雪かみぞれかなんて分からないんですね。 言い方としては、 【雨または雪】【雪または雨】と言います。 この言葉を聞いたら、 みぞれが降ることがあると考えてもいいかもしれません。 天気記号 図を見ると分かるように、みぞれは雨と雪マークが一緒になって書かれていて、あられとひょうは、円の中に三角というのは共通ですが黒塗り三角と分けて表現されていますよね。 雪などは良く見ますが、あられやひょうなどはあまり見かけないように思います。 実は国内では 15種類の天気に分類されており、それぞれ順番が決まっているのを知っていますか。 快晴 2. 晴れ 3. 薄曇り 4. 曇り 5. 煙霧 6. 砂じん嵐 7. 地ふぶき 8. 霧 9. 霧雨 10. 雨 11. みぞれ 12. 雪 13. あられ 14. ひょう 15. 雷 天気は複数の現象が重なった場合、数字の大きな方の天気が使用されます。 例えば、 雷とひょうが一緒だった時の天気はひょうではなく 雷と表示されるんですよ。 なので、ひょうやあられといった天気はあまり見かけないかもしれませんね。 過去の記録 みぞれやあられに関する様々な記録はどういうものがあるのでしょうか。 いくつかまとめてみました。 初めての記録 2016年1月24日に沖縄県の本島北部にある名護市で 観測史上初めてあられ(観測上雪になっています)が降りました。 その日は久米島でも降り、1977年2月以来39年ぶりとなりました。 普段、雪とは縁遠い沖縄で降るというのにはびっくりですが、久米島では過去にも降っていたというのが、信じられないですね。 この先、雪が降ることがあれば、また大きなニュースになるかもしれません。 世界最大 埼玉県に残っているひょうの記録が非公式ながら世界最大と言われています。 大正6年の6月に記録されたらしく、その 大きさは約30㎝、 重さは3. 4㎏でかぼちゃくらいの大きさだったと聞くと、どう思いますか。 実際の映像などはないので、憶測になってしまいますが人に当たってしまったら、確実に怪我しますよね。 当時の人々は、かぼちゃほどのひょうを見てどう思ったのでしょうか。 32㎝ 2010年7月にアメリカのサウスダコタ州では、直径20. 32㎝のひょうが降ったとされています。 映像はアメリカの記録か分かりませんが、かなり大きくてたくさんのひょうが、プールに降っている姿は まるで沸騰しているかのように見えます。 ボール大の大きさで、氷の粒なんていう可愛いレベルではありません。 こんなにひょうが降っている場面には、 絶対に遭遇したくないと心から思ってしまう動画ですよ。 まとめ• みぞれは 溶けかけた雪または 雨に混じって降る雪で、氷の結晶が見られる。 あられは 直径5㎜以下の氷の粒で、氷の結晶は見られない。 ひょうは 直径5㎜以上の氷の粒で、冬以外の季節でも見られる。 みぞれは 雪と同じ仕組みで降ってくるが、途中で溶けたりする。 あられやひょうは、 発達した積乱雲の中でぶつかり、 大きくなってくる。 私は今回記事を書くにあたり、色々調べてはっきり分かりました。 ポイントもばっちりつかめたと思っています。 きっともう悩むことはないと断言します。 あなたもみぞれ・あられ・ひょうの 見極めポイントをしっかり覚えて、誰かに聞かれても、瞬時に答えられるように準備しておきましょうね。

次の

みぞれ・あられ・ひょうの違いは?見分けるための方法を伝授します!

