ブラック 企業 大賞 歴代。 【2019大賞発表】ブラック企業ランキング!就職してはいけない企業一覧リスト!│ジョブシフト

【2020株主総会見聞録Vol.3】三菱電機~ブラック企業大賞は返上できるか。来年は創業100年~

ブラック 企業 大賞 歴代

どうも、こんにちは。 yuuking〔〕です。 Twitter、ネットニュース界隈では、こんなツイートが世間を賑わせていました。 【発表】ブラック企業大賞、三菱電機が「連覇」 実行委は今年の「大賞」に、昨年と同じ三菱電機を選出した。 立て続けに複数の社員が過労で自殺していた点などを問題視した。 — ライブドアニュース livedoornews こんな不名誉な賞が、あるんですよね。 この国には。 しかも、大賞を受賞した「三菱電機」は、昨年と同じく2連覇だそうで、何も誇れない、大企業での労働環境の悪さが際立つニュースとなっています。 新入社員らの自死が相次ぎ、2年連続。 委員会側は「異常なことが起こっている」 としています。 そのほか楽天はウェブ投票賞に、電通、セブン・イレブンは特別賞に、長崎市は「」に選ばれています。 そんな中、日本のブラック企業の実態、働き方の実態が、ありがたいことにこうしたメディアを通して、日々明らかになっています。 そんな「日本のブラック企業の実態」について、今日は深掘りしていきます。 このニュースの全容。 2019年のブラック企業大賞は、「三菱電機」に2年連続で、選ばれました。 これ、ぶっちゃけ働いている人からしたら、どんな心境なんでしょうか・・・。 とても複雑な気持ちでしょうし、受賞して気分が良いわけがないですよね。 しかも、「三菱電機」の受賞は、2018年に続いて、2連覇です。 全く労働環境が、改善されてこなかったのも、これで明らかになりますね。 今年の「三菱電機」は、報道によると、2017年に当時40代の技術者が自殺。 三菱電機グループは過去に、社員が自死したり、精神障害を発症したり、というケースが判明していて、これで通算3人目となるとのこと。 その他にも、長時間労働による、労災認定は未だに存在しているのは、ニュースで明らかとなっています。 そんなにも前から、行っていたんですね! なので、今年で実に、もう「8年」も開かれていることになります。 こうした不名誉な受賞式が存在している事実を、日本人はもう少し真剣に議論して、考えるべきですよね。 「ブラック企業大賞」をみて思ったけど、みんなもっと「ゆるく生きようよ」ってことを伝えたいね。 今時モーレツ社員になって、出世競争に揉まれて... こんな生活送ってても人生楽しくないですよ。 個人で稼げる手段はいくらでもあるんだから、ゆるく稼ぎつつ、好きなことに時間を投資した方が幸せ。 株式会社電通• 株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西• 株式会社セブンイレブンジャパン• 株式会社ヤマダ電機• ワタミフードサービス株式会社• 東京電力 株式会社 名だたる「大企業」ばかり、僕が他に目を通して思ったことは、やっぱり飲食業界や引っ越しの業界は、ブラックと呼ばれる企業が多かったです・・・。 今年の「ノミネート企業」・「特別賞」・「ウェブ投票賞」の結果 今年のブラック企業大賞の「ノミネート企業」・「特別賞」・「ウェブ投票賞」の結果は、以下の通りです。 【ノミネート企業】• KDDI株式会社• 株式会社セブンイレブン・ジャパン• 株式会社電通• 株式会社ロピア• 長崎市• トヨタ自動車株式会社• 三菱電機株式会社• 吉本興業株式会社• 楽天株式会社 【特別賞】• 株式会社セブンイレブン・ジャパン• 株式会社電通 【ウェブ投票賞】• 楽天株式会社 共通しているのは、ほぼ全部日本トップの「大企業」ということです。 今年は特に、あの世界ブランドランキングでも日本1位の、「トヨタ自動車株式会社」もノミネート、「闇営業」で世間を騒がせた「吉本興業株式会社」もノミネートされるなど、実に世論と合っている適切なノミネートだと、僕は思います。 セブンイレブンや、電通はもはや常連のごとく、ノミネートされているため、目新しさはないですよね。 ウェブ投票賞では、「楽天株式会社」が受賞。 ノミネート理由に関しまして、公式ホームページによると。 2016年6月、当時、社員だった男性は、会議で激高した上司から首付近をつかまれ、壁際に押しつけられたという。 その際、頸髄を損傷して手足にまひが残り、うつ病を発症して現在も療養している。 男性によれば、社内のパワハラ相談部署に掛け合ったが調査されず、配置転換の希望も受け入れられなかったため、暴行の1か月後に退職せざるを得なかった、とのことである。 引用:「」より 酷いですよね。 