歌詞 まちがいさがし。 菅田将暉『まちがいさがし』歌詞の意味を考察・解釈

菅田将暉「まちがいさがし」歌詞の意味を解釈!米津玄師が作詞で世界観がすごい!(パーフェクトワールド主題歌)

歌詞 まちがいさがし

菅田将暉のコメント 四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 解釈 正しい方と間違っている方。 どちらかといったら間違っている方に生まれてきた気がしたけれど もし、正しい方で生まれていたら、相応しく笑い合えることや涙が溢れてやまない経験なんてできなかっただろうな。 相応しくとは似合っているということ。 他人より劣って生まれてきたと思っているこの曲の主人公。 でも、劣って生まれてきたからこそ、自然に笑いあえる仲間や、自然に涙を流し合える仲間ができたと最近気づいたようですね。 この歌詞はまさに米津玄師と菅田将暉を歌っているような歌詞となっていますね。 君の眼が貫いた 僕の胸をまっすぐ その日から 何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに 何気なく そばにいて 解釈 間違いだらけのこの人生の隙間でくだらない話をずっとしていたい。 正しく生きたいと願って、正しくはなれない寂しさから何を生み出したのだろうか? これからの人生一歩ずつ進んでいこう。 幼い頃の子供みたいに。 最初の部分は「くだらない話をずっとしていたい。 」という菅田将暉から米津玄師へのラブコールのように聞こえますね。 くだらない話をずっと続けるなんて、本当に好きな人同士でないとできませんから、この歌詞からは菅田将暉の米津玄師への深い愛がわかりますね。 「正しく生きたい」という願いはたいていの人が願うことですよね。 でも、完璧に正しく生きることが正解なのでしょうか? 不完全な部分があるからこそ人間味があるというものなのかもしれませんね。 君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解か だなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた 淡いもやの中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 解釈 指を重ね合わせて君の手が触れていた 間違いか正解かなんてどうでもよかった。 突然訪れた迷いの中で 君がいなきゃダメなんだとただ強く思った。 この部分は菅田将暉と米津玄師のことを歌った歌詞というよりは、ドラマ「パーフェクトワールド」での恋人同士のことを歌った歌詞のように感じますね。 前半部分は君(彼氏or彼女)と一緒にいられれば正しく生きようが間違いながら生きようがどっちでもいいというようなことを歌っています。 また、「瞬く間に落っこちた 淡いもや」とは、突然訪れた迷いといことを歌っているのでしょう。 君の眼が 貫いた 僕の胸をまっすぐ その日から何もかも変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて.

次の

菅田将暉「まちがいさがし」の歌詞!米津玄師が歌詞に込めた想いを徹底調査!

