ご り やく 研究 所。 やまもと土づくり研究所

増田俊樹・古川慎のごりやく☆研究所|KBS京都

ご り やく 研究 所

やまもと土づくり研究所とは 私は静岡県にある河津バガテル公園で、公園長として20年間バラ栽培を続け、1,100品種6,000株のバラを育ててきました。 大雨、強風、台風、照りつける太陽、凍える寒さ、さまざまな環境下で、トゲと格闘しながらバラを見続けてきました。 咲かせて当たり前というプレッシャーの中6,000株のバラを育て続け、毎年1,000本のバラの接木を成功させ、毎年2,000株のバラの鉢上げをしてきました。 その中で、やっとたどり着いた答え。 バラを大きく美しく、そして強く咲かせるために大切なこと… それは、「土」と「気づき」です。 いかにバラの根と土を連携させるか。 そして いかに「気付き」をもつかです。 この気付きは、日々の経験の積み重ねによって生まれます。 毎日バラを観察することです。 1株のバラを確固たる情熱を持ち続け、さまざまな環境下、5年、10年、15年と育て続けていくことによって身につきます。 これは、私の20年の集大成の結論とも言えます。 しかし、私自身まだまだバラという植物を研究し続けていかなければなりません。 やまもと土づくり研究所とは、こういった私自身の経験のもとつけた名前なのです。 だから、あえてバラという文字は使用していません。 私は日本に数少ないバラ栽培のプロの技術者です。 この培ったリアルな技術を世界中のバラを育てている皆さんに知ってもらいたい。 バラを美しく強く咲かせていただきたい。 それが私の願いであり、それをお伝えすることが私の使命であると考えます。 どうぞよろしくお願いいたします。 私の経歴 山本健生 やまもとたけお 元河津バガテル公園 公園長 農薬管理指導士 日本に数少ないプロのローズガーデナー 技術者 フランスパリEcole du Breuil 旧国立高等園芸樹芸学校 へ留学を経て 1,100品種6,000株のバラを20年間管理し続ける。 バラ本来の力により開花させる技術を確立。 蓄積された技術を基に10年の歳月をかけ、1年のうち、たった1回施すだけでバラが甦る究極の肥料YAMAMOTO X ヤマモトエックスを開発。 全国のバラ施設、個人宅でバラを蘇らせる数々の成果をあげる。 2019年独立。 やまもと土づくり研究所を設立。 バラの総合コンサルタントとして、 全国のバラ園栽培指導、演出方法、花壇デザイン、 個人宅のバラアドバイスに飛び回る。 全国で山本流バラ栽培、パリ仕込みの植栽の講演、講習会を実施。 長年の栽培経験から、全国バラ園のヘッドガーデナーと幅広い交友関係をもち、 また、農薬会社、植物試験場などとも広いネットワークを持つ。 肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス とは 肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス 誕生にあたり どうにかして、たくさんの花をつける、強いバラをつくりだしたい… そんな思いの中、肥料メーカーの薦める肥料を言われるがまま投入し、 栽培管理をしていた。 しかし、これだ! と、 納得できる肥料と巡り会うことはなかった。 それなら、「ガーデナーとしての自分が、バラに適した肥料を開発できればこれに勝るものはない」と肥料開発を思い立つ。 休日を利用し、全国各地を訪問し、大学の農学教授、試験場、分析機関の方、さまざまな方の協力のもと、10 年の研究期間を経て肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス を自ら開発する。 国の検査機関より肥料取締法に基づく許可を取得。 YAMAMOTO X ヤマモトエックス はこんな方におすすめです!! 数ある肥料の中から、どの商品を選べばよいのかわからない。 花が咲かない。 花数が少ない。 肥料の施し方がわからない。 何をどれだけあげればよいのか試行錯誤している。 満足のいくバラの咲き方ではない。 肥料をあげても咲いてくれない。 とにかく元気がない。 毎年、春バラが終わると病気になる。 バラは難しいからあきらめようと思っている。 毎年、数輪程度しか咲いてくれない。 すぐ病気になる。 瀕死の状態。 とにかく確実な肥料が欲しい。

