ノルウェージャンフォレストキャット 子猫。 ノルウェージャンフォレストキャット子猫でお探しの方はこちらへ ペットショップワンラブ

ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのキャットフード5選

ノルウェージャンフォレストキャット 子猫

寒さが厳しいノルウェーの森で生きてきた、長毛種のふわふわの毛並みを持つノルウェージャンフォレストキャットは、雪や風から身を守るためのダブルコートを持っていて、名前の由来はそのまま「ノルウェーの森の猫」という意味を持っています。 性格はとても穏やかで、愛情深く辛抱強い性格を持っている子が多いようです。 人間や他の猫とスキンシップを取ることが好きで、子供などがしつこく構ってきていても我慢することはできます。 ですが、我慢するという事はストレスが少なからずあるということですし、子供とは言えあまりにも乱暴なことをされたりするとストレスになってしまうので注意が必要です。 運動量は普通にありますが、飼い主さんの近くにいたがる子も多いようです。 若い頃は特に動くことが好きなので、キャットタワーを置くなど運動できる場所を用意しておきましょう。 森で暮らしていた事もあってか上下運動を好むので、家具の上にも上がる可能性があります。 ケガなどをしないような環境作りが必要になってきます。 長毛種のため、日頃からしっかりとしたブラッシングをしたり、定期的なシャンプーが必要になってきます。 毛を飲みすぎると毛球症になってしまいます。 また、寒い地域の猫でもあるので、暑さにはとても弱いです。 熱中症予防など環境の管理をしっかりと行いましょう。 今回の猫ちゃんは4年ほど前からたまに見かけており、毛足が長いのでどこかの飼い猫かと思っていました。 しかし昨年10月ころより自宅の裏庭に滞在するようになり、寒さ対策で設置した発泡スチロールに散歩以外常時いたので、 飼い主がいない猫であると思い今回行動を致しました。 去勢手術後は自宅で飼うつもりですべて用意を致しましたが、 まだ対面をしていないのにも関わらず、先住犬(8歳、雑種オス)が猫を気にし常に落ち着かずストレスを感じている為、 このまま同じ屋根の下での生活は厳しいのではないかと思い里親様を募集させて頂きました。 譲渡までの間、ワクチンの接種やダニ取りなどこちらで間に合えば行う予定です。 人間のエゴかもしれませんが、一度室内の温かい環境で安全な寝床と清潔な水や餌があることを知ってしまった猫ちゃんを元の野良の環境に戻すのは心苦しいと感じてしまうので、 お家の中で飼って頂ける方を希望致します。 全国どんな場所でも近所に野良猫は住んでいるかと思います。 ですが、その野良猫は実は迷子猫である可能性もあります。 また、猫を飼っている・いないに関わらず、ある日突然縁があって野良猫や迷い猫を保護する事になるかもしれません。 そんな「もし迷い猫だったら?」「どこに連絡をするべき?」などのポイント、猫を保護したけどそもそも猫を迎えた事が無い、これから猫を迎えるけど猫との生活は初めてだから不安…と思っている里親さんもいらっしゃるかと思います。 猫を家族の一員として迎える為にも、お住いの環境が猫に合っているのか、子猫の募集が増える時期はいつ頃なのか、猫の性格や最低限必要なグッズなどを迎える前にご自身や家族とチェックしておくと、迎えてから慌てたりせずに済むので安心です。 近年では里親詐欺なども存在する為、保護活動をしている方々も年々厳しく里親希望者を選ぶようになっています。 悪い人ばかりでない事は十分承知しているのですが、それでも万が一の時の被害が大きすぎるため、やむなく里親募集は狭き門になりつつあります。 応募しても決まらない、長期間決まらなくて迎える気持ちが減ってきてしまっている…なんて里親希望の方がいらっしゃるかもしれません。 ですが、 実はアピール不足の可能性もあるんです! 自分の住まいから応募できる方にお送りしていますか?あまりにもかけ離れている場所の方にお送りしていませんか?他にも、ネコジルシならではのSNS機能を使ったプロフィールの充実や日記などを投稿して自分の性格などをアピールする方法や、応募時にチェックしておくべき部分もあるので、ぜひ確認してみてください! 