モグワン 中型犬。 大型犬のドッグフード人気ランキング!評判が良いおすすめの餌の選び方

中型犬ドッグフードおすすめランキング2019

モグワン 中型犬

「お家での手作り食」というコンセプトの通り、原材料はヒューマングレイドの材料のみ。 添加物等はもちろんありませんし、食材そのものの栄養を引き出せるように加工・配合されています。 グレインフリーなので、穀物アレルギーの心配もなし。 ヒューマングレイドの原材料を使用• グレインフリーで穀物アレルギーの心配もナシ• ビタミンやミネラルはフルーツで天然成分を摂取• 驚愕の動物性タンパク質50%以上• 製造番号の付与で、発送後も管理可能 更にドッグフードの中の肉類の比率はなんと50%以上! かさ増し食材などでごまかしていません。 モグワンドッグフードの悪い点は? 文句の付け所のないモグワンですが、あえて悪い点・心配な点をあげます。 価格が高い? これだけ良い品質の原材料を使用していると、価格は高くなりがちです。 モグワンは一袋(1. 8kg)3,960円です。 合成保存料などが入っていないので、短期間で使い切れる量のみでの販売になっています。 多頭飼いや大型犬飼いの方は、何袋も購入しなくてはならず大変かもしれません。 販売はインターネットのみ どのお宅にどの製造番号のフードが届けられたかわかるように、モグワンは、インターネットのみでの販売になっています。 これも製品の安全の為に行われているものです。 インターネット販売のデメリット 持って帰る手間などの負担がかかりませんのでインターネット通販はおすすめですが、 偽物や並行輸入品が出回っていることが多いです。 また、大手通販サイトなどで安くなっているフードは品質が悪くなっていることもあります。 公式サイトからの購入ではない場合、品質が保証しづらい点が、インターネット通販のデメリットですね。 モグワン購入の注意点 モグワンは大量生産は行っていませんし、消費期限も短めです。 ですので、なおさら きちんと「公式ホームページ」から購入したほうが安心です。 公式サイトからの購入ならではのお得なキャンペーンもありますので、是非、公式サイトを覗いてみましょう。 成犬・中・高齢期(シニア) モグワンは 成犬からシニア犬におススメです。 お肉、野菜、果物がバランスよく配合されていて、品質も文句なし。 関節に優しいグルコサミンやコンドロイチンも配合されているので、シニア犬にも積極的に与えたいフードだと感じます。 カロリー、脂質が控えめなので、愛犬の太り過ぎを予防することも出来ますね! 子犬(パピー)にはカロリーや脂質の面で物足りない気がしますが、成犬を迎えたワンちゃんには自信をもっておススメ出来ますよ。 モグワンドッグフードはどんな製品? 株式会社レティシアンが輸入販売している製品です。 ペット先進国イギリスで開発・製造 モグワンが作られているイギリスは、ペット関連の先進国です! 動物関連の法整備も厳しく、ドッグフードも厳しい法律で取り締まられています。 国際規格SAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認められた安心の施設。 引用元: ということで、国際的にも認められた施設で製造されています。 徹底した衛生管理が行われ、常に製造ラインはモニタリングされており、品質管理は専門のヒトが最新機器を使用しチェックしています。 人間の食品を製造するのと同じような清潔な環境で作られているとわかると、安心できます。 モグワンは製造番号管理 製造は海外ということで、心配なのは異物が混入したりと何かあったときにすぐ対応できるのか?ということ。 しかし、モグワンはパッキングが完了された時点で一つ一つの袋に製造番号が記載されます。 製造日はもちろんのこと、原材料はどのロットを使用したのか、ということまで詳細にわかる為、 発送後や販売後に万が一問題が起きても番号ですぐに特定することが出来ます。 激安フードなどだと、万が一商品に不具合があった場合でも、商品がどうなったかわからないので、対応が遅れてしまうといった危険性があります。 モグワンを注文してみた 百聞は一見にしかず!実際にモグワンを注文してみました。 モグワン到着! 注文すると、すぐ発送していただき4日ほどで到着しました。 ダンボールの中にモグワンと、領収書や定期購入の案内などが同封されています。 定期購入のほうがお得になるようなので、ワンコが気に入れば定期購入がいいかも。 シンプルな梱包で、余計なゴミも出ません! パッケージ外観とフードの粒 モグワンのパッケージはこんな感じ。 グレーと黄色のシンプルなパッケージで、なんだかドッグフードとは思えないおしゃれな色合いです。 側面には 1kg〜30kgまでそれぞれの給餌量を丁寧に記載してくれています。 こんなに細かく記載してくれているのはなかなかありません! 栄養価が高いので、少しの差が肥満などにつながってしまうのかもしれませんね。 裏面には原材料についてわかりやすく記載してくれています。 粒を出してみると、ドーナツ型で小さめの粒!(右:某大手メーカーフード 左:モグワン) 前に食べていた激安フードと比べると、粒の色が一目瞭然です。 肉がたくさん使用されているのでフードの色も濃くなっているのでしょう。 グレインフリーで、アレルギーになりやすい穀物類は一切なし! 身体に悪い合成添加物も一切入っていません。 肉類の比率が凄い 肉類はなんと比率が50%以上! 一粒の中の半分以上がお肉類で占められています。 また、チキンやサーモンは生肉を一番に使用。 生の原材料を使用することで、良いビタミンや脂質、たんぱく質をたくさん摂取できます。 そして、適度に脂分を落とした乾燥材料を使用することで、バランスよく肉をたくさん使用出来ています。 食材そのものから栄養が摂れる フルーツや野菜を使用することで、自然に天然のビタミンやミネラルを摂取することが出来ます。 添加物で摂取するよりも、食材から摂れる方が確実に身体に良いです。 私達もサプリメントで取るよりも、きちんとご飯で栄養を摂ったほうが健康ですよね。 ココナッツオイル、海藻、クランベリー、かぼちゃなど 皮膚や粘膜を健康にし、きれいな毛並みを保つ効果が期待できます。 関節疾患にも配慮 グルコサミンやコンドロイチンを配合することで、関節疾患になりやすい子にも配慮したドッグフードになっています。 若い子でも、老犬でも、 どんな世代でも安心して食べられるフードですね。 当サイトに投稿された「モグワンドッグフード」の口コミ・評判.

