メンタル ケア 心理 士。 メンタルケア心理専門士 合格後の就職先と求人

メンタルケア心理専門士とは|資格概要から求人情報まで徹底調査

メンタル ケア 心理 士

孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている方(クライアント)に寄り添い、温かな対話を通して気持ちを受け入れ共感し、人生に生きがいを持ち、よりよい生活を送れるよう精神的な支援を行う心の訪問ケアの専門職です。 精神対話士が対象とする方は、高齢者、病人、引きこもりの人、対人関係で落ち込んでいる人、介護に疲れた人、事故や震災の被災者、ホスピスの入居者、学校生活や職場で精神的ストレスを感じている人など多岐にわたります。 そうした心のケアを必要とする方々に、薬の処方や精神療法といった医療行為を行うのではなく、温かな対話を通して心の重みを軽くし、生きる希望を見い出す支援を行います。 クライアントが希望する場所に精神対話士が訪問し、対話を通して心の支援を行うのも特徴です。 精神対話士とは、一般財団法人メンタルケア協会が認定する資格で、資格はメンタルケア・スペシャリスト養成講座を受講し、修了して選考試験により取得できます。 受講・受験に際して年齢、学歴、職歴などは不問で、これまでにも学生から定年退職をされた年配の方や高齢者までが受講し、資格取得を実現されています。 メンタルケアの担い手を養成し、心のケアを必要とする人に対する支援を実践することを目的とするメンタルケア協会は、平成5年(1993年)9月に、慶應義塾大学医学部出身の医師たちが中心となって設立しました。 精神対話士という資格確立のきっかけは、主には「対話の持つ力」に着目したことでした。 人は抱えている悩みを誰かに聴いてもらうと、気持ちが軽くすっきりとします。 「そうだったんだ。 辛かったでしょう? 」と共感してもらいながら話すことで、自分の心をまっすぐに見つめられるようになり、心の整理ができ、問題解決につながることさえあります。 それを反映するかのように、セラピスト、カウンセラー、精神科医など「心」を扱う資格が世の中に浸透し、そうした資格に携わる人々の数も増え続けています。 しかし、抜け落ちていた資格があったのです。 「人の心に寄り添い、暖かな対話を通して心を軽くするお手伝いをする」資格。 それまで「話を聴く専門家」がいなかったのです。 そこでメンタルケア協会は、精神対話士という専門職を確立し、真心を込めた対話によって人を癒すという日本初の心理職の資格を誕生させたのです。 協会設立当初、まず「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」を開設しました。 この講座の目的は、一般の人々に対話の重要性を知ってもらうことと、生きがいを失いかけた人たちに寄り添い、生きる意味を一緒に感じとっていく人を育てていくことでした。 しかし、「いつでも、きちんと相手の悩みに耳を傾ける」ことは簡単ではありません。 意欲以外にも話を聴く技術や専門的な知識も必要です。 そこで協会では、そうした専門知識の一つとして不可欠な学問とみなされ始めていた「死生論」を取り入れたり、また独自の研究も行ない「聴くプロフェッショナル」のためのバックグラウンド作りに専念していきました。 「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」を修了した受講生の中から「聴くプロフェッショナル」である「精神対話士」を選考し、専門資格として認定し、クライアント先に派遣する事業を行うようになったのです。 精神対話士は、一般財団法人メンタルケア協会が開催する「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」の基礎課程と実践課程を受講・修了し、「精神対話士の選考試験」に合格した方に資格証が発行され、協会の派遣依頼によりクライアントの希望する場所へ赴き、報酬を得て活動を行ないます。 精神対話士は、定期的に行なわれるフォローアップ研修を受講し、また 「精神対話士資格証」は5年に1度更新手続きがあります。

