ワイ モバイル ベーシック プラン。 Y!mobileの「スマホプラン」と「スマホベーシックプラン」の違いはなに?

【2020年7月版】Y!mobile(ワイモバイル)の新料金プランを解説!新プランや料金確認、プラン変更方法

ワイ モバイル ベーシック プラン

目次 1. mobileとは Y! mobile (ワイモバイル)とはソフトバンク株式会社の株式会社 ウィルコムとイーモバイルが 合併して生まれた会社で2014年8月1日にサービスを開始しました。 ソフトバンクよりも安い料金でソフトバンク回線のスマホが利用できます。 また、MVNO事業者とは違う形の会社となっています。 スマホプランとスマホベーシックプランの違いは ベーシックプランは契約期間が2年間縛りのないプランになっています。 契約期間がないことで好きなタイミングでやめることが出来るので料金が高めに設定されています。 頻繁にスマホや MVNO事業者など変える人におすすめできるプランとなっています。 長期利用ではやはりスマホプランの方が断然お得になっています。 ベーシックプランを選択した場合、各種の割引やキャンペーンを受けられない場合がある。 例えば、スマホベーシックプランを例にとると、月額割引 は受けられるが、スマホプラン割引 は受けられないです。 スマホプランからスマホベーシックプランへの変更 は、 一旦解約扱いとなるため契約更新月以外では契約解除料金9,500円が発生します。 また、 逆にスマホベーシックプランからスマホプランへの変更 は、 契約期間は引き続き継続はされず、 変更したタイミングが利用開始月なり、 そこから2年契約が新たにスタートします。 そのため事前に自分に合ったプランを確認することをおすすめします。 こちらのプランではSとLのみのとなっています。 スマホプランと異なりこちらの方では契約期間が3年縛りになっています。 その他の費用 契約事務手数料 3,240円 SIMカード再発行料 SIMカード1枚につき3,240円 MNP転出 新規契約月から6カ月以内 6,480円 新規契約月から7カ月以降 3,240円 機種変更手数料 3,240円 契約変更時の手数料 3,240円 SIMロック解除料 My Y! mobile:0円 Y! mobileショップ:3,240円 通話料 21. mobile(ワイモバイル)のオプション スーパーだれとでも定額 通話時間、通話回数が無制限で他社も含めたすべてのスマートフォン、 または固定電話への国内通話が無料で利用できます。 さらに、「ケータイプラン」ならインターネットも無料で利用できます。 だれとでも定額 「ケータイプラン」に当オプションを追加すると、他社も含めたすべてのスマートフォンなどの 固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が、月500回まで無料で利用できます。 対象料金プランは「ケータイプラン」のみになります。 なお、1回あたり10分を超える通話か、 1カ月内の利用が500回を超過した場合は30秒につき20円の通話料がかかります。 データ容量2倍オプション 高速データ通信量が2倍になるオプションです。 スマホプランMなら3GBが2倍の6GBになります。 月額料500円で2倍に増やすことが出来ます。 また、「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」も開催しています。 新規でも機種変更でも2年間無料で利用できます。 留守番電話サービス 3分までの伝言を30件まで、留守番電話センターで最大72時間預かります。 留守番電話プラス 伝言を100件まで、最大1週間預かります。 一部ケータイを除いてボイスメッセージも利用できます。 割込通話 通話中にかかってきた他の電話を受けることができるサービスです。 mobileのキャンペーン Y! mobileならGoogle Play Musicが90日間無料! キャンペーン期間 2018年2月8日(木)~ 終了日未定 普段Google Play Musicで音楽を楽しんでいる人には嬉しい 90日間無料で利用できます。 家族のスマホまとめてキャンペーン 基本使用料から毎月540円割引を行う家族割引サービス加入+スマートフォン(USIM単体契約を含む)を 同月内に複数回線契約すると、2回線目以降1台につき5,000円還元されます。 キャンペーン期間 2017年6月1日(水)~終了日未定 キャンペーン対象者は 新規契約またはMNPで、スマホプランS/M/Lに申し込んだ方になります。 (ベーシックプランは対象外です。 ) Y! mobileのまとめ.

次の

ワイモバイルのスマホベーシックプランも2020年7月から変わる。UQに続き対抗開始。変更点は?

