ヤーズ 死亡。 『低容量ピル』ヤーズを服用した体験談を紹介するよ!(婦人科受診のながれ、効果・副作用)

ヤスミンとヤーズの違いって?ヤスミンを安く通販する方法と、副作用や飲み忘れの対処方法をまとめました

ヤーズ 死亡

飲んで避妊ができる薬としてピルが開発されたのは1955年の米国でした。 FDA(米国食品医薬局)で承認されたのが1960年です。 当時のピルはホルモン濃度が高く、副作用をいかに克服するかが課題でした。 その後、ホルモン濃度を減らしたピルの開発が次々とおこなわれ、日本でも2010年についに超低用量ピルが認可されました。 (詳しくは下記「はやりの病気」を参照ください) 超低用量ピル「ヤーズ」は、発売後およそ2年半の間に国内の14万人以上の女性に処方されていると言われており(メーカーの発表)、そのうち副作用の報告は87例に上っています。 06%になりますが、報告されていない軽微な副作用も実際にはありますから「副作用出現率」はもっと上がるはずです) 87の副作用報告例のなかで死亡例が1例あります。 2013年6月、20代の女性が頭蓋内静脈洞血栓症と呼ばれる頭の中に血の塊ができる状態となり死亡しました(注1)。 血栓症というのは、ピルを飲めばリスクになるのですが、そのリスクの大きさは個人によって異なります。 喫煙や肥満があればリスクは大きく跳ね上がりますし、単純に高齢になるだけでもリスクは上昇します。 今回亡くなられた女性は、やせ型で喫煙はしておらず、過去に血栓症を起こしたエピソードもなく、ほとんどリスクはありませんでした。 (厳密に言えば祖父が脳梗塞になったことがあるそうですが、通常は祖父の脳梗塞まではあまりリスクとみなしません) 頭蓋内静脈洞血栓症は頭痛で発症し、そのうち痙攣をきたし意識消失にいたります。 この患者さんはヤーズ内服の2日後にすでに頭痛が出現していたそうです。 7錠飲んだ時点で服用を中止していますが、主治医が処方してからわずか13日後に死亡しています。 そして、飲みだして数週間以内に起こることが多いことがわかっています。 ですから、頭痛が起これば直ちに服薬を中止して主治医に相談しなければなりません。 今回私が驚いたのは、まったくといっていいほど血栓症のリスクがない女性が、中容量や低用量でなく超低用量ピルで発症し死亡にまで至ったということです。 薬に副作用はつきものですし、月経困難症が薬を必要とするほどのものであったことは理解できるのですが、なんともやりきれない感じがします。 副作用を恐れすぎるのも問題ですが、現在ピルを飲んでいる人、これからピルを始めようとしているすべての女性にこの症例のことを知ってもらいたいと思います。 (谷口恭) 注1:を参照ください。