こんな報道を聞く度に、「ブラック企業って、本当にあるんだな」、「ブラック企業に入りたくない、怖い」と、どうしても考えてしまいますし、この変わらない社会の現状に、多くの若者たちは、「働くこと」・「国の将来」について不安を抱きます。 こうなるのも無理はないでしょう。 なぜならば、 「真面目な人ほど損をする」。 そんな逆説的にもみえる人々の考えが、なぜか日本では広まっている事実もあります。 そして、「真面目で、一生懸命に仕事に取り組む、頑張っている人たち」は、明るい未来を想像できず、自らその道を絶ってしまうワケですよね。 日本には、近年、「自己責任論」が萬栄しておりますが、本当にそうなんでしょうか?「自己責任」なんでしょうか? こうした日本独特の「働き方」のシステムそのものを改善しなければ、根本的解決には、なかなか結びつかない、と僕なんかは思ってしまいますね。 「いっそのこと退職する」であれば、 がおすすめです。 業界トップクラスの実績があり、退職率は驚異の「100%」!! 競合他社には「全額返金保証」なるものが存在しますが、そもそも「退職に失敗する 」という事が起き得ないため、「返金をする」という事も起き得ない、と自信と実績を持ち合わせたサービスです! また、NHK、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、日経新聞、朝日新聞、毎日新聞など、ほとんどの大手メディアにて取り上げられているため、退職代行業界で知名度がダントツなのも、安心できます! 仕事の事を考えるだけで吐き気や胃痛がやばい…もう辞めたい…。 そんな時は素直に辞めるべき、自分から言い出せなければ退職代行を使う!今の職場でダメでも他の場所では通用するなんてザラにある、ネットがある今は働き方も山程ある。 選択肢は今の環境だけではない。 辞めたかったら辞めればいい は、 稼ぎたかったら稼げばいい と言ってるのと一緒。 プロセスにある課題を全く無視してる。 — 🍌せいた社長と百人同時起業しよう SAWAKISEITA• 「転職をする」のであれば、かがおすすめです。 どちらも大手で、サポートも充実しているので、まずは会員登録して、相談してみるといった流れでいいかな、と思います! あとは、優良企業を厳選して教えてくれるも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?• そして、 「フリーランス、独立を目指す」方であれば、を登録しておくと、仕事が舞い込んできやすいですが、もちろん簡単ではないので、まずはスキルを身につけるための勉強に励むことが大切だと思います。 最後に僕から伝えたい、思ったコト。 こうしたニュースが取り上げられる度、 僕は真剣に「働くことって、もっと喜ばしいことなんじゃないの?」って思うんですよね。 綺麗ごとと言えば、それまでの話です。 なんで日本では、働いている人の大半が、文句や愚痴ばかり言って、「生活のため」、「生きるため」とか言って働いてるんでしょうね。 ブログもミニマリストも、まだまだ『初心者』! 2019年10月にブログを開設しました。 1996年生・広島県出身。 大学卒業後、地元企業に就職。 Amebaブログで9年間日常・趣味ブログを更新していた経歴を持つ。 様々なSNSを駆使し、生活が豊かになり、幸せになっていくための情報発信を日々行っています。 当ブログでは、「シンプルな生活を送るためのノウハウ・秘訣」・「オススメ商品・サービスの紹介」・「日常の出来事・趣味」を軸に発信していきます。 2018 WEAR: yuukingod 1.Amazonプライム 言わずと知れた、最強月額サブスクリプション!月額500円で動画見放題、音楽聞き放題、本・マンガ読み放題、商品購入時のお急ぎ便無料・送料無料、Amazonパントリー利用可能、会員限定セール「Amazonプライムデー」に参加など凄い特典が目白押しです!! 30日間無料トライアル体験後は、月500円の月間プランまたは年4,900円の年間プランが選べます!まずは、無料トライアルをお試しを!お得すぎます。 2.DAZN 好きなときに、好きな場所でお楽しみいただける、スポーツ・チャンネルです。 3.U-NEXT 日本最大級動画サービスです。 最新作も揃ってますよ! [31日間無料トライアルの特典]• 見放題作品が31日間無料で視聴可能! 600円分のポイントプレゼント! 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題! 4.FODプレミアム フジテレビの動画見放題サービスです! 動画以外にも雑誌やコミックも楽しめます! アーカイブ アーカイブ.

