両家 顔合わせ 流れ。 顔合わせ食事会の流れ|親ごころゼクシィ

両家顔合わせって何するの?当日の流れや注意点を徹底解説

両家 顔合わせ 流れ

息子の結婚 顔合わせ 両家顔合わせの前に 両家顔合わせの前に婚約のスタイルをどうするかということを決めておきましょう。 婚約のスタイルはさまざまあります。 とは言え、 男性側から結納はしないと決めてしまうのはマナー違反です。 お嫁入りの場合は女性側の望むスタイルで行うのが大原則となっています。 両家話し合いの上、結納をするか否かは決めておきましょう。 結納は両家顔合わせの後にしますが、結納をしない場合は両家顔合わせが結納のかわりとなります。 両家顔合わせの場において婚約記念品の交換をして正式に婚約したことになります。 両家顔合わせの基礎知識 かつては顔合わせは男性が親をともなって、女性の実家を訪れるのが一般的でした。 しかし最近では料亭、レストラン、ホテルなどの個室での食事会が多いようです。 顔合わせの場所や両家の都合の良い日取りなどの セッティングは子どもたちに任せましょう。 両家顔合わせの準備編 では、準備を始めましょう。 一般的には 男性側主導で準備をします。 両家顔合わせの日程を決める 結婚式から8ヵ月~6ヵ月前に行うのが一般的です。 お日柄をこだわるなら大安をどうぞ。 両家顔合わせの場所を決める お互いの地元が離れている場合は男性側が女性側に出向くのが一般的です。 両家の中間地点の場所を選ぶこともあります。 お店を予約して食事会のメニューを決める 会場選びのポイントは• 静かで落ち着ける個室がある• 料理がおいしい• 「顔合わせ」で利用することに店側で配慮がある 人気のお店は早めに予約をし、メニューを決める際は好き嫌いや、アレルギーなども事前にチェックしておきます。 両家の服装を決める 顔合わせの会場の雰囲気を考慮して、 両家の服装を同格にします。 相手側がスーツでビシッと決めているのにこちら側が普段着だと、いきなり気まずいムードになります。 男性はダークスーツ、女性はスーツかワンピースというように決めておきましょう。 関連記事: 婚約記念品を決める 結納をしない場合はこの顔合わせの場で記念品交換をします。 もうすでに婚約指輪を渡している場合はお披露目をします。 食事会の費用分担をどうするか決めておく 新郎側が払うのか、折半するのか事前に決めておきます。 当日の支払いはスムーズに行いましょう。 親子で今後のことを話し合っておく 親子の意思を統一させておきましょう。 手土産を用意する 手土産は女性宅に出向く場合は必須ですが、外で食事会を行う場合はどちらでもかまいません。 ただ、片側だけが用意することは避けたいので、 両家で手土産を用意するのか子どもに確認してもらいます。 関連記事: 話題を用意する 初対面でも和めるように考えておきましょう。 いろいろと準備がありますが何事も最初が肝心です。 親同士は初対面ですので、 対等な立場から顔合わせができるように準備は念入りに! そして 両家の調整役はもちろん子どもたちです。 両家がこれからいい関係を保てるよう動いてもらいましょうね。 うちの場合、子どもたちが挙式を希望しているホテルにあるレストランの個室で行いました。 式場の下見も兼ねることができてよかったと思います。 費用は子どもたちがそれぞれの親の分も出しました。 両家顔合わせの流れ・進め方 両家顔合わせでは特に決まった形式はありませんが、進行役は男性の父親か男性本人です。 うちの場合は息子です。 両家顔合わせが始まりました。 挙式に地域的なしきたりはあるか• 挙式の時期、形式、場所、予算の希望はあるか• 仲人、媒酌人を立てるか• 挙式までのスケジュールは• 子どもの結婚後の生活について 重要なことは、お酒の入る前には話しておきましょう。 うちの場合、顔合わせの前に子どもたちと結構話し合い、相手の親の考えもほぼ聞いていました。 顔合わせの場で、再度きちんとお互いに重要なことを確認したという感じでした。 両家顔合わせしおり 初対面の親同士が少しでも分かり合えるようにと、子どもたちが事前に顔合わせ用のしおりを作っていました。 親のプロフィール• 生年月日• 住所、連絡先• 家系図• 血液型• 好きな食べ物• 座右の銘• 今までで一番うれしかった事 などを事前にアンケートをとったものを、まとめてくれていました。 なかなか生年月日や連絡先を面と向かって聞けないものなのでしおりになっててよかったです。 相手のお母さんと私が同じ年であることが分かって急に親近感も。。。 その他は二人の出会いや結婚への意気込みまで書いてありました。 綺麗にパソコンで作ってあり このしおりは話題作りにひと役買ってくれました。 やはりおめでたい席なので話が弾んで和やかなムードがいいですよね~ 婚約とは 婚約とは子どもたち二人が結婚することを誓い合いそれを周囲に公表することで、本人たちに自覚を持たせるという意味合いがあります。 また親にとっては子どものパートナーを新しい家族として迎えるという心構えができます。 婚約のスタイルはいろいろとありますが うちの場合は結納はせず、この両家の顔合わせの食事会で婚約記念品の交換をすることにより正式に婚約したことにしました。 婚約記念品は、息子はダイヤの婚約指輪を贈り相手からはスーツを頂きました。 最後に、全員で記念撮影をしました。 やはり正式に婚約したとなると身が引き締まる思いでした。 子どもたちは今はやりのSNSにて婚約したことを友達に発表したそうです。 さて、これからの結婚の準備が大変そうです。 両家で話し合いを持ちながら進めていきたいと思います。 ふたりの都合のよい日時を自由に選ぶことができ、 サンプルなどを事前に用意してもらえます。 これなら実際に試着してみて自分たちにピッタリの指輪を じっくりと探せますよね。 便利になりましたね~.