里親を探している募集者さまへ 2匹目の探し方なんですが 先住が、病気がない場合(母猫が血液検査で大丈夫と聞いている) 里親募集で子猫で血液検査してない場合 検査してもらってからがいいとは思うんですが、野良ちゃんの猫や脱走して妊娠した親猫さんだと 生まれた子猫にの中に陽性の子がいたら白血病が移る場合があるんでしょうか? こんな表現はあれですが・・ 数匹全員調べてもらうのも大変だと思うので、いいと思う子だけ検査してもらってもどうなのかな?と思い 最初から結果のわかる子から探した方がいいのでしょうか? また先住猫も少し脱走した事あったら血液検査したほうがいいですか? どうやって探してますか? 見た目の好きな子からえらんでいるんでしょうか? 性格がまだはっきりわからない猫ちゃんだと会わせてみるしかないでしょうか? 同じ性格のじゃなくてもうまくいきますか? 何度かトライアルして迎えた方もいるのでしょうか? よろしくお願いします。 去年から母猫1匹と、子猫3匹が家の敷地内に住み着いていました。 そのうち子猫2匹は保護して去勢済みです。 母猫と子猫 オス約1歳 はなかなか捕まえられず、母猫は妊娠し、4月の終わりに4匹の子猫を出産しました。 そのうち2匹は最近見つけられずにいました。 オス猫、母猫、子猫2匹は家の納屋を寝床にしていました。 昨日、オス猫を保護しようと捕獲器を設置していたのですが、子猫2匹が捕獲器にはいっていました。 子猫はまだ3カ月弱なので去勢ができず、最初は逃そうかと思いましたが、時が経てば去勢をしなければならないので、いまのうちに人に慣れさせておこうと思い保護しました。 しかし、夜から朝にかけて母猫が子猫を探して鳴き続け、子猫もずっと鳴いていました。 猫を保護する時に、夜鳴きすることは分かっていましたが、まだまだ小さい子猫と母猫がお互いを探して鳴いており、とても心苦しくなりました。 心を鬼にして我慢しようかと思いましたが、猫の声が大きく近所の方に迷惑で保健所に連絡されるのではないか、子猫を保護したことによって子育てがなくなりすぐにまた妊娠してしまうのではないか、いっしょにいた親子を引き離すことがまず間違っているのでは、、と色々と考えてしまい母猫が近くに来ている時に子猫を逃してしまいました。 一匹は母親の元に走っていきましたが、もう一匹を逃すのにすこし手間取ってしまい走り去っていくときには母猫の姿は近くに見当たりませんでした。 そこから夜が明けるまで心配であまり寝付けず、たまに子猫の鳴き声が聞こえるような気がして、もしかして二匹目は母猫に会えず彷徨っているのではないかと今も心配です。 何度か納屋を見にいきましたが猫の姿は見つからず、違う寝床を探しに行ったのではないかと思います。 朝もう一度考えてみると一度保護したのなら、逃さず我慢するべきだったととても後悔しています。 母猫は子猫の居場所は匂いや鳴き声で分かるものでしょうか?餌付けしていたので、またご飯を食べに戻ってくるでしょうか。 自業自得ですが誰にも相談できず、とても悩んでいるので少しでも意見をお聞きできれば幸いです。 別のサイトにて、元飼い主様がブリーダーより購入された11か月のミヌエットの女の子(避妊済み)を里親募集にて私のところへお迎えさせていただきました。 元飼い主様の里親募集の経緯としましては、以下に元飼い主様からの連絡の文章転載致します。 「もともとこの子は非常に見た目がよく短足のため、ママになる予定でブリーダーさまのお宅におりました。 ただ、ブリーダーさまもこの子が大勢の中の1匹でいることに葛藤していたようで、8ヶ月とある程度成長したところですが、これくらいが環境の変化に素直に順応でき、子猫っぽい見た目で可愛がってもらえる限界と判断しお値段を下げての募集に至った、とのことでした。 」 「私の家に来たのが今年の3月下旬頃になります。 先住猫とは最初は仲が良かったのですが、この子がいると遊びも甘えも遠慮しちゃってできなくてストレスで、でもこの子のことは好きっていうか、構ってほしいしお世話もしたいのだが肝心の相手はツン…だしショボン…なら攻撃…みたいな感じで仲が悪くなり喧嘩が多くなり、自分自身も限界を感じ今回募集に至りました。 」 とのことでした。 私のおうちには6月の終わりにお迎えし、1週間で体調を崩すこともなく今では半分仰向けになり爆睡したり、夜中にお布団に飛び乗ってきてふみふみしたり、撫でて~と鳴かれ手を出すとすりすりするまでに仲良くなりました。 いたずらも阻喪もせず、トイレ等の健康状態も特に問題なし、昨日初めて行った動物病院様のお話では体重も適正(約2. 3キロ、2. 5キロを超えないようにと指導されております)、体格も良好と言われています。 お迎え後、元飼い主様からは「最近は前に比べてかまってあげられていなかったので1対1は絶対嬉しいはずです。 