次の

増田俊樹・古川慎のごりやく☆研究所|KBS京都

ご り やく 研究 所

やまもと土づくり研究所とは 私は静岡県にある河津バガテル公園で、公園長として20年間バラ栽培を続け、1,100品種6,000株のバラを育ててきました。 大雨、強風、台風、照りつける太陽、凍える寒さ、さまざまな環境下で、トゲと格闘しながらバラを見続けてきました。 咲かせて当たり前というプレッシャーの中6,000株のバラを育て続け、毎年1,000本のバラの接木を成功させ、毎年2,000株のバラの鉢上げをしてきました。 その中で、やっとたどり着いた答え。 バラを大きく美しく、そして強く咲かせるために大切なこと… それは、「土」と「気づき」です。 いかにバラの根と土を連携させるか。 そして いかに「気付き」をもつかです。 この気付きは、日々の経験の積み重ねによって生まれます。 毎日バラを観察することです。 1株のバラを確固たる情熱を持ち続け、さまざまな環境下、5年、10年、15年と育て続けていくことによって身につきます。 これは、私の20年の集大成の結論とも言えます。 しかし、私自身まだまだバラという植物を研究し続けていかなければなりません。 やまもと土づくり研究所とは、こういった私自身の経験のもとつけた名前なのです。 だから、あえてバラという文字は使用していません。 私は日本に数少ないバラ栽培のプロの技術者です。 この培ったリアルな技術を世界中のバラを育てている皆さんに知ってもらいたい。 バラを美しく強く咲かせていただきたい。 それが私の願いであり、それをお伝えすることが私の使命であると考えます。 どうぞよろしくお願いいたします。 私の経歴 山本健生 やまもとたけお 元河津バガテル公園 公園長 農薬管理指導士 日本に数少ないプロのローズガーデナー 技術者 フランスパリEcole du Breuil 旧国立高等園芸樹芸学校 へ留学を経て 1,100品種6,000株のバラを20年間管理し続ける。 バラ本来の力により開花させる技術を確立。 蓄積された技術を基に10年の歳月をかけ、1年のうち、たった1回施すだけでバラが甦る究極の肥料YAMAMOTO X ヤマモトエックスを開発。 全国のバラ施設、個人宅でバラを蘇らせる数々の成果をあげる。 2019年独立。 やまもと土づくり研究所を設立。 バラの総合コンサルタントとして、 全国のバラ園栽培指導、演出方法、花壇デザイン、 個人宅のバラアドバイスに飛び回る。 全国で山本流バラ栽培、パリ仕込みの植栽の講演、講習会を実施。 長年の栽培経験から、全国バラ園のヘッドガーデナーと幅広い交友関係をもち、 また、農薬会社、植物試験場などとも広いネットワークを持つ。 肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス とは 肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス 誕生にあたり どうにかして、たくさんの花をつける、強いバラをつくりだしたい… そんな思いの中、肥料メーカーの薦める肥料を言われるがまま投入し、 栽培管理をしていた。 しかし、これだ! と、 納得できる肥料と巡り会うことはなかった。 それなら、「ガーデナーとしての自分が、バラに適した肥料を開発できればこれに勝るものはない」と肥料開発を思い立つ。 休日を利用し、全国各地を訪問し、大学の農学教授、試験場、分析機関の方、さまざまな方の協力のもと、10 年の研究期間を経て肥料 YAMAMOTO X ヤマモトエックス を自ら開発する。 国の検査機関より肥料取締法に基づく許可を取得。 YAMAMOTO X ヤマモトエックス はこんな方におすすめです!! 数ある肥料の中から、どの商品を選べばよいのかわからない。 花が咲かない。 花数が少ない。 肥料の施し方がわからない。 何をどれだけあげればよいのか試行錯誤している。 満足のいくバラの咲き方ではない。 肥料をあげても咲いてくれない。 とにかく元気がない。 毎年、春バラが終わると病気になる。 バラは難しいからあきらめようと思っている。 毎年、数輪程度しか咲いてくれない。 すぐ病気になる。 瀕死の状態。 とにかく確実な肥料が欲しい。

