こと だま 日記。 つぶやき

つぶやき

こと だま 日記

あなたは日記を書くという習慣がありますか?• 「毎日忙しすぎて、書いてる時間ない」• 「日記を書くといいって聞くけど、やっぱりめんどくさい」• 「そもそも日記って書いてなんかいいことあるの?」 「日記を書きたい」と思っても、やっぱり毎日、日記書くのってめんどくさいですよね。 それに時間がなくて、日記を書く習慣がないかもしれません。 けれどもそれはもったいない!日記は、あなたにすばらしい良い効果を与えてくれます。 それは、 日記を書くだけで幸せになれることです。 それだけでなく、 最新の研究によって脳にも好影響を与えることが証明されています!ウソだと感じたあなたにも、ぜひさらっと読んでみてください。 こんな人にオススメ!• 日記を書くメリットを知りたい人• 日記を書こうと思っても、続かない人• 日記に何を書けばいいか、分からない人• 自己成長につながる、日記を書きたい人• 人生をもっと、楽しく幸せにしたい人 目次• 日記のメリット徹底解説!あなたのかけがえの財産に、日記はなる!• 書く能力アウトプット力が高まる• ポジティブ思考になれる 毎日が楽しくなる• ストレスが発散される• 幸せになれる• 気持ちの整理が出来る• 自分をより深く知ることが出来る• 自分を愛することができる シンプルにあなたの人生に役立つことがたくさんあります。 以下で、より詳しくみていきましょう。 「文章を書く能力」、「アウトプット力」が高まる! 毎日日記を書くことで、 アウトプットする習慣と文章を書く能力が飛躍的に高まります。 今の時代、SNS全盛期。 誰もが情報発信者になる時代です。 そんな時代だからこそ文章を書く能力は、必須になってきているでしょう。 より多くの人に読んでもらえたり、共感してもらえたりする確率が高まります。 それに自然と あなたが普段使う言葉や表現がレベルアップします。 普段何気なく過ごしていると、あらゆる感情をスルーしてしまいます。 でも、それを日記を書くといことを通して表現することで、どんどん自分のものになっていくのです。 言葉が洗練されている人は、それだけで魅力的に映ります。 最初は日記を書くといっても、文章を書くのに時間がかかってしまうかもしれません。 けれども、安心してください。 どんどん継続していると、文章を書くスピードが速くなっていきます。 短時間で文章を書けるようになるのです。 では どうしてこんなにも、 自分の思いや意見を言葉にすることは大切になってくるのでしょうか。 それは、自分の意見や思いを人に話すことで、言語化に対する意識が強まるためです。 さらに、より自分の気持ちを言葉として表す精度も高めることができます。 つまり、「 自分らしく生きていくことができるようになる」ということだと僕は感じています。 自分の意思表示がしっかりできる人は、魅力的に映りませんか?それは、自分の人生という「物語の主人公」として生きているからだと思います。 そうすることで ポジティブ思考が訓練されて、毎日が幸せ、楽しいで埋め尽くされるようになります。 楽しいを発見する能力が、日記を書くことで鍛えられるのです。 忘れたい記憶ほど、忘れないといいますが、あれは何度も思い出してしまうから。 だから、いつまでたっても忘れることが出来ないのです。 これを逆に応用しましょう。 人の記憶は意外とあいまいなもので、楽しかったりうれしかった出来事も、時間がたてば色あせてしまいます。 楽しかった思い出• ワクワクした出来事• 嬉しかったこと なので、上記のような出来事を振り返る時間をつくりましょう。 すると、いつまでもその記憶を鮮明に思い出すことが出来ます。 忘れたい記憶を考えている時間があるなら、楽しかった時間を思い出して、日記に書いてみましょう。 日記を書けば、より幸せになれる! 【ストレス解消】ストレスが発散される! 今日あった出来事を文章に書くことは、「表現する」ことであり、内面に溜め込んだものを発散するということです。 つまり、 日記を書くとストレス発散効果が得られるのです。 悩み事を誰かに相談しなくても、自分で紙に書いたり、日記を書いたりするだけで、 ストレスが軽減する事は多くの心理実験より明らかにされています。 