山羊座の満月 意味。 山羊座の満月20200705 ホロスコープとサビアンシンボル

12月12日は双子座の満月です。テーマは『あなたの可能性に目覚めるとき』です。

山羊座の満月 意味

山羊座は、12月22日~1月19日生まれの人です。 私たちはいついかなる時も宇宙の影響・恩恵を授かって生きています。 地球の願い事を宇宙に届ける窓口の役割をするのが「月」であり、それを聞き届けた宇宙が願い事を叶えてくれる力をあなたにもたらしてくれます。 「新月デクラレーション」という言葉を知っていますか?新月デクラレーションは、新月に行う、願いを叶える秘術のことです。 この秘術は、一般的にアファメーションと呼ばれる技法に、占星術と宇宙のパワーを取り入れてできています。 アファメーションとは「私はもっと良くなる」「私は楽しく生きる」などといったポジティブな宣言をすることで、前向きな考え方ができるように自分で自分を誘導するという自己啓発の役割を持っています。 新月デクラレーションは、一人で手軽に行える、スピリチュアルな開運法なのです。 これには、実はいくつかのコツがあります。 この記事では、このコツをお教えします。 これを掴むことで、新月の願い事は単なる「お願い」というおまじないにとどまらず、確実に願いを叶える「パワーウィッシュ」になるのです。 今回は、山羊座の新月にすると効果的な願い事やそのやり方をご説明いたします。 山羊座の人生の使命は、「確実な成功を手に入れる」ことです。 山羊座の役割は「結果を出すこと」、これに尽きるでしょう。 あやふやな自己満足ではなく、誰もが認める明確な成果を出す。 功績を残し、社会的評価を得る。 いくら努力したところで、それが何らかの成功を手にできなかったら意味が無い…それが山羊座の考え方です。 なかなかシビアで現実主義な理論ですが、夢という形の無いものを追い続け、結局何も身につかなかったなら、または他人に自分のやっていることを認識してもらえなかったなら、人間として生きていく上で必要な社会的な立場は保てません。 そして「結果」は、それを出すことができれば自分自身にも十分な恩恵があるでしょう。 何かを為したという誇りがあれば、自信や次なる目標に向けての熱意も生まれます。 努力、そして確実性。 それが山羊座のサインがもたらしてくれるもの。 その恩恵を授かった人々が山羊座です。 山羊座は「結果を出すこと」「思い通りの成功を手に入れること」がテーマです。 結果を出すためには、下積みが不可欠です。 よって山羊座の新月は、緻密な計画性、簡単には自分を曲げない精神性、最後まで諦めない粘り強さ、たゆまぬ努力、こういったものを私達に与えてくれます。 仕事や学業での成績アップなどを願う時には非常に効果的です。 山羊座のサインのこうした傾向は、自己啓発的な意味を持つアファメーションと組み合わさるととても強力になります。 願いを持っていても、全て運任せ、他人任せでは成就が遅くなってしまうでしょう。 山羊座の新月のパワーを借りれば、自力で目標に近づく後押しが得られるでしょう。 また、やぎ座のサインはややお堅いイメージに寄る感じがありますが、「固すぎる」傾向もやわらげてくれます。 頑固すぎる、融通が利かないなどの悩みを持っている場合、山羊座の新月ではこれらの悪い習慣・傾向を手放すチャンスです。 山羊座の新月は、「目標を達成する」「今取りかかっていることを成功させる」ために最適の日です。 特に仕事や学業の分野での願い事と相性が良く、高い評価を得ることは勿論、昇進・昇格・昇給、成績向上・合格などといった仕事・学業上の成功に関することは全て、山羊座のパワーウィッシュが力を貸してくれるでしょう。 また、国や政府といった公的なものと縁が深く、国家資格の取得、試験の合格などといったものも適応範囲に入ります。 恋愛や私生活に関しては少し手薄な印象がありますが、地位のある人や年上との付き合い・結婚を望む場合やお見合いの成功などといった願いとは相性が良いです。 ・大きな目標を達成する ・昇格、昇進、昇給する ・父親や上司との関係が良くなる ・挫折すること無く努力を続ける ・ステータスがアップする また、山羊座は体の部位では歯、骨、関節、皮膚を司ります。 肉体の美容や健康などについての願い事がしたいときは、これらの部位に絞りましょう。 社会的なものや公的なものと縁の深い山羊座が持つ特徴は、世の中の運気全体に繁栄されます。 社会全体が大きなエネルギーで満たされるので、大胆な動きをするチャンスです。 もともと堅実さがテーマの星なので現在の足下は盤石ですし、多少の困難が予想されても、信念と努力ではねのけることができるでしょう。 清く誠実なお付き合い、お見合いの成功、理想的な結婚への準備など、恋が確実に進展する方向に舵を切るとうまくいくはずです。 自分磨きの最中の人は、古風な美しさ、大人の落ち着きなどの魅力を手に入れるチャンスです。 お茶や舞踊など、古典芸能にチャレンジしてみるのもいいでしょう。 新月デクラレーションのデクラレーションとは「宣言」という意味ですから、「この願いを叶えるぞ!」と強く決意し、宇宙に対して宣言するという形でなくてはなりません。 「宝くじに当たりますように」などといったような願い事形式の書き方は、どこか他力本願な印象があります。 あなた自身の決意が弱いとか、目標達成するための熱意や自信がないことを表してしまいかねないので、「~しますように」は使わず「私は~します」という断定的な文末で書くのがいいでしょう。 「私は~を意図します」という文末も、決意が表れていて良いと思います。 また、具体的なビジョンがあればあるほど良いです。 過去形にするのはNGです。 「もう叶ったことなのかな?」と宇宙が考え、その願い事はスルーされてしまうでしょう。 新月の願い事は、次の満月には叶うと思っていませんか? 山羊座のパワーウィッシュは、「時間がかかっても絶対に叶えたい願い事」を願うべきです。 どんな障害があろうと乗り越える力を山羊座の新月は授けてくれますが、大きく重い願い事ならば、叶うまでにそれなりの時間がかかることになるでしょう。 自分自身に関する願い事ならば、あなたの決意の強さが成就を引き寄せますから、多くはあまり時を待たずして叶うでしょう。 しかし、他人の気持ちや動向が絡む願い事や人生をかけて臨むような願い事は、成就が遅くなってしまう傾向があります。 このように、新月に願い事をしてから叶うまでの期間は、書いた願い事によります。 目安は、約半年後にやってくる同じ星座の時の満月です。 山羊座の新月に書いた願い事は、半年後の山羊座の満月に確認してみてください。 代償というほどではないけれども、願いを叶えるために努力すべき事項は存在します。 まず大前提として、「感謝」をしましょう。 願い事をした新月の次の満月が感謝をするタイミングです。 感謝します」など、具体的に叶った願い事と感謝の言葉を綴るのです。 ここで大事なのは、願ったことが叶ったかどうかではありません。 今与えられているものに感謝する。 そして、もうすぐ願いを叶えてくれる宇宙に感謝する。 そのことに意義があるのです。 感謝するからこそ、宇宙があなたを見つけ、願いを聞き届けてくれるのです。 また、願いが叶うためのイメージというのは日々行いましょう。 願いが叶うシチュエーションを考え、そのためには何をすればいいかを想像するのです。 それをするだけでも、実現の日がぐっと近くなりますよ。 願い方に正解・間違いはなく、願いにも正解・間違いはありませんが、それでも叶いにくい願い、叶わない願いというものは存在します。 あまりにも利己的な願いや、他人を不幸にするような願いは聞き届けてはもらえないでしょう。 宇宙はこの世に住む生き物があまねく幸せになること、地球が愛で溢れることを願っているからです。 周りにも幸せを与える願いや、人々に良い影響を与える可能性のある願いが叶いやすいです。