次の

ブラック企業大賞

ブラック 企業 大賞 歴代

カテゴリー:• ブラック企業を社会から撲滅するために大事なことは、ブラック企業と名指しされた企業を忘れず、働かない、そして消費者として利用しないことです。 働く人がいなければ、売り上げが上がらなければ、企業は存続できません。 どんなに商品やサービスが良くても、そこで働く人を奴隷のように扱う企業をあなたは許しますか? 日本人は熱しやすく冷めやすいと言われてます。 ほとぼりが冷めるまで大人しくしておけばいい。 一時期ネット上で騒がれても、どうせすぐにみんな忘れる。 ブラック企業と名指しされても、だんまりを決め込み、何度も同じことを繰り返す、人が亡くなっているにも関わらず。 こんなブラック企業を許してはいけません。 しかし、私たちにできることは限られています。 しかし、ブラック企業と名指しされた企業を忘れずチェックし続けること、反省もなく悪質な行為を繰り返していればその都度批判することはできます。 もちろん改善したのならそれを評価することも大事です。 そんな思いを込めて、ブラック企業大賞の歴代の受賞企業・ノミネート企業の一覧をまとめました。 ブラック企業大賞とは ブラック企業大賞とは、ブラック企業による被害をなくすために、人権侵害的な労働環境をつくっている企業をノミネート・表彰するという目的を掲げ、2012年から毎年、有識者により審査され、表彰されているものです。 ただ、一時期のようにあまり大きな話題になっていない印象があります。 企業の広告費で成り立っているようなマスメディアが積極的に報道しないという事情もあるのでしょう。 特にブラック企業大賞2016の受賞企業には「電通」も入っていましたし。 また、企業の広告費と無関係ということもあって、これまで積極的にブラック企業問題を報道していた「NHK」自身が2017年に受賞したことで、ピタッと報道をやめた姿には、所詮、報道機関が掲げる正義などは嘘っぱちということがよくわかります。 メディアは日頃から説明責任を果たせと国や企業に追求しているわけですが、自らの説明責任は果たす気が全くないようです。 他人に厳しく、自分に甘い姿勢に呆れるばかりです。 ブラック企業大賞2019の受賞企業• KDDI株式会社• 株式会社ロピア• トヨタ自動車株式会社• 吉本興業株式会社 の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 特に大賞を受賞した三菱電機株式会社は、2年連続の大賞受賞、特別賞を受賞した株式会社電通は2016年の大賞受賞、株式会社セブンーイレブン・ジャパン社は2015年の大賞受賞と、何度も取り上げられている企業です。 「企業は社会の公器」という松下幸之助氏の名言がありますが、何度も社会問題を起こしても、それでも懲りずに問題を起こす企業というのは本当に社会にとって必要なのでしょうか・・・ 参考: ブラック企業大賞2018の受賞企業• 株式会社ジャパンビジネスラボ• 野村不動産株式会社• ゴンチャロフ製菓株式会社• 株式会社モンテローザ の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 特に大賞を受賞した三菱電機株式会社では、2014から2017年の4年の間に、社員5人が長時間労働が原因で精神障害や脳疾患を発症、そのうち2人は過労自死という状況です。 生活の糧、自己実現、働く理由は様々ですが、精神障害や自殺に追い込まれるようなところでは働きたい人なんていないわけです。 恐ろしい職場です。 参考: ブラック企業大賞2017の受賞企業• 株式会社いなげや• パナソニック株式会社• 大和ハウス工業株式会社• ヤマト運輸株式会社 の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 特に大賞を受賞した「株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西」、馴染みのない名前ですが「アリさんマークの引越会社」は、2年前の2015年にもブラック企業として受賞をしているわけですが、まあ懲りない会社です。 テレビの撮影に対して「なんやワレェ」と怒号を浴びせて、ヤクザみたいとネットで炎上した副社長がいる会社と言ったら思い出す方もいるかもしれません。 今回の受賞理由にも書かれていますが、その副社長は「ブラック企業大賞をエサに企業恐喝まがいの行為をし、金銭を要求することが真の目的なのかもしれない」とウェブ媒体で言っているそうです・・・ 恫喝したり、恐喝まがいだと言ったり、一般の人はなかなか普段使わない言葉を使うあたり、やはり怖い会社です。 参考: ブラック企業大賞2016の受賞企業• 株式会社エイジス• 株式会社ドン・キホーテ• 関西電力株式会社• 佐川急便株式会社• サトレストランシステムズ株式会社• 宗教法人 仁和寺 の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 大賞を受賞した「株式会社 電通」は、解説の必要もないほど日本全国で大騒ぎになり、誰しも納得の大賞受賞です。 また今年の受賞企業・ノミネート企業は、有名な大企業、日本郵便や関西電力など公的機関に近い企業、世界文化遺産にも登録されている仁和寺など名だたるところばかりです。 こうして見ると、日本にまともな企業はないのかと思ってしまいます。 