うちにいた頃はやはりストレスもあったのでしょう、イタズラもあったので(高級イヤホンを断線させたのはついこの間のこと…)、やっぱり今の環境がとても良いのだと思います。 本当にこちらこそ感謝してもしきれません。 私は無責任でしたが、兄猫は前に比べて甘えてくるようになったりで、今回のご縁で皆幸せになれたのかな、と思っております。 」 と連絡いただきました。 前置きが非常に長くなりましたが、悩みはここからになります。 元飼い主様よりお引き受けの際に、ブリーダー様のお名前がわかる書類もいただいており、昨夜ブリーダー様のお名前で検索をしてみたところ、HP・Instagram・ブログをやられており、その中のブログに小さいころのこの子のお写真がたくさん掲載されておりました。 大切に育てられ、かわいがられていたんだろうなと感じられるブログのお写真と内容でした。 お迎えの際の元飼い主様も仰られていたように、ブリーダー様も悩みぬいてのお譲りの決断だったのだろうと思い、ブリーダー様のInstagramのメッセージでご連絡をとりました。 ・簡単なあいさつと、自己紹介(名前、飼育環境、一人暮らしで在宅での仕事であること) ・前飼い主様と里親募集で知り合ったこと ・こうして連絡をしている事は前飼い主様にはお伝えしていない事 ・うちにきて1週間の様子(新しい名前、写真10枚ほどと文章) ・前飼い主様よりブリーダー様も悩まれての販売と聞いており元気であることを連絡したかったこと ・動物病院にて検査をうけ、とても健康であること(体格、体重、ごはん、トイレなど) をお伝えし、お返事をいただいたのですが、販売後の子が里親に出された連絡をうけびっくりさせてしまい、混乱させてしまいました。 その際、「ぽこた(私)さまのことや生活環境について、何も存じあげないのですが、 何も知らないから申し上げるのですが わたくしどもへお返しいただくことはできませんか?何がこの子にとって幸せなのかわかりませんが、とてもかわいそうな気持ちでいっぱいです。 ご気分を害されましたら本当に申し訳ありません。 ちょっと今は、そんなことしか頭に浮かばなくて。 それではよろしくお願いします!とは、とても言えなくて😿ほんとにごめんなさい。 ちょっと頭を冷やして、改めてご連絡させていただいてもよろしいでしょうか?」 と言わせてしまいました。 突然の連絡でショックと混乱させてしまったのに、とても丁寧なお返事だとは思っております。 気分を害するということもないですし、ブリーダー様のおっしゃることもわかります。 私としては、ブリーダー様が大切にされていた猫ちゃんは今は私のところにおり、こんなに元気にかわいくなっていますよ。 ということを知ってもらいたかったのですが、浅はかな考えだったのかもしれないと、お返事をいただいてから思うようになりました。 やっと仲良く慣れてきはじめ、おなかも撫でさせてくれるようになってきてこれから…という所です。 自分の浅はかな考えで連絡してしまい、ブリーダー様の気持ちを考えると胸が苦しく、とはいえお返しする考えも全くなかったのですが、お返ししたほうがいいのか?生まれ育った家のほうが幸せではないのか?という考えがぬぐい切れません。 どうしようどうしようという感じではなく、ブリーダー様のことを考えると胸が苦しくずっともやもやしております。 批判や罵倒、どんなご意見でも大丈夫ですので、この質問を見て思ったことを私に話してもらえないでしょうか… お時間取って申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いいたします。 画像はお迎えした猫ちゃんです。 こちらを通じて里親応募し、6月27日 土 に猫が譲渡されたのですが、その3日後に元の飼い主から猫の返還を求められました。 その理由が譲渡際に、元飼い主から「ずっとトイレに行っていないのでトイレに行かせてあげてください」と言われて、抱いていた妹がトイレの場所に連れていき、座らせ、手を離すと、猫がトイレからすぐに出て、部屋のすみ TV台の裏 に行きました。 元飼い主がそれを見て「逃げた」ととられたようですが、その時は何も言いませんでしたが、その後のメッセージでその事を言ってきて、慣れていないから返してほしいと言われました。 その後の猫ですが、元飼い主の方には行かず、開いたままの連れてきたキャリーバッグにも戻ることもなく、父親が抱き上げて、TV台の裏から出し、妹が再び抱いていました。 