ドン勝 とは。 最近よく聞く「ドン勝」って何? 意味と使い方を解説

PUBGモバイルでドン勝できない方必読!おすすめの戦術と5つのコツ

ドン勝 とは

新着オススメ記事! こんにちは。 優勝すると以下のように表示。 」 と表示されます。 これは昔のカジノのブラックジャックで使われていた決まり文句であり、その理由は• WINNERとDINNERが似たような発音であること• アメリカでは七面鳥が縁起物なので祝いの日にターキーを食べる習慣があること• 当時のブラックジャックでは最低賭け金が$2で、カジノやホテルのレストランの チキン定食の値段が$2であったことから、プレイヤーが勝った時にディーラーが賞賛の意味を込めて送る言葉だった 出典:ニコニコ大百科より なぜドン勝に? このチキンディナーが日本人が縁起で食べる「とんかつ」や「カツ丼」ではなく「 ドン勝」になったのでしょうか。 英語版で「winner」と「dinner」で掛けているように、日本版でも「かった」と「カツだ」で掛けて、上手く事翻訳しようとした結果「ドン勝」という食べ物が生まれてしまったのか。 PUBG開発元の韓国では、韓国風のとんかつを日本風とは区別して「DONKATSU」と表記する場合があるようで(韓国風は薄切り肉を使い、デミグラスソースのかかったもの) そこから翻訳チームが混同して間違えた可能性がありましたが・・・ このツイートを見て下さい。 Yeah, it was intentional hehe. Mistranslated for fun! 面白半分で誤訳(のよう)にしたんだ!これから変えるつもりもないよ」 と仰っています。 つまりドン勝は誤りであることを知りつつ、冗談でドン勝にしたということですね。 PUBGのゲーム自体を「ドン勝」という方も結構いますし、もうとんかつなど他の名詞では替えが利かないほど、「ドン勝」がしっくりくるようになってしまいました。 アーリーアクセスが終わったら修正されるという噂もありましたが、このままなのは嬉しいです。 まぁ知ったところで・・・って感じの小ネタでしたが、知らない人が多かったので書いてみました。

次の

「ドン勝」ってなに? いまさら聞けない「PUBG」をやさしく解説

ドン勝 とは

フォートナイトでは最後まで生き残り、優勝することを『ビクトリーロイヤル』と言います。 この記事ではビクトリーロイヤルまでの流れと、ビクトリーロイヤルによる特典について解説していきます。 ビクトリーロイヤル(ドン勝)までの流れ 安全地帯が徐々に狭まり、全プレイヤーが安全地帯を目指して集まることで戦闘は生まれます。 その中で最後まで生き残るというのがビクトリーロイヤルの条件です。 しかし最後の相手を必ずキルしないといけないわけではなく、あくまでも最後まで生き残れば勝利条件を満たすことができます。 つまり相手が落下死してしまったり、ストームに飲み込まれてしまった場合でもビクトリーロイヤルとなります。 初心者のうちは激戦区(バスの真下周辺)に降りることは避け、やや遠目の場所に降りることを推奨します。 特に『ティルテッド・タワー』は人気の高い場所ですが、初心者のうちは絶対に避けておくべき場所です。 まずは過疎地に降り、アイテムを集め、万全に戦える状況からビクトリーロイヤルを目指しましょう。 ビクトリーロイヤルを目指すための記事も用意していますので、よろしければ以下の記事もご覧ください。 ビクトリーロイヤル(ドン勝)の特典 ビクトリーロイヤル(ドン勝)を達成すると、シーズンごとの報酬が手に入ります。 傘型のグライダーを獲得することができ、全シーズン通してのグライダーと、各シーズンのグライダーが存在しています。 今のところ過去のシーズンの傘を入手する方法は無いので、昔の傘を持っているプレイヤーは強者かもしれません。 ちなみに、傘に掴まりながらぶら下がって降下するのでいつものグライダーと見た目は違いますが、性能は変わりません。 そして順位ボーナスとして経験値を300XP獲得することができます。 バトルパスのボーナスを含めるならば最低でも800XPは貰えるため、かなりの経験値が手に入ります。 経験値稼ぎをしたいならば、ビクトリーロイヤルを目指してプレイしていきましょう。

次の

「ドン勝」とは?意味や使い方を解説!

ドン勝 とは

「PUBG」をやっていると「ドン勝」という言葉に出くわします。 どうやら最後に残った勝者に使う言葉のようですが、どんな意味があるんでしょうか。 「ドン勝」は勝者の証。 まず、読み方なんですが「ドンガチ」ではなくて 「ドンカツ」です。 100人で生き残りをかけて戦ったあと、最後に残った勝者には画面上に「 勝った!勝った!夕食はドン勝だ!」というメッセージが流れるそうです。 つまり「ドン勝」とはPUBGというゲームにおいて勝者の証。 PUBGで勝利する(最後の一人として生き残る)ことを「ドン勝」と言っているんですね。 にしても「?」な言葉。 本家版(英語版)の「WINNER! WINNER! CHIKEN DINNER! 」から 元々は日本語化される前の本家版における勝者のメッセージ「 WINNER! WINNER! CHIKEN DINNER」からきているようなんですが、この本家版のメッセージて「?」です。 調べてみるとこの「CHIKEN DINNER」というのは、カジノでディーラーが勝者に向けて言っていた言葉だそうで、アメリカでは転じて日常的にちょっといいことがあった時に使われている慣用句のようなものみたいです。 その言葉が英語版の「PUBG」で使われたと。 そこから気になるのが「CHIKEN DINNER」が何故「ドン勝」になったのかっていうこと。 ここからは日本語版を開発したスタッフの苦労が光るわけですけれども。 勝利のおたけびに似合う食べ物 そもそも、そんな勝利の時に叫ぶような慣用句はないですよね、日本では。 しかしよくよく見ると「WINNER! WINNER! CHIKEN DINNER! 」って「WINNER」と「DINNER」をかけてる。 韻をふんでる。 日本で「勝つ」という言葉にかけて食べられる縁起物の料理といえば「カツ丼」。 でもこれは「ドン勝」じゃない。 そのへんの経緯には「PUBG」の配給元BLUEHOLEのある韓国が関係しているようで、韓国にはカツ丼に似た食べ物に薄めの豚肉を揚げてご飯にのせ、デミグラスソースをかけて食べる「Donkatsu」なる食べ物があるらしい。 (あれっ、それって名物の「」では?) 韓国版で「Donkatsu」って使われたのを、似てるからいいなじゃないかと日本でもそのまま持ってきたらしい。 「カツ丼」ではなく「ドン勝」に隠された戦略 まあ、「ドン勝」という新しいワードを持ってきたおかげで、勝利のセリフ「勝った!勝った!夕食はドン勝だ!」には思いっきり違和感があります。 でも、そのぶん「ドン勝」は人々にトを残し、「PUBG」というゲームを象徴するワードになっています。 プレイヤーみんなに呟かれ、拡散し、また検索もされやすくなっています。 これが 「勝った!勝った!夕食はカツ丼だ!」だったら、これほどの盛り上がりはみせなかったでしょう。 感覚的に日本人としては勝った感じはしますが。 というわけで、たまたまかもしれませんが、あえて戦略的に「ドン勝」という言葉にしたのなら、結果は大成功、昨今の情報拡散状況をよく考えて造られた言葉だなあと思います。 es330k.

次の