野際陽子 まっけんゆう。 真瀬樹里とまっけんゆうとの関係は?結婚や子供についても調査!

まっけんゆう(新田真剣佑)名前の由来、母や弟のことから子供のことまで解説!

野際陽子 まっけんゆう

気になるところから読む• 新田真剣佑の家族がすごい! ただ今人気急上昇中の俳優・新田真剣佑さんのプロフィールをご紹介します。 ロサンゼルスには高校卒業まで住んでいたので、英語もペラペラ。 その後日本に移り住んだので、帰国子女ということになりますね。 そんな、新田真剣佑さんの家族がすごいんです!! まず、お父様は俳優の千葉真一さん。 千葉真一さんが威勢の良い寿司屋店主演じた、スタイリッシュなクールジャパンの映像世界に釘付けの作品執筆記事 日本人俳優共演、壮絶バトルアクション映画【キル・ビル】ギャラリー — Noriko作品レビュー執筆中 MaguTeamTC 千葉真一さんは元々女優の野際陽子さんと結婚していましたが、1994年に離婚。 その後1996年に28歳年下の一般女性と再婚して生まれたのが真剣佑さんでした。 千葉さんは現在79歳ですので真剣佑さんは千葉さんが58歳の時の子供ということになりますね。 おじいちゃんと孫ぐらいの歳の差にビックリです!! 今では口ひげがダンディーな千葉さんの、若かりし時のお顔はこちら。 お名前は、前田郷敦(マエダゴードン)さん!! お兄さんに負けず劣らずのイケメンですね。 そんな弟のゴードンさんは何をしているのかというと、岡山県にある高校で吹奏楽部に在籍し、アルトサックスを担当しているそうです。 しかもその吹奏楽部の部長もつとめているのだとか。 ゴードンさんの通う高校の吹奏楽部は、全国大会に出場するほどのレベルと言われています。 「ちはやふる」に出演の真剣佑と真瀬樹里は異母兄妹であることご存知でしたか?父親はJapan Action Club創設者の千葉真一です。 — ひかり mh33070916 異母姉の真瀬樹里さんとも兄弟仲が良いようですね! スポンサーリンク 新田真剣佑とゴードンはハーフ? 端正なルックスとロサンゼルス出身、さらに「マッケンユー」と「ゴードン」という名前から、「新田真剣佑はハーフか?」と思う人もいますが、真剣佑さんも郷敦さんも日本人の両親から生まれた純日本人です。 真剣佑さんの母親は、京都で芸妓をされていたという一般人女性の玉美さん。 千葉真一さんとは28歳の歳の差があります。 どちらかというと弟さんの方がハーフっぽいような雰囲気がありますが、それぐらい日本人離れした綺麗な顔立ちを持っているということですね!うらやましいです!! スポンサーリンク さいごに 今回は、新田真剣佑さんとその華麗なる家族についてお届けしましたがいかがでしたか? 整ったルックスと演技力を生かして、今後ますます活躍の幅を広げていくこと間違いなしですね! 新田真剣佑さんのさらなる活躍を応援しています!!.

次の

「新田真剣佑」(あらた・まっけんゆう)は本名?千葉真一と野際陽子の息子なの?

