別々に遊んでいる 遺伝。 そだてや おじいさん「別々に遊んでいる」|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

空間学習に伴う脳内地図の形成機構とASD関連遺伝子Shank2の機能を解明-理研ほか

別々に遊んでいる 遺伝

染色体 細胞の核の中にある ひも状(糸状)のもので、 酢酸カーミン液(酢酸オルセイン液)で 赤色に染色することができましたね。 この染色体の中には、生物の形質を表す情報が詰まっている、生物にとって非常に大切なものになります。 染色体の数は、生物の種類によって決まっており、 ヒトの場合46本、ネコは38本、ヒトに近いチンパンジーで48本となっています。 染色体は基本的に同じ形の染色体がペアで存在します。 これを 相同染色体といいます。 したがってヒトの場合は、染色体の数は46本ですが、相同染色体になっているので 23ペアになっているともいえます。 相同染色体は、生殖細胞をつくる減数分裂のときに分かれて別々の生殖細胞に入ります。 このとき、染色体に入っている対立している遺伝子も分かれて別々の生殖細胞に入ります。 次は、この染色体に入っている情報である遺伝子につて説明します。 次の文は、核の中にある染色体についてまとめたものである。 文中の( )に適する語を入れよ。 情報です。 染色体には情報が詰まっているといいましたが、その情報が遺伝子になるのです。 詳しくは高校の生物で学習しますが、染色体の中には、A(アデニン)T(チミン)G(グアニン)C(シトシン)という塩基という物質が入っています。 このATGCの塩基の並びで、いろいろな形質を表しているのです。 とりあえず、遺伝子は形質を表すもととなる情報であると覚えておきましょう。 遺伝子 (1)無性生殖でできた子は、親とまったく同じ形質を示すが、その理由を「遺伝子」という語を使って説明せよ。 (2)有性生殖でできた子は、親と異なる形質を示すことがあるが、その理由を「遺伝子」という語を使って説明せよ。 解答 (1)親とまったく同じ遺伝子を受け継ぐから。 (2)両親から遺伝子を半分ずつ受け継ぎ、親と異なる遺伝子の組み合わせになるから。 DNA 次は、DNAについて説明します。 DNAは略称で、正式名称は デオキシリボ核酸です。 DNAは物質で、染色体をつくっている材料になります。 このDNAが遺伝子の情報となっているのです。 「DNAは遺伝子の本体である」と言われるのはこのためです。 DNAは2本の鎖になっており、それがらせん状に巻き付いている「二重らせん構造」という形になっています。 染色体と遺伝子、DNAの違いが分かりにくいので、本で例えてみましょう。 詳しくは動画で確認してください。

次の

自閉症と遺伝—自閉症の発症は遺伝と関係?

別々に遊んでいる 遺伝

分離の法則というのはついになる遺伝子は配偶子をつくる際に別れてひとつづつ別々の細胞に入るということですが、意味は、 例えば二遺伝子雑種(2つ以上の遺伝子に注目したもの)の場合 丸の遺伝子をR、しわの遺伝子をrとします。 さらに高い茎をつくる遺伝子をT、低いのをtとしますと、 丸くて高い植物をRrTtとします。 この際、配偶子(遺伝子を伝えるもの)を作る際にR、r、T、tのそれぞれの遺伝子は分離してそれぞれ別の生殖細胞にはいります。 つまり、RrTt=R、r、T、tとなるのです。 これを分離の法則といいます。 このサイトがわかりやすいかもしれません。 「遺伝子型をみる」ボタンをおして遺伝子型を確認しながら「次へ」で進んでいってください。 遺伝子は染色体上に存在しています。 染色体は,父親由来の1本と,母親由来の1本の染色体があります。 その1本ずつの上に載っていますから,「対になっている」状態です。 生殖細胞が形成されるときに,減数分裂という分裂で,2本の染色体は分かれて,1本ずつ生殖細胞(精子や卵)に入ります。 これは,生殖細胞が合体(受精)するたびに,染色体の本数が倍々に増えていかないようにするためです。 したがって,染色体に載っている遺伝子も,分かれて一つずつ別々の生殖細胞に入ることになるのです。 この遺伝子の動きを「分離の法則」と呼ぶわけです。 補足:中学生向きにの表現に直してありますので,若干生物学的な本質と違う言葉を使っています.

次の

エピジェネティクスとは?

別々に遊んでいる 遺伝

分離の法則というのはついになる遺伝子は配偶子をつくる際に別れてひとつづつ別々の細胞に入るということですが、意味は、 例えば二遺伝子雑種(2つ以上の遺伝子に注目したもの)の場合 丸の遺伝子をR、しわの遺伝子をrとします。 さらに高い茎をつくる遺伝子をT、低いのをtとしますと、 丸くて高い植物をRrTtとします。 この際、配偶子(遺伝子を伝えるもの)を作る際にR、r、T、tのそれぞれの遺伝子は分離してそれぞれ別の生殖細胞にはいります。 つまり、RrTt=R、r、T、tとなるのです。 これを分離の法則といいます。 このサイトがわかりやすいかもしれません。 「遺伝子型をみる」ボタンをおして遺伝子型を確認しながら「次へ」で進んでいってください。 遺伝子は染色体上に存在しています。 染色体は,父親由来の1本と,母親由来の1本の染色体があります。 その1本ずつの上に載っていますから,「対になっている」状態です。 生殖細胞が形成されるときに,減数分裂という分裂で,2本の染色体は分かれて,1本ずつ生殖細胞(精子や卵)に入ります。 これは,生殖細胞が合体(受精)するたびに,染色体の本数が倍々に増えていかないようにするためです。 したがって,染色体に載っている遺伝子も,分かれて一つずつ別々の生殖細胞に入ることになるのです。 この遺伝子の動きを「分離の法則」と呼ぶわけです。 補足:中学生向きにの表現に直してありますので,若干生物学的な本質と違う言葉を使っています.

次の