お正月 玄関。 玄関などのお正月飾りの名前とは。いつまで飾るか、簡単な手作り方法など|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

正月飾りを玄関に飾る時期や飾り方。位置や付け方は?場所は?

お正月 玄関

玄関に飾ってもよい正月飾りの種類 玄関に飾って、お正月を晴々と迎えたいところです。 地域によっては変わる部分もありますが、一般的な知識として知っておくと便利ですよね。 玄関に飾って良いとされる正月飾りがこちらになります。 疑問!正月飾りを玄関に飾る理由とは 正月飾りは年の始めに、 歳神様を家にお迎えするために飾りつけをします。 歳神様は地域によっても呼び名が変わり、年神様・歳徳様・正月様と呼ばれています。 この神様は 1年の幸せと実りをもたらす、「 新年の神様」です。 玄関に正月飾りを飾る理由はその飾りを 目印に歳神様が降りてくるとされているからなのです。 門松・松飾の意味と飾る場所 門松や松飾は1対になっています。 この飾りは主に松や竹、梅で構成されており、 最近では見た目の良さから椿をあしらったものなど、さまざまなタイプの門松や松飾が流通していますね。 門松・松飾を正月に飾る風習が定着したのは、平安時代末期ごろです。 松の木の梢に神が宿ると信じられており、そこに歳神様を迎えて祀るという意味合いがあります。 使用される松竹梅、それぞれに意味があります。 松は1年中枯れない常緑樹で 神が宿る木。 竹はグングンと伸びる成長の速さから 生命の象徴。 梅は年の始まりが 喜ばしいことであるとされています。 【飾る場所】 玄関や門の両脇に配置して飾ります。 注連縄・注連縄飾りの意味と飾る場所 漢字で書くと、一見何の飾りなのかわかりませんが「 しめ縄」と読みます。 注連縄の「 しめ」は 神がいる場所を表しており、 しめ縄を張った境から 内側が 神様を祀る神聖な場所であることを意味しています。 災厄がもたらされても、しめ縄を境にして、 神聖な場所に災厄が入り込むことを食い止める役目を果たすとされています。 日本神話では・・・ 『弟の悪行に天照大神がお怒りになって天岩戸に閉じ籠ってしまったために、 闇となった世の中では、悪い神様が出てきて悪さをするようになっていました。 あの手この手で天照大神が天岩戸から御出でになるように策を講じたところ、 天照大神が御出でになられたのです。 再び天照大神が天岩戸に籠ってしまわないようにする為に、 しめ縄で戸を塞いだのです。 』 こちらは有名な話で語り継がれていますよね。 しめ縄には清浄な場所と現世(仏教では不浄とされます)の境界線を示す役割があるのです。 東日本は「 玉飾り」、西日本では「 ごぼう注連縄」が 玄関向きとされています。 ごぼう注連縄は太いほうが右側に来るように飾り付けるのが一般的です。 伊勢神宮やその周辺では逆向きに飾り付ける風習があるそうですよ。 【飾る場所】 玄関ドアの中央に飾ります。 鏡餅の意味 昔の鏡が丸くて平たいものであったことから名前が由来しており、 鏡餅はお餅を重ねて飾ることから「 1年を重ねてめでたく飾る」や「 家庭円満」を意味しています。 地域によって玄関に飾らない地域もあるようですが、旧家では玄関の隣にある土間にある内玄関には、 神棚があるのが一般的で、鏡餅をお供えしているのが普通でした。 この風習からも、 玄関に鏡餅を飾っても非礼には一切当たりませんのでご安心くださいね。 