フランキー デットーリ。 フランキー・デットーリ騎手のエージェントが引退を表明

フランキー・デットーリ騎手、英国3,000勝を達成(イギリス)[その他]

フランキー デットーリ

When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account. 人気記事ランキング 1ヶ月• 10,700 Views 2週間前• 7,800 Views 3週間前• 7,300 Views 2週間前• 7,150 Views 2週間前• 6,600 Views 3週間前• 6,350 Views 2週間前• 6,100 Views 2週間前• 6,000 Views 3週間前• 5,950 Views 3週間前• 5,850 Views 3週間前• 5,750 Views 2週間前• 5,700 Views 3週間前• 5,650 Views 3週間前• 5,600 Views 3週間前• 5,600 Views 2週間前• 5,400 Views 2週間前• 5,350 Views 3週間前• 5,300 Views 2週間前• 5,300 Views 1週間前• 5,250 Views 2週間前.

次の

【競馬】[画像] デットーリと武豊が濃厚接触してる件について審議!!!!!!!!!

フランキー デットーリ

概要 [ ] 、、、、などの名馬とコンビを組み、これまでに6勝を始めとする数々の大レースを制覇。 も2007年に制覇した。 世界各国でレースに勝利した回数は220勝、日本のGIレースも4勝している。 父のもボルコンスキー、ウォローで英を連覇し、日本にも第2回と第3回のジャパンカップに2度来日した名騎手であった。 また、母親は団にいたことがあり、馬の曲乗りを得意にしていた。 このことに関して本人は「身体が柔らかいのは母親譲りだと思う」と発言している。 大レースに勝利した際に、馬の背で立ち上がりそこから飛び降りる通称「デットーリジャンプ(フライングディスマウント)」が有名で、日本でもデットーリと非常に仲の良いが彼の真似をしている。 サイドビジネスとして、「フランキー・デットーリ・ピザ」や「フランキー・デットーリ・イタリアン・レストラン」を経営しており、、に店舗を展開している。 近年は調教師とのコンビで大舞台を沸かせており、などを制したを始め、連覇など圧倒的な実力を発揮する、連覇の、完全制覇を達成した、の子供であるラーティダーやなどで数多くのレースを制している。 日本での活躍 [ ] にをで勝ち、ジャパンカップ単独最多勝利騎手となった(2017年末現在ではが4勝目を挙げたため歴代2位となった)。 しかもジャパンカップの3勝は全てがハナ差でのもので、接戦をものにしたその手腕を如実に示している。 元の実子のとは初来日時から親交があり 、来日時にはよく騎乗依頼を受けている。 にはに振り替えられたジャパンカップをで勝利。 しかも前日には完全な惑星候補と軽視されていたに騎乗しに勝利。 同馬に以来のG1勝ちをもたらした。 2日連続でテクニカルな中山コースでG1勝利を挙げる剛腕振りに、は「デットーリが乗ると5馬身違う」と感嘆した。 近年のジャパンカップでは日本馬が圧倒的に有利のため、有力外国馬でも優勝するどころか掲示板にすら載れない時も多い。 そんな中、に入って外国調教馬を2度も優勝に導いていて、その2度ともが僅差での勝利で、なおかつ、とそれぞれ違う種類でのコースでの勝利であった。 2019年の、で参戦。 には、での所有馬であるデボネアに騎乗するため、5月28日と29日のみで短期免許を取得。 身元引受調教師は、身元引受馬主は である。 エピソード [ ]• イタリア人騎手ながら、母国で騎乗することは少なく、1年の大半は世界中を飛び回っている。 そのため、英語やフランス語が堪能で、日本語も少し話すことができる。 2000年6月に小型飛行機墜落事故に遭い重傷を負うが、2ヶ月後に復帰。 