次の

増田俊樹・古川慎のごりやく☆研究所|KBS京都

ご り やく 研究 所

当研究所は、昭和34年12月に、故吉田茂元首相の提唱により、英国王立国際問題研究所(チャタム・ハウス)等に範をとりつつ設立された外交・安全保障に関する総合的な政策シンクタンクです。 設立にあたっては、故吉田茂元首相が会長に就任するとともに、与野党の政治家、経済界のリーダー、学界、言論界を代表する有識者など、多くの方々から強力なご支援をいただきました。 当研究所は、昭和35年9月に外務省所管の財団法人として認可され、昭和38年3月には税制上の優遇措置である「特定公益増進法人」の認定を受けました。 さらに、一般社団及び一般財団法人に関する法律の改正等に伴い、平成24年3月には内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受け、同年4月に公益財団法人に移行し現在に至っております。 世界は激動の時代を迎えています。 外交・安全保障問題に関する産・官・学の人材と叡智を結集し、世界に対し日本の貢献と対応を発信することの重要性がますます高まっています。 未来に向けた日本と世界の成長と発展のため当研究所は地道な調査研究を基に、海外の調査研究機関や有識者とのネットワークを通じた対外発信、同時に、日本国内での外交・安全保障問題への関心を高めるための活動を一層強化して参ります。 当研究所の活動に対する皆様のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。 日本国際問題研究所は、設立以来五十余年に亘り、日本の外交・安全保障に関する調査・研究及び政策提言を通じて、日本内外の政策立案、研究者やメディアをはじめとした専門家や有識者が広く参照し得るアイディアや情報分析を提示して参りました。 こうした活動を踏まえ、当研究所は、外交・安全保障問題に関するわが国を代表するシンクタンクであることはもちろん、国際的にもアジアで最も高い認知度と評価を受けており、世界の代表的なシンクタンクとの間で多くの政策対話やシンポジウムを通じ、日本の外交・安全保障に関する対外発信を行ってきております。 当研究所は、今後も世界における日本の知的存在感を高めるべく、政策立案に結びつく調査・研究や提言、世界各国のオピニオンリーダーに対する日本の意見の発信、国内外への情報提供、そして、外交・安全保障分野における世界に通用する人材の育成に積極的に取り組んでまいります。 世界の中の日本の存在感を高め、世界と日本の平和と繁栄を実現すべく、次の五十年を見据えた政策提言や情報分析を提供できるよう、全役職員一同、専心してまいる所存であります。 当研究所に対するご理解とご支援、そして忌憚のないご意見を賜れますよう、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。 当研究所はその定款において、目的および事業を次の様に定めています。 本研究所は、国際問題の調査研究を行い、わが国の外交を科学的に研究し、その政策の企画に建設的構想を提供するとともに、国際問題に関する知識の普及および情報の頒布を計り、全国の大学及び研究団体における国際問題の研究を奨励し、わが国にとって望ましい国際世論の形成に貢献し、もってわが国外交の健全な運営の確保に資し、進んで世界の平和と繁栄に寄与することを目的とする。 本研究所は、前条の目的を達成するため次の事業を行なう。 1 国際問題に関する調査研究及び政策提言• 2 国際問題に関する内外の大学、研究所、研究団体等との対話、交流• 3)包括的核実験禁止条約(CTBT)等に関する事業• 4)前各号の事業及びその他の国際問題に関する電子媒体、雑誌・書籍等の刊行及び出版、講座、講演会、座談会等による知識の普及および内外への情報発信• 5)その他本研究所の目的を達成するために必要と認める事業.

次の