野際陽子 まっけんゆう

oricon. jp千葉真一さん 野際陽子さんと千葉真一さんは1972年から1994年までご結婚されていました。 お子さんは一人娘の真瀬樹里さんで女優をされています。 真剣佑さんは野際陽子さんの息子さんではありません。 玉美さんが真剣佑さんの母親 1996年に千葉真一さんは玉美さんという一般女性と再婚されました。 当時千葉さんが57才で玉美さんが29才でした。 玉美さんは元舞妓さんだったらしいです。 千葉真一さんと玉美さんのご長男が真剣佑(まっけんゆう)さんです。 イケメンです。 玉美さんとは2015年に離婚されました。 本名の由来 千葉真一さんの本名 ちなみに千葉真一さんの本名は 前田 禎穂(まえだ さだほ)さんです。 前田真剣佑(まえだまっけんゆう)さんってどんな人?• 1996年11月16日生まれ、ロサンゼルス出身。 身長は176cm。 特技は英語・水泳・乗馬・殺陣・空手・レスリング・体操・水球・スキー・ピアノ・フルート。 特技の数が半端なく凄いです。 ロサンゼルス出身ですから英語が得意なのは当たり前ですね。 真剣佑という名前の意味 千葉真一さんが「真実の剣を持って人の右に出る」という意味を込めてつけた名前だそう。 本名で真剣佑(まっけんゆう)は他にない良い名前ですね。 名前の由来がこんなにしっかりとあるのもなかなか珍しいです。 改名して新田真剣佑(あらたまっけんゆう)に! 真剣佑さんは、父親の千葉真一さんの個人事務所で浅井企画に業務を委託していました。 それが突然トップコートに所属を移籍してしまい父親の千葉真一さんは怒っているとか。 親から独立して自分の力で生きていくのは良いことです。 頑張ってくださいね。 そこで心機一転改名をして「真剣佑」から「新田真剣佑」としたのですね。 字画や字数を考えて選んだ苗字でしょう。 どうか自立したイケメンになってくださいね。 スポンサーリンク 真剣佑さんの弟さん 真剣佑さんには弟さんがいらっしゃいます。 本名は前田郷敦(まえだごうどん)です。 マッケンユーもゴードンも英語でも言いやすそうですから、もちろんそこのところを意識して付けたお名前ですよね。 芸名はゴードン千葉で、来年芸能界にデビューするとか。 この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいますよ! この記事のおさらい• 千葉真一さんの最初の妻である野際陽子さんは真剣佑さんのお母さまではありません。 再婚相手の一般女性、玉美さんがお母さんです。 真剣佑さんは事務所をトップコートに移籍した際に「新田真剣佑」(あらたまっけんゆう)と改名しました。 真剣佑というのは本名でもあり、由来は「真の剣をもって人の右に出る」という意味です。 読み方が最初はちょっと難しいけれど、一度知ってしまえばマッケンユーって読めますよね。 新田真剣佑さん、イケメンな上に真剣佑という素晴らしい本名まであって良いですね。 芸名でも本名をそのまま真剣佑と使うのも納得です。 新田(あらた)という苗字を新しく付けたけれど、きっと呼ばれるときは、お名前の真剣佑さんで呼ばれますよね。 だから呼び方に関しては大きな変化は無いと思います。 ですが、気持の上で新たな気分で頑張りたいということですよね。 お父さんの千葉真一さんのように素晴らしい役者さんを目指してくださいね。 応援しています! 以上、「新田真剣佑の母は野際陽子でなかった!! 本名の由来の真相に迫る!! 」でした!.

次の

新田真剣佑はハーフ?両親だれ?母親は?姉弟は異母?性格が嫌い

野際陽子 まっけんゆう

身長163cm 、はA型。 特技は・。 最後の所属事務所は。 本名は同じ。 来歴 [ ] 生い立ち [ ] で生まれ 、で育ち、3歳からで育った。 杉並区立杉並第五小学校 、、卒業。 大学時代は初代に選ばれ、の英語劇セクションとに所属し、など数々の作品に出演。 本名は同じ。 大学時代の同期には元プロ野球選手の、、フリーアナウンサーのがいる。 NHKアナウンサー時代 [ ] 大学卒業後、(昭和33年)ににとして入局。 は同期入局。 3か月の研修後にに赴任。 天気・婦人番組を担当。 翌年のの災害報道にも関わっている。 同局には1年後輩のアナウンサーとしてがいた。 (昭和35年)にNHK東京放送局(現:)に赴任。 