歌詞 まちがいさがし

2017年にリリースされた米津玄師さんのアルバム『BOOTLEG』に収録の『灰色と青』で初めてコラボをした2人。 米津玄師さんから菅田将暉さんへの熱烈なラブコールによって実現したそうです。 しかも初対面の時米津玄師さんは緊張のあまり酒を飲みすぎてしまったのだとか 笑 それを機に親交が深まった2人の約1年半ぶりのコラボという事もあって、注目が集まっています! 「まちがいさがし」は菅田将暉の為に書いた曲? 米津玄師さんから菅田将暉さんへの熱烈オファーにより実現した『灰色と青』 そのコラボをきっかけに親交が深まった2人ですが、今回の楽曲『まちがいさがし』は、米津玄師さんが、 菅田将暉さんが歌う姿をイメージして作られた楽曲とのこと。 つまり、ドラマのために書き下ろされた楽曲では無いというわけです。 「この曲を主題歌として起用したい」と提案し、ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌として決定したんだそうです。 菅田将暉 コメント 四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって・・・」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 彼の歌を聴くたび、バーンと喉から勢いよく飛び出してくるその声に毎度震えます。 いろんな人に早く聴いてほしいですね。 僕と同じように思うはずです。 事故で脊髄を損傷し車椅子生活を送ることになった建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し心を通わせ合っていくさまが描かれています。 2018年には映画化もされ話題になりましたね! 映画では主演の鮎川役を 岩田剛典さん。 ヒロインの川奈つぐみ役を 杉咲花さんが演じています。 ドラマもいいのですが、個人的には映画での二人の印象が強いですね。 岩田さんの爽やかさに、杉咲花さんの素朴な演技がとても良かったです!胸が苦しくなります 笑 今回のドラマでは、主人公「樹役」の松坂桃李さん、ヒロイン「つぐみ役」山本美月さんの他、瀬戸康史、中村ゆり、松村北斗(SixTONES、ジャニーズJr. )、木村祐一、水沢エレナ、堀内敬子、とよた真帆、麻生祐未、松重豊などの豪華キャストが名を連ねました。 確かに、ドラマ『パーフェクトワールド』の主人公である鮎川くんの境遇に当てはまる部分もありますが、 あくまでドラマと関係なく作られている曲ですので、ここではドラマとは切り離して解釈していきたいと思います。 それではさっそく「まちがいさがし」の歌詞の内容をひも解いてみたいと思います。 この歌詞の主人公は、人と違うことへの劣等感や、たくさんの葛藤を抱えてきたのでしょう。 性格の違い、能力の違い、見た目の違い、境遇の違い・・。 人は皆違って当たり前なのですが、 一般的と呼ばれるモノに対して、自分との違いをふと実感してしまったとき、それは劣等感として心を苦しめることがあります。 でも、違うからこそ独自の感性を持ち、それに共感しあえる人間どうしが出会えた。 「類友の法則」とはよく言いますが、ある意味では、 間違いの方だったからこそ出会いが生まれたのだと言うこと。 そう考えることが出来たとき、はじめて自分自身を肯定することができるようになります。 コメントでも菅田将暉さんは「生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 」と答えています。 菅田さん本人も、俳優として上を目指してきた中で、きっといろいろな葛藤や劣等感を感じてきたことでしょう。 