次の

メンタルケア資格、精神対話士の一般財団法人メンタルケア協会

メンタル ケア 心理 士

【このページの目次】 CLOSE• メンタル心理カウンセラーとは 現代社会では、人間関係をはじめ、職場・学校などの環境の変化、将来の不安など、さまざまなタイプのストレスで悩んでいる人が増えています。 学校や職場には公的な支援のもと、スクールカウンセラーや産業カウンセラーの配置が推進されています。 心のケアを担うカウンセラーの需要は、今後も増々増加するでしょう。 心の病に関心が向けられる機会が増えるのと同時に、自分自身の心の健康(メンタルヘルスケア)のために、心理カウンセラーについて学びたいという人が増えています。 メンタル心理カウンセラーは、日本能力開発推進協会認定が主催する民間資格です。 検定試験の学習を通して教育、医療、福祉、産業といった現場で求められるカウンセリング知識・技能を学習します。 メンタル心理カウンセラーとはメンタルケアへの入門的な資格です。 検定試験の学習を通して、心理学の基本やカウンセリングの基礎知識、心の病気について学びます。 自分自身のメンタルヘルスケア、コミュニケーションの円滑化や対人メンタルケアなどの知識も学習します。 参考: 役に立つ資格なのか?役に立たない資格なのか? 残念ながら、民間の検定試験であるメンタル心理カウンセラーの資格を取得したところで就職・転職に役立つことはありません。 メンタル心理カウンセラーって聞くと、なんとなく専門的な感じがするんですが、残念ながら学習する内容は専門性とはほど遠い初歩的な内容です。 あくまでも、カウンセリングやメンタルケアに関する趣味の知識を試す検定試験です。 これは多くある民間の心理系カウンセリングの資格全般にいえることです。 日本では、心理カウンセラーや心理職の専門家を募集する場合、臨床心理士であることが条件になっている場合がほとんどです。 関連資格: 臨床心理士も民間資格ですが、最も知名度が高く、心理学の専門職として社会的にも認められています。 臨床心理士になるには、大学で4年間と大学院で2年間の計6年以上は心理学を学ばなければなりません。 小・中・高のスクールカウンセラーとして働きたいのであれば、臨床心理士であることが条件になっています。 その臨床心理士であっても正規の職員としての採用は少なく、求人を奪い合っている状況です。 非常勤や契約社員として働く臨床心理士も多く、専門職としては給与面の条件は決して良くはありません。 メンタル心理カウンセラーの通信講座の会社では、資格を取れば医療関係へ就職が可能、カウンセリング業務に就ける、なんてPRしてますが、心理職のカウンセラーとして雇ってくれるところなどはまず考えられません。 臨床心理士でも仕事が少ない状況なのに、いわんやメンタル心理カウンセラーなど・・・論外ともいえます。 通信講座などで、わずか数か月間勉強して自宅でテキストを見ながら解答すれば誰でも合格できるような検定試験は資格とは認められません。 レベルが違いすぎます。 メンタル心理カウンセラーの資格を履歴書に書くのは本人の自由です。 書いて評価されるような資格ではないですが、むしろこういった根拠の無い怪しげな民間検定試験は履歴書に書かない方が良いと思います。 心理学とは関係のない会社に応募するのであれば、資格取得について「意欲的」と評価してもらえる可能性はあります。 しかし、カウンセリングに関わる仕事に応募するのであれば、このような資格を書くと逆に評価が下がります。 心理関係の資格について知識がある人から見れば、メンタル心理カウンセラーなどは資格とはみなさず、鼻で笑われる可能性が高いからです。 メンタル心理カウンセラーの将来性を徹底研究! この資格の活かし方 空いた時間に少し頑張ってメンタル心理カウンセラーの資格をとってもメリットらしいメリットはありません。 実用性も低く活かし方なども特にありません。 この資格を取れば友人に自慢くらいはできます。 趣味の延長でこの資格を取ることで満足感が得られるなら面白いかもしれません。 ただし役立つ機会は少ないでしょう。 子供に手がかからなくなったので何か資格を取りたい、自分のうつ病の闘病を活かしてうつ病を患っている人を救いたい、心の病を患っている人の役に立ちたい、などカウンセラーの資格を目指す理由は様々ですが、専門のカウンセラーになるのであれば臨床心理士あるいは国家資格の公認心理師の資格が必須です。 カウンセリングの専門職として必要なのは専門的な知識と技能、そして現場での臨床経験です。 大学で少しでも心理学を専攻して学んだ人であれば、メンタル心理カウンセラーなどの民間検定など興味さえ示さない程度のものです。 通信講座の受講料さえ支払えば数か月で取れる資格では何もできません。 心理系は怪しい民間資格の巣窟、ほとんどが資格商法 民間の団体が主催する心理カウンセラー系の資格は数えきれないほどたくさん存在します。 、、、、メンタルケアカウンセラー、メンタルヘルスカウンセラー、ケアストレスカウンセラー、メンタル総合心理カウンセラー、メンタル心理カウンセラー、メンタル心理ヘルスカウンセラー、上級心理カウンセラー、メンタルケア心理士、青少年ケアストレスカウンセラー・・・ナニが何だか分からないほどたくさんあります。 