テレビ『』の司会を週1回担当。 以降の2年間は週3本のレギュラー番組を担当した。 名古屋赴任時に独身寮の野際の部屋に折悪しく給料日に強盗が入り、ナイフを突きつけられ金銭を獲られたエピソードを明かしている。 NHK退社、女優へ [ ] (昭和37年)3月にNHK退職後、企画を説明する係として広告代理店へ転職。 しかし出番が来ないまま3か月が経ち、給料だけもらうのは忍びないと気兼ねしていると、15分の生放送番組である『』()の司会者を担うこととなった。 『女性専科』以降は女優活動が中心となった。 TBSのプロデューサーは「NHKのアナウンサーだった野際を女優に誘ったのは僕」と述べている。 (昭和38年)放送のテレビドラマ『』 TBS で主演のの教え子になる理知的な若い美人が欲しくて人選していたが、なかなか見つからず。 野際は当時NHKの花形美人アナウンサーだったが、近々辞めてフリーになるという噂があり、会って「芝居やってみませんか」と誘ったら「とてもやりたいと思っている」と言われ出演してもらった。 ほとんど褒めることのない佐分利が野際のことを「彼女はいいですね」と褒めていたので野際も自信を持ったのではないか、それでの映画とかに出演するようになったと述べている。 (昭和41年)2月にかねてから念願であったへ留学。 で古典仏文学の授業を受けながら、にも通い、1年を過ごした。 翌年帰国後『女性専科』に復帰し、パリで培ったファッションセンスを活かした。 1967年3月、パリからの帰国時に、まだ日本では珍しかったフランス製のを着用してタラップを下りてきた。 ミニスカートは世界的に流行しつつあったが、日本においては同年10月の来日を皮切りに爆発的に流行したが、それよりも7か月早く著名人がミニスカートを穿いて公の場に現れたことから、野際は「日本におけるミニスカート第一号」である。 ディレクターにどうしても歌わせて欲しいと直談判して [ ]、主題歌の「」も歌った。 (昭和47年)には共演のと婚約、翌年結婚。 (昭和50年)にを出産。 38歳11か月での初産は当時の芸能人の高齢出産最高齢記録だった。 (4年)、テレビドラマ『』で息子を溺愛するしたたかな姑を演じ、大ヒット。 以後、着物姿の姑役が定着し、『』、『』、『』、『』などTBSドラマの常連になった。 (平成6年)、日本に居たかった野際は、に拠点を移したかった千葉真一と離婚。 千葉と一緒にに臨み、「私のわがままです。 彼が進出のためにいるのがほとんどで、千葉真一の妻という感覚が希薄になりフッと忘れてしまうことが多くなった。 けじめもつけたかったし、出会った『キイハンター』のころの友達に戻りたかった」と理由を答えている。 1996年(平成8年)、『』に出演した際に離婚を「良妻賢母と言われていたけれど、任じゃないっていう感じがした」などと当時を振り返っていた。 同年10月5日、『オールスター感謝祭'96超豪華!クイズ決定版この秋お待たせ特大号』では60歳255日での最年長優勝を果たした。 その記録は23年たった今でも誰にも破られていない。 (平成23年)3月、原発事故を受け、「原発からでた放射能を無害にする技術ができない限り、原発はありえない」と反原発のスタンスであることをインタビューで語っている。 このため、震災後に自宅の照明器具を全て省エネのためLEDに交換している。 (平成25年)現在、の制定に関して反対表明をしている芸能人の一人である。 (平成28年)、の広報特使を委嘱された。 晩年・闘病・死去 [ ] (平成26年)に初期のと診断され手術したが、(平成27年)に再発したため再手術で摘出手術を行っていた。 (平成28年)秋からはドラマ『』の撮影に参加していたが、再び癌が再発。 体調が日に日に悪化する中、野際はそれを周囲に隠しながら(平成29年)まで撮影を続行し、代役の効かない重要なシーンをすべて撮り終えていた。 しかし翌、を併発して入院。 以降容態は回復することなく、1か月後の午前8時5分、娘・真瀬らと事務所スタッフに看取られ、のために東京都内の病院にて、81歳で死去した。 テレビドラマでは『やすらぎの郷』が、映画では『いつまた、君と〜何日君再来〜』(2017年公開)がとなった。 生涯最後の撮影現場となった『やすらぎの郷』では、撮影の合間に酸素吸入器を付けるなど体調が悪いながらも最後まで毅然と演じきった。 