その間、猫はいっさい鳴くことはありませんでした。 そして、そのまま猫を置いて、元飼い主は帰宅されました。 譲渡された時に「この子でいいですよね?」と猫の確認をし、写真を撮りました。 1週間後と、1ヶ月後の猫の様子をサイトのメッセージを通じて写真を送るとの口約束はありました。 その日の夜にメッセージで「慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、根気よくやってください」とあり、毎日数回、メッセージが来て、その都度、返信していました。 そして、譲渡からおよそ3日後の6月30日の午前1時頃、メッセージで「猫を返してほしい」と言ってきました。 その間に、猫はうちに慣れて、家族にも甘えたりしています。 ひざの上で寝るなど。 書面でのやり取りも等はなく、相手の言い分は、「譲るとは言っていない」「預けるだけ」と言ってきています。 募集内容に 「譲渡後にどうしてもやむなき事情の際は、1週間以内に連絡下さい。 その場合は引き取りしかないと思う」とありましたが、こちらから返す話しはしていません。 相手の言い分としては「里親様には1週間のお試し期間を示してあるので、募集する側にも1週間のお試し譲渡の考慮期間があってもよいと思います」と言われましたが、それは譲渡後にメッセージで伝えられたものです。 こちらとしては返したくないのですが、その旨を伝えても、何度も返還を求めるメッセージが毎日、こちらが返事をする前に来ます。 他にも返還の理由が「母猫が寂しがっている。 」「自分も気持ちが晴れない」「子猫は母親と一緒にいた方がいい」等とも言ってきます。 他にも兄弟猫を譲渡したようですが、そちらの方には言ってないそうです。 この場合、返還しなければならないのでしょうか? こちらは最後まで飼うと決めて応募しています。 検査もされていないようだったので、病院に連れて行き、血液検査をし、ノミダニ寄生虫駆除もし、その際にワクチンや、去勢の時期を相談してきました。 とても困っています。 皆さんのご意見を聞かせて下さい。 あまりことをあらげたくなかったために、先ほど妹が代わりに同じ質問をしてくれました。 その際にアドバイス頂き、ありがとうございました。 後だし条件は禁止というルールがあることを教えて頂いたので、それを相手に伝えたいと思います。 他にもアドバイスがあればよろしくお願いいたします。 先日、こちらのサイトを通じて里親応募し、先週末自宅に猫が譲渡されたのですが、その3日後に元の飼い主から猫の返還を求められました。 その理由が譲渡の際に、元飼い主から「ずっとトイレに行っていないのでトイレに行かせてあげてください」と言われ、抱き上げてトイレの場所に連れていき座らせ手を離すと、猫がトイレからすぐに出て、部屋の隅(テレビ台の裏)に行きました。 それを「逃げた」と捕らえたようですが、その時は何も言いませんでした。 その後猫は飼い主の方に行かず、空いたままの連れてきたキャリーバッグに戻ることもなく、父親が抱き上げてその場から出しました。 その間猫は一切鳴く事もありませんでした。 そしてそのまま猫を置いて飼い主さんは帰宅されました。 その時に「この子で良いですよね? 」と猫の確認と、一週間後と1ヶ月後の猫の様子をサイトのメッセージを通じて写真を送るとの口約束はありました。 その日の夜にメッセージで「慣れるまで時間が掛かるかもしれませんが根気よくやってください」とあり、何度かメッセージ来て、毎日数回メッセージが来てその都度返していました。 そして、譲渡から3日後にメッセージで猫を返して欲しいと言って来ました。 その間に猫は家に慣れて、家族にも甘えたりする仕草も見せています。 書面でのやり取りはなく、相手の言い分は「譲るとは言っていない」「預けるだけ」と言ってきています。 トライアル等の話はされていません。 募集内容に 「譲渡後にどうしてもやむなき事情の際は、一週間以内に連絡ください。 その場合は引き取るしかないと思う」とありましたが、こちらから返す話はしていません。 相手の言い分としては「里親様には一週間のお試し期間を示してあるので、募集する側にも一週間のお試し譲渡の考慮期間があってよいと思います」と言われましたが、それは譲渡後にメッセージで伝えられた物です。 こちらとしては返したくないのですが、その旨を伝えても何度も返還を求めるメッセージが毎日何度もこちらが返事をする前に来ます。 この場合、返還しなければならないのでしょうか? 出来れば返したくありません。 返すつもりもなく、検査等されていなかったのでこちらで病院にも連れて行きました。 里親応募した方や、譲渡した側、両方の意見が聞きたいです。 よろしくお願いいたします。

