透析 pta。 高效率血液透析(High efficiency hemodialysis) 由於小分子量尿毒素(尿素氮, BUN)的清除率是影響透析治療病患預後的最重要指標之一,因此增加尿素氮的清除,成為延長透析治療病患長期存活的必要關鍵。為了提高血液透析的效率,可使用大表面積(>1.4m2)的人工腎臟,加上高速的血液流速(>300 ml/min)或透析液流速(>700 ml/min),達到尿素氮快速清除(>200ml/min)的目的。此即是所謂高效率透析。 高效率透析的條件:1. 人工腎臟型號15以上 不管是用傳統的或高透量的透析器,最好是選擇使用表面積越大者,效果越好。例如表面積小於0.8m2的透析器,在血液流速由每分鐘200cc增加到500cc,則尿素氮清除率則只增加50 ml/min。但是表面積大於1.4m2的透析器,在血液流速由每分鐘200cc增加到500cc,則尿素氮清除率則增加150ml/min;差異可達三倍。 同樣的,如果加強透析液流速,由每分鐘500cc增快到1000cc。則表面積小於0.8m2的透析器,其尿毒清除率只增加10%;相反的表面積大於1.4m2的透析器其尿毒清除率;則可增加到15%。 表面積越大者,效果越好? (Acta Nephrologica中國醫藥學院) FX 100大尺寸、高透量的人工腎臟管,清除率URR不夠,F7HPS小尺寸、低透量人工腎臟管,清除率URR卻過關了!仿單上,FX100的BUN小分子清除不是比F7HPS多嗎?〈278 vs 247〉 原因:中大分子毒素 (B2

高效率血液透析(High efficiency hemodialysis) 由於小分子量尿毒素(尿素氮, BUN)的清除率是影響透析治療病患預後的最重要指標之一,因此增加尿素氮的清除,成為延長透析治療病患長期存活的必要關鍵。為了提高血液透析的效率,可使用大表面積(>1.4m2)的人工腎臟,加上高速的血液流速(>300 ml/min)或透析液流速(>700 ml/min),達到尿素氮快速清除(>200ml/min)的目的。此即是所謂高效率透析。 高效率透析的條件:1. 人工腎臟型號15以上 不管是用傳統的或高透量的透析器,最好是選擇使用表面積越大者,效果越好。例如表面積小於0.8m2的透析器,在血液流速由每分鐘200cc增加到500cc,則尿素氮清除率則只增加50 ml/min。但是表面積大於1.4m2的透析器,在血液流速由每分鐘200cc增加到500cc,則尿素氮清除率則增加150ml/min;差異可達三倍。 同樣的,如果加強透析液流速,由每分鐘500cc增快到1000cc。則表面積小於0.8m2的透析器,其尿毒清除率只增加10%;相反的表面積大於1.4m2的透析器其尿毒清除率;則可增加到15%。 表面積越大者,效果越好? (Acta Nephrologica中國醫藥學院) FX 100大尺寸、高透量的人工腎臟管,清除率URR不夠,F7HPS小尺寸、低透量人工腎臟管,清除率URR卻過關了!仿單上,FX100的BUN小分子清除不是比F7HPS多嗎?〈278 vs 247〉 原因:中大分子毒素 (B2

透析 pta

評価の適正化、点数の適正化がはかられます。 今後院外処方にも対応するため、同内服薬を使用する場合の新たな評価体系として「ニ」「ホ」「ヘ」が新設となります。 ですので、たびたびシャントが詰まるという場合においてはそのしばりに引っかかり算定できないという状況がありました。 今回改定により初回の除去術実施後3ヶ月以内に実施する場合1回に限り算定可能となります。 ただしその要件として、透析シャント閉塞の場合かシャント血流量が400ml以下又は血管抵抗指数(RI)が0. 6以上の場合とする基準が設けられています。 そしてその要件を満たす画像所見等の医学的根拠を診療報酬明細書の摘要欄に記載することとされています。 腹膜透析患者が他の医療機関で血液透析を受けたとき腹膜透析を管理して いる医療機関は「在宅自己腹膜灌流指導管理料」が算定できるようになり、他の医療機関で は「人工腎臓」が算定できるようになります。 100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123• 124• 125• 126• 127• 128• 129• 130• 131• 132• 133• 134• 135• 136• 137• 138• 139• 140• 141• 142• 143• 144• 145• 146• 147• 148• 149• 150• 151• 152• 153• 154• 155• 156• 157• 158• 159• 160• 161• 162• 163• 164• 165• 166• 167• 168• 169• 170• 171• 172• 173• 174• 175• 176• 177• 178• 179• 180• 181• 182• 183• 184• 185• 186• 187• 188• 189• 190• 191• 192• 193• 194• 195• 196• 197• 198• 199• 200.