次の

【中型犬向け】餌の選び方とおすすめドッグフードランキングTOP5!

モグワン 中型犬

モグワンの評価 人間でも食べられるレベルの原材料を使用した ヒューマングレート仕様の高品質なドッグフード。 タンパク源はチキンとサーモン肉になっており、穀物不使用でも低脂質、低カロリーを実現しています。 不安要素の高い人工添加物は不使用。 さらに愛犬の関節ケアをサポートするグルコサミンやコンドロイチン、MSMも配合して小型犬や高齢犬に多いに関節トラブルを食事面からサポート。 栄養成分値も室内犬の多い日本のワンちゃんに適した数値となっており、 チキンやサーモンにアレルギーのないワンちゃんなら一番にお勧めしたいドッグフードです。 モグワンの原材料や栄養成分を評価 危険視や不安要素のある原材料は赤文字で示しています。 また魚肉を使用している事もあり、EPAやDHAの摂取源としても好ましい原料になっています。 チキン、サーモン共に高たんぱくでありながら低脂肪、低カロリーといった特徴があり、ビタミンやミネラルも豊富に含まれたお肉原料となります。 簡単に言えてしまえばヘルシーかつ栄養価の高いドッグフードがモグワンになります。 グレインフリーだから穀物アレルギーが低リスク モグワンはグレインフリータイプのドッグフード。 穀物はワンちゃんにとって消化不良が起こりやすく、アレルゲンになりやすい原料の一種です。 しかし、モグワンではメジャーで不安要素の高い穀類は一切不使用。 代わりにアレルギー性の低いイモ類、豆類によって必要な栄養は食物繊維を補給できるように考えた原材料を使用しています。 人工添加物を含まない安心仕様 モグワンでは不安要素の高い着色料、香料などは不使用。 保存料や酸化防止剤は天然由来の添加物(ミックストコフェロール)を採用しており、ワンちゃんに優しいドッグフードになっています。 粗悪なドッグフードに含まれている不安要素の高い人工添加物は一切仕様していないので安心して愛犬に与える事ができます。 関節サポート成分も配合でワンちゃんの関節トラブルを守る! 小型犬・高齢犬などに多く見受けられる関節トラブル。 モグワンでは関節サポート成分として有名なグルコサミン、コンドロイチン、メチルスルフォニルメタン(MSM)を配合。 食事を与えながらワンちゃんの健康をサポートしてくれます。 さらにカロリーも低めに抑えられている為、非常にバランスが良く、成犬からシニア犬にかけて優れたバランスを与える事ができます。 また原料にサーモン肉を使用している事から不飽和脂肪酸であるオメガ6、オメガ3が十分に配合。 不飽和脂肪酸は血液の流れをサポート。 コレステロールに働きかけるなど人間でも注目されていますよね。 日本ではワンちゃんを室内犬と飼う傾向が強いですが、そんな日本で飼われるワンちゃんに最適なバランスを維持しているのがモグワンと言えます。 しっかりと何を原料にしているのか表記しており、割合まで公表しています。 この2つは高タンパク、低脂質が魅力の原料。 愛犬に良質な動物性タンパク質を与える事ができます。 アレルギーや健康への不安が非常に少ないドッグフードと言えます。 穀物不使用のドッグフードはお肉の割合が大きくなるため高カロリー、高脂質になりやすいのですが、モグワンではしっかりとバランスの良い栄養を維持しています。 ドッグフードの鮮度や酸化を守る為にどのフードにも添加物は含まれているのですが、モグワンでは保存料等、自然由来の添加物を使用しており、非常に安心、安全に与える事ができます。 定期であれば割引もされて、さらに続けやすい価格帯となっています。 モグワンの口コミや評判まとめ• チキン&サーモンで良質な動物性タンパク質を与えられる• グレインフリーだから穀物アレルギーが非常に低リスク• 小型犬・高齢犬に嬉しい健康サポート成分も配合• 不安要素の高い人工添加物は不使用• 定期縛りもなく比較的続けやすい価格も魅力 モグワンは我が家でも愛用しているイチ推しのドッグフード。 タンパク源が素晴らしく、その他の原材料も不安要素がなく安心して与える事ができる 高品質なドッグフードになっています。 原材料の質、成分値から運動量の少ない超小型犬、小型犬や足腰が弱くなり始める高齢犬に強くお勧めできるドッグフード。 高品質でアレルギーリスクも低く、安心安全なドッグフードを探している人は是非、一度チェックして欲しいドッグフードになります。 忖度抜きで本当に素晴らしいです。