次の

ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方まとめ

ノルウェージャンフォレストキャット 子猫

ノルウェージャンフォレストキャットに最適な栄養バランス がっしりした体の維持には高タンパク質の食事が不可欠 肉食動物である猫の主なエネルギー源はタンパク質で、人間の約2倍必要としています。 ノルウェージャンフォレストキャットは体が大きく運動量が多いので、高タンパク質の食事が欠かせません。 タンパク質はアミノ酸の供給源でもあります。 食事から摂取したタンパク質はアミノ酸に分解されてから利用されます。 エネルギー源として利用されるほか、筋肉や皮膚を作る材料にもなります。 猫が1日に必要とするタンパク質の量は体重1kg当たり7gです。 成猫のノルウェージャンフォレストキャットの平均体重は4~7kgですから、1日28~49gのタンパク質が必要です。 キャットフードだけでは足りない場合は、良質な動物性タンパク質を多く含む卵やチーズを与えるといいでしょう。 どちらも消化吸収に優れているので効率よく摂取できます。 また、アミノ酸のバランスも重要です。 体内で生合成できない11種類の「必須アミノ酸」は食事から摂る必要があります。 特に、タウリンとアルギニンは欠乏すると重篤な症状が引き起こされ、死に至ることもあります。 アミノ酸をバランス良く取り入れるには、肉、魚、卵、乳製品をうまく組み合わせて、いろいろなタンパク質源を摂らせましょう。 エネルギー源であり皮膚と被毛の健康維持に欠かせない脂肪 脂肪も猫にとって重要なエネルギー源です。 運動量が多いノルウェージャンフォレストキャットはタンパク質だけではエネルギー不足に陥るので、高脂肪の食事を与えましょう。 肥満になることが心配かもしれませんが、毎日しっかり運動していれば太ることはありません。 また、脂肪は皮膚や被毛の健康、免疫機能の維持に欠かせない「必須脂肪酸」の供給源でもあります。 猫にとっての必須脂肪酸は、植物油に多く含まれるリノール酸と動物性油脂に含まれるアラキドン酸です。 これらは、体内で生合成できないので食事から摂る必要があります。 さらに、皮膚のバリア機能を保つ働きが認められているDHA・EPAなどの「オメガ3脂肪酸」を摂らせると効果的です。 DHA・EPAはサバやイワシなどの青魚に多く含まれています。 運動量の多さを炭水化物でカバーする 糖質である炭水化物も猫のエネルギー源として利用できます。 「肉食動物である猫には炭水化物は必要ない」と考える方がいますが、ノルウェージャンフォレストキャットも例外ではなく、猫の健康維持には一定の炭水化物が必要です。 肉と魚だけでエネルギー源を確保しようとすると、どうしても肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。 炭水化物はタンパク質よりも体内に吸収されやすく、素早く利用できるのがメリットです。 ただし、猫は穀物の消化を苦手としているので、食品から摂らせる際はしっかり加熱してから与えましょう。 ご飯やパンを与えても構いません。 ご飯は消化に良く、アレルギーが少ないのがメリットです。 パンも消化に良く、香りが強いので猫が好む食品です。 しかし、ご飯には糖質が多く含まれていますので、バランスを考えて与えすぎないようにしてください。 食物繊維を多めに摂らせて毛玉の排出を促す 豊かな被毛を持つノルウェージャンフォレストキャットは、毛づくろいの際に飲み込む抜け毛の量が多く、お腹に毛玉がたまりやすい猫種です。 そこで、毛玉の排出を促すために食物繊維を多めに摂らせましょう。 猫は(人間も)食物繊維をまったく消化できませんが、便の嵩かさを増して腸を刺激し、便通を促す働きがあります。 食物繊維はキャッフードにも含まれていますが、抜け毛を飲み込む量が多いノルウェージャンフォレストキャットはそれだけでは足りません。 また、猫は野菜を食べたがらないので、どうしても繊維不足になりがちです。 一方で、猫は稲のような繊維が多い葉を好んで食べる習性があります。 外に出る猫が草を食べて毛玉を吐き出すように、葉物類であれば食べてくれる可能性があります。 加熱して油で絡めると食べやすいので、ほうれん草や大根の葉を油で炒めて与えてみましょう。 