鹿児島県知事選挙情勢。 〈鹿児島県知事選〉「三反園知事が集票依頼」 県内複数首長が証言 県事業便宜も示唆

鹿児島知事選、行方混沌 自民県連は慎重姿勢崩さず|【西日本新聞ニュース】

鹿児島県知事選挙情勢

鹿児島県知事選は7月12日の投開票に向け、過去最多の7氏が舌戦を繰り広げている。 保守が分裂し、前回選挙戦で一定の存在感を示した「反原発票」の動向も不透明。 圧倒的な候補の不在に加え、7氏が票を分け合う情勢の下で注目されるのが最多得票者が有効得票の4分の1以上を得られなければ、再選挙となる公職選挙法の規定だ。 通常は意識されることのないハードルは今選挙では大きな意味を持つかもしれない。 (九州総局 中村雅和) 「前の古い鹿児島でもなく、今の駄目な鹿児島でもない新しい鹿児島をつくる」 25日、元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)は薩摩川内市内で開いた集会で、現職の三反園訓氏(62)や元職の伊藤祐一郎氏(72)を意識し、こう訴えた。 陣営は三反園、伊藤両氏への県民の評価は低いと見る。 現職知事として県内複数首長に電話で集票を依頼したとする地元紙報道は三反園氏にとって逆風だ。 一方、伊藤氏も在職中「上から目線」との批判が絶えなかった。 塩田陣営は両氏への批判票取り込みを狙う。 対する三反園陣営は自民・公明の推薦に加え、主要経済団体を固める組織戦の構え。 公明の推薦状を告示日の出陣式で受け取るパフォーマンスも見せた。 自民県議や支持団体の一部に離反の動きがある中、引き締めに躍起だ。 伊藤氏は地元・出水市での集会で「(自らの政治姿勢に批判を浴びた)悲しい過去があったが今ではすっかり変わった」と深々と頭を下げるなど、低姿勢でアピールを続ける。 一方、前回は大半が三反園氏支持に回った「反原発票」は医師の横山富美子氏(73)=共産推薦=や元鹿児島テレビ放送アナウンサーとして高い知名度を誇る青木隆子氏(57)らに流れるとみられる。 PR こうした情勢の下、いずれの候補も有効得票の4分の1以上を得られず、最多得票者が「当選人」と認められない可能性が取りざたされ始めた。 この場合、14日以内の異議申立期間の後、50日以内に再選挙が告示される。 総務省によると過去に千葉県富津市長選(昭和54年)、奈良県広陵町長選(平成4年)、札幌市長選(15年)、宮城県加美町長選(19年)、鹿児島県西之表市長選(29年)、千葉県市川市長選(同)で前例がある。 三反園氏の任期は7月27日に満了するため、再選挙ともなれば、鹿児島県は一時知事不在になる。 首長が欠けた場合、地方自治法に基づき職務代理者を置く。 鹿児島県の場合、代理者は副知事2氏で、岩切剛志氏、中村かおり氏の順とする規定がある。

次の

【鹿児島県知事選挙】2020年出馬予定の候補者は誰?