次の

モグワン100円モニターのお試し内容とおすすめしない3つの理由!

モグワン 中型犬

この記事でまとめたこと• 安い&安全を満たすドッグフードはあるの? 品質と価格は比例する傾向にあるので、「安い=あまり良くない」という考え方は間違いではありません。 犬の体に害を及ぼす危険な原材料は不使用でも、アレルギー源となる可能性が高い原材料を使用しているフードを安全と言うことはできないからです。 つまり、自信を持って「安い&安全」とおすすめできるフードはないと言わざるを得ません。 市販で安い&無添加を満たすフードはある? 添加物(人工添加物や保存料、酸化防止剤、着色料、香料)のうち一つでも使用していなければ「無添加」と記載できます。 そのため、市販の安いドッグフードでも無添加を満たしているものは少なからず存在します。 市販のドッグフードでおすすめといえる条件は? 市販のドッグフードで確認するべきポイント• 良い原材料を使用• 穀物不使用• 無添加• 栄養バランスが完璧 市販のドッグフードを選ぶときに「TVのCMで見かけたから」「パッケージ買い」「健康に良さそう」など、曖昧なイメージで選んでいませんか。 確かに値段が安いドッグフードはお財布に優しいですが、健康を害する原材料がたくさん使われていることも多いので愛犬の命を脅かすことになります。 品質の良し悪しは、使用されている原材料や成分をきちんと見極めて判断する必要があります。 愛犬の幸せも考慮すると、「良い原材料を使用」「栄養バランスが完璧」の2点に特に注意して選ぶことが大切です。 原材料の品質を100点満点で評価し、「評価した点数」と「値段」がどのように関係するのかを以下の項目でまとめています。 市販ドッグフード1.ユーカヌバ 点数(安全性) 62点 内容量 3. 3kg 値段 3340円(税込) 1kgあたりの値段 1012円 主原材料 チキン 危険な穀物 マイロ、 小麦、 コーングルテン、 トウモロコシ、 小麦ブラン 人工添加物 不使用 サイエンスダイエットPROはアメリカで生産し、日本企業が販売しているドッグフードです。 主原料には動物性タンパク質を含む「チキン」が使用されていますが、第2原料以降に様々な穀物が使用されています。 これらを全て合算すると、主原料よりも高い割合になってしまうことが考えられます。 また、タンパク質の量がAAFCOの定める幼犬用最低基準に達していない点も気になります。 これは幼犬の生育に最低限必要な栄養素を含んでいないことを示しており、幼犬に与え続けるとなると栄養不足や発育不良に陥ってしまう可能性がありますよ。 体重ごとの1日あたりの価格 点数(安全性) 38点 内容量 2. 3kg 値段 1296円(税込) 1kgあたりの値段 563円 主原材料 穀類( トウモロコシ、 小麦粉、 コーングルテンミール、 パン粉、 コーングルテンフィード 等) 危険な穀物 トウモロコシ、 小麦粉、 コーングルテンミール、 パン粉、 コーングルテンフィード 等 人工添加物 着色料( 赤色102号、 赤色106号、 黄色4号、 黄色5号、 青色1号) 愛犬元気はユニチャームが販売する国産のドッグフードです。 主原料に穀類を使用しているため、動物性タンパク質は少量しか含まれておらず、そのほとんどが「ミール」や「パウダー」といった品質が不透明な肉類であることからおすすめできないドッグフードです。 市販ドッグフード8.ビタワン 点数(安全性) 32点 内容量 0. 96kg 値段 821円(税込) 1kgあたりの値段 855円 主原材料 小麦粉 危険な穀物 小麦粉、 コーンフラワー、 小麦グルテン 人工添加物 増粘安定剤 プロピレングリコール 、保存料 ソルビン酸カリウム、 デヒドロ酢酸ナトリウム 、、着色料 二酸化チタン、 食用赤色102号、 食用黄色4号、 5号、 食用青色1号 ビタワンは国産チキンをベースにビーフやささみを調合したドッグフードですが、主原料には穀物をふんだんに使用しています。 