ビタミンEを強化したフードで健康を維持する ノルウェージャンフォレストキャットにはビタミンEを強化したフードを与えましょう。 ビタミンEには抗酸化作用があり、脂肪の酸化を防ぐ働きがあります。 脂肪が酸化すると「過酸化脂質」という物質に変わり、動脈硬化や心臓疾患の発症リスクを高めてしまいます。 さらに、お腹の脂肪が酸化して固まる「黄色脂肪症」という病気を引き起こしてしまいます。 特に、魚に含まれる「不飽和脂肪酸」は酸化しやすいので、魚を日常的に食べているノルウェージャンフォレストキャットはビタミンEをたくさん摂らせましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットにに与えるフードの量と回数 ノルウェージャンフォレストキャットの子猫は食べたいだけ与えて構わない ノルウェージャンフォレストキャットの子猫は成長に多くのカロリーが必要です。 子猫が1日に必要とするカロリーは以下のとおりです。 生後6か月の子猫は成猫の約2倍のカロリーが必要です。 ノルウェージャンフォレストキャットは、生後6か月までは毎日のように体重が増えます。 生後6か月を過ぎると成長のスピードは落ちますが、それでも成猫よりもはるかに多くのカロリーが必要です。 1歳までは食べたいだけフードを与えて構いません。 子猫は胃が小さいので、1日3~5回はフードを与えてください。 なお、ノルウェージャンフォレストキャットは成猫になるまで3~5年を要する猫種です。 5歳までは、たっぷりとフードを与えてください。 カロリーと運動量に見合った量のフードを与える ノルウェージャンフォレストキャットは運動量が多いので十分な量のフードを与えましょう。 しかし、運動量には個体差があります。 あまり運動しないのにフードをたくさん与えていると、エネルギーとして消費されなかった分が体脂肪として蓄積されてしまいます。 ノルウェージャンフォレストキャットは「糖尿病」や「肥大型心筋症」の発症リスクが高いとされていますので、フードの与えすぎに注意しましょう。 フードの量はカロリーを基に計算してください。 成猫が1日に必要とするカロリーは以下のとおりです。 成猫のノルウェージャンフォレストキャットは、このカロリーに相当する量のフードを1日2~3回に分けて与えてください。 老猫は運動量を見てフードの量と回数を調整する 運動量が豊富なノルウェージャンフォレストキャットも老猫になると寝ている時間が長くなります。 運動量が落ちているのに若いころと同じ量のフードを食べていると肥満につながるだけでなく、心臓や腎臓にも負担をかけてしまいます。 猫は一般的に10歳から老猫とされますが、老化は7歳ごろから始まります。 ノルウェージャンフォレストキャットの平均寿命は11~14年とやや短いので、7歳を過ぎたら少しずつ高齢猫向けのフードに切り替えましょう。 1日に必要とするカロリーは成猫と同じです。 もともと体が大きいノルウェージャンフォレストキャットは、年齢を重ねても大きく体重が落ちることはありません。 運動量を見てフードの量と回数を調整してください。

次の

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット 子猫

関連記事 ノルウェージャンフォレストキャットは運動神経抜群で、アクティブに動きまわる ノルウェージャンフォレストキャットは、ノルウェーの森を駆け巡って狩りをして生活していたため、運動能力が高い猫種です。 しっかりした骨太の大きな体は筋肉が発達しており、力が強い長い脚には丈夫な爪が生えています。 木や岩場などを登って獲物を獲ることも得意ですよ。 野外で高いところに登って視界を確保していた習性が色濃く残っており、室内でも本棚や家具、家電製品などの上といった高いところを好む傾向にあります。 屋外で運動することが大好きな猫ですが、充分に運動できるような高低差を設けた環境さえ整えてあげれば室内だけでも充分に飼育することができますよ。 ノルウェージャンフォレストキャットは温厚でフレンドリーな性格 ノルウェージャンフォレストキャットはそんな特徴とは裏腹に、温厚な性格のためペット向きの猫でもあります。 ひょうきんで人間とのスキンシップを好むフレンドリーな性格であり、寂しがり屋の一面もあります。 頭がとても良いため、簡単な芸ならすぐに覚えてくれますよ。 厳しい環境で生きてきたため、忍耐強いところもあり、小さな子供や他のペットがしつこく構っても辛抱強く相手をすることができるのもポイントです。 