あられ と ひょう と みぞれ の 違い

冬になると北日本や日本海側を中心に「 雪」が降りますが、 天気予報では「 あられ」、「 ひょう」、「 みぞれ」といった言葉もよく耳にします。 空から降ってくる「雪」も「あられ」も「ひょう」も「みぞれ」も、成分は水で、雲の中で作られます。 ですが、 それぞれ名前が違うのには特徴があるからで、 「あられ」・「ひょう」・「みぞれ」には定義があります。 あられとは? あられは、雲から降る直径5ミリ未満の氷の粒のこと。 雪と同様に、大気中の水蒸気が凍って氷の結晶になることによって地上に降ってきます。 車に乗っているときに、あられにあったことがあるとわかりますが、 氷の粒のあられが降ってくると、屋根やボンネットにぶつかるコツコツコツコツと音がします。 あられには、「 雪あられ」と呼ばれるものと、 「 氷あられ」と呼ばれるものがあります。 雪あられは、雲の中の水蒸気同士が瞬時にくっついた状態のあられで、 水蒸気同士が隙間を空けてくっついているので、 地面に落ちた時に砕けて壊れやすい特徴があります。 氷あられは、水蒸気同士が隙間を埋めるようにゆっくりとくっつくので、 固く壊れにくいのが特徴です。 なので、あられが降ってきて、地面に小さな氷の塊が落ちていたら氷あられです。 あられは天気の区分では雪ではありませんが、降水量には含まれます。 冒頭の童謡の中で「雪」と一緒に歌われている「あられ」と「ひょう」はよく似ているんですが、違いはその大きさです。 ひょうとは? ひょうは、雲から降る直径5ミリ以上の氷の塊のこと。 雪やあられと同じように雲の中で作られますが、ひょうは 積乱雲の中で作られます。 氷の粒が積乱雲の中で上昇と下降を繰り返して大きくなり、 ある程度の重さになると落下するのがひょうです。 ひょうは雪やあられと違って、冬の時期はあまり降りません。 なぜかというと、冬は積乱雲が他の季節に比べて発達しにくく、 気温が低いため直径5ミリ未満のあられになってしまうからです。 夏の時期もひょうはあまり降りません。 気温が高いと雨になったり、 雲が氷の粒ではなく、水の粒になってしまうからです。 ひょうは5~6月や10月など、春や秋の時期に降る事が多いようです。 この時期は地上付近が暖かい一方で、 上空にはたびたび寒気が流れ込んできます。 そうなると、地上と上空の温度差が大きくなって、 ひょうを降らせる積乱雲が発生しやすくなるのです。 初夏のあたりは、こういった気象が多いので、ひょうが最も降りやすい時期といえます。 ひょうができる仕組みは? ひょうを降らせる積乱雲の頂上は氷点下です。 雲の成分は水なので氷点下では氷の粒となり、 この氷の粒は、積乱雲の中で入り乱れている強い上昇気流と下降気流によって上下運動を繰り返します。 上下運動を繰り返すうちに、氷の粒は周りに水滴を付着させながら成長します。 氷の粒は上昇気流によっては積乱雲の上部に浮いていますが、 ある程度の大きさになると、重さに耐えられなくなって、地表に降り落ちてきます。 これが ひょうの発生のメカニズムです。 真夏は積乱雲が発生しても地上付近の気温が高いので、 氷の粒が上空から降ってきても溶けてしまいます。 5~6月や10月の時期の気温は、ひょうを溶かしてしまうことなく地上に到達させます。 そのため、春や秋はひょうが降りやすいのです。 スポンサードリンク ひょうの落下速度は? ひょうは大きなものになると落下速度が数十キロを超えることもあります。 ひょうはビー玉大の直径1センチくらいのものでも、 地表付近の落下速度は時速50キロ、 野球ボール大の直径7センチになると、 なんと時速140キロになるとか。 