未来は主に、良いことだけを書いたほうがいいですが、「本当に嫌な出来事があって不安で仕方ない」という時は、 紙に書き出して心のデトックスを行いましょう。 そんな簡単なことで、とてもスッキリしてきます。 【幸せになれる】毎日がもっとHappyに! アメリカの ブリガムヤング大学の心理学研究が、100人の対象者を2グループに分け実験した。 両方のグループに、4週間日記をつけるよう指示した。 のグループには「その日に嬉しく思ったポジティブな出来事のみ」を日記に記す• のグループには「単純にその日にあった出来事」について記す その結果、ポジティブな内容を記したグループは、その日にあったことを示すだけのグループに比べて、幸福と生活に対する満足度が高いという結果が得られました。 つまり、 ポジティブ日記を書くだけで、幸せになれるということです。 さらにその内容を、誰かに話したりすると、さらに幸福度がアップすると言われています。 なので1日10分程度でもいいから日記を書いてみましょう。 日記を書くだけで幸せになれるんです。 これはもうやらないと損ですね。 気持ちの整理ができる!• 頭の中にあるモヤモヤ。 「でもどうしたらいいかわからない」 誰にでもある自然なことです。 その際に大切なことは、 頭や心の中にあるモヤモヤの、 対処法を知っているかどうか です。 その1番適した対処法こそが「日記を書く」ことです。 でもどうして、日記を書くことが効果的なのでしょうか。 その理由は、 書くことによって頭の中を整理して、もやもやを「見える化」できるからです。 自分の考えを文字にすることは、頭の中を整理することにとても有効な方法です。 自分の悩みや不安などを書き出すと、それらの感情を客観視することができるようになります。 それにより、考え方を良い方向へ導き、心の状態を改善することが期待できるのです。 心のモヤモヤ・不安を書き出す• 思考を整理でき、客観的に考えられる• 心と思考を、前向きにできる! 自分をより知ることができる! 1日を振り返って、今日の出来事を書くという事は、「 自分自身を見つめ直す」という作業に他なりません。 日記を書くことによって自己洞察力が鍛えられます。 また日記を書くにことによって、ストレス耐性も高めることができるのです。 日記療法は精神医学においても、非常に高い治療法として使われていて、信頼性のある方法です。 日記でを書いてみる• 日々の自分の行動を振り返れる• 反省したり、次に活かすことが出来る! 自分を知っているか、いないかは大きな問題やトラブル・意思決定の際などに大きな影響を及ぼします。 自分を知っていれば、後悔の総量を大きく減らすことができるようになるでしょう。 たいていの後悔は、自分を知らなかったためにおこるものです。 過去を振り返れる! 日記は、あなたのかけがえのない財産になります。 日記を書くことによって、下記👇のような感情や出来事を詳細に思い出すことができます。 過去の自分はこういう目標を持っていた• こんな気持ちで過ごしていたのか• 大変なこともたくさんあったんだな 日記に書かなければ忘れてしまったような、些細ないいことや幸せなことに改めて触れることができます。 そうして忘れかけていた、大切なことや気持ちにも改めて出会えるかもしれません。 それを思い出すと、現在の自分との比較もできるでしょう。 「大変なこともあったけど、乗り越えられた。 なら今のつらいこともきっと大丈夫」 こんな風に、 強く生きるあなたに生まれ変わるチカラが日記にはあります。 【超・効果的】僕がオススメする日記の書き方!【カンタン・シンプル】 「日記を書くことによって、様々なメリットや効果が得られる」ということが分かっていただけたと思います。 ここからは、日記を「どのようにして書けばいいのか」ということに主眼を置いて、詳しく書いていきます。 ポジティブ日記を書く!• 質や量ではなく、毎日書く!• 短時間で書く!• 非公開から公開日記に!• 【1番オススメ】ポジティブ日記を書こう!【幸福感・満足度up】 個人的に日記を書くときは、今日あった 「ポジティブな出来事」「楽しい出来事」「嬉しい出来事」など、3つ程度書いてみてください。 なぜなら、 毎日いいことを思い出して書くことによって、人生が幸せになるからです。 