ノルウェージャンフォレストキャットの人気の毛色は? ノルウェージャンフォレストキャットは森に野生していた野生猫なので、被毛のカラーパターンは多彩です。 「ブラック」「ブルー」「ホワイト」などの単色、「ブラウン」「シルバー」「ブルー」「レッド」「クリーム」などのタビー、ホワイトと他の色を組み合わせたバイカラーがありますよ。 ノルウェージャンフォレストキャットの価格相場は? かかりやすい病気• 毛球症• 熱中症• 糖尿病• グリコーゲン貯蔵症• 眼瞼内反症• 尿路結石症 ノルウェージャンフォレストキャットは毛球症と熱中症にかかりやすい傾向があります。 毛球症とは毛づくろいの際に飲み込んだ自分の毛がお腹の中にたまって排出できなくなったために起きる病気です。 長毛種ゆえの傾向ですが、日頃からブラッシングをして無駄な毛を取り除き、定期的にシャンプーをすることで少しでも毛を飲み込む量を減らしてあげてください。 毛玉ケアのできるキャットフードや「猫草」を与えるのもおすすめですよ。 またノルウェージャンフォレストキャットはもともと寒い地方の猫で暑さには弱いため、熱中症対策をする必要もあります。 夏場はエアコンを28度前後の除湿運転で使い、温度を調節してあげることをオススメします。 また、夏場はサマーカットにするという方法もあります。 毛並みは冬までには完全に元に戻るので安心ですよ。 そのほか、「糖尿病」「グリコーゲン貯蔵症」「眼瞼内反症」「尿路結石症」にも注意してあげてくださいね。 詳しくは、「」をご確認ください。 モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はです。 アーテミス『オソピュア』 「アーテミス『オソピュア』」は、 良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです。 また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。 「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はです。 ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめな最高級キャットフードはからも確認できます。 浄水器 日本の水道水は、世界的に見ても安全なレベルを維持しています。 しかし、個人宅やマンション内に張り巡らされている 水道管の中には法定耐用年数(40年)を超えているものも多く老朽化により、サビや細菌の混入がないとは言い切れません。 また、人および猫などの動物に影響を与えない程度ではあるものの、消毒のための塩素の添加が義務付けられています。 3つのフィルターを備えることで高い浄化能力を実現したウォーターサーバー「ピュレスト」を活用して、水道水をより安全なものにしてみてはいかがでしょうか。 見分けるポイント• 耳の飾り毛 ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンはどちらも寒さの厳しい地域で生まれたため、とてもよく似た見た目をしています。 パッと見ただけでは判別が難しいかもしれません。 そんな2種を見分けるポイントは、「鼻筋」「耳先の飾り毛」です。 メインクーンは「丸みを帯びた鼻筋」をしているのに対し、ノルウェージャンフォレストキャットは「まっすぐに通った鼻筋」をしています。 また「リンクスティップ」とも呼ばれる、耳先から伸びる飾り毛も見分けるポイントです。 立派な飾り毛を持つメインクーンに対し、ノルウェージャンフォレストキャットは飾り毛がありません。 ノルウェージャンフォレストキャット メインクーン ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンのかわいい写真5選 メインクーン メインクーン ノルウェージャンフォレストキャット ノルウェージャンフォレストキャット 毛並みの手入れと室内温度管理ができれば飼いやすい猫種 森の妖精という愛称通りのミステリアスな雰囲気と、温厚でフレンドリーな性格から、長毛猫の人気上位にランクインしているノルウェージャンフォレストキャット。 オスは最大で60cm程度まで大きくはなりますが、毛並みの手入れと夏の暑さにさえ気を付ければ比較的飼いやすい猫です。 初心者の方や小さなお子さん、他のペットがいるお宅にも安心して迎えられる猫種ですよ。

次の