ひょうが直径2~3センチのゴルフボール大ほどの大きさになることは、しばしばあります。 こんなものが降ってきたら危険なんてものじゃありませんよね。 ひょうの降る時間は、その多くが5分くらいと短いのですが、 農作物が傷んでしまったり、 車の窓ガラスが割れたりする被害も報告されています。 ひょうがあたると大怪我をする恐れもありますので、 もしひょうが降る予報が出た場合は、外出は控えるのが安全です。 外出中の場合は、すぐに安全な屋内の建物の中に避難するようにしましょう。 みぞれとは? みぞれは、雪と雨が混ざって降る状態のこと。 ひょうやあられのように氷の塊ではなく、 雨に混じって降る雪や溶けかかって降る雪のことを指します。 みぞれは、はじめから雪と雨が同時に降る現象というより、 雨から雪に変わる時や、 雪から雨に変わる時といった、 天気が変わる途中の段階で降る現象です。 気象観測の分類上では、みぞれは雪になるので、 もしシーズンの最初にみぞれが降ったとしたら、 それが初雪となります。 天気予報でみぞれを予想する事は難しいことから、 「 雨または雪が降るでしょう」 「 雪または雨が降るでしょう」 といった表現がよく使われます。 地上付近の気温が高いと、降る雪が途中で溶けて、雪より速く落ちるんですね。 みぞれは雨と雪が同時に降る現象なので、 氷の粒ではなく 雪の結晶があります。 都心では雪が降る際はみぞれになることが多いですが、 日本海側では初冬や初春の頃によくみられます。 雪とみぞれとあられとひょうの違いは? 雪のつぶは、上空の雲の中でできます。 雪とは雲の中で水蒸気が凍り、氷の結晶になったもの。 雲の中で水蒸気が凍って小さな氷の結晶が発生し、 それが成長して雪片になり、地上に降ってくるのが雪です。 ちなみに地上に落ちるまでの途中で溶けたものは雨になります。 この雪の形(雪の結晶)は、そのときそのときの、温度や空気の湿りぐあいで決まります。 たとえば、水蒸気の多いところを通る雪は、六枚の花びらのような形になり、 水蒸気が少なく温度が低いところを通る雪は、角ばった柱のような形になります。 雪の結晶は手にとっても見ることができますね。 雪とあられとひょうとみぞれの最も大きな相違点は、この「結晶」があるかないかです。 「 雪やみぞれには結晶が存在するが、ひょうやあられには結晶が存在しない」 雪とあられとひょうとみぞれ、 いずれも水が凍った氷でできていますが、 粒の大きさの他にも、構造上の違いがあるというわけです。 あられとひょうとみぞれの違いとは?雪とはどのように違うの? まとめ 空から降ってくる「雪」も「あられ」も「ひょう」も「みぞれ」も、成分は水で、雲の中で作られます。 あられは、雲から降る直径5ミリ未満の氷の粒のこと。 ひょうは、雲から降る直径5ミリ以上の氷の塊のこと。 みぞれは、雪と雨が混ざって降る状態のこと。 雪は、雲の中で水蒸気が凍り、氷の結晶になったもの。 雪とあられとひょうとみぞれ、 いずれも水が凍った氷でできていますが、 雪やみぞれには結晶が存在しますが、 ひょうやあられには結晶が存在しません。 粒の大きさの他にも、構造上の違いがあるというわけです。 あられとよく似たひょうのエピソードとしては、 1917年(大正6年)6月29日、 埼玉県熊谷付近で降った超ビッグサイズのひょうが有名です。 普通で夏みかん大、 大きいものではかぼちゃ大の、 重さ約3. 4kgのひょうが降ったという記録があります。 天気予報で雪と予報が出たら足元に注意、 あられの予報は上空注意、 ひょうの予報が出たら外出は控えるのが無難ですね。