歳神様や火の神様、水の神様などすべての神様へのお供え物ですので、 床の間だけではなく各お部屋に飾りつけてよいとされていますので柔軟に対応したいところです。 実は飾り付ける鏡餅の大きさは 一番大きくするのが玄関です。 玄関>仏壇・神棚>台所・トイレ・各部屋の順に鏡餅の大きさが変わるので注意しましょう。 【飾る場所】 玄関内側のスペースに飾ります。 輪〆飾り・輪飾りの意味 輪〆飾り・輪飾りは他に「 輪じめ」とも呼ばれています。 注連縄を簡略化したものにあたります。 輪じめは「 和(輪)で1年を締める」意味も持っています。 注連縄がない場合には、 輪〆飾りや輪飾りを玄関に飾りつけをします。 他にも 水の神様がおられる、風呂・トイレ・水道・水道管などの水回り、 火の神様がおられる台所や各部屋の入口に飾り付けます。 【飾る場所】 玄関のドアノブなどかかる場所に飾り付けます。 スポンサーリンク 正月飾りのよく見る素材にも意味がある 正月飾りで使われている素材にも意味があるのをご存知ですか? この意味を知ることによって、何気なく飾り付けていた正月飾りやお正月への思いが変わってくるのではないでしょうか。 橙は実が熟しても落ちることがないので、縁起が良く代々(橙)栄えるから「子孫繁栄」を意味します。 鏡餅に使う際に柿を串に刺しますが、両端に2個ずつ、中央に6個で「外はニコニコ(2個2個)中はむつまじく(6個)」や、 両端が1個ずつ、中央に5個で「一人、一人が(1個1個)、しあわせに(5個)」という意味があります。 縁起を担いでいるのですね。 清らかな心であることです。 作り方に幾通りかの流派があるようですが、名前の由来は紙がし垂れていることかからこのように呼ばれています。 紙垂は神の降臨する場の神聖・清浄を意味します。 南天は魔除けを意味します。 喪中の正月飾りはどうするの? 喪中の正月飾りについての一般的な考え方についてご紹介します。 喪中は鏡餅を除く、正月飾りやおせちは一切行わないのが主流です。 しかしながら、お正月は本来、歳神様を祀る行事であるので歳神様へのお供えとして鏡餅だけをお供えします。 忌中の場合には正月飾りは一切執り行いません。 これについては地域柄もありますので、 年長者に聞くなどしてその地域の風習に従うことが望ましいでしょう。 玄関の正月飾りの飾る期間は?処分は? 玄関に正月飾りを飾る期間は 12月28日~1月7日までとされています。 日付にも意味があります。 29日は「 二重苦」で 語呂が悪く、30日は「 旧暦の31日にあたる」ため 縁起が悪いとされています。 31日は「 一夜飾り」と呼ばれ 葬儀の時の飾り方で縁起が良くないとされています。 1月7日まで玄関に正月飾りを飾るのは7日が「 七草粥」の日で 1年の邪気払いをする日に当たります。 邪気を取り払ってから、正月飾りを外すのがよいとされています。 お正月が終わったからとさっさと外してしまわず、伝統に則った趣を大切にしたいものですね。 処分はどんど焼きや自宅で清めて焼却する方法、手順に則り清めてから正月飾りだけでゴミに出す方法があります。 まとめ 正月飾りの種類と意味についてご紹介してきました。 その意味を噛みしめながら、正しい飾りつけで、 気持ちよく歳神様をお迎えして気持ちの良いスタートをしたいところですね。 2017年もより良い一年になられますようにお祈り申し上げます。