また、『ずっとあなたが好きだった』などで共演したも自身のブログで哀悼の意を表した。 その後、『やすらぎの郷』の後を受けて放送がスタートしたドラマ『』で、娘・真瀬が野際を演じて話題となった。 人物 [ ] 家族仲が良く、実家の家族とよくを楽しみ 、を迎えたのを機に『』というタイトルのエッセイを出版している。 本人曰く「還暦を機に心の中を少し脱いでみようか」との意味でこのタイトルに落ち着いた [ ]。 多趣味であり、独身時代から勉強していた語学に加え、結婚後も子供と一緒にやなどを習っていたことがある。 近雑誌の取材でのアトリエを訪れた事がきっかけでを描いている。 健康おたくを自称するくらい健康には気を使っており、自分で考案したり人に聞いたりした健康ドリンクを長年飲み続け 、「老いは股関節から来る」と主治医に聞いてからストレッチを続け、180度開脚できるようになった。 テレビドラマ『』や『』などで共演したから妹のように可愛がられ 、はドラマ『』で野際と共演していた時に、丹波から「陽子をヨロシク!」と声をかけられている。 所属のは、丹波が設立した「丹波プロダクション」が元であり、娘の真瀬を含め、多くの俳優を抱える事務所として営業していた。 しかし癌との闘いを続けていた野際は、自身の体調の最悪の事態を考え、事務所社長とともに、所属俳優の他事務所への移籍の口利きを進めた 『ずっとあなたが好きだった』の後も『』など着物を着た姑役が続くが、「私の後(の姑役)は、さんにでもお願いしようかしらね」と語り、浅野とも交流が続いていた。 晩年の闘病中であることは週刊誌にスクープ掲載されるまでは極秘だったそうで浅野やなど極一部の関係者のみにしか知らせていなかったという。 夫婦役では『ダブル・キッチン』以降との共演が多い。 とは映画『』、ドラマ『ずっとあなたが好きだった』『』(無印から9シリーズ連続共演)『』、『』などで共演している。 NHK時代からとの交流が続いていたため、『』へのゲスト出演21回は女性ゲストでは最多だった(2018年12月21日にが22回の出演で更新される)。 『旅の香り 時の遊び』で共演していたのを可愛がっていた。 よくある話ですが、売れているときはよくしてくれても、落ちぶれると接し方が変わるじゃないですか。 番組スタッフにも「うちのヒロシをよろしく」と言って回ってくれていたそうである。 「最初はウソだろう、僕のことなんか見てないだろうと思っていたんですが、本当だと知ってうれしかったですね。 僕が番組に出続けられたのは、野際さんのおかげだと思っています」とヒロシは感謝している。 野際はヒロシに誕生日プレゼントとして高級スカーフを与えたことがあり、ヒロシはスカーフを身に付ける習慣はないが大事にとっておいているという。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1963年、) - 栗谷清子• (1963年、TBS) - 井戸美子• (1967年、TBS)• 第110話「栄光への罠」 - 古谷由美子• 第129話「勲章は高くつく」 - 北園桃子• (1967年 - 1968年、) - 響冴子• (1968年 - 1973年、TBS) - 津川啓子• (1968年、TBS) - 高根秘書• (1970年、日本テレビ) - 木宮佳子• (1973年、日本テレビ) - お甲• 第1シリーズ 第2話「兇悪の迷路」(1973年、) - 浦田千鶴• 1973年、• - 堺冴子• 第3話「哀しみの白い雨傘」(1974年、NET) - 島谷の妻(鷲見秀介の昔の恋人)• (1974年、) - 横笛のお町• (1975年、NET) - おまさ• (1975年、日本テレビ) - お駒• (1975年、) - 浜口久子• 第15話「三三九度の殺し節」(1975年、TBS) - おきく• (1976年、) - 主演・南條亜紀• TBS• 第32話「高嶺の花が俺の嫁! -高崎-」(1976年12月27日) - 初花• 第1話「薩摩へ向う世直し旅 -江戸-」(1977年7月18日) - 春日井• (1977年、関西テレビ) - 湯浅映子• 「」(1977年、TBS) - お安• (1977年、)• (1978年、テレビ朝日) - 水島亜紀• (1979年 - 1980年、) - 主演・広瀬悠子• (1980年、TBS) - 室井医師• 第6話「魔界に消えた女」(1981年11月10日) - 春日井• 第27話「大老暗殺!