タンパク質量がAAFCOの幼犬用最低基準に達していないため、特に子犬にはおすすめできません。 市販ドッグフード9.いぬのしあわせ 点数(安全性) 17点 内容量 5. 5kg 値段 2776円(税込) 1kgあたりの値段 505円 主原材料 穀類 危険な穀物 穀類 人工添加物 着色料 青2、 赤102、 黄4、 黄5、 二酸化チタン 、保存料 ソルビン酸K 、酸化防止剤 BHA、 BHT) ペディグリーはタイで生産しているドッグフードです。 主原料の「穀物」は、具体的にどの種類の穀物か判断できないため、危険性の高い穀物が使われている可能性がゼロではありません。 また、「青色2号」「赤色102号」「黄色4号」「黄色5号」「二酸化チタン」など合成着色料をふんだんに使用しています。 市販のドッグフード、一覧表!安全性と値段の関係は? フード名 得点 1kgあたりの値段 75点 1592円 66点 607円 65点 339円 62点 1012円 55点 1809円 45点 788円 38点 563円 32点 855円 17点 515円 14点 505円 上記紹介した市販のドッグフード10種類を得点(安全性)順に並び替えると上記の表になります。 「出来る限りやすいドッグフードを選びたい!」と思うのは当然ですよね。 ですが安全性と値段を比較した結果、 安くて安全なドッグフードはほとんど存在しないということになります。 当サイトpepyでは安全性が90点以上のドッグフードのみをおすすめしています。 安心安全なドッグフード選び、確認するポイントは? 確認するポイント• 主原材料が肉であるか• 原材料の表記があいまいでないか• 危険な穀物を使用していないか• 人工添加物を使用していないか 安全だといえるドッグフードを選ぶにあたって、最低限チェックしたいポイントはこの4点です。 口コミで「おすすめ」といわれているドッグフードであっても、使われている原材料を見るとあまり良いとはいえないような内容であることが少なからずあります。 評判を参考にすることも大事ですが、十分な知識を持って飼い主さん自身の目で本当に「安全」なドッグフードを見極めることが最重要ですよ。 主原材料が肉であるか 主原材料とは「原材料表の先頭に記載されている食材の名前」のことです。 原材料表は原則として配合割合の多い順から記載するという決まりがあるので、主原材料はそのドッグフードのなかで最も多く使われている原材料ということを表しています。 犬の成長に欠かせない「動物性タンパク質」を効率的に補給できるよう、肉が主原材料に使われているドッグフードを選ぶことをおすすめします。 原材料の表記があいまいでないか あいまいな表記の例• 副産物• 動物性油脂 脂肪 これらのような表記は、「なんの種類の肉が使用されているのか」「どの部位が使用されているのか」などの詳細を私たちの目だけでは判断することができません。 なかには廃棄用の肉や骨・足・くちばしなど、 人間でも食べないような低品質なものが使用されている可能性があります。 決して良いとはいえない品質を隠すために、あえてあいまいな表記をしているのかもしれません。 「骨抜き鶏肉」「サーモンオイル」など具体的な動物名まで明記されているドッグフードの方が安全性は高いといえます。 あいまいな表記があるものは避けた方が望ましいですよ。 危険な穀物を使用していないか 犬種別おすすめドックフード• トイプードル• チワワ• ポメラニアン• ヨークシャテリア• マルチーズ• ダックスフンド• フレンチブルドック• ゴールデンレトリバー• ミニチュアシュナイザー トイプードル トイプードルにおすすめのドックフードは「モグワン」「カナガン」「ファインペッツ」などが挙げられます。 これらは良質な動物性たんぱく質が多く含まれており、粗悪なものが一切含まれていないのが特徴ですよ。 