そしてまた米津玄師さんも同じように劣等感や葛藤を感じながら生きてきたはずです。 そんな二人がこうして出会えたということ。 まさに、菅田将暉さんと、米津玄師さんのような関係性ですね。 これは喜びの涙なのでしょう。 菅田将暉さんのコメントにもあるように「その人自身にしかわからない苦しい境遇の中で、形は違えど対象者の存在が自分を肯定できる。 」と言っています。 それって実はとても大切なことなのかもしれないですね。 以前ラジオで米津玄師さんは「菅田将暉という人物は、自分と真逆の世界に存在する人間」と言っていましたが、だからこそ惹かれあう2人なのでしょう。 違うからこそ惹かれあう・・・。 恋愛にも友情にも言えることですね。 恋人だったり、夫婦だったり。 大切な親友だったり、親や家族の存在だったり。 このサビでは聴き手の境遇によって、いろいろな相手をイメージできる部分だと思います。 「 風に飛ばされそうな深い春」の詩はとても深い表現ですね。 春という、暖かさの中に「心の脆 もろ さ」が現れている部分。 そんな時には、さりげない君の存在が必要なのですね。 何をするでもなく、声を掛けることもなく、ただそばにいてくれる。 本当に心が温かくなる歌詞ですね。 ちなみにここのサビですが、米津玄師さんが菅田将暉さんに渡したデモ音源では、サビの冒頭部分はファルセット 裏声 だったんだそうです。 でも、それを忘れていた菅田将暉さんは、そのまま地声で力強く歌ってしまったとのこと。 しかし、米津玄師さんはその歌声を聴いて「 このサビはこう歌うべきだったんだ!」と思ったそうです。 そしてこの瞬間に「まちがいさがし」は間違いなく菅田将暉の曲として成立したんだそうですよ! 作者として拭えなかった米津玄師っぽさを、いい意味で壊してくれたと語っていました。 ラジオでも菅田将暉さんは「世の中は間違いだらけ」と言っていました。 しかし、それを悲観するのではなく「その中で何を学ぶのか?」ということが大切なのかもしれませんね。 まだ起きたばかりの子供は寝ぼけた状態で、すぐには動き出せないものです。 それでも焦らずゆっくりと・・。 それくらいのペースで自分自身の答えを見つけていこうという意味なのかもしれませんね。 ここでは、どちらかというと、恋人同士を表現しているように感じます。 この部分に関しては、ドラマ『パーフェクトワールド』での2人にとてもよく当てはまる部分ですね。 触れ合う温度で感じた瞬間、過去がどうとか、境遇がどうとか、もはやどうでもよく感じたのでしょう。 辛い境遇、身体的障害もそうですが、性別の問題もそう。 所詮「まかちがい」という決めつけは、一般論が作り上げた、数の暴力でしかないと私は思います。 「瞬く間に落っこちた深い靄 もや 」は、いつ起こるかわからないこと。 でも、誰にでも起こりうる、辛い悲しみが起こったとき、初めてその存在の大きさに気づくのかもしれませんね。 事件、事故、争い。 そして、自分自身が誰かにとってそんな存在になれるように。 この歌詞は本当に深い部分だと思います。 逆境に立たされた、辛い環境の中でこそ見せる本当の顔。 上辺だけでない、人として飾ることのできない状態でこそ本当の顔だと表現している部分ですね。 それを私に見せて欲しいという、汚れた部分も、惨めな状態も受け入れる愛がそこにあるようです。 たとえ今の人生が「間違いの方」だったとしても、そうでなければ出会えなかった、君の存在。 それに気づくことの大切さも表現されている歌詞でした。 ただ、一見すると爽やかで暖かい歌詞のようで、実は人間の深い部分を表現した歌詞でもある様子・・。 聴く人の環境によって捉え方も変わってくるのではないでしょうか?.