理由はカンタンにまとめると、下記👇です。 いい思い出が、忘れにくくなる!• 幸せな気分になれる• 後から振り返った時に、詳しく思い出せる! などなど。 書き出すとキリがないので、これくらいにしておきます。 なので最初は、箇条書きで3つ程度から始めましょう。 慣れてきたら、その3つの出来事について、感想を加えたり、もっと詳しく書くなどムリしない範囲で書いてことをおすすめします。 こんな感じで、OK!• 友達とおいしいパンケーキを食べながらおしゃべりして楽しかった!• 好きなAさんと話せてうれしかった!• 家事をお手伝いして両親に褒められた!やったー! こんな感じでいいのです。 慣れてきたら、その時の感想をより詳しく書いていけば、立派な日記になります。 とりあえず、毎日書く! やっぱりそうはいっても、忙しいのが現代人。 「長文をかかなきゃ。 「質がいいものを書こう」 と意識してしまうと、どうしてもめんどくさくなってしまいます。 なのでとりあえず、毎日「箇条書き3つ」でもいいので書いてみましょう。 3行なら、1分もあれば書けますよね。 そして毎日続けていれば、誰でも苦労せずに淡々と良い文章が書けるようになってきます。 僕もこのブログの最初の頃は、相当文章が下手でした。 けれども毎日書くことによって、文章能力がちょっとずつ上達してきていることを感じています。 あなたも毎日少しずつ書くから始めてみませんか? 【短時間で書く】日記は、さっさと書いてOK! 何事も「長い時間かければいい」というものではありません。 ダラダラやるくらいなら、短い時間でさっさと書く。 日記に「1時間も2時間も3時間」も、考えて書く必要はありません。 「 5分~10分」で、今日あったいいことを3つ書き出す。 毎日書くということをしていると、5分もあればたくさんの文章が書けるようになります。 お風呂に入っている時間• ベッドに入って横になっているとき• ドラマのCM中 などなど、あなたのスキマ時間を活かしてササっと書いてしまいましょう! 【文章力、超up術】みんなに見せることを意識しよう! ちょっと上級者向けにはなりますが、 「日記を公開してみる」ということもオススメです。 もちろん、手書きの日記には手書きなりのメリットがあります。 実際に触れたり、日記の記録を可視化できることは「これだけの期間、日記を継続してきた」という自信にもつながるでしょう。 でもSNSやブログで日記を書き公開すると、他者と共有できる という特長があります。 場合によっては、コメントがあったり「いいね」されたりすることもあるはずです。 それによって ますます 日記を書くモチベーションも高まるでしょう。 また、 誰かに見られるといった「緊張感」によって、文章はより早く上達するようになります。 けれども最初は、紙やノートiPhoneのメモでも何でもいいでしょう。 日記も習慣化してある程度書くことに慣れてきたら、SNSなどで日記を公開してみることもおすすめです。 「日記を公開」すると・・・• 反応があってうれしい• モチベーションが高まる• 文章を書く能力が飛躍的に向上する 【明日から、頑張れる】ネガティブな出来事をポジティブにする! 「ネガティブ」や「辛い」、「苦しい」出来事をストレス発散、ガス抜きのために書きたいという人もいますよね。 実際にネガティブや辛い、苦しいという感情を、紙に書き出すことによってストレスは発散されます。 けれどもただ単に、ネガティブな出来事を書くだけでなく、その結果 「これからはどうしていくべきか?」というふうにすることが大切です。 たとえばこんな感じ👇にしてみましょう! 「今日はミスをしてしまった。 けれども、これからはこのようなことに気をつけてやっていこう」など、ポジティブで締めくくるのがオススメ! 【日記を書いてよかった】日記を書いて、自分を変えよう! いかがでしたか。 あなたも日記を書いて、あなたの人生をより良くしていきましょう。 僕も実際、日記のメリットや効果を知り、日記を書き始めました。 すると本当に毎日幸せで、感謝して生きることができるようになりました。 日記を書く。 そんな簡単なことで人生が変わる。 あなたも、箇条書き3つから始めてみませんか。