参考: ブラック企業大賞2015の受賞企業• 株式会社フジオフードシステム• 株式会社エービーシー・マート の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 特に、株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)といえば、副社長がテレビの撮影に対して「なんやワレェ」と怒号を浴びせて、ヤクザみたいとネットで炎上した企業です。 一日中立ちっぱなしの「シュレッダー係」という仕事を命じたり、懲戒解雇処分の書面に、顔写真付きで「罪状」と書いて掲示していた企業です。 明るいCMを見るたびに、あの怒号を思い出します。 また、この年にブラックバイト問題が社会的にクローズアップされ、ブラックバイトで一躍有名になった明光義塾を運営する「株式会社明光ネットワークジャパン」が受賞しています。 参考: ブラック企業大賞2014の受賞企業• 株式会社 大庄 居酒屋チェーン「日本海庄や」• JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)• タマホーム株式会社• 株式会社リコー• 株式会社 秋田書店• 学校法人 智香寺学園 正智深谷高等学校 & 株式会社 イスト の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 特に、ブラック企業大賞とWEB投票賞のダブル受賞をした株式会社ヤマダ電機の悪質さは際立っています。 何度、社員の自殺があれば改善するのでしょうか。 また、「ワンオペ」という言葉を有名にした株式会社ゼンショーホールディングス(すき家)は2012年に続いての2度目の受賞。 過去に反省を口にしていた企業が再び問題を起こし、どの口が言うのかと呆れてしまいます。 参考: ブラック企業大賞2013の受賞企業• 株式会社 サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)• 株式会社 王将フードサービス(餃子の王将)• 西濃運輸株式会社• 株式会社 東急ハンズ の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 ブラック企業問題を世に知らしめた、ワタミフードサービス株式会社が、ブラック企業大賞を受賞しています。 あまりにも壮絶な従業員使い捨ての状況に絶句するしかありません。 「365日24時間死ぬまで働け」ですからね。 しかし、ノミネート企業も入れると、飲食業は、ワタミ、株式会社サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)、株式会社王将フードサービス(餃子の王将)の3つ、昨年もワタミ、株式会社ゼンショー(すき家)、株式会社すかいらーくの3つ、この2年で6つの企業がブラック企業としてノミネートされています。 参考: ブラック企業大賞2012の受賞企業• SHOP99(現ローソンストア100 (株式会社 九九プラス)• 株式会社 すかいらーく• 有限会社 陸援隊 および 株式会社 ハーヴェスト・ホールディングス• 株式会社 丸八真綿 の記事で、ブラック企業の各賞の受賞理由、ノミネートの選考理由をまとめています。 各企業の職場環境がリアルにわかるため、もしこれらの企業に入社する、または働いているといった状況であれば読んでおく価値があります。 ブラック企業で有名なワタミが大賞を逃したのは残念ですが、東京電力の問題は大きく仕方ないですかね・・・ しかしウェザーニューズの事件もひどいし、こうして事例を一つ一つ見ると、やばいブラック企業が多いということがよくわかります。 参考: ブラック企業からの簡単な脱出方法とは? ブラック企業のような違法な会社を許せない気持ちはわかります。 私もそうでした。 しかし、まずはブラック企業からすぐに脱出すべきです。 ブラック企業は人を使い捨てにします。 精神的・肉体的にあなたを追い込んでいきます。 うつになってしまったら正常な判断ができなくなります。 だから怖いのです。 そしてブラック企業は捕まえた労働者を簡単には手放しません。 「辞めるならお金を払え」「損害賠償しないと辞めることはできない」、これは違法行為ですがそもそも普段から違法行為を行っているのがブラック企業です。 トラブルの多い退職はプロにお願いしましょう。 退職代行サービスの「 」なら、 弁護士が監修しているサービスで、そして メールによる無料相談もあります。 あなたは事前準備の必要もなく、ただ連絡するだけです。 プロに頼めば、上司に怒鳴られるなんてこともなく安心して次の転職に臨むことができます! 企業を見分ける方法、そしてあなたの真の価値を知るためには? 本サイトではブラック企業の特徴・見分け方を紹介していますが、最後はあなた自身で判断するしかありません。 また、今すぐ転職したいという人でなくても、アンテナは常に張っておくべきです。 転職には時間がかかりますし、そもそも自分の市場価値がどのくらいなのかを客観的に知ることも重要です。 17万人の転職データから、あなたの市場価値を測定してくれるのが です。 MIIDASを利用すれば、あなたと同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます。 そして、2000以上の求人中の会社から、あなたにオファーが届きます。 こちらも登録は無料です。