ワイ モバイル ベーシック プラン

【2020年7月版】Y! mobile ワイモバイル の新料金プランを解説!新プランや料金確認、プラン変更方法 公開日時 : 2020-06-27 16:38 更新日時 : 2020-06-27 19:13 ソフトバンク回線が利用でき、安定した速度で通信ができるワイモバイル。 テレビのCMやインターネット広告でもよく見かけるので、ご存知の方も多いと思います。 そんなワイモバイルですが、 2020年の7月から料金プランが変更になるのをご存じでしょうか? この記事では2020年7月から変更になる部分を踏まえて、ワイモバイルのプランについて解説していくので、ワイモバイルを検討している方は参考にしてみてください。 現在、 スマホベーシックプランMをご利用の方でも1GBの増量は自動的に適用になります。 ワイモバイルのプランと料金を解説 大人気のワイモバイルですが、新規で契約しようと思っている方の中には「ワイモバイルのプランが多すぎてよく分からない」と思っている方もいるかもしれませんね。 そこで、契約できる各プランをそれぞれ詳細に解説していくので、ワイモバイルの新規契約・乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。 現在契約できるプランをご紹介します 最初に現在契約できる全てのプランを紹介していきます。 それぞれの使用用途によってお得に契約できるプランが異なるので、自分の当てはまるプランを確認してみてください。 それぞれプランが料金、高速データ容量によって異なり、「 スマホベーシックプランS」「 スマホベーシックプランM」「 スマホベーシックプランR」の3種類に分けられています。 スマホベーシックプランS 「スマホベーシックプランS」はスマホベーシックプランの中で一番試しやすいプランになります。 高速データ容量は月々3GB、データ増量オプション利用時で月々4GBを使用可能です。 料金に関しても通常では月々3GBで2,680円、 新規割が適用されて月々1,980円となります。 気軽に試せるプランとなっているので、 初めて格安SIMサービスを使う方にもオススメですよ。 スマホベーシックプランM 「スマホベーシックプランM」は3つあるスマホベーシックプランの中で真ん中に位置するミドルクラスのプランになります。 月々の高速データ通信量は10GB、データ増量オプション利用時で月々13GBの高速データ通信が可能です。 料金は月々3,680円、 新規割の適用時は月々2,980円となっています。 スマホベーシックプランSと比較すると、月に使用できる高速データ通信量が増えているので、 通信量が比較的多い方にオススメのプランです。 スマホベーシックプランR スマホベーシックプランの中で一番、高速データ通信量が多いのが「スマホベーシックプランR」です。 月々の高速データ通信量は14GB、データ増量オプション利用時で17GBの高速データ通信が可能です。 料金は月々4,680円、 新規割の適用で月々3,980円になります。 スマートフォンで SNSやゲーム、動画視聴などデータ通信を良く利用する方にオススメのプランになります。 新規割とデータ増量オプションについて ここまでスマホベーシックプランについて解説してきましたが、「新規割とデータ増量オプションって何?」と思った方もいるかもしれないので、それぞれ解説していきます。 新規割 新規割はワイモバイルを新規加入・乗り換えで契約した方が対象のキャンペーンで、 契約月の翌月から6ヶ月間、月額料金が700円割引になるキャンペーンになります。 割引後の料金については上記の解説を参考にしてみてください。 データ増量オプション データ増量オプションはスマホベーシックプランに付けることができるオプションで、 月々の高速データ通信量を増やすことができるオプションです。 データ増量無料キャンペーン2は新規加入・他社から乗り換えの場合はデータ増量オプションが1年間無料となるため、かなりお得に利用できます。 1年たった後でも月額500円で加入することができるので、ワイモバイルを使っている方はデータ増量オプションを利用している人も多いですよ。 スマホベーシックプランの通話料について スマホベーシックプランは 全てのプランで国内通話が10分間無料で利用できます。 そのため、スマートフォンで通話をよくする方にもワイモバイルのスマホベーシックプランはオススメですよ。 料金や月に使用できるデータ容量を簡単に比較できるので、ぜひ利用してください。 データベーシックプランはデータ通信のみとなっているので、通話をしたい方はスマホベーシックプランを検討してみてください。 データベーシックプランS 「データベーシックプランS」は 月々の料金が1,980円で1GBの高速データ通信を行うことができるプランです。 気軽に試すことができるので、タブレット等の端末でデータ通信を少しだけする方にオススメのプランになります。 データベーシックプランL 「データベーシックプランL」は「データベーシックプランS」より高速データ通信量が増えているプランで 月々3,696円、7GBまで高速通信が可能なプランになります。 タブレット等でのデータ使用量が多い場合は「データベーシックプランL」がオススメです。 データベーシックプランM データベーシックプランL データ容量 1GB 7GB 料金 1,980円 3,696円 Pocket WiFi プラン2 ポケットWi-Fiを使いたいなら「 Pocket WiFi プラン2」がオススメ。 「Pocket WiFi プラン2」は2つのプランがあり、1つ目は 月々3,696円で高速データ通信が7GBまでのプラン、2つ目はアドバンスプランに加入したプランで 月々4,380円、高速データ通信が無制限で利用できるプランになります。 動画視聴やビデオ通話などデータ通信をよく使う方は、アドバンスプランに加入するのがオススメになります。 Pocket WiFi海外データ定額 海外でポケットWi-Fiを使用するなら「 Pocket WiFi 海外データ定額」がオススメのプランになります。 月々の料金が3,980円で海外利用料が別途1日90円必要になります。 使用できる高速データ通信容量は月々7GBとなっています。 「Pocket WiFi海外データ定額」が利用できる国は全部100カ国となっており、かなりの国が対象になっていますが、対象となっている国が気になる方はに記載されているので、確認してみてください。 Pocket WiFiプランの比較表 ポケットWi-Fiを契約するプランもそれぞれ比較できる表を作成しました。 比較の際にはぜひ利用してください。 