チワワ チワワにおすすめのドックフードは「モグワン」「カナガン」「オリジン」が挙げられます。 これらは良質な食材を使用しており、健康的で美しい体づくりに適していますよ。 柴犬 柴犬は運動量が多く、小型犬の中でも筋肉量が多い犬種です。 そんな柴犬におすすめのドッグフードはカナガンなど、豊富なたんぱく質が含まれているドッグフードです。 ポメラニアン ポメラニアンは他の犬種と比べ骨が細く、骨折しやすいという特徴があります。 ネルソンズなど「グルコサミン」「コンドロイチン」などの関節を強化する成分を多く含むドックフードは、しっかりとした骨格形成をサポートしてくれるのでおすすめです。 ヨークシャテリア ヨークシャテリアは皮膚トラブルを抱えやすい犬種です。 皮膚病の原因となる穀物や人工添加物の含まれていない「モグワン」などのドックフードがおすすめです。 マルチーズ マルチーズは鼻涙管が細く詰まりやすいため、特に涙やけを起こしやすい犬種です。 質の悪いタンパク質や穀類は犬にとって消化しにくいため老廃物として鼻涙管に蓄積されやすいので、良質なたんぱく質を含み粗悪な原材料が入っていない「モグワン」や「カナガン」「オリジン」などのドックフードをおすすめします。 ダックスフンド ダックスフンドは、椎間板ヘルニアなどの関節疾患になりやすい犬種です。 なのでダックスフンドには足腰の健康維持に欠かせない「グルコサミン・コンドロイチン」、被毛の健康を維持・促進してくれる「オメガ3脂肪酸」などが配合されている「モグワンドックフード」がおすすめです。 フレンチブルドック フレンチブルドッグは皮膚が弱い体質で、アレルギー性皮膚炎や湿性皮膚炎などの皮膚疾患、細菌やウイルスによる皮膚感染症を起こしやすい犬種です。 フレンチブルドッグには皮膚トラブルをケアする「カモミール」や免疫力を促進する「セレン」を含んでいる「カナガンドッグフード」をおすすめしますよ。 ゴールデンレトリバー ゴールデンレトリバーは皮膚が弱く、アトピー性皮膚炎などの皮膚病になりやすいと犬種です。 ゴールデンレトリバーには、皮膚や粘膜を正常化し免疫力を底上げする「ビタミンA」、丈夫な骨格を形成する「ビタミンD」などが豊富に含まれているアランズナチュラルなどのドッグフードがおすすめです。 ミニチュアシュナイザー ミニチュアシュナイザーは特に尿路結石にかかりやすい犬種です。 ミニチュアシュナイザーには、尿路結石に配慮した成分のキナ酸を含む「クランベリー」や、被毛のケアに最適な「サーモンオイル」が配合されている「カナガンドッグフード」がおすすめですよ。 ドライタイプとウェットタイプの違いは? ドッグフードの種類は大きくわけて「ドライタイプ」と「ウェットタイプ」の2種類があります。 ドライタイプは固くて小さい粒になっているドッグフードで、栄養が詰まっている代わりに水分がほとんど含まれていません。 ウェットタイプは柔らかくて大きなかたまりのドッグフードで、水分が多い代わりにドライタイプほど栄養は詰まっていないことが特徴です。 水分が多いため傷みやすく、開封後の賞味期限が一般的に短いです。 食費は抑えず、良質なドッグフードを選んでください! 市販の有名ドッグフード15種類の安全性を点数で評価した結果、 点数が高いものほど値段が高く、点数が低いものほど値段が安くなる傾向がありました。 値段だけでドッグフードを選ぶことは大変危険といえます。 粗悪なドッグフードを口にしてからすぐに体調が悪くなったり病気になったりすることはありませんが、有害成分は確実に体の中に蓄積されていきます。 長い目で見れば、「粗悪なフードを食べさせたことが原因で医療費がかかる」ともいえるのです。 是非愛犬の食費は節約せず、安全な原材料で構成されるプレミアムフードを選んであげてください。 全100種類以上のドッグフードを徹底検証して選んだおすすめ商品はで紹介しています。 この記事で紹介したドッグフード.

次の