次の

顔合わせ食事会の段取り&当日の進行と流れ

両家 顔合わせ 流れ

息子の結婚 顔合わせ 両家顔合わせの前に 両家顔合わせの前に婚約のスタイルをどうするかということを決めておきましょう。 婚約のスタイルはさまざまあります。 とは言え、 男性側から結納はしないと決めてしまうのはマナー違反です。 お嫁入りの場合は女性側の望むスタイルで行うのが大原則となっています。 両家話し合いの上、結納をするか否かは決めておきましょう。 結納は両家顔合わせの後にしますが、結納をしない場合は両家顔合わせが結納のかわりとなります。 両家顔合わせの場において婚約記念品の交換をして正式に婚約したことになります。 両家顔合わせの基礎知識 かつては顔合わせは男性が親をともなって、女性の実家を訪れるのが一般的でした。 しかし最近では料亭、レストラン、ホテルなどの個室での食事会が多いようです。 顔合わせの場所や両家の都合の良い日取りなどの セッティングは子どもたちに任せましょう。 両家顔合わせの準備編 では、準備を始めましょう。 一般的には 男性側主導で準備をします。 両家顔合わせの日程を決める 結婚式から8ヵ月~6ヵ月前に行うのが一般的です。 お日柄をこだわるなら大安をどうぞ。 両家顔合わせの場所を決める お互いの地元が離れている場合は男性側が女性側に出向くのが一般的です。 両家の中間地点の場所を選ぶこともあります。 お店を予約して食事会のメニューを決める 会場選びのポイントは• 静かで落ち着ける個室がある• 料理がおいしい• 「顔合わせ」で利用することに店側で配慮がある 人気のお店は早めに予約をし、メニューを決める際は好き嫌いや、アレルギーなども事前にチェックしておきます。 両家の服装を決める 顔合わせの会場の雰囲気を考慮して、 両家の服装を同格にします。 相手側がスーツでビシッと決めているのにこちら側が普段着だと、いきなり気まずいムードになります。 男性はダークスーツ、女性はスーツかワンピースというように決めておきましょう。 関連記事: 婚約記念品を決める 結納をしない場合はこの顔合わせの場で記念品交換をします。 もうすでに婚約指輪を渡している場合はお披露目をします。 食事会の費用分担をどうするか決めておく 新郎側が払うのか、折半するのか事前に決めておきます。 当日の支払いはスムーズに行いましょう。 親子で今後のことを話し合っておく 親子の意思を統一させておきましょう。 手土産を用意する 手土産は女性宅に出向く場合は必須ですが、外で食事会を行う場合はどちらでもかまいません。 ただ、片側だけが用意することは避けたいので、 両家で手土産を用意するのか子どもに確認してもらいます。 関連記事: 話題を用意する 初対面でも和めるように考えておきましょう。 いろいろと準備がありますが何事も最初が肝心です。 親同士は初対面ですので、 対等な立場から顔合わせができるように準備は念入りに! そして 両家の調整役はもちろん子どもたちです。 両家がこれからいい関係を保てるよう動いてもらいましょうね。 うちの場合、子どもたちが挙式を希望しているホテルにあるレストランの個室で行いました。 式場の下見も兼ねることができてよかったと思います。 費用は子どもたちがそれぞれの親の分も出しました。 両家顔合わせの流れ・進め方 両家顔合わせでは特に決まった形式はありませんが、進行役は男性の父親か男性本人です。 うちの場合は息子です。 両家顔合わせが始まりました。 挙式に地域的なしきたりはあるか• 挙式の時期、形式、場所、予算の希望はあるか• 仲人、媒酌人を立てるか• 挙式までのスケジュールは• 子どもの結婚後の生活について 重要なことは、お酒の入る前には話しておきましょう。 うちの場合、顔合わせの前に子どもたちと結構話し合い、相手の親の考えもほぼ聞いていました。 顔合わせの場で、再度きちんとお互いに重要なことを確認したという感じでした。 両家顔合わせしおり 初対面の親同士が少しでも分かり合えるようにと、子どもたちが事前に顔合わせ用のしおりを作っていました。 親のプロフィール• 生年月日• 住所、連絡先• 家系図• 血液型• 好きな食べ物• 座右の銘• 今までで一番うれしかった事 などを事前にアンケートをとったものを、まとめてくれていました。 なかなか生年月日や連絡先を面と向かって聞けないものなのでしおりになっててよかったです。 相手のお母さんと私が同じ年であることが分かって急に親近感も。。。 その他は二人の出会いや結婚への意気込みまで書いてありました。 綺麗にパソコンで作ってあり このしおりは話題作りにひと役買ってくれました。 やはりおめでたい席なので話が弾んで和やかなムードがいいですよね~ 婚約とは 婚約とは子どもたち二人が結婚することを誓い合いそれを周囲に公表することで、本人たちに自覚を持たせるという意味合いがあります。 また親にとっては子どものパートナーを新しい家族として迎えるという心構えができます。 婚約のスタイルはいろいろとありますが うちの場合は結納はせず、この両家の顔合わせの食事会で婚約記念品の交換をすることにより正式に婚約したことにしました。 婚約記念品は、息子はダイヤの婚約指輪を贈り相手からはスーツを頂きました。 最後に、全員で記念撮影をしました。 やはり正式に婚約したとなると身が引き締まる思いでした。 子どもたちは今はやりのSNSにて婚約したことを友達に発表したそうです。 さて、これからの結婚の準備が大変そうです。 両家で話し合いを持ちながら進めていきたいと思います。 ふたりの都合のよい日時を自由に選ぶことができ、 サンプルなどを事前に用意してもらえます。 これなら実際に試着してみて自分たちにピッタリの指輪を じっくりと探せますよね。 便利になりましたね~.