ケータイベーシックプランSS 「 ケータイベーシックプランSS」 は、スマートフォンではなくガラパゴスケータイを利用する方を対象としたプランで、 月々の料金は934円、通話のみのプランとなっています。 インターネット検索などで利用するパケット通信は別途料金が必要になるので、注意が必要です。 パケット通信をよく使う方は、月額300円で定額になるオプションもあるので、確認してみてください。 シェアプラン 子回線用プラン について ワイモバイルのプランの中にはシェアプランというプランがあります。 このプランは他のプランと異なり少し内容が異なるので、詳しく解説していきます。 シェアプランとは? 引用: シェアプランとはスマホベーシックプランまたはデータベーシックプランに加入している方が対象になるプランで、契約しているデータ通信量を分け合うことができるプランになります。 シェアプランに加入すると、 最大3枚までSIMカードを発行できるので、メインの端末と合わせて合計4台の端末でデータ通信をすることができます。 スマホベーシックプランMを契約している場合、月々で9GBの高速データ通信が可能ですが、スマホベーシックプランを契約している端末で5GBを使用、他の端末で4GB使用するといったデータのシェアができるということですね。 まとめると、スマホベーシックプランまたはデータベーシックプランに加入している場合、他の端末でもデータをシェアできるプランがシェアプランということになります。 シェアプランの料金 シェアプランを利用する場合、基本料金にオプション料金を追加することで契約することができます。 「スマホベーシックプランS」「データベーシックプランS」は月額料金に980円のオプション料金が必要で、「スマホベーシックプランM」「スマホベーシックプランR」は490円のオプション料金、「データベーシックプランL」はオプション料金が無料で使用することができます。 メインの端末でデータ容量があまっている場合で、他の端末で高速データ通信をしたい方はシェアプランがオススメですよ。 シェアプランの比較表 シェアプランについても簡単に比較できる表を作成しました。 各プランのシェアプラン料金を比較したい方は確認してみてください。 プラン名 月々のデータ通信量 オプション料金 スマホベーシックプランS 3GB 980円 スマホベーシックプランM 10GB 490円 スマホベーシックプランR 14GB 490円 データベーシックプランS 1GB 980円 データベーシックプランL 7GB 無料 契約前にどのプランが適しているかの診断をすることもできます! 「契約したいけど、どのプランが良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。 そんな方に試してほしいのが、スマホプラン診断。 ワイモバイルでは契約前にどのプランが適しているかをシミュレートできるサービスを提供しています。 これからワイモバイルでの契約を検討している方はスマホプラン診断を行って、契約後のギャップを無くしていきましょう。 スマホプラン診断とは? スマホプラン診断とは、ワイモバイルの公式サイトで利用できるサービスで、契約前にどのプランが適しているかをシミュレーションすることができるサービスになります。 スマホプラン診断は2分ぐらいできるので、契約を検討している方は、ぜひ行ってみてください。 ホームページ上部にある、「目安になるプランを選ぼう!」から自分に当てはまる使用用途を選んで、クリックします。 「どれくらい使うのか分からない」以外を選択した場合はここで、適したプランがページ下部に出てきます。 「どれくらい使うのか分からない」を選択した場合は、「1日あたりどれくらい使うのかチェック」を行います。 1日あたりにアクセスするWEBページ数や1日あたりの動画視聴時間を確認して、チェックします。 無料・短時間で行えるので、ぜひ契約前に適したプランを確認してみてください。 支払い方法・プランの変更方法を解説 既にワイモバイルを契約して使っている方で「支払い方法・プランを変更したい」という方もいるかもしれませんね。 ワイモバイルでは、スマートフォン・パソコンを使って簡単に支払い方法・プランをすることができます。 変更方法についてスマートフォン・パソコンそれぞれ解説していくので、ぜひ参考にしてください。 スマートフォンでの変更方法を解説 最初にスマートフォンでの変更方法を解説します。 mobile」にログインする 現在使っているスマートフォンから「My Y! mobile」にログインします。 ログイン方法が分からない方はを参考にしてください。 現在契約している料金プランの確認もここで行えます。 変更したい料金プランを選択したら、お手続き内容をあとで確認したい方法をタップして選択します。 お手続き内容をあとで確認したい方法は「My Y! mobile」で確認する方法と書面を自宅に送付する方法のどちらか1つを選択します。 内容を選択したら「変更内容を確認する」をタップして続けます。 変更内容が間違っていた場合は、「戻る」をタップして再度変更したい部分を修正します。 問題なければ、「申し込み」タップして、変更内容の適用日を確認します。 以上がスマートフォンでの支払い方法・プランの変更になります。 やり方がよく分からない場合はを参考にするか、カスタマーセンターに問い合わせてみてください。 パソコンでの変更方法を解説 次にパソコンでの変更方法を解説します。 mobile」にログインする まず、使っているパソコンから「My Y! mobile」にログインします。 パソコンでのログイン方法が分からない方はを確認してみてください。 mobile」にログイン後、トップページの下部にある「ご契約内容の確認」をクリックします。 各項目の横には「変更」ボタンがあるため、「変更」ボタンを押して変更したい内容を選んで、変更します。 ここまでがパソコンで変更する場合の手順です。 パソコンから支払い方法・プランを変更する場合でも分からないことがあれば、またはカスタマーセンターに問い合わせることで疑問を解決できますよ。 ワイモバイル店舗でも支払い方法・プランを変更できます ここまでスマートフォンとパソコンの2つの方法を解説してきました。 どちらも簡単に利用できますが、店舗でも支払い方法・プランを変更することができます。 店舗に足を運んで、変更内容を伝えるだけで変更することができるので、近くに店舗がある方は店舗での変更でもいいかもしれませんね。 それぞれ適したプランを契約することでお得に利用できるので、スマホプラン診断を行って、自分に適したプランを探してみてください。 ワイモバイルはノジマでご契約いただけます!詳細はノジマ店頭までお気軽にお問い合わせください。