桜田門の女たち」(1985年10月1日) - 日下部静子• (1981年、TBS) - 辻口夏枝• 第3シリーズ 第8話「白と黒」(1982年、テレビ朝日・中村プロ、東宝)- お今• (1982年 - 1983年、TBS) - 大川達子• (フジテレビ)• 第823話「花嫁の幽霊」(1982年) - おえい• 第868話「七つの顔の平次」(1983年)• (1983年) - 音羽• (1983年、フジテレビ) - 松島の局• (テレビ朝日)• (1983年)• (2000年 - 2002年) - 神崎雅子• お祭り弁護士・澤田吾朗(2002年 - 2004年) - 大鷹喜美子• 土曜ワイド劇場()• (1999年) - 青木若子• (2004年 - 2015年) - 城之内愛子• ・土曜ワイド劇場()• 温泉 秘 大作戦(2016年) - 城之内愛子• (1984年、TBS) - 坪田和子• (1984年、日本テレビ)• (1985年) - お京• (2007年) - 渡辺こう• (2009年) - 渡辺こう• (2010年) - 渡辺こう• (2012年) - 渡辺こう• (2013年) - 渡辺こう• (2014年) - 渡辺こう• (2015年) - 渡辺こう• (2016年) - 渡辺こう• NHK• (1986年) - 坂口美代• (1996年) - 明智美• (2004年) -• (1986年、TBS) - 倉持睦子• (1987年、フジテレビ)• (1987年、フジテレビ) - 進藤和江• (1988年、フジテレビ) - 北村愛• (1988年 - 1989年、日本テレビ)• (1989年、フジテレビ) - 小塚雅子• 第1シリーズ(1990年、TBS) - 大東トラベル社長• (1990年、TBS) - おりん• (1990年、TBS) - 前田かなこ• NHK• (1990年) - ナレーション• (2001年 - 2002年) - 桜井泉恵尼、ナレーション• (2010年) - 飯田登志、ナレーション• (フジテレビ)• (1991年)• (1996年) - 主演・臼井さち子• (1991年、日本テレビ) - 二宮幸• (1991年、日本テレビ) -• (1991年、フジテレビ)- 敏子• (1992年、TBS) - 桂田悦子• (1992年、フジテレビ)• 第9話「愛を賭けた非常線」(1992年8月26日、フジテレビ)• (1993年、TBS) - 花岡真知子• (1993年、TBS) - 山田愛子• (1993年) - 坪内静恵• (フジテレビ) - 江藤十兵衛の妻・ゆい• (1993年)• 八丁堀捕物ばなしII(1996年)• (1994年、TBS) - 小沢頼子• (1994年、TBS) - 中村節子• (1994年、TBS) - 鈴木真理子• 「」(1994年) - 田原梅子• 「」(1997年) - 山尾正子• (1994年 - 1995年、日本テレビ) - 近藤妙• (1995年、TBS) - 加茂典子• (1995年、テレビ朝日) - 仁科美津子• (1995年、TBS) - 渡辺雅子• (1995年、TBS) - 品川富子• (フジテレビ)• (1995年 - 2018年) - 浅見雪江• (2002年 - 2003年) - 鐘野猛子• (1996年、TBS) - 白木貴子• (1996年、TBS) - 奥田美津子• (1996年、TBS) - 石丸笑子• (テレビ朝日) - 吉武小百合• (1996年)• (1997年)• (1998年)• (2011年)• (2013年)• (1997年、) - 麻生陽子• (1997年、TBS) - 大滝巴美• (1997年、TBS) - 杉浦教頭• (1997年、フジテレビ)• (1997年、フジテレビ) - 山岡美智子• (1997年 - 1999年、テレビ朝日) -• (1998年、テレビ朝日) - 谷山智子• (1998年、フジテレビ) - 早坂サユリ• (1998年、TBS) - 小泉富士• (1998年、NHK) - 辻川久美子• 「」(1999年、日本テレビ) - 根本喜代美• (1999年、テレビ朝日) - 橘つた子• (1999年、テレビ朝日) - 