次の

低用量ピルの副作用で有名な血栓症(けっせんしょう)について知って対策をとろう

ヤーズ 死亡

ピルのニキビ効果はいつから? ピルを飲み始めてからきた最初の生理時から効果がありました。 生理前でも肌は全然荒れません。 以前はニキビが出来てくるともうすぐ生理だとわかる位の肌荒れでしたが、 ニキビはもちろん角栓すらできにくくなりました。 ニキビができないのであごから赤みも消えつるつるになり、他の肌と同じ色・質感で感激した位です。 鏡を見るのも楽しいですし、人の顔を見て話せますし、自分に自信も出てきて、 ニキビで悩むことがなくなり「この世の春」という感じで毎日が楽しくなりました。 次は、服用を続ける上で気になる副作用です。 ピルの副作用 副作用は不正出血がありました。 チョロチョロと血が出る・にじむいう感じで2週間程続きました。 よく聞くむくみ・胃のもたつき・気持ち悪さなどはなかったです。 2013年6月に血栓症で死亡したとのこと。 比較的年齢を重ねた女性かと思いきや当時の私と同じ20代の女性ではありませんか!! 正直飲み続けていいのかと迷いました。 服用時に呼吸困難やじんましん・ふくらはぎのしびれ、など明らかに危険だと思われる症状が出ていたらもちろん服用をやめていたと思います。 私の場合は、 ・副作用は不正出血だけだったこと ・生理前の不快症状が少なくなった ・生理痛が軽くなった事 ・生理日がわかり予定がたてやすい ・ニキビで悩まされない と体・心ともにデメリットよりメリットの方がはるかに多かったので飲み続けることにしました。 血栓症対策は食べ物で気を付けて血をサラサラにする納豆や魚や野菜など食べることで様子を見ることにしました。 次は、ピルでニキビ自体はどうなるのかです。 ピルでニキビは治る? ピルを飲んでいる時はニキビは出なくなりました。 あたかも治ったように見えますが、実際は治ってはいません。 もともと自分の体の中で作れなかったホルモンを人工的に入れて炎症を抑えているだけのその場しのぎの対処療法です。 そうと分かっていながらもニキビができない嬉しさと快適さを手放すことができず、 妊娠を希望するまで2年間飲み続けました。 次は、やめた後の経過です。 ピルをやめたらどうなる? 元の肌に戻ります。 生理前はあごにぶつぶつと赤い熱を持ったニキビができました。 先月まではつるつるだったあごが1か月でぶつぶつになり、 またうつむき気味で人の目を見られない本来の自分に戻りました。 当たり前ですよね、ニキビの原因を解決していないのですから。 その後もしばらくニキビとの付き合いは続いたのですが、 現在ニキビは出ないようにコントロールできるようになりました。 その方法は、 スキンケアをしないことと、肌(体)に負担となる食べ物をとらないことです。 食生活を変えるというのは中々大変だと思いますが一つずつできることから始めてみると、 砂糖中毒・乳製品好きだった私でも断つことができました。 まずは、普段のスキンケアを見直してみて下さいね。 その他には、医療機関によって半年に一回血液検査があり、検査代・診察代などかかります。 ヤーズは生理痛や月経前症候群(PMS)などの治療として処方されます。 また、生理痛でピルを希望しても医師の判断で他のピルを処方される場合もあります。 それでは、最後にまとめます。 まとめ ヤーズ服用の体験談 ・ヤーズのニキビへの効果は1か月目(シート目)からあり肌が劇的にきれいになった ・副作用は不正出血のみ ・ピルはホルモンの作用でニキビを一時的に出ないようにするだけで、服用をやめれば今まで通りにニキビはできる ・費用はピル代は月2500円程度。 その他に診察代など ・ヤーズを処方されるかは医師の判断による ほとんどの人がいつかはピルを飲まなくなる時がくると思います。 ニキビへの効果があり恩恵を受けていた私が言うのもなんですが、ピルは一時的な物と割り切って同時にニキビの原因解決をしていくとよいと思います。 ホルモン剤は思った以上に私たちの体に作用しています。 その後中々妊娠できなかった私はそう思います。