次の

山羊座の満月20200705 ホロスコープとサビアンシンボル

山羊座の満月 意味

激しい宇宙からのエナジーとメッセージが怒涛のように押し寄せる、まさに 「宇宙ウイークエンド」なこの週末。 通常のホロスコープ図(=地球を中心に据えて、そこから太陽系を眺めた図)では、あまり大したことがないというか(笑)、惑星直列の様子はわかりません。 ですが、太陽中心の図(=ヘリオセントリックのホロスコープ、太陽から太陽系を眺めた様子)では、みごとに惑星たちがダンゴになって、ひしめいている様子がよくわかります。 惑星直列の時は、巨大地震や気象変動などが起こりやすいと言われているので、現在ネットの記事や Youtubeなどで、たくさん不安を煽るような情報が出ていますが、みなさんどうか心配しないでくださいねー! 占星術による地震や災害の予想って、本当に当てにならないというか、ぶっちゃけ、マジで いつでも宇宙では様々なイベントが起こっていますから!(爆) 予想するためのものよりもむしろ、何か起こったときに、あとからホロスコープを眺めて「ああ、やっぱりこの時はこんな惑星配置になっていたから、こんなことが起こったのね~」と答え合わせして、現実理解を深めるためのものだと私は捉えています。 それに、今年からもう 「200年の風の時代」=「変化の時代」は始まっていて、どんどんその流れは加速しています。 科学的にも地球は変動期に入っていて、 「地震や気象変動などが起こりやすく、いつも地球に変化が起こる、いつ何が起こってもおかしくない時代」はとっくに始まっているのです。 ですから、「この日に何かありそう!!」ってことにフォーカスするよりも、 「いつでも何が起こってもアリ!!」ってキモチで、ある程度備えておくのと同時に、 「何が起こっても、それも宇宙の流れだから OK!」という柔軟性を持って、日々過ごしていきたいものです。 そもそも、地震もコロナも台風も、どんなに備えていたっていつも予測なんてできないで、いつも宇宙に驚かされる私達の人生ですものね。 いつも自分がハートの奥底から生きて、明るいココロで真に魂が輝く生き方をしていれば、地震だってウイルスだって、大変な思いはしても、いい方向に持っていくテコとして活用できるものですから、不安に思うことはないのです。 惑星直列がもたらすエナジーと意味は? ですが。 たしかに 惑星直列というのは、私達にある種の大きなエナジーをもたらします。 惑星ひとつひとつが「音」だとしたら、惑星が重なることは「和音」。 この 7つの惑星直列は、「7つの音」が一斉に鳴り響く、「強烈な和音」なわけです。 そう、まるでベートーヴェンの「運命」の始まりのように、私達の魂のトビラを激しく叩く、 惑星たちの和音が、いま太陽系には鳴り響いています。 それがエネルギーの波として地球に届くわけですから、当然、太陽系のカケラである私達も、 宇宙から激しく揺さぶられることになります。 この「大きな揺れ」が、過去にはもちろん大地の地震のような現象として現れたこともあります。 でも いま、私達がもっとも意識を向けなければならないのは、「自分の内面の揺れ」「人生の揺れ」の方です。 月食満月とかさなる直列ですから、当然 この「揺れ」は、魂のカルマ、自分の今生での根本的なあり方へと響き渡ってきます。 自分が残りの人生で、この地球で何をするのか、どうあるのか。 この宇宙パワーを受けて、ぜひここでご先祖様たちも含め、数百年の総決算のつもりで、見直してみましょう。 ひとつ言えるのは、 惑星直列は、太陽から見た視点(ヘリオセントリック)=地球を客観的に、俯瞰的に眺める視点=エゴを外した視点、だということです。 普通のホロスコープ= 地球から見る視点は、私達の居場所から見た、エゴを中心とした視点です。 