鹿児島県知事選挙情勢

今夏に見込まれる鹿児島県知事選(任期満了は7月27日)を巡り、県政界の動きが活発化している。 昨年12月、2期目を目指す現職の三反園訓(さとし)氏(61)のほか、共に新人で鹿児島大特任助教の有川博幸氏(61)、元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が立候補を表明。 元知事の伊藤祐一郎氏(72)も今月9日、出馬の意向を明らかにした。 自民党県連は三反園氏からの推薦要請に対し、候補が出そろうまで判断を先送りするとしており、知事選の行方は混沌(こんとん)としている。 「現職の3年半の県政運営が合格点に至らないから、こんな状況になる」。 自民県議の一人は、知事選への名乗りが相次いだことをこうみる。 伊藤氏ら3人はいずれも三反園県政に批判的で、立て直しを訴える。 「鹿児島からもう一回、維新を起こす気持ちで鹿児島を元気にしたい」。 三反園氏は6日の年頭会見で2期目への意欲を語った。 ただ、選挙戦の組み立ては前回と異なる。 「真・県民党」を掲げ、民進(当時)と社民両党の支援を受けたのと一転、今回は昨年12月3日の正式出馬表明後、自民、公明に推薦を願い出た。 三反園氏は「両党の支援を得て県政運営をしているから」と説明する。 保守地盤の鹿児島。 参院選鹿児島選挙区では改選数が2から1になった2001年以降、自民が7連勝。 知事選は参院選同様、全県を選挙区とするだけに自民の動向が鍵を握る。 県議会(定数51)の38議席を占める自民県議団は昨年12月中旬、三反園氏の推薦願の対応を協議。 ヒアリングの結果、3分の1強が「自民の政策を進めている」などと推薦を求めたが、「反対」「時期尚早」などが上回ったという。 判断を委ねられた県連は同22日、結論を先送りした。 森山裕県連会長は「誰に県政を託すかは慎重に選びたい」と話す。 すんなりと自民が三反園氏の推薦に踏み切れない背景に、昨夏の参院選のしこりをみる向きもある。 自民現職の尾辻秀久氏(79)の対抗馬として、元自民県議の前田終止氏(72)が立候補。 前田氏の陣営には三反園氏の後援会幹部が入っていた。 厚生労働相を務めた尾辻氏は、三反園氏の公約の女性副知事登用に力を貸し、同省からの派遣を実現したとされる。 「恩人に弓を引いた」との感情が拭えない県議もおり、三反園氏は上京の際、たびたび自民党本部を訪問し幹部に面会。 推薦への力添えを依頼しているという。 4人が立候補した2004年の知事選で自民県連は県議会議長(当時)を推薦したが、「党員党友の良識に委ねる」として他候補の支援を認め、分裂選挙となった。 ある自民県議は「16年前と同じで、県連が一本化することはない」と指摘する。 (上野和重).

次の

鹿児島県知事選、混戦で4分の1ルール再選挙も現実味 一時知事不在の事態に

鹿児島県知事選挙情勢

今夏に見込まれる鹿児島県知事選(任期満了は7月27日)を巡り、県政界の動きが活発化している。 昨年12月、2期目を目指す現職の三反園訓(さとし)氏(61)のほか、共に新人で鹿児島大特任助教の有川博幸氏(61)、元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が立候補を表明。 元知事の伊藤祐一郎氏(72)も今月9日、出馬の意向を明らかにした。 自民党県連は三反園氏からの推薦要請に対し、候補が出そろうまで判断を先送りするとしており、知事選の行方は混沌(こんとん)としている。 「現職の3年半の県政運営が合格点に至らないから、こんな状況になる」。 自民県議の一人は、知事選への名乗りが相次いだことをこうみる。 伊藤氏ら3人はいずれも三反園県政に批判的で、立て直しを訴える。 「鹿児島からもう一回、維新を起こす気持ちで鹿児島を元気にしたい」。 三反園氏は6日の年頭会見で2期目への意欲を語った。 ただ、選挙戦の組み立ては前回と異なる。 「真・県民党」を掲げ、民進(当時)と社民両党の支援を受けたのと一転、今回は昨年12月3日の正式出馬表明後、自民、公明に推薦を願い出た。 三反園氏は「両党の支援を得て県政運営をしているから」と説明する。 保守地盤の鹿児島。 参院選鹿児島選挙区では改選数が2から1になった2001年以降、自民が7連勝。 知事選は参院選同様、全県を選挙区とするだけに自民の動向が鍵を握る。 県議会(定数51)の38議席を占める自民県議団は昨年12月中旬、三反園氏の推薦願の対応を協議。 ヒアリングの結果、3分の1強が「自民の政策を進めている」などと推薦を求めたが、「反対」「時期尚早」などが上回ったという。 判断を委ねられた県連は同22日、結論を先送りした。 森山裕県連会長は「誰に県政を託すかは慎重に選びたい」と話す。 すんなりと自民が三反園氏の推薦に踏み切れない背景に、昨夏の参院選のしこりをみる向きもある。 自民現職の尾辻秀久氏(79)の対抗馬として、元自民県議の前田終止氏(72)が立候補。 前田氏の陣営には三反園氏の後援会幹部が入っていた。 厚生労働相を務めた尾辻氏は、三反園氏の公約の女性副知事登用に力を貸し、同省からの派遣を実現したとされる。 「恩人に弓を引いた」との感情が拭えない県議もおり、三反園氏は上京の際、たびたび自民党本部を訪問し幹部に面会。 推薦への力添えを依頼しているという。 4人が立候補した2004年の知事選で自民県連は県議会議長(当時)を推薦したが、「党員党友の良識に委ねる」として他候補の支援を認め、分裂選挙となった。 ある自民県議は「16年前と同じで、県連が一本化することはない」と指摘する。 (上野和重).

次の