次の

ブラック企業大賞

ブラック 企業 大賞 歴代

昨年末、ブラック企業大賞が決定した、というネットニュースを見かけました。 少し揶揄的な感じを受けたのですが、そういった極端なものから 得られる観点もあるため、WEBサイトを見てみました。 いろいろな事例が記載されていましたが、読むに堪えないものばかりで、 そっとブラウザを閉じました。 ブラック企業大賞に思うこと 一対一の人間関係でもうまくいかないことがあるのに、 企業対労働者という労使関係となると、ますます一筋縄でいかないものです。 賃金未払、労働時間の改ざん、名ばかり管理職、長時間労働、パワハラ、セクハラ等、 会社の中で行われている良くないことが明るみに出るのは、きっと良いことなのだと思います。 ただ、これで実際に労働環境が改善されるのかどうかまでは、 役所ではないので追えないだろうと思います。 また、完全に労働者の立場に立っているWEBサイトと思われるので、 それも仕方ないのですが、 そういった不正や人権を無視した行為が横行する背景についても考えていかないと、 露悪的なものになり下がってしまう と感じました。 しかしまた、それほどに事態は差し迫っているということだとも思います。 労働者が一方的に不利益を被っており、 弱い立場の人が どんどん追いやられている状況なのだろうと。 これ以上、犠牲になる方が出ないようにと祈るばかりです。 「人は財産」 弊社でも、そういったことが起こらないようにとも思います。 弊社の商品は提案力・分析力です。 提案や分析をするのはコンサルタントであり、 それを動かすのはアシスタントですので、人が何よりの財産です。 というか、 財産は人しかありません。 弊社にとっても、労務については今後の大きな課題です。 経営側と労働者側とをつなぐパイプであり、 適正に調整するバランサーでありたいと思います。 自社の状況を確認したい、人事コンサルティングに興味がある方へ 当社では「現場の組織状況」の診断をさせていただき、 組織の見直しや売上げ向上のための支援をおこなっています。 興味がある、話を聞いてみたいという方は、 下記フォームからお問い合わせください。

次の