次の

お正月の玄関飾りの意味と正月飾りの水引の色や結び方!縁起物の名前は?

お正月 玄関

まず 『29日』。 次に 『30日』と 『31日』。 旧暦で30日は『晦日』。 つまり月の最後の日を意味しますね。 そのため31日と同様の扱いになります。 お正月前日ですので、30日、31日は慌ただしい日です。 そんな日に飾るのは、神様に対し礼節を欠きます。 また、31日は『一夜飾り』と言われ忌み嫌われています。 この3日は適さない日として注意しておきましょう。 松の内とは『門松を飾る期間』を意味する言葉です。 しかし、こちらも地域によって異なります。 正月飾りを飾る位置や場所は?飾り方は? 飾りの種類別に飾る位置、場所、飾り方について紹介していきますね。 鏡餅 【飾る場所について】 神様の居場所として、家の中で格の高い場所。 しかし床の間がない場合は神棚、玄関、台所、リビングなどが一般的でしょうか。 家族に大切にされている場所が良いと思われます。 【飾り方について】 飾り方は地域によって異なる場所もありますが、一般的なものをあげるとしたら説明するとこうなります。 まず三方の上に四方紅を置きます。 四方紅の上に裏白の葉を正面に垂れさせた状態で置きます。 鏡餅を置きましょう。 御幣を正面に垂れさせるようにして置きます。 橙を乗せましょう。 末広を置いたら完成です。 しめ縄(注連飾り) 【飾る場所について】 こちらは 玄関に飾るのが一般的ですね。 神様を迎え入れるために玄関の扉(外側)に飾るのが適しています。 【飾り方について】 特に注意事項などはありません。 ただ、玄関は神様をお招きする場所ですので、しめ縄を飾る際に周りを綺麗にすることを忘れずに! 破魔矢 【飾る場所について】 破魔矢は本来、神棚や床の間に飾っていたそうですが、今はどちらもない家が多いですね。 理由は神様を見下さないようにという礼儀の意味からです。 【飾り方について】 方角など気にする方もいらっしゃるようですが、基本的にはどの方角に飾っても大丈夫です。 ただ、 縁起を担ぎたいという方は、 その年の『 凶の方角』に向けるのがおすすめですよ! 2020年の凶方位は南です。 真南でなくてもかまいません(南方面でOK)。 門松 【飾る場所について】 門松は 家の門に飾るのが一般的です。 そもそも門松というものは、歳神様の依代(よりしろ)と言われています。 お正月飾りの中では一番重要で、歳神様が迷わず降りて来るための目印になるのです。 【飾り方について】 門松は 門の両側に設置します。 そしてこの様に、 二番目に長い竹が外側になるように置きましょう。 この門松の竹の長さは地域によっても違いがあり、関東の方が長く関西の方は短くなってます。 Sponsored Link マンションの玄関の飾り方は? マンションまたはアパートの方の場合 『門松』でしたら、玄関扉の両側に飾れる略式の門松が売っていますので、そちらを設置するのがおすすめです。 大きさはどんなものでも大丈夫です。 大きなものから小さなものまでいろいろ売っているので、スペースなどを考慮して決めましょう。 『しめ縄』は玄関の扉や下駄箱の上、もしくはトイレなどの水場が良いですね。 『鏡餅』は玄関の下駄箱の上、テレビ台やサイドボードの上などに飾る方が多いようですよ。 『破魔矢』はこのような破魔矢置きを買って設置する方も多いですね。 専用の台がなくてもよいですが、倒れないようにしておきましょう。 壁に横にかけても良いですよ。 woman. excite. com こちらの 門松は何と全て紙で手作りされたそうです。 門松も小さいものも売ってますが、家の中で飾るならこのように小さな物だと片付けも楽そうですね。 こちらはどうやら玄関に置かれている様子。 こんなに可愛い門松を見たら微笑ましい気分になりそうですね。 もうすぐ年末!正月飾りの準備を始めましょう。 正月飾りは12月13日から飾られるものだと知り、驚いた方もいることでしょう。 周囲の方も大概年末に飾られることが多かったので、正月飾りとはこんなに奥が深いものなんだと再認識できたことと思います。 この記事がこれからのお正月準備に少しでもお役に立てば幸いです。

次の

正月飾りで玄関には何を飾る?いつからいつまで飾る?処分方法は?