次の

“ワイモバイル”、スマホ向け料金プラン「スマホベーシックプランM/R」を7月1日に改定

ワイ モバイル ベーシック プラン

mobileの新プラン 改定ポイントは「M」で利用できる通信量が10GBに増量されたこと。 従来は9GBでした。 また、月額500円(初年度無料)のデータ増量オプションを適用している場合は、それぞれ1カ月あたり、「S」で4GB、「M」は13GB、「L」なら17GBまで利用可能になります。 こちらも「M」は従来の12GBから13GBへと1GB分増量されます。 こうした改定内容は、新規契約者はもちろん、すでに該当プランを契約中のユーザーにも適用されます。 なお、新規契約または番号ポータビリティ(MNP)でキャリアを乗り換えたユーザーなら、基本使用料が最大6カ月間700円割引になる「新規割」が適用されます。 ちなみに競合のUQ mobileが6月1日から提供している新料金プランでは、新規契約者などを対象にしたこうした期間限定の割引はなくなっています。 ポイント2:新プランの「M」「R」なら低速時も1Mbpsに 「スマホベーシックプランM」と「R」では、低速通信時の最大通信速度が128kbpsから1Mbpsへとかなり増えました。 ただし「スマホベーシックプランS」では低速通信時は128kbpsのままです。 新プランでも料金は変わらず 具体的には、 1回10分以内の国内通話なら何度でも無料。 10分を超えると、20円/30秒の通話料がかかります。 mobileなら定額制に近い通話料金がすでに含まれており、料金の分かりやすさをアピールしているわけです。 UQ mobileは通話定額オプションが基本料金に含まれておらず、オプションとして選択できる点が異なります。 mobileの新料金プランをシミュレートしてみよう Y! mobileの公式サイトには、「スマホプラン診断」というページが設けられています。 同ページで、 1日あたりの想定利用頻度を入力することで、オススメの通信プランを割り出せるという仕組みです。 なお、価格は光回線とセットで契約したときに割引となる「おうち割 光セット」、または2回線目以降の副回線目で月額料金が毎月500円引きになる「家族割引サービス」のどちらかが適用されたものとして計算されます。 関連記事• 新生活に合わせてスマートフォンを買い換えようという人も少なくないと思います。 それに合わせて、料金プランを見直す人もいるでしょう。 この記事では、NTTドコモの現行料金プランで見るべきポイントをチェックします。 格安SIMを提供する事業者は数が多く、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。 価格はもちろんのこと、通信速度やサポート体制、独自のサービスなど、気になる点はさまざまありますが、総合的な満足度ではどこが人気なのでしょうか。 最近、家電量販店で「SIM(ロック)フリースマートフォン」を多く見かけるようになりました。 SIMカードを選ばないことが大きな特徴ですが、だからこそ気を付けるべき点もあります。 チェックしてみましょう。

次の