磯村綾乃• (1999年、テレビ朝日) - 当前康子• (1999年 - 2004年、TBS) - 中村加代• (2000年、TBS) - 村上玲子• (テレビ朝日) - 山田里見• (2000年)• (2002年)• (2003年)• (2005年)• (2010年)• (2010年)• (2014年)• (2001年、TBS) - 花村翔子• (2001年、TBS) - 杉田イネ• (2001年、TBS) - 庄司若葉• (TBS)• (2001年 - ) - 小暮涼子• (2003年 - 2005年) - 高山和枝• (2005年) - 主演・二重丸承子• (2001年、日本テレビ) - 一ノ瀬徳子• (2002年、TBS) - 藤沢智子• (2002年、) - 糸• (2003年、TBS) - 柚原美沙子• (2003年、NHK) - 倉田月乃• (2003年、フジテレビ) -• (2003年、フジテレビ) - 大月吉野• (2003年、テレビ朝日) - 嵯峨尚子• 「」(2003年 - 2004年、TX) - 氷川辰代• (2004年、テレビ朝日) - 日向昌子• (2004年、フジテレビ) - 越川佳恵• (2004年、TBS) - 中澤美登里• (2005年、TBS) - 生田華子• (2005年、TBS) - 小原茂樹の母• (2005年、TBS) - 龍野百合子• (2005年、NHK) - 野沢時枝• (2005年、NHK) - 山辺ナツ• (2006年、TBS) - 今泉美子• (2006年 - 2008年、テレビ朝日) - 杉本美佐子• (2007年、TX) -• (2007年、TBS) - 森福千代子・橘深雪• (2007年、フジテレビ) - 陽光院• (2007年、テレビ朝日) - 酒井敏子・酒井もん• (2007年、テレビ朝日) - 谷村加代子• (2008年、テレビ朝日) - ナレーション• (2008年、TBS) - 松本花枝• TBS• 2(2009年) - 青田八重• (2012年) - 小比類巻すみれ• 3(2014年) - 藤安和可奈• (2010年・2011年・2014年・2015年、THK) - 神楽志乃• 「」(2010年、フジテレビ) - 石塚恒子• (2011年、テレビ朝日) - ミツコ• (2011年、NHK) - 木下満津枝• (2011年、NHK) - 井植こまつ• (テレビ朝日) -• (2011年)• (2013年)• (2013年)• (2015年)• (2015年)• 「」(2012年、テレビ東京) - 小林多佳子• (2012年、テレビ朝日) - ナレーション• (2012年、テレビ朝日) - 稲村繁子• (2012年、テレビ朝日) - 和辻みね• (2013年、NHK)• (2014年、NHK)• (2014年、日本テレビ) - 柴英恵• (2014年、テレビ朝日) - 日吉友恵• (2014年、THK) - 田代美佐江• (2014年9月24日、テレビ東京) - 前田光江 役• (2016年、THK) - 神楽志乃• (2016年、2017年、テレビ朝日) -• (2016年、NHK) - 青木英恵• (2017年、テレビ朝日) - 井深凉子• ドラマスペシャル (2017年12月16日、テレビ朝日) - 謎の老婦人 乾茂美 役• (1964年) - 律• (1966年) - おその• (1967年) - 浅井夫人• (1968年) - 坂井ユウ子• (1970年)• (1971年) - 銘里沙• (1972年) - 橋本節子• (1973年) - お吉• (1977年) - 植草京子• 九月の空(1978年) - 小林キヌ• (1979年)• (1979年) - 宇内舞子• (1980年) -• (1980年) - 千代• (1983年) - スー婆さん• (1984年) - 西丸富子• (1986年) -長谷川芳子• (1987年) - 如月• (1988年) - 寺沢房子• (1989年)• (1989年) - 園田キクエ• 開港風雲録 YOUNG JAPAN(1989年) - お菊• (1991年)• (1994年) - 小百合• (1996年) - お客さま• (1996年)• (1999年)• (2000年) - 