騎乗成績 [ ] 主な勝ち鞍 [ ]• (Legal Case)• (Shamshir)• (Temporal)• (Second Set)• (Polytain)• (Drum Taps)• (Pips Pride)• (Masad)• (Misil)• (Drum Taps)• (Misil)• (Lochsong)• (Lochsong)• (Balanchine)• (Only Royale)• (Lochsong)• (Barathea)• (Pelder)• (Flemensfirth)• (Vettori)• (Torrential)• (Lord of Men)• (Moonshell)• (So Factual)• (Germany)• (Timarida)• (Classic Cliche)• (Lammtarra)• (Bahamian Bounty)• (Ryafan)• (Shantou)• (Shantou)• (Flemensfirth)• (Mark of Esteem)• (Overbury)• (Halling)• (Nicole Pharly)• (Starborough)• (Singspiel)• (Shantou)• (Starborough)• (Luso)• (Singspiel)• (Glorosia)• (Almutawakel)• (Aljabr)• (Cape Verdi)• (Lochangel)• (Swain)• (Swain)• (Lujain)• (Island Sands)• (Daylami)• (Mukhalif)• (Daylami)• (Teggiano)• (Muhtathir)• (Aljabr)• (Dubai Millennium)• (Diktat)• (Kayf Tara)• (Daylami)• (Daylami)• (Dubai Millennium)• (Bachir)• (Aljabr)• (Bachir)• (Muhtathir)• (Regal Rose)• (Crystal Music)• (Mutafaweq)• (Fantastic Light)• (Fantastic Light)• (Mutafaweq)• (Fantastic Light)• (Lailani)• (Noverre)• (Lailani)• (Kutub)• (Sakhee)• (Independence)• (Fantastic Light)• (Slickly)• (Kutub)• (Sulk)• (Slickly)• (Kutub)• (Fantastic Light)• (Kutub)• (Best of the Bests)• (Kazzia)• (Grandera)• (Marienbard)• (Marienbard)• (Grandera)• (Slickly)• (Sunstrach)• (Dubai Destination)• (Vintage Tipple)• (Mamool)• (Mezzo Soprano)• (Mamool)• (Carry On Katie)• (Falbrav)• (Refuse to Bend)• (Papineau)• (Refuse To Bend)• (Doyen)• (Crimson Palace)• (Sulamani)• (Var)• (Ancient World)• (Sulamani)• (Firebreak)• (Shamardal)• (Dubawi)• (Cherry Mix)• (Alkaased)• (Librettist)• (Librettist)• (Sixties Icon)• (Dutch Art)• (Caradak)• (Sergeant Cecil)• (Kirklees)• (Ouija Board)• (Kelly's Landing)• (Authorized)• (West Wind)• (Sudan)• (Ramonti)• (Authorized)• (Ramonti)• (Rio de la Plata)• (Ramonti)• (Creachadoir)• (Nahoodh)• (Folk Opera)• (Schiaparelli)• (Passion for Gold)• (Campanologist)• (White Moonstone)• (Poet's Voice)• (Rio de la Plata)• (Casamento)• (Dangerous Midge)• (Rio de la Plata)• (Mastery)• (Rewilding)• (Rewilding)• (Blue Bunting)• (Blue Bunting)• (Dabirsim)• (Lyric Of Light)• (Campanologist)• (Nahrain)• (Campanologist)• (Colour