それは、小さな私達のエゴが、この社会、この世界の中で、どうやって生き延びて、愛し合い、働き稼ぎ、よりよく過ごしていくのか、という、地球中心の視点です。 一方、 太陽中心の視点は、エゴを超えた宇宙の視点。 そこから見る太陽系は、エゴの日々の一喜一憂を超えて、 「魂が大いなるワンネスの宇宙から分かれて、わざわざこの地球に生まれてきた意味」を教えてくれます。 この惑星直列を意識して内面を見つめれば、いつも文句や不安ばかりつぶやくエゴの視点では見えない、 大いなる宇宙から見た、「生まれた本当の意味」が感じられるのではないでしょうか。 そして せっかく宇宙が私達を揺さぶり、「ウェイクアップコール」を送ってくれているのですから、私達の方からも積極的に「内面の揺れ」を感じ、むしろ積極的にずっと硬直していった状況や感情を揺らしていって、不要なものをふるい落とすこと、変化を起こすことにこの「宇宙の揺れ」を使っていくのがよいかと思います。 この2020年は、少なくとも 200年分の時代の切り替わりの時。 ですから、年末のグレートコンジャンクションに向けて、 いまこのタイミングで月食とともに惑星直列がやってくるのは、実に粋な宇宙の采配です。 12月22日のグレートコンジャンクションへの、ひとつのステップとして、しっかりこの「揺れ」で人生や内面を調整していきましょう。 いつもお伝えしている、 グレートコンジャンクションと数百年単位の時代の切り替えについてまだご存知ない方は、以下の記事をご参考になさってくださいね。 ここから2020山羊座イヤーが加速! そしてそして。 惑星直列が続く中、 7月5日は、山羊座の月食満月です。 この月食は、6月からの 「日食・月食祭り」の最後の3回目です。 同時に、今回は日本では見られませんが、2020年3度目の月食となります。 「日食・月食祭り」については、以下の記事もどうぞ。 重ねて、この月食が起こるのは、珍しく1年に2度も続けて起こるパワフルな 蟹座新月の、ちょうどど真ん中。 もう、いろいろな意味で、 存在感をこれでもかと主張しまくっている月食となっています。 この月食の直前に、土星が山羊座入りしていて、 「木星・土星・冥王星」という重鎮3トリオが、山羊座で揃い踏み。 ここから12月まで、200年の地の時代の総決算、山羊座的ないままでの物質やお金重視の社会構造の大改革、社会権力や構造の歪みの大変革が起こっていくことでしょう。 個人のレベルでは、とにかく 「2020年」が人生の節目の年と心得て、 ここから半年で、いままでの人生が「前世」となる、ここで生まれ直して来年からは「来世」を生きる、ぐらいの覚悟で、ひたすら次の5つの点を見直していくのが良いと思います。 月食満月のスペシャルなパワーを借りて、断捨離や生活の構造改革に取り組むのも、とってもオススメですよ! そして、 12月までの大切な新時代への準備のステップを、ここから丁寧に生きてまいりましょう。 みなさまがそれぞれの場所で、ご自分にとって意味のある良き宇宙ウイークエンドを過ごせますように!! ****** それでは今日はこの辺で。 みなさまの健康と心の平和、日々にたくさんの喜びがあることを、いつも心からお祈りしております。 地球の愛する、愛おしいみなさまへ。 いつどうなるかわからない時代ですし、今後開催予定は当分ないので、私もコレで最後かもしれないという気合いで臨ませていただきます。 お席少ないので、ぜひと思われる方はどうぞ今回お申し込みくださいね。 こんな時代だからこそ。 当面は葉山鑑定のみです。 東京鑑定の再開は未定ですので、手相が気になる方はぜひ葉山でご予約くださいね。 葉山での鑑定は60分以上からとなります。 女神のみなさまのご参加をお待ちしております!!.