高田恒子• (2001年)• (2001年) - 飯島セツ子• - 山田里見• (2002年)• (2006年)• (2010年)• (2014年)• (2008年) - 木下園子• - 藤原真琴• (2008年)• (2009年)• (2017年) - 芦村朋子(現代) 舞台 [ ]• テレビアニメ [ ]• (2006年) - さちこさん、語り 吹き替え [ ]• (1967年) -• 「占いは死の予告」(1980年) - フランシーヌ・タッカー• (1984年) - ラジオ [ ]• () - と司会 バラエティ・情報番組 [ ]• - 司会• - 司会• - 語り部• - ゲスト• - レギュラー• - 司会• (レギュラー)• - 第11回大会では優勝• - 不定期• &野際陽子のベストカップル! ナイステレショップ! 旅番組 [ ]• - 司会 教養番組 [ ]• - ナレーション ドキュメンタリー [ ]• ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜(2013年10月 - 、BS朝日) - 日曜インタビュアー(土曜インタビュアーのとともに担当) 音声ガイド [ ]• 東京国立博物館 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」(2013年) CM [ ]• 、みんなそろそろホントのことを(魔女)• オリジナルケンタッキー - ナレーションとして担当• (鳳凰家の姑「琴絵」)• 「話そう過活動膀胱」 受賞歴 [ ]• 2002年• 第32回 ザテレビジョン特別賞(『』、『3』、『』、『2』) 歌・著書 [ ]• 非情のライセンス(作詞: 作曲:、、1968年)• 『脱いでみようか』(1996年、• 『70からはやけっぱち』 2015年、 演じた女優 [ ]• 真瀬樹里• テレビドラマ『』(2017年10月 - 12月、テレビ朝日) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東京新聞. 中日新聞東京本社. 2017年4月22日閲覧。 津幡町 2017年3月6日. 2017年4月22日閲覧。 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月24日閲覧。 ラヴァンス. 2016年11月19日時点のよりアーカイブ。 2017年3月24日閲覧。 ,goo• 2017年6月16日. の2017年6月19日時点におけるアーカイブ。 2017年6月19日閲覧。 「女優が語る私の人生」 、2010年8月7日放送分。 [ ]• 2017年6月17日. 2017年6月17日閲覧。 2017年6月16日. 2017年6月17日閲覧。 『千葉真一 改め 和千永倫道』、2008年5月、113-114頁。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年6月15日. の2017年6月15日時点におけるアーカイブ。 2017年6月15日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2017年6月16日. の2017年6月19日時点におけるアーカイブ。 2017年6月16日閲覧。 オールスター感謝祭. TBSテレビ. 2017年3月24日閲覧。 全国革新懇. 2017年3月24日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2013年12月8日. の2013年12月8日時点におけるアーカイブ。 産業建設部交流経済課. 津幡町 2016年11月17日. 2017年3月24日閲覧。 1996年出演の徹子の部屋 [ ]• 橘井堂. 2013年2月9日閲覧。 「女性自身」2017年06月21日配信記事より• 週刊女性2017年7月4日号• ORICON STYLE オリコン. 2016年8月19日. 2016年8月19日閲覧。 ORICON STYLE オリコン. 2016年2月8日. 2016年2月8日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2016年11月19日アーカイブ分)•

次の