次の

【高配当ETF】高配当につられて【SPYD】を買う前に考えておきたいこと。

こと だま 日記

やあ、おはようございます よしおです うそうそ、もうちょっと前から起きてたよ。 さすがに今起きたわけではない。 世の中はGWだもんで、いろいろ見に行ったり遊びに行ったり食べに行ったりするんだろう。 だが、私はしない。 昨日仕事してた。 それ以外はちいさなマーケットに出す作品作りしてた。 あとは、連合赤軍についてYouTubeで勉強しておりました 「総括しろ」 が我が家の今季の流行語大賞です。 さて、良い季節ですね。 鳥の声も山々に響き渡り、空はすっきりと晴れ、昼寝にはもってこいです。 食っちゃ寝食っちゃねしたいなあ。 スマホのゲームにも飽きたし、だらだらだらだらしていたいのです。 あ、曲作るんだった。 あとダイエットもするんだったな。 ピアノでも弾くか。 こうして怠惰な日々を過ごしていると、なんかもう何もかもどうでも良くなって 「あたし今世界中愛してる!」 みたいな、なんかこうラブアンドピースみたいな感じになってきます これが五月病かしら 明日明後日と仕事したら、またお休み。 今年はようやく西予市宇和のSCABを見に行ける! 5月5日のこどもの日には、皆様西予市の池田屋さんに行きましょう 東日本大震災の記憶が薄れつつある今でも、継続して年一回行われている復興イベントです。 とはいえ、いろんな愉快なお店が出て、愉快な催しがあって、楽しんで帰るだけなのであまり難しく考えず参加しましょう! なんなら一緒に行きましょう 6日は黒潮町のTシャツアート展にいこうかと。 まさにぃが一曲だけ歌うって言ってたので、時間が合えば見られるといいな。 よしそれでは、午後からだらだらします。 なんなら昼から飲んじゃおっかな。 さらば理性! よしおです。 興奮冷めやらぬよしおです。 昨夜、八幡浜スモーキードラゴンにて、二宮花代氏主催のイベント 「地産地唄」 にでたのです。 じゃんけんで出演順を決めたので わし 163さん はなちゃん 阿部和馬さん ヤマウチコウタさん の順番。 ライブの感想とかはもうフェイスブックで書いて疲れたから、一番いいたいことだけを書きます。 阿部和馬さん、すばらしいよ。 呼びたいよ。 聞いてもらいたいよ。 お金出してでも、聴く価値があるよ。 昔、まめきゅうのころにイベント企画してて、YouTubeで愛媛の歌い手を探してた時に 「あ、この人うまい」 って思った唯一の人が阿部和馬さんだった。 当時、まだ20歳くらいだったんじゃないかしら。 昨日初めて生でライブをみて、本当に本当に素晴らしかった。 あんなに歌が上手い人、初めてみた。 シンプルでうまい。 これってすごいこと。 ビブラートもつかわない。 なのに、飽きない。 みんなに聞いてほしいです。 呼びたい。 なんかもう、私CD作ってレコ発やるから、阿部さん呼んで私が前座する!ってのはどうかしら。 自分のレコ発って、好きなことしていいんでしょ?(ちがう?) だったらそうするわ。 ただ、私ももっとうまくならないと恥ずかしくて呼べない。 よく昨日同じ舞台に立ったよ。 ありがとうはなちゃん。 練習しよう。 なんかね、うまい人をみると、俄然やる気がでるよね。 ひゃっほーう。