次の

顔合わせ食事会の当日の流れ~スムーズな進行方法~

両家 顔合わせ 流れ

いつ行うのがいいの? 日取りや場所の決め方は? 両家の顔合わせは結婚式の6~3カ月くらい前が一般的です。それぞれの親のスケジュールを聞き、ふたりで日程を調整しましょう。日取りに関しては、家族で気にする人がいなければ、いつでも問題ありません。ちなみに、六輝(六曜)にこだわるのであれば、やはり大安がおすすめですが、午前中なら先勝、午後なら友引がよいとも言われています。 エリアは両家の中間地点でお互いが出てきやすい場所、ふたりが生活している地域などで行うのが一般的ですが、どちらかの実家の近くでも。その際は、来てもらう側は来る側の交通費や宿泊費の負担を考えて、食事会の会食代を持つなどの心配りが必要なことも。まれに、両家の親がともに遠方で多忙な場合などは、挙式の前日~数日前に行うケースもあるので、親の意向を反映しつつ臨機応変に対応するといいでしょう。 食事会の場所は落ち着いたレストランや料亭などで、人目を気にせずに会話が楽しめるよう個室を手配しましょう。 両家それぞれが人数を合わせる必要はなく、兄弟・姉妹や祖父母などが同席したいという場合は、相手側の意向を聞き、問題なければ出席してよいでしょう。 顔合わせの食事会では結納の儀式は行いませんが、結納品の交換をする場合もあります。 また、ふたりの結婚を認めていただいたことにも感謝いたします。今日は両家で親睦を深めることができればと考えています。どうぞよろしくお願いします」など、会の目的を簡単に説明するといいでしょう。 乾杯の発声は男性側の父親が行うのが一般的ですが、ふたりで話し合ってふさわしい人にお願いしてもOK。乾杯後、料理が運ばれてくるまでの間に、本人たちの自己紹介や家族紹介などをして場をつなぎます。家族の紹介は自己紹介形式でもいいですし、ふたりが家族を紹介する形を取っても問題ありません。 ふたりが家族を紹介する場合には、まず男性の父親から順に紹介し、続いて女性側を紹介するようにするとスマートです。 また、結婚式の内容や新生活についての話題もオススメ。食事が済んで、出席者全員で記念撮影をする場合は店のスタッフなどにお願いしましょう。 これから結婚式の準備などでいろいろとご指導いただくことと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします」など、ふたりから両家の親へお礼を述べます。

次の