次の

japan

ヤーズ 死亡

はじめに 低用量ピルは1999年に発売が開始されて以降、ピルは「避妊」「月経周期の調整」を目的として服用するというイメージが一般的に持たれていました。 しかしながら現在では、「月経困難症」「月経痛」の治療を目的として、医療の現場でも積極的に取り入れられるなど、服用目的も多岐に渡るようになりピルを服用する女性が増えています。 現在日本国内では、、、、、、といった低用量ピルが婦人科などで処方してもらうことで入手可能となっています。 ヤーズは、低用量ピルの中でも「超低用量ピル」に属し、ピルの中でも新しい第4世代の薬です。 おもに生理痛の緩和や月経困難症(PMS)の改善に用いられます。 この記事では、ヤーズの飲み方と副作用、よくある困った時の対応方法を解説していきます。 目次 添付文書に記載されているヤーズの効能効果は次の通りです。 ・月経困難症 ヤーズには、黄体ホルモンの「ドロスピレノン」と、卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」という2つの女性ホルモンが配合されています。 とくに黄体ホルモンには排卵を抑えたり、子宮内膜が厚くなるのを抑える役割があり、痛みのもととなる物質であるプロスタグランジンが作られるのが抑えられるため、ヤーズは生理痛や月経困難症の治療に使われるのです。 また28日周期の中で、他の低用量ピルが21日間(プラセボを含まない)の服用であるのに対し、ヤーズは24日間(残り4日はプラセボ)の服用が必要です。 他の低用量ピルと比べて服薬期間が長いため、治療薬としても適しているという側面があります。 ヤーズの避妊効果は? 日本では、ヤーズは避妊を目的とした低用量ピルではなく、「月経困難症治療薬」として認可されているため、添付文書を読んでも避妊効果については認められていません。 「本剤は月経困難症のお薬です。 避妊目的で使用することはできません。 」と書かれています。 しかしながらヤーズも、他の低用量ピルと同様に排卵を抑制する効果があるため、飲み方を間違えていなければ結果としては避妊効果があります。 ただし、何らかの理由で万が一妊娠してしまった場合、保障はないためあくまで自己責任という形になってしまいます。 避妊効果を得たい場合は医師に相談してください。 また、性感染症を防ぐためにも、ヤーズを服用していても避妊具を使用しましょう。 緊急避妊(アフターピル)効果はある? ヤーズを緊急避妊薬として使用することはできません。 緊急避妊についてはこちらの記事をご覧ください。 ヤーズは28日間で1サイクルという使い方の薬です。 他のピルと異なる部分は、成分が入っている錠剤の数です。 他のピルは通常は成分の入っている錠剤を21日間飲み、7日間の休薬期間(偽薬を含む)をとりますが、ヤーズはピンク色の錠剤を24日間、最後の4日間は休薬期間として白色の錠剤(偽薬)を服用します。 プラセボ錠をこれは28日の周期を忘れずにし、次のシートへ移行するためです。 服用開始日は生理が始まった日 ヤーズは「月経(生理)が始まった日」から飲み始めます。 カレンダーシールと錠剤シートの矢印に従って、ピンク色の錠剤を1日1錠ずつ24日、最後の白い錠剤を4日、計28日間ほぼ一定の時刻に毎日飲みます。 通常、白色の錠剤を服用している間に月経に似た出血の消退出血が始まります。 出血が終わっていても続いていても、28錠すべて飲み終わったらそのまま続けて新しい錠剤シートを飲み始めてください。 1相性タイプのヤーズは3相性の低用量ピルと異なり、服用期間の28日間のサイクル中、ホルモン量が変わることはありません。 プラセボ錠(偽薬)以外はすべての錠剤が同じホルモン量の錠剤となります。 そのため万が一飲む順番を間違えても、プラセボ錠以外は同じ成分なので問題なく効果が続きます。 ただし、1日1錠を飲むという飲み方を間違えたり、順番を間違えてプラセボ錠を飲むと効果が落ちたり不正出血が起きる可能性があるため、1相性タイプのヤーズでも飲む順番を守ることは大切です。 その後当日分の錠剤も通常の服用時刻に服用します。 いつもの服用時刻に前日の飲み忘れに気づいたら、前日分と当日分をまとめて計2錠服用してください。 避妊目的のピルではないため、他の低用量ピルと比較すると飲み忘れに関しては神経質にならなくても問題ないでしょう。 そのため2錠以上飲み忘れた場合、3錠をまとめて服用するのではなく、気づいたときにまず1錠服用し、服用時間に通常通り1錠服用するか、服用時間に2錠まとめて服用し、飲み終わる日を1日ずらすようにします。 飲み忘れた分も飲んだものとみなし廃棄してください。 その後は順番通り服用します。 ヤーズのおもな副作用として、不正子宮出血、乳房痛、乳房障害、頭痛、悪心(気持ち悪さ)、吐き気、嘔吐などの症状が挙げられます。 ヤーズに限らず低用量ピルを始めて服用した際は、これらの副作用が出やすいといわれています。 副作用はいつまで続く? ヤーズを飲み始めて最初の1〜2か月は、頭痛や吐き気、月経とは異なる軽い出血(不正出血)などが現れることがあります。 マイナートラブルといわれるこれらの副作用は、徐々に体が薬に慣れてくるので通常は3か月以内になくなっていきます。 まずは3か月服用を続けてみてください。 ただし、副作用が強かったり体に合わないようなときは、3か月を待たずにヤーズを処方してもらった医療機関へ行き、ほかの低用量ピルへの変更などを含めて医師に相談するようにしましょう。 