次の

つぶやき

こと だま 日記

パソコンを処分するため、 何年かぶりに、松本市平田のHARD OFFに行って びっくり。 パソコンや楽器だけでなく、 おもちゃ、雑貨、洋服、ブランド品、子供用品 自転車、タイヤ、カー用品などなど。 扱いジャンルが増えているっ!いつの間にっ!? それから、無印良品のアロマランプなど、アロマ用品と バドミントンのラケット、アナスイのリング&ネックレスは 「オフハウス」へ。 おしゃれな女性スタッフが担当してくれた。 10年近く前のゲームのノベルティグッズは「ホビーオフ」へ。 「FFが不評の時に、FFのグッズですみません!」などという 会話も楽しみつつ(笑)、親切に対応していただく。 それから、家に乗らない「ルイガノ」の自転車があるため 「ガレージオフ」で買取の相談。 7000円くらいにはなりそう。 元気の良い、アウトドア系美女が対応してくれた。 …という風に、カウンターごとに専門のスタッフがいて、 とっても安心できる。 店内は、広々とゆとりがあって、明るく清潔感がある。 断捨離ハウスと、 先日、寄せていただいた、シンプルモダンな知人の家。 どちらの家とも、トイレのふたカバーと足元のマット、 トイレットペーパーのカバーを使っていませんでした。 やはり、そうか。 なぜか。 息子のおむつパンツを替えたりするのに 居住性が必要だった、というのものありますし、 何より「殺風景になる」のが、こわかった。 うちは貸家です。 添えつけの便器は、そこそこ清潔ではあるけど形も古く、 けっして「お気に入り」ではありません。 絶対、殺風景になるに決まっている。 そうでなくても、トイレトレーニング中のわが子が 行きたがらない場所なのに、もっともっと行きにくくなる! それが、懸念でした。 が、 思い切って、勇気を出して、捨ててみました。 (めざせ、シンプルモダンな貸家…) 結果は惨敗。 紛う事なき、殺風景… でも、一つだけいい事がありました。 息子が用を足す時に使う「踏み台」。 マットがないおかげで、子供にもひきずって移動しやすく 息子が、自分で動かすようになりました。 そして数日後。 見事、トイレで用を足すようになったんです。 そうなると、今まで以上に 息子が、便器のフタや便座を頻繁に触るので、 今までような頻度での掃除じゃ、間に合いません。 「トイレ用おそうじシート」を導入し、 入る度に、便器や床をクルクルと拭くようになりました。 面倒だなぁ!と思わなかったのは、 それまで使っていた100円ショップのおそうじシートを断捨離して、 あえて選んだ「トイレクイックル」のおかげかも知れません。 香りもきつくないし、厚手で安心感があるし、 ミシン線が入ってるから「今回はちょっとでいいや」 って時には、半分だけで使えるし。 そんなこんなで、一ヶ月が経ちました。 ある日の用足し後、便器をキュコキュコと拭きながら はっとすごい事に、気がつきました。 「汚い」という、抵抗感が明らかに少ない…。 直接触れないように、おそるおそる拭いていたのが テーブルの食べこぼしを拭いているのと、 さほど変わらない気持ちになっている自分がいました…!!! 自分の変化に驚きながら あらためて、トイレを見回しました。 あれ?殺風景じゃないや… そりゃ、写真に撮ったら殺風景かもしれない。 他人が見たら、やはり殺風景かもしれない。 でも、私にとっては、 すみずみまで、手をかけた安心のできるトイレ。 子供がどこを触っても心配のない、 自信の持てるトイレ。 「トイレの神様」というような事に興味がなかった私ですが、 いるとしたら、喜んでもらえてるかもしれません。 断捨離セミナーの主催に際し、 最後の最後で、本当に大きな学びがありました。 恒例のタライ落としで例えるなら… 直径5メートルぐらい、でしょうか…。 4%の顕在意識で、精一杯「善」を意識しても、 96%の無意識は、とっても正直。 ひでこ先生が何か特別なことを言ったわけじゃないんだけど、 先生のあり方に接していて、自然と気づかされました。 ひでこ先生との出会いに、感謝。 