次の

「あられ」と「ひょう」、「みぞれ」の違いとは?

あられ と ひょう と みぞれ の 違い

スポンサーリンク クリスマスやバレンタインの季節になってくると、子供の頃は「雪」が嬉しいものでした。 北海道や東北のほうにお住いの方々は、もう嫌というほど見てきているのではないでしょうか。 私は雪がそんなに降らない地域に住んでいましたので、「雪だ!」と思ったら、車やお店の壁などに「コツン!」「カン!」と氷の粒が当たり、母が「これはひょうだよ。 」なんて思い出もあります。 氷の粒が降ってくる天気。 もちろん「 雪」もそうですが、「 あられ」「 みぞれ」「 ひょう」もそうですよね! これらにはきちんと明確な違いがあるんです。 余談ですが、マンホールに雪が積もると更に大雪になるってご存知でしたか? そんな「観天望気」と呼ばれる天気の知恵をご紹介しています。 こちらをどうぞ! もくじ• みぞれ、あられ、ひょう、雪の違いとその英語と漢字をご紹介! みぞれ、あられ、ひょうの違い 「みぞれ」って?• 「 雨」は空から水滴が降ってくる天気ですよね。 「 雪」は空から氷の結晶が降ってくる天気ですよね。 「 みぞれ」は 「雨」と「雪」が混じったものが降ってくる天気なんです! 上空では「雪」として降ってきたものが、途中で溶けてきてしまったものが「みぞれ」となるんです! 雨から雪に変わる季節や、その逆で、雪から雨に変わる季節によく見られます。 「みぞれ」は気象観測では「雪」と分類されています。 なので雪より先にみぞれが降った時は、その時が初雪になるんだとか… みぞれの漢字 ちなみに、みぞれは漢字で「 霙」と書きます。 「雨かんむり」の下に「英」ですが、この「英」には「花」という意味があります。 つまりみぞれは「雨の花」だと、昔の方は例えたんですね!おしゃれ… 「あられ」って? スポンサーリンク 「みぞれ」についてはよくわかっていただけたと思います。 では「あられ」はどうでしょうか!• 「 あられ」は、氷の粒であり、その直径が 5ミリ未満のものを指します。 「むむっ!雪との違いがわかりにくい!」 と思われますが、その明確な違いは、雪は氷の結晶ですが、あられは氷の粒です。 そして、 「あられ」は地面に落ちたときに跳ねます! あられの漢字 ちなみに「あられ」を漢字で書くと「 霰」です。 「雨かんむり」の下に「散」です。 雨が地上付近で固まり、パラパラと散って落ちてくるものということから、この漢字になったんですね! わかりやすい! 「ひょう」って? スポンサーリンク 「雨」「雪」「みぞれ」「あられ」についてはわかっていただけましたか? 最後の「ひょう」ですが、• 「 ひょう」は、氷の粒であり、その直径が 5ミリ以上のものを指します。 そうなんです。 あられは5ミリ未満の氷の粒、ひょうは5ミリ以上の氷の粒。 違いは大きさだけです! なので5ミリくらいの氷の粒が降っていても、普通の人なら見ただけで「あられ」か「ひょう」かは判断が難しいのではないでしょうか! よっぽど大きい氷の粒なら「ひょうだ!」とわかりますが… なんと世界最大のひょうは、1917年(大正6年)の6月29日に現在の埼玉県熊谷市に降りました! そのサイズは29. 6センチ!重さは3. 4キロ!かぼちゃくらいのサイズだったようです! もうそれ、ひょうじゃなくて隕石だよ!こわい! ひょうの漢字 そんな「ひょう」ですが、漢字では「 雹」と書きます。 「雨かんむり」の下に「包」です。 「包む」という字には、文字通り何かを包むという意味の他に、「丸く覆う」という意味があります。 「あられ」よりも「より丸く覆われた氷の粒」というイメージからこの漢字があてられたのでしょうか。 英語ではなんていうの? スポンサーリンク• 「雨」は、rain(レイン)• 「雪」は、snow(スノウ)• 「みぞれ」は、sleet(スリート)• 「あられ」は、hail(ヘイル)• 「ひょう」も、hail(ヘイル) 「あられ」と「ひょう」は同じように呼ばれているんです。 あられは「小さいhail」で、ひょうは「大きいhail」なんですね! さいごに いかがでしたか? 余談かもしれないですが、最後に「雪」という漢字について… 「雪」は、「雨かんむり」の下に「ヨ」です。 この「ヨ」はどういう意味かご存知ですか? 実は「彗」という字からきています。 この文字、「彗星」などで見たことがあるのではないでしょうか? 「彗」の字は「ほうき」という意味があります。 「彗星(すいせい)」のことを「ほうきぼし」と言ったりしますよね! 「雪」は、ほうきで掃くことのできる雨。 という意味が有力なんですが、 「雪」は、 ほうきのように色々なものを掃き清めるという意味もあります。 そのくらい昔の人にとっては、神聖でありがたいものだったんですね! 雪の季節が楽しみになってきませんか?.

次の