次の

血液透析室衛教單

透析 pta

透析血管,不管是自體的動靜脈廔管 AV fistula 或人工的血管 AV graft ,都是病人的生命線。 在我剛當住院醫師的時代,使用氣球擴張術 PTA 治療失能血管的技術與觀念尚未發展,血管壞了只能重開,一個病人一個月開3次血管並不少見,比較起來現在的病人幸福多了,因為 PTA是透析血管的救星,可是有些血管因為太晚處理,阻塞嚴重,最後還是救不回來。 如果能夠提早知道血管已經不好,儘早處理,那對病人和醫師來說,都是很高興的事情。 為什麼血管會阻塞呢?最根本的原因是血管內血流太慢,引發血小板與凝血因子的交互作用,造成血栓進而引起阻塞。 透析血管內血流慢的原因,絕大多數是有血管狹窄,回流阻力增加之故。 當存在的血管狹窄沒被我們發現,血流越來越慢,慢到一定程度時,血管就有可能會突然停掉。 阮綜合醫院陳炯毓醫師一年要處理1000條以上各式各樣的透析血管,他發現評估血管用摸的就好,用聽的不可靠,常常會導致誤判,他現在在門診只用摸的,就可以決定病人是不是需要PTA。 為了讓理學檢查快速而容易,他把透析血管的評估簡化成下列圖表。 透析血管觸診評分表 Vascular Access Palpation Score 觸診評分 觸診情況 聽診情況 目視情況 臨床意義 5 完全電流感 壓下去很軟 很大聲 連續的呼呼聲 目視血管無跳動 或輕微跳動 血管功能佳 不需介入治療 4 電流感為主 輕微跳動感 大聲 有點中斷的呼呼聲 目視血管無跳動 或輕微跳動 血管功能良好 不需介入治療 3 電流感與跳動感 一半一半 中斷的呼呼聲 可能有高頻音 目視血管偶而跳動 血管回流有問題 若有透析時異常 需安排介入治療 2 電流感較少 跳動感明顯 小聲 中斷的呼呼聲 可能有高頻音 目視血管常見跳動 血管內血流慢 需積極介入治療 1 完全跳動感 壓下去很硬 很小聲或無聲 中斷的呼呼聲 可能有高頻音 目視血管明顯跳動 血管內血流很慢 隨時可能停掉 需積極介入治療 0 電流感弱或無 壓下去很軟 很小聲 連續的呼呼聲 可能有高頻音 目視血管無跳動 或輕微跳動 供血動脈不佳 或吻合處狹窄 需積極介入治療 沒有分數 完全無電流感 完全無跳動感 壓下去很硬 沒有聲音 目視血管無跳動 血管完全阻塞 1. 評分以觸診為主,聽診與目視只是對應情況。 觸診依上針位置分動脈扎針處與靜脈端扎針處,自體廔管加上吻合處之評估。 評分3分,若靜脈壓力過高或血流不足有suction之情形,建議介入治療,若無觀察即可。 評估血管要摸哪些地方呢?請參考下圖,原則上就是動靜脈扎針處都要摸,若是自體廔管還要摸吻合處。 對於透析時發生異常,無法釐清血管是不是真的有問題時,常常可以幫助我們決定病人是否需要PTA。 這個方式不只對洗腎室醫護人員很好用,病人也可以自我學習,若出現 很強的跳動感 或 電流感很弱 時,就要跟洗腎室醫護聯絡,評估是否要趕快安排PTA。 這個評估方法,大家有興趣的話,就試著做看看吧!.

次の

人工透析の看護|シャントって?狭窄とは?

透析 pta

経皮的血管形成術(PTA) けいひてきけっかんけいせいじゅつ Percutaneous Transluminal Angioplasty:PTA 血液透析を受けるために必要なバスキュラーアクセスの中でも、自己血管内シャント(AVF)と人工血管内シャント(AVG)では、動脈の血液を直接静脈に流し込むことで大量の血液を短時間で透析できるようにしています。 しかし、AVFやAVGとして使用する血管が細くなると、透析を行うために必要な血液を十分に確保できなくなったり、時にはAVFやAVGとして使用している血管がつまったりすることがあります。 このように血管が細くなった部分を「狭窄」と呼びますが、皮膚にメスをいれることなく、カテーテルと呼ばれる手術用の器械を血管の中にいれるだけで狭窄を治してしまうのが「経皮的血管形成術(PTA)」です。 PTAでは、まず、治療用のカテーテルを血管に出し入れするための「シース」と呼ばれる管を、狭窄している部分につながる、少し離れた血管内に挿入します(図1)。 その後、シースを通じて狭窄している血管内にカテーテルを進めます。 図2:PTA治療と血管の変化 通常、PTAを行う際には狭窄とその近くの血管の形を見えやすくするために血管内に造影剤を流しこみますが、最近では造影剤を使わずに超音波検査のみを使ったPTAも試みられることがあります。 細くなった血管をせっかく拡げても再び血管が細くなることがあり、また血管を拡げている間は血液の流れを一時的に止めてしまうため、治療の最中やその後に血管が詰まってしまうこともあります。 このような際には再度PTAで血管を拡げたり、詰まった血液の塊を取り除いたりする治療が必要になります。 ただ、血管を拡げようとしても上手く拡がらなかったり、拡げようとした血管が破れてしまったりすることもあります。 短期間に何度も狭窄を繰り返す場合も含め、時には再度バスキュラーアクセスを作り直すことが必要になります。 2017.

次の