次の

2019山羊座月蝕満月の影響と効果的な過ごし方

山羊座の満月 意味

Contents• 2020年7月5日山羊座満月の意味は? 2020年7月5日日曜日13時43分頃山羊座で満月を迎えます。 満月ではこれまでの積み重ねの結果が出たり、2週間前の新月あるいは半年前の山羊座新月に意図したこと、始めたことが成就する時です。 満月の満ちるエネルギーに感謝し、望まないことを手放し今後の軌道修正をしていくタイミングです。 2020年山羊座満月 ボイドタイムはいつ? ご参考に・・・ 2020年山羊座満月前後のボイドタイムの時間は 7月6日月曜日18時36分から同日19時09分 山羊座があらわすこと 山羊座は土のエレメントの活動宮 土は「現実感覚・豊かさ」を表します。 土の性質を理解する本質的意味は、 「目に見え実感できる形にする」ということです。 12星座を人間の成長に例えた時、人間としての総合性を手に入れようとします。 山羊座は社会という今ここに生きる現実の中で形として成果を表そうとし、 仕事や社会的な立場を象徴します。 2020年7月5日山羊座満月のホロスコープ 古代遺跡を発見することによって、古代の叡智を知る意味ですが、 前の13度で突出した能力やカリスマ性を示し その次の14度がそれを日常に浸透させる意味を持つことから 新奇な発見を求めて探求し続け、その結果発見したと思ったことが、実は古代からも変わらない普遍的なものであったことに気づくこと。 つまり、 大事なこと、目新しい発見だと思ったことも、実は古代から普遍であり、これまで探求によって得たことは間違っていなかったことを確信する度数です。 仕事に価値や意味を与えるものとは? 山羊座の土は水(蟹座:感情や心)とワンセットとなって意味を持ちます。 水は単独では形がありませんが、それを器(土)に入れることで形になります。 山羊座は仕事や社会的成果の象徴ですが、そこに価値を与えるのは心や感情。 心が伴っていなければ、成果も虚しく、人の心を動かすことは難しいでしょう。 自分の心に目を向ければ向けるほど、今後の成果はついてくるでしょう。 外側ばかりに目を向けなくていい 成果、数字、お金、外側ばかりに目を向けて必死にもがいていませんか? 本当に手に入れたいことは何でしょう。 お金や成果のその先、つまり感情や心の内側に目を向けると結果的に外側もうまく行きます。 なぜなら、あなたが得たいものはすでにあなたの中にあるからです。 仕事で成果を得たい、成功したいと思う時、外側ばかり気にしていたら、グルグル同じことを繰り返すことになってしまいます。 日頃、それぞれの方の才能や個性を生かす起業サポートをさせていただいていますが その鍵となるのは、心のコアな部分をいかに引き出しそれを形にするかという点なのです。 山羊座満月は仕事、社会的成果の達成エネルギー 蟹座の太陽と山羊座の月がちょうど向かい合う満月は、仕事や社会的な成果の達成を表します。 今、達成していることに目を向け、1つ1つに感謝し達成のエネルギーを体感します。 そして、望んでいないことがあれば、手放していくと良いでしょう。 仕事がうまくいかないと焦りや不安に感じる時 仕事がうまくいかない、収入が少ない、集客が思うようにいかず焦りや不安を感じることはありませんか? お客様が少ないと思ってしまわず、まず来てくださったことに感謝する。 ここまで進んでいることやこれまでの成果に目を向ける。 今受け取っていることをちゃんと見て、感じる。 受け取っていることは、目に見えることだけではないはずです。 そして、環境に感謝し、家族、サポートしてくれている人に感謝する。 1つ1つ文字にして書いてみると、いかに今自分が幸せなのか気づくことができます。 パートナーの場所で牡牛座天王星がサポート あなたが出会う人、パートナーの場所に牡牛座の天王星が協力的な配置でサポートします。 牡牛座は生まれ持った感覚や才能を発揮して職人的な仕事をする人。 天王星はそれが際立っていたり、独自性を持ち個性的、専門的であったり、時間や場所にとらわれないことを表しています。 また、インターネットを得意とする人かもしれません。 そのような人と協力関係を結んだり、関わることで仕事の成功を後押ししてくれるでしょう。 出会う人、パートナーはあなたの可能性を広げてくれます。 山羊座に4天体集まり新しい社会への転換最終調整 特に今回の満月は月の他に、個人の領域を超える公転周期の長い天体、つまり社会的に影響を与える天体である木星・土星、集合意識に影響する冥王星が山羊座に集中しており、その3つは逆行しています。 急激に人と距離をとる社会、横の繋がり、情報や流通が重要になる社会に変わった今、 その変化に本格的に対応するため、社会の制度や概念もそれに応じて変えていく最終的な見直しの時期です。 明らかにもう変えないといけない、いつまでも古いやり方にしがみついている場合ではないということに気づき、 現実をよく見ることで、個人の生活レベルでも自分が「今」できることを1つ1つやっていきましょう。 仕事への意識、働き方を転換していくこともそのうちの一つ。 満月のある3ハウスは個人の意識やコミュニケーションの取り方をあらわす場所です。 山羊座の願い事を叶えるキーワード ご参考に山羊座のキーワードは 感謝すると良いこと 満月までは・・・ 満ちるエネルギー 行き過ぎた権威主義・野心 家庭や心を大切にしないこと 成果にとらわれすぎること 時間がかかりすぎること 無駄、余分だと思うこと 目的のために必要ではないこと 効率だけを求めすぎること 常識やルールに縛られすぎること いつまでも古いやり方を変えられないこと 満月の願い事のしかた 今あること、満ちるエネルギーに感謝し、浄化することで手放すことができます。 そして手放すことで、自分が意図するエネルギーを受け取ることができます。

次の