お正月 玄関

門松やしめ縄などのお正月飾りの由来と意味 お正月飾りの由来とは? もともと正月行事とは、年神様というその年の神様を迎え、祀るために行われてきたものです。 農耕民族だった日本人にとって、五穀豊穣の神である年神様は大事な神様として考えられていました。 また、生きる力や幸せをもたらしてくれるといわれていることから、お正月が近付くと門松やしめ縄を飾り、年神様を祀る準備をしていたのです。 門松にあしらわれている松・竹・梅には、それぞれに意味があります。 松は「祀る」につながる樹木ということで、おめでたいことから用いられます。 竹は2~3日程で背丈ほどに伸びることから、生命力の象徴という意味合いがあります。 新春に咲く梅は、1年の始まりにふさわしい花として飾られ、門松には紅梅と白梅の両方を飾るのが一般的です。 餅を重ねるのは「円満に年を重ねる」という意味がある 玄関先にしめ縄を飾るのは、神社がしめ縄を張りめぐらせているのと同じ意味で、神様を祀る神聖な場所に不浄なものを持ちこませないためとされています。 しめ飾りはしめ縄に縁起物を飾り付けたものです。 代表的なものに、清浄な心を表す裏白 うらじろ 、神の力が宿る紙とされている御幣 ごへい 、その家系が長く続くことを願うゆずり葉などがあります。 鏡餅は、神事によく使用される鏡と人の魂を丸い形の餅で表したものです。 餅は本来、神様に捧げる神聖なものとしてお祭りやお祝い事に欠かせない食べ物といわれていました。 2つの餅は陰と陽で表され、餅を重ねるのは「円満に年を重ねる」という意味が込められています。 飾る日と片付けるタイミング お正月飾りを片付けるタイミングは? 正月飾りを飾る時期は、日本の暦での「正月事始め」である12月13日以降ならいつ出しても問題ありません。 現在の日本では、クリスマスの過ぎた26日頃から飾り始めるのが一般的になりつつあります。 年末の中でも28日は末広がりの「8」、30日はキリが良い数字として、その日に合わせて正月飾りを飾る家庭も多いようです。 一方避けた方がいい日は29日と31日といわれています。 29日は「苦」を連想させる数字であることから敬遠され、31日は葬式と同じ一夜飾りなのは縁起が悪いとして避けられます。 また、片付けるタイミングは関東・関西など地方によって異なりますが、一般的に1月7日あたりから片付け始める傾向があります。 門松を飾る期間のことを「松の内」といい、もともとは小正月の1月15日までと考えられていましたが、近年は「七草がゆ」を食べるとされる7日までの認識になってきているようです。 正月飾りの処分方法 かつては、焼いて奉納していましたが… お正月が過ぎれば、神聖な正月飾りをどう処分しようか悩まれる方も多いかと思います。 昔の日本は、小正月の1月15日に「どんど焼き」という火祭りで、集められた正月飾りを焼いて、奉納していました。 今でも神社などでどんど焼きは行われているので、近くの神社を調べてみてください。 もし、都合がつかず1月15日に神社に行くことができない場合は、庭のある一戸建てであれば自宅で処分することも出来ます。 自宅での処分方法は、庭の土を塩とお神酒で清め、その土の上で正月飾りを焼きます。 その時に出た灰は、そのままにせず新聞紙などで包んでゴミ箱に捨てましょう。 また、マンションなど自宅で燃やすことが難しい場合もあるでしょう。 そんな時は、大きめの紙を用意し右・左・中と塩を置いたら、その紙に正月飾りを包み、他のゴミとは別にし、1つのゴミ袋に入れてゴミに出すという方法もあります。 なお、地域によって処分方法のルールが異なることがあるので、お住まいの地域での決まりがあれば守るようにしてください。 マンションと一戸建ての飾り方は? 最近は、神棚や床の間がない一戸建てもある 一戸建ての場合、門松やしめ飾りなどは玄関の外に飾りますが、住宅スタイルの変化から現在では徐々に簡略化されていき、洋室やマンションにも飾れるような正月飾りがお店に並ぶようになりました。 お正月飾りを手作りするワークショップも出てきて、モダンなお部屋でも日本の伝統的な文化を上手に取り入れる方法を教えてくれる場所もあるようです。 一般的に鏡餅を飾る場所は神棚や床の間で、三方に半紙または奉書紙を敷いて飾ります。 しかし、最近の住宅では一戸建てでも神棚や床の間がないという場合もあるかもしれません。 置く場所がなければ、居間や玄関からなるべく離れた場所に飾りましょう。 飾り棚や小さなテーブルの上でも、お正月にふさわしく改まった雰囲気で飾れるように工夫するといいでしょう。 マンションは、玄関の外に飾るのは難しい マンションの場合、玄関ドアの前は共用部分にあたるため、正月飾りを置くことは基本的に禁止されていますが、玄関ドアの外側を飾ってもいいかどうかはマンションによって異なります。 まずは、マンションの規約を確認してみましょう。 飾ってもよければ、玄関ドアにフックを取り付けて、小さめのしめ飾りを選んで飾ることが出来ます。 飾ることが禁止されているなら、玄関の内側に飾るようにしましょう。 鏡餅も最近は、さまざまなサイズのものが販売されているので、キッチンカウンターやリビングボードの上でも置けるようなコンパクトなものを選べば、インテリアの邪魔になりません。

次の