Vision)• (Joshua Tree)• (Olympic Glory)• (The Wow Signal)• (Ribbons)• (Olympic Glory)• (Hootenanny)• (Star Of Seville)• (Undrafted)• (Golden Horn)• (Shalaa)• (Golden Horn)• (Shalaa)• (Golden Horn)• (Galileo Gold)• (Elliptique)• (Wicklow Brave)• (Journey)• (Queen's Trust)• (Edict Of Nantes)• (Enable)• (Enable)• (Al Wukair)• (Enable)• (Enable)• (Persuasive)• (Cracksman)• (Cracksman)• (Without Parole)• 凱旋門賞(Enable• チャンピオンステークス Cracksman• (Enable• 2019年• (Advertise)• (Coronet)• (Enable)• (Too Darn Hot)• (Enable)• (Stradivarius)• (Too Darn Hot)• (Enable)• (Star Catcher)• (Anapurna)• (Star Catcher)• 2020年• () 年度別成績 [ ]• 日本 中央競馬 年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 1991年 0 0 0 2. 000. 000. 000 1992年 1 2 0 4. 250. 750. 750 1993年 4 1 0 9. 444. 556. 556 1996年 3 2 2 11. 273. 455. 636 1998年 0 0 1 7. 000. 000. 143 1999年 0 1 1 4. 000. 250. 500 2000年 0 2 1 10. 000. 200. 300 2002年 4 0 0 7. 571. 571. 571 2005年 3 2 1 10. 300. 500. 600 2006年 2 2 1 12. 167. 333. 417 2011年 1 1 3 8. 125. 250. 625 合計 18 13 10 84. 214. 369. 488 略歴 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。 2015年10月10日• イギリス・で、ルカ・クマーニ調教師に師事し見習騎手となる• イタリア・トリノ競馬場で初勝利• 6月 グッドウッド競馬場でイギリス初勝利• クマーニ厩舎の専属騎手として75勝を挙げ、イギリス最優秀見習騎手となる• 141勝を記録し、以来となる10代年間100勝を達成• で行われる出場のため、初来日。 11Rの'92ファイナルカップをグレイトウェーブで勝利し、日本初勝利。 ゴドルフィンの専属騎手となり、233勝を挙げイギリス平地競走年間最多勝騎手となる• 216勝を挙げ、2年連続イギリス年間最多勝騎手• で1日7レース全勝を達成、ジャパンカップでに騎乗して勝利• にに遭い、大怪我を負うが奇跡的に回復し、には復帰し、緒戦を制する• で、ジャパンカップでに騎乗しともに勝利し、日本競馬史上初の2日連続GI制覇達成• ジャパンカップでに騎乗し勝利。 1のレースレコード・芝2400m日本レコードでの勝利だった。 で初制覇、翌日にはでを制覇。 史上4人目となる英仏ダービー連覇を達成• で初制覇• 9月16日にフランス・での騎乗後に行われた薬物検査で陽性反応があり、フランスの競馬統括団体より12月19日から6カ月の騎乗停止処分の裁定が下る。 でエプソムダービー2回目の制覇• ゴールデンホーンで凱旋門賞史上最多タイの4回目の制覇• 8月12日、ニューマーケット競馬場で史上6人目となる英国平地競走3000勝を達成。 2017年 に騎乗し凱旋門賞史上最多の5度目の制覇、また翌2018年にもエネイブルに騎乗し6度目の凱旋門賞制覇。 自身2度目の連覇を成し遂げた。 2018年にはとのコンビでその年から始まったWHステイヤーズミリオンを完全制覇し、100万ポンドもの賞金を獲得した。 また秋にはチャンピオンステークスをクラックスマンとのコンビで連覇し、またをに騎乗し制覇、意外にもこの勝利が同レース初制覇であった。 脚注 [ ] [].