血栓症のリスク ヤーズの重大な副作用に血栓症(けっせんしょう)が報告されています。 血栓症は文字通り血管内に栓ができてしまい、血流が低下したり血管がつまる恐れのある病気です。 低用量ピルの服用には血栓症のリスクは付きものですが、とくにヤーズは死亡例が出ていることから厚生労働省は注意喚起を行っています。 厚生労働省: 下記のような症状がみられたら、すぐに服用をやめて医療機関を受診してください。 手足 突然の足の痛み・腫れ、手足の脱力・まひ 胸 突然の息切れ、押しつぶされるような痛み 頭 激しい頭痛 口 舌のもつれ・しゃべりにくい 目 突然の視力障害(見えにくいところがある・視野が狭くなる) その他、足に急激なしびれやむくみ、足がつるなど、服用前にみられなかった症状が増えた場合も同様に医療機関で診断を受け、他の低用量ピルに切り替えるようにしてください。 ヤーズが処方されると「ヤーズ配合錠患者携帯カード」が配布されます。 これは保険証と一緒に持ち歩くように指示され、緊急の際は医療機関がヤーズを服用していることが分かるようにします。 血栓症は早く気がつき、すぐに治療を受けることで重症化を防ぐことができます。 忘れずに携帯しましょう。 ヤーズを含む低用量ピルを服用する場合は禁煙することが望まれます。 白色の錠剤である偽薬・プラセボ期間に消退出血(生理)が起こりますが、なかなか生理が来ない場合があります。 生理が来ない場合 休薬期間、偽薬・プラセボ期間に消退出血という出血(生理)が発生しますが、ヤーズを服用し始めたばかりの頃は、この消退出血の量が少なかったり、出血がないという場合があります。 次のシートが処方されている場合、28錠すべて飲み終えたら生理が来ていても来ていなくても、新しいシートへ以降してください。 出血が続く場合 出血がだらだらと続くような場合は、必ず医師に相談してください。 体は生理を起こそうとしているのに、ヤーズが出血を抑えようとしているため、出血がだらだらと続く場合があります。 ヤーズは医師の処方が必要な薬です。 薬局やドラッグストアでは購入できません。 そのため、ヤーズは婦人科、産婦人科で処方してもらう必要があります。 しかしながら、他の低用量ピルのように避妊目的で自己申告して処方してもらうものではなく、月経困難症の治療薬として使用されるため、ヤーズの処方の最終的な判断は医師によります。 ヤーズは保険適用されるピル 避妊目的で服用する低用量ピルと異なり、ヤーズは「月経困難症治療薬」として用いられるため保険が適用されます。 1シート7000円前後ですが、保険が適用されるため、保険適用がない低用量ピルとおおよそ同額2500〜3000円程度の価格です。 なお、現在日本では保険適用がされるピルは、ヤーズとの2種類のみです。 検診を受けないと処方されないので注意! ヤーズなどのピルを長期服用する場合、定期的(3〜6か月に一度程度)に血液検査や血栓症の問題がないか、検診をする必要があります。 初回は問診のみの場合もありますが、数か月服用した後にピルの処方だけお願いしても、検診を受けないと処方してもらうことはできません。 また、すでに乳がんや子宮頸がんにかかっている人、または過去にかかったことがある人がピルを長期間飲むと、がんの悪化を促す可能性があります。 18歳以上の方は定期的に「乳がん」「子宮頸ガン検診」を受けてください。 これらの検診は、ほとんどの婦人科・レディースクリニックで行うことができるので、ピルを処方してもらっている医療期間にそのまま相談するのが良いでしょう。 個人輸入の注意事項 現在、ピルをインターネットなどの通信販売で購入したり、個人輸入で入手することは可能です。 通販や個人輸入では、通常より安価であったり病院に行く手間が省けます。 しかしながら、個人輸入でピルを購入する場合は、以下のリスクがあります。 病院で処方してもらった医薬品で重大な副作用が起きた場合は、医薬品副作用被害救済制度などで補償されることがありますが、個人輸入の医薬品などは補償の対象外になるので注意してください。 次の方はヤーズの使用を医師とよく相談しましょう。 ヤーズと併用禁忌(併用しないこと) オムビタスビル水和物・ パリタプレビル水和物・ リトナビル配合剤(ヴィキラックス) エチニルエストラジオール含有経口避妊剤を併用した患者においてALT (GPT)上昇が高頻度に認められています。 なお、オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤治療終了の約2週間後からヤーズの使用を再開できます。 ヤーズの効果や作用に影響が出るおそれのある飲み合わせ ヤーズとの飲み合わせに注意が必要な食べ物(サプリメント含む)や医薬品として、おもに以下のようなものがあります。 いずれも併用が禁止されているわけではなく、必ずしも一緒に使ってはいけないわけではないため状況により一緒に処方される方もいますが、ヤーズの使用中にこれらの薬が必要となる場合は担当の医師としっかり相談しながら対応方法を確認しましょう。 テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン・等)、ペニシリン系抗生物質(アンピシリン水和物・等) 病原菌(細菌)を殺すいわゆる抗生剤の一つです。 ヤーズとテトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 これらの薬は腸内の環境に影響を与えることでヤーズの再吸収を抑えてしまい、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 上記グループ以外の抗生物質もあるので、医療機関で抗生物質が処方される場合は念のためヤーズを服用していることを医師にも伝えておくと良いでしょう。 セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有食品 セイヨウオトギリソウは薬ではないのですが、ダイエット関係のサプリメントや食品に含まれていることがあります。 セイヨウオトギリソウによりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が考えられています。 (リファジン・アプテシン) 結核の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとリファンピシン(リファジン・アプテシン)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 リファンピシンによりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 バルビツール酸系製剤(等) てんかんの予防や、不安や緊張の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとバルビツール酸系製剤(フェノバルビタール・フェノバール等)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 バルビツール酸系の薬によりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 不安や緊張の治療の薬は他にも多数あるため、抗不安薬を使う場合は念のためヤーズを服用していることを医師にも伝えておくと良いでしょう。 ヒダントイン系製剤(フェニトインナトリウム・等) てんかんやけいれんの予防に使われる薬の一つです。 ヤーズとヒダントイン系製剤(フェニトインナトリウム・アレビアチン・ヒダントール等)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヒダントイン系の薬によりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 (テグレトール) てんかんやけいれんの予防や、そううつ(躁鬱)の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとカルバマゼピン(テグレトール)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 カルバマゼピンによりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 (トラクリア) 肺動脈性肺高血圧症の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとボセンタン(トラクリア)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ボセンタンによりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 (モディオダール) 眠気をとる薬で、ナルコプレシーや睡眠時無呼吸症候群の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとモダフィニル(モディオダール)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 モダフィニルによりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 (トピナ) てんかんを予防する薬の一つです。 ヤーズとトピラマート(トピナ)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 トピラマートによりヤーズの代謝が進み、不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 HIVプロテアーゼ阻害剤〔酸塩,,,(リトナビル併用時),・リトナビル配合剤等〕、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤() HIVやエイズの治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとHIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 不正性器出血が発生しやすくなる可能性が報告されています。 HIVプロテアーゼ阻害剤(、)、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤() HIVやエイズの治療に使われる薬の一つです。 これらのお薬はヤーズの血中濃度を高める可能性が報告されています。 (ジフルカン)、(ブイフェンド) 真菌を殺す薬の一つです。 