次の

まちがいさがし

歌詞 まちがいさがし

四畳半の個室で「自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかもしれない、でもだからこそ今目の前の人との出会いがあって…」と。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 米津玄師の意味深な作成意図• 菅田将暉の共感性の高い解釈 が凝縮された濃密なインタビューですね。 一般的な正解と言われる生き方とは少しかけ離れてて、しかしそのまちがいの方に生きたからこそ、目の前の人と出会えている… 米津の作成意図は、実際かなり共感できる人は多いのではないでしょうか。 自分が「正解」と思って生きている人間なんて、昨今では決して多くはないからです。 また反対に「まちがいさがし」を聴く人が、自己肯定の高い人だったとしても、きっと 「まちがい」と自覚する部分は多少なりともあると思います。 「まちがいさがし」 という本楽曲は、自分が「間違い」側に立っているというのを前提に、それを受け入れて肯定していくという、ある意味 かなりポジティブな楽曲なのではないでしょうか。 ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌! 「まちがいさがし」を主題歌として提供したい。 米津とともに作成した大切な作品であるからこそ、菅田将暉は苦楽を共にしてきた戦友の松坂桃李が主演を努める「パーフェクトワールド」の主題歌として提供したいと提案したそう。 菅田将暉のコメント 米津玄師が作詞作曲! 松坂桃李主演ドラマの主題歌! そんな状況に菅田将暉は まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です。 気づけば10年近くなりますでしょうか? 今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。 そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。 しかも米津玄師が作ってくれる。 正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。 ちょっと吐きそうでした。 ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。 「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 とコメント。 幸せ過ぎると少し不安になる そんな帳尻合わせ的な感情でしょうか? とにかく想いの密度がすごい。 腹の底から吐き出されるように本楽曲を歌う菅田将暉の歌声の背景には、こんなにも濃密な想いが込められているのです。 松坂桃李のコメント 上の動画は 「パーフェクトワールド」のブルーレイ&DVD BOX発売PRなのですが、これを見るだけでもあらすじが大方理解できます。 完璧な人間の完璧でない部分。 それこそまさに 「まちがいさがし」 といったところですね。 では、更に楽曲を深追いしていきます。 楽曲名「まちがいさがし」とは 「まちがいさがし」とは 漢字に直すと 「間違い探し」 皆さんは間違い探しで遊んだことはありますか? 「間違い探し」には上の画像のように 「正解の画」と 「間違いの画」が存在します。 本楽曲はこの 「間違いの画」が 「現実社会の自分の立ち位置」と対比されて描かれているのです。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 歌詞 まちがい探しの まちがいの方に 生まれて来たような気でいたけど まちがい探しの正解の方じゃあ きっと出会えなかったと思う 相応しく笑い会えること なぜだろうか涙が出ること 君の目が貫いた僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で退屈なくらいに 何気なくそばにいて 間違いだらけのささいな隙間で くだらない話をくたばるまで 正しくありたい会えない淋しさが 何を育んだでしょう ひとつずつ探し当てていこう 起きがけの 子供みたいに 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんて どうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 君の目が貫いた僕の目をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 作詞作曲:米津玄師 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提として 前提として主人公は 卑屈で自己肯定の低いキャラクター というものが、当てはまります。 もしくは、 気丈に見えて、実は劣等感を感じている そのような人も同様。 とはいえ、人間は誰しもがその人しか知らない弱い部分を持っているもの。 そう考えると共感性はかなり高い内容になっているのではないでしょうか。 では、細かく解釈していきます。 1番 まちがい探しの まちがいの方に 生まれて来たような気でいたけど まちがい探しの正解の方じゃあ きっと出会えなかったと思う 相応しく笑い会えること なぜだろうか涙が出ること 作詞作曲:米津玄師 「決して自分は正解ではない」 常々、劣等感を感じているから、まちがいさがしの間違いの部屋に自分が住んでいるように感じている。 そんな卑屈な心が映されると同時に しかし、その間違いの人生を歩んできたからこそ、今目の前にいる人間、自分を包んでくれる環境がある。 という、 ポジティブな視点が歌詞として展開されていく。 こうしてポジティブに捉えることで、 自分の人生は決して間違いだけではなかったと認識することが出来るのです。 今まで否定し続けてきた 自分を全肯定することができる。 こんなに嬉しいことはないですよね。 サビ1 君の目が貫いた僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で退屈なくらいに 何気なくそばにいて 作詞作曲:米津玄師 目の前にいてくれる君のおかげで、間違いの部屋にいる自分を「悪くないな」と肯定することが出来たのです。 しかし裏を返すと、 君がいてくれないと、ただの間違いの部屋になってしまうのも事実。 だからこそ 「そばにいて」 と、心からの想いが綴られる。 また 風に飛ばされそうな 深い春の隅 というのは、主人公視点の社会が対比されているのではないでしょうか。 正しく在りたいけど、在れない 苦悩の中身が違えど、これが当てはまるような境遇は誰にでもあると思います。 この葛藤が育んだものこそ 「間違いの肯定」です。 どうしようもない自分を否定してきた人にとって、本楽曲の視点はかなり勇気づけられるのではないでしょうか。 サビ2 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんて どうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 作詞作曲:米津玄師 君という存在のおかげで、 まちがいの部屋にいる劣等感 なんてどうでもよくなってしまいます。 靄 もや の中にいるように感じていた生き苦しい社会でさえも、君さえいれば瞬く間に澄み切ったものに様変わりしたのです。 ラストサビ 君の目が貫いた僕の目をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 誰にも見せない顔を見せて 君の手が触れていた指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった 瞬く間に落っこちた青い靄の中で 君じゃなきゃいけないと ただ強く思うだけ 作詞作曲:米津玄師 ラストサビは、 サビ1と2に類似した歌詞になっています。 本楽曲は、人間のどこか弱い部分にフォーカスを当てており、なおかつ「君」という存在がいることで情景のイメージがしやすく、共感性の高い楽曲だったと思いますが、米津玄師から菅田将暉に送った歌ということで、 恋心と言っても過言ではないほどの 米津玄師が抱える菅田将暉に対する リアルな感情も込めれていると思います。 はじめて菅田将暉を見たとき米津玄師は.

次の