次の

【競馬】[画像] デットーリと武豊が濃厚接触してる件について審議!!!!!!!!!

フランキー デットーリ

By Paul Friel from Guildford, UK - Flickr, CC 表示 2. wikimedia. php? 2018年の凱旋門賞で エネイブルを連覇させたことは記憶に新しいかもしれません。 2000年には、移動のために搭乗していた小型プロペラ飛行機の墜落事故に巻き込まれ、操縦士は死亡してしまいましたが、同乗していた騎手と共に 奇跡的に生還するなど運も持っています。 また、レストランを経営してみたり、競走馬の配合を考えるなどビジネスマンとしても活躍中です。 武豊騎手と1歳違いながら、共に現在も第一戦で活躍するデットーリ騎手のプロフィール、世界や日本での活躍、そして海外馬券の狙い目を紹介します。 「デットーリジャンプ」が有名!デットーリ騎手のプロフィール ランフランコ・デットーリは1970年に イタリア・ミラノで生まれました。 愛称はフランキー。 父はイタリアでチャンピオンジョッキーに輝くこと13回のジャンフランコ・デットーリ。 14歳で単身イギリスに渡り、ルカ・クマーニ厩舎で修行した後に 15歳でデビューしました。 1990年にマークオブディスティンクションに騎乗しG1・クイーンエリザベス2世Sを優勝するなど 年間141勝しブレイク。 1994年にはドバイのモハメド殿下率いる ゴドルフィンの主戦に抜擢され、 世界のトップジョッキーの一人になりました。 しかし、2012年にゴドルフィンとの専属契約が解消されると、その後に尿検査で禁止薬物が検出され 6ヶ月の出場停止処分を受けるなど低迷してしまいます。 ただ、2013年にカタールのジョアン殿下率いるアルシャカブレーシングと専属契約を結ぶと成績は再浮上。 2018年にはエネイブルで凱旋門賞を連覇するなど現在も活躍しています。 世界各地でのG1レースの勝利数は200勝以上、日本でも4勝していて、大レースで勝利すると馬から飛び降りる「 デットーリジャンプ」が有名です。 世界各地で活躍!年収は20億円!? デットーリ騎手は、1994年にゴドルフィンの主戦に抜擢されると世界中で活躍します。 特に 凱旋門賞に強く、1995年に「神の馬」 ラムタラ、2001年に サキー、2002年に マリエンバード、2015年に ゴールデンホーン、そして2017年と18年にで連覇するなど、凱旋門賞6勝は最多記録です。 2016年にはイギリスの平地競争で史上6人目となる 3,000勝を挙げました。 ただ、イギリスの最多勝記録はゴードン・リチャーズ氏の4,870勝なので、これを超えることは厳しいかもしれません。 これほどの活躍をしているので、年収も凄いことになっています。 2010年、イギリスのサンデータイムススポーツが発表した長者番付によると、年収は 1,200万ポンド 約20億円 に達します。 ただ、これは自身が経営しているレストランの収入等も含まれています。 日本でも活躍!ジャパンカップ4勝は武豊に次ぐ2位! デットーリ騎手は、1991年にジャパンカップでドラムタップスに騎乗するため初来日しました。 その後も主にジャパンカップに騎乗するために 1991年~2005年までほぼ毎年のように来日しています。 日本での通算成績は、84回騎乗し18勝を挙げています。 特にジャパンカップでは、1996年にシングスピール、2002年にファルブラヴとジャパンカップダートでイーグルカフェ、そして2005年にアルカセットで優勝し、通算勝利数4勝は武豊騎手に次ぐ2位です。 今後は短期免許で来日することはある? JRAは、2017年から短期免許制度を改正しました。 2016年まではイギリスとフランスの騎手は賞金リーディング10位以内が条件でしたが、 5位以内に変更されました。 デットーリ騎手は、2018年は10位以内にも入ることができなかったため、短期免許で今後来日するのは難しいかもしれません。 あるとすれば、ジャパンカップで騎乗ということになりますが、騎乗することが多いジョン・ゴスデン調教師の管理馬や、アルシャカブレーシング 2018年に契約解消 の所有馬が来日するタイミングとなりそうです。 ただ、どちらもジャパンカップに馬を出走させたことが無いため、JRAが熱心に招待しないがきり来日することは難しいかもしれません。 海外馬券での狙い目・ゴスデン調教師の管理馬に注意!! 2014年、イギリス・レーシングポストの企画で、オリビエ・ペリエ騎手が考える世界のトップジョッキーベスト5を選出し、武豊騎手と共にデットーリ騎手が選ばれています。 技術力が高く評価されていて、元騎手の坂井千明氏曰く、 腕を手綱のように使うことができて馬と一体化しているとのことです。 外国人騎手ならではの思い切りもよく、2002年のジャパンカップダートでイーグルカフェに騎乗した際、追い込みしか出来なかった同馬を先行させて早めに動き優勝に導きました。 ゴドルフィンやアルシャカブレーシングとは契約を解消しましたが、2018年にエネイブルで優勝するなど技術は衰えていません。 海外馬券を買うときは注意が必要です。 特にジョン・ゴスデン調教師の管理馬にはよく騎乗しています。 ゴスデン調教師には主戦がデットーリ騎手以外にロバート・ハヴリン騎手がいます。 エネイブルも当初はハヴリン騎手を乗せていましたが、重要なレースになるとデットーリ騎手とコンビを組ませました。 このように、ゴスデン調教師は重要なレースにはデットーリ騎手を騎乗させるので、 ゴスデン調教師が複数頭出走させるときはデットーリ騎手が騎乗する馬を選ぶといいかもしれません。 しかも、2018年に引退の噂が流れた時に否定と共に「キャリアを長引かせるために、今後は平凡なレースで騎乗するつもりはない」とコメントしており、G1レースに賭けてくるはずなので凱旋門賞などの大レースは特に注意が必要です。 まとめ デットーリ騎手のプロフィール、世界や日本での活躍、そして海外馬券の狙い目を紹介しました。 飛行機の墜落事故やゴドルフィンとの契約解消がありながらも、2018年には凱旋門賞でエネイブルを連覇させるなど、年を重ねても技術力は衰えていません。 来日することはジャパンカップに前向きなオーナーと出会わない限り難しいかもしれませんが、海外馬券を発売するレースでは活躍することでしょう。 これからも大レースで勝利を重ね、多くの「デットーリジャンプ」が見られることを期待したいですね。

次の