ヤーズとフルコナゾール(ジフルカン)やボリコナゾール(ブイフェンド)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 これらの薬はヤーズの血中濃度を高める可能性が報告されています。 (ラミシール) 水虫やカンジダの治療に使われる薬の一つです。 ヤーズとテルビナフィン(ラミシール)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 月経異常の副作用があらわれたという報告があります。 飲み合わせ相手の作用に影響が出るおそれのある飲み合わせ• 副腎皮質ホルモン(プレドニゾロン・プレドニン・ステロイド等) いわゆる「ステロイド」タイプの炎症をおさえる薬です。 ヤーズはステロイドの代謝を抑えると考えられており、ステロイドの作用が強まる可能性が報告されています。 三環系抗うつ剤(等) うつ(鬱)の治療に使用される薬の一つです。 ヤーズとステロイドの飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズは三環系抗うつ剤の代謝を抑えると考えられており、三環系抗うつ剤の作用が強まる可能性が報告されています。 うつの治療薬は三環系抗うつ剤以外の薬も多数あるため、ヤーズの服用中は他の医薬品の使用を含めて相談が可能です。 (エフピー) パーキンソン病の治療に使用される薬の一つです。 ヤーズとセレギリン(エフピー)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズはセレギリンの代謝を抑えると考えられており、セレギリンの作用が強まる可能性が報告されています。 パーキンソンの治療薬は三環系抗うつ剤以外の薬も多数あるため、ヤーズの服用中は他の医薬品の使用を含めて相談が可能です。 (サンディミュン・ネオーラル) 免疫抑制剤の一つです。 ヤーズとシクロスポリン(サンディミュンやネオーラル)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズはシクロスポリンの代謝を抑えると考えられており、シクロスポリンの作用が強まる可能性が報告されています。 (オメプラール・オメプラゾン) 胃酸を抑える薬の一つです。 ヤーズとオメプラゾール(オメプラールやオメプラゾン)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズはオメプラゾールの代謝を抑えると考えられており、オメプラゾールの作用が強まる可能性が報告されています。 (テオドール・テオロング・スロービッド・ユニフィル・アプネカット) 気管支を広げて呼吸を楽にする薬の一つで、喘息や気管支炎の治療に使われます。 ヤーズとテオフィリン(テオドール・テオロング・スロービッド・ユニフィル・アプネカット)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズはテオフィリンの代謝酵素を阻害すると考えられており、テオフィリンの血中濃度が上がる可能性が報告されています。 (テルネリン) 筋肉の緊張をほぐす薬の一つです。 ヤーズとチザニジン(テルネリン)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズはチザニジンの代謝酵素を阻害すると考えられており、チザニジンの血中濃度が上がる可能性が報告されています。 Gn-RH誘導体(等) 子宮内膜症や支給禁止の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズはGn-RH誘導体の効果を弱めてしまう可能性が報告されています。 血糖降下剤(インスリン製剤,スルフォニル尿素系製剤,スルフォンアミド系製剤,ビグアナイド系製剤等) 糖尿病の治療に使われる薬の一つで、血糖値を下げる薬です。 ヤーズと血糖値を下げる薬(血糖降下剤)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズは血糖降下剤の効果を弱めてしまう可能性が報告されており、ヤーズ服用中は特に血糖値の状態をしっかり観察しながら血糖降下剤の用量を調整するなどの注意が必要とされています。 (ラミクタール) てんかんを予防する薬の一つです。 ヤーズとラモトリギン(ラミクタール)の飲み合わせや併用には注意が必要とされています。 ヤーズはラモトリギンの血中濃度を下げる可能性が報告されています。 モルヒネ 激しい痛みがあるときの痛み止めに使う薬の一つです。 ヤーズはモルヒネの血中濃度を下げる可能性が報告されています。 サリチル酸 皮膚の角質をやわらかくする 薬の一つです。 ヤーズはサリチル酸の血中濃度を下げる可能性が報告されています。 テラプレビル(テラビック) C型慢性肝炎の治療に使われる薬の一つです。 ヤーズはテラプレビルの効果を下げる可能性が報告されています。 (カロナールなど) 解熱鎮痛剤のひとつです。 アセトアミノフェンはヤーズの血中濃度を高める可能性が報告されているほか、ヤーズによりアセトアミノフェンの血中濃度が低下する可能性が報告されています。 おわりに:副作用の症状が現れたらすぐに相談を! ヤーズは体質に合えばとても高い効果を発揮しますが、服用後に体調の変化を感じた場合は、3か月飲み続けるのではなくただちに医師へ相談してください。 また、避妊目的として低用量ピルを服用する場合は必ず医師に伝え、別のピルを処方してもらうようにしましょう。

次の