気づけた自分を、承認。 感謝・承認をしながらも、 自己嫌悪に涙がとまりませんでした。 11月6日、セミナーの受講生さんの数人が 企画主催をされた『笑いのチカラ』という講演会に出かけました。 クラウンとして活躍をする大棟耕介さんの話。 ぼろぼろと涙がでました。 ありたい自分であり続けるために、 ストレッチをし続けているという話に 励まされました。 もっと正直でいい、もっと気楽でいい。 でもそれは、手を抜くことではない。 アウトスタンディングな生き方。 理想を追って思いを貫く事は、学ばせられる事も多い。 そしたら学べばいい。 それだけのこと。 そしたら、もう少し遠くへ行ける。 希望を感じました。 そして、とうとう、 自分のしっぽをつかまえたんです。 ここ最近、子供の保育園のことで悩んでいました。 その原因は、自分と夫にあると考え 自分を責め、夫を責めていました。 数日前、イライラのピークに任せて 保育園の先生へのグチを、思いっきり夫にぶつけたんです。 言っていて、自分ではっとしました。 こっちが私の本音なんだって。 私は、鏡に映った本当の私を見ようとしてなかった。 無意識で。 自分でも気づかず。 やっと、自分のしっぽをつかまえた。 本当の私は、いつも何かを人のせいにしている。 言い訳ばっかの自分。 保育園の事、自分の感性を信じてみよう。 起きることは、全て引き受けよう。 「いま、ここからスタート」 毎日、毎日、繰り返す、新しい始まり。 「あった!!!」 何々、フムフム… ここ5年ほど、掃除をするがテーマで 悩みの種でした。 ヨシ!断捨るぞー。 でるは、でるは、ゴミ袋7袋。 それで、なんだか満足していましたが。 セミナーに、参加して。 自己流で、解釈していたところにきがついたり。 山下さんのパワフルなエネルギーにふれて、 より深く理解することが出来ました。 そうして、片付けられない私、というレッテルを貼り付けて。 ココロのなかが、モヤモヤ。 しかし、今はそんな状況から少しずつ卒業しています。 押入れの奥にしまった、ダンボール。 開いてみると、自己啓発本やいつか読もうと思って何年も そのままになっていた本達が出てきました。 ああ・・・・。 知識ばかりを得ることに、執着していた私。 夢を叶えるには、自分の体を使って、小さなことからでもいい 行動しなくては! 今出来ることをしよう! 100冊程度の本を、リサイクルに出しました。 ありがとう、そして誰かのお役に立ちますようにと思いながら。 頑張っていた、私。 自分のノートなのに、眺めていて「じーん」と、ココロに響いた。 このノート達は、また大事にしまっておこう… ヨガの指導もされるSちゃん。 体を動かして断捨離することで、大きな変化を味わった模様。 ちょっと私、不思議な事、言いますよ? 「モノが少ない!」という第一印象は「ない」んです。 確かに事実、量はとってもとっても少ない。 モノは少ない。 でもモノが少ない、という「印象」がないんです。 ここでちょっと、想像してみてください。 誰かの家のリビングにお邪魔した時の感覚。 その家独特の雰囲気に包まれますよね。 断捨離ハウスも、同じように 家族の物語や、ルールがふんわりと漂っていて まさに、その雰囲気が「第一印象」でした。 私、勝手に 「モノがない=ギャラリーのような非日常空間」 だと思っていて、もっと、襟を正すような、背筋が伸びるような 少々説教臭い空間を、思い描いていたんです(笑)。 ぜんぜん違いました。 庭先にある小さな丘が、吹き抜けの窓に映り 深い森の奥にいるような気分にさせる、ダイニング。 きっとこの家を建てるときに、 いろいろと考えて、こだわったのだろうなぁ。 そして、ご家族も大好きな場所だったんだろうなぁ… なんて、思います。 断捨離ハウスは、どこに居ても、なーんか居心地がいいです。 どこもかしこも、空気がほぐれてる。 断捨離ハウスは、以前ひでこ先生ご一家が暮らした家で、 現在は、ダンシャリアンさん交流の場となっている模様です。 一人でお茶入れて、3時間、読書したよ(笑)。 <次につづく>.

次の