特に、メンタル心理カウンセラーを主催する日本能力開発推進協会という団体は数が多く、全部で14種類心理カウンセリングの資格を主催しています。 主催者サイト: これらの資格に共通していえるのは、どれも何も知らない素人をターゲットとした現代版資格商法みたいなものだということです。 中には本格的な勉強を要する資格もあるかもしれませんが、多くは心理学の専門職になれるような資格ではありません。 民間団体がお金儲けのために作った資格です。 受講料と受検料の収入が目的だけです。 取得したとしても役立つものではありません。 不登校訪問支援カウンセラーなどという資格がありますが、これは最短3か月で取得できます。 その程度の学習で得た知識で不登校の子供とその家族に対して指導まがいの行為をするのなら、あまりにも無責任な民間資格と言えます。 日本能力開発推進協会が怪しい団体とまでは言いませんが、こういった講座の受講はおすすめできません。 関連情報: 資格は無くとも誰でもカウンセリングの仕事はできる 心理系カウンセラーの通信講座の多くは、下記のようなうたい文句で受講生を募集しています。 カウンセラーの仕事は家事や育児の合間でお小遣い稼ぎにぴったり。 カウンセラーのお仕事を在宅ワークの副業としてトライ! それは無理ですって!マジで無理です。 誰も相談なんてしてきません。 明らかな誇大広告です。 ボランティアとして無料のカウンセリングであれば別ですけどね。 実は、この手のカウンセラーは誰でも開業できます。 自宅で開業するのは可能です。 法的にカウセリングの業務に資格は必要ありません。 実際に通信講座で取った資格でカウセリングをはじめる人もいます。 ホームページで集客を見込んでいるようです。 現実はどうかと言うと、まず有料での仕事はないと考えてください。 受講費用は26,000円(税別)、高いのか安いのか・・・ 某通信教育の会社でメンタル心理カウンセラーの講座を申し込むと、費用は26,000円(税別)です(36,000円のところをネットで申し込むと10,000円割引)。 ガイドブック、テキスト、DVD、その他いろいろ付いて、添削指導4回、無料質問サポートは何回でも受けられます。 ご丁寧に、「開業BOOK1冊」まで付いてきます。 こんなのが付いてくるとその気になっちゃいますよね。 8日以内であれば取り消して教材の返品は可能です。 価格も26,000円であれば結構良心的です。 カリキュラムを終了して、自宅で試験を受けて、晴れて合格すれば、それっぽい認定証のようなモノがもらえます。 一応は、「やった!資格が取れた」という達成感は得られるでしょう。 これがはたして高いのか安いのか、それとも妥当なのか・・・まぁ26,000円ですから、自己啓発の1つの手段と思えば妥当なのかもしれません。 メンタル心理カウンセラーに合格するには 現在民間の団体によるカウンセラーの通信講座は20以上あります。 そのどれもが試験を受けるためには通信講座の受講が条件です。 単純に言うと、お金を払って通信講座を受講して、試験に合格すれば誰にでも資格の認定状みたいなものを発行してくれるわけです。 ほとんどの講座は、試験は自宅で受験可能です。 時間無制限で、しかもテキストを見ながら解答できるので、内容を理解していなくても誰でもすぐに合格できます。 不合格になる方が不思議です。 メンタル心理カウンセラーをはじめ、カウンセラーに関する資格は民間検定であるため、法律的な根拠もありません。 極論を言えば資格でもなんでもありません。 就職や自宅での開業をサポートすることを売り文句にしている講座もありますが、ハローワークの求人票を印刷してくれるだけか、ホームページの作成を手伝ってくれる程度です。 見込み客の紹介などは当然ありません。 インターネットハローワークをご覧になられた人ならわかると思いますが、ハローワークの求人票は誰にでも印刷できます。 そこに履歴書を送付するように指導してくれるだけです。 しかし採用には至りません。 ホームページの作成支援を無料でしてくれても、ホームページの内容を書くのは自分です。 集客を増やすのは全くの別問題です。 個人の趣味でカウンセラーの資格を取りたいのであれば、どこか調べて最も良さそうな通信講座を申し込めば、最短2週間程度で取得できます。 心理系カウンセラー資格 無料の資料請求 この本の著者自身が自らのパニック障害を克服していく様子が詳しく書かれています。 職場・学校などの環境の変化、季節の変わり目、人生の節目、日常生活での不安やストレスの蓄積…など様々な要因で気持ちをうまくコントロールしずらい時におこなうと効果がある実用的な解消方法が収録されています。 具体的に17の方法が書かれており、誰でも手軽に実行できます。 しかも効果を得られやすいようです。 特にパニック障害とは何かがわかりやすく説明されています。 不安症、不安発作などに悩む全ての人におすすめの一冊です。 不安な気持ちやストレス、うつ気分など幅広くカバーした本です。 メンタルのことで苦しんでいる人が手に取ると、病気と向き合う際にとても勇気もらえる内容です。 筆者自身の体験談は、優しさと温かい思いでいっぱいです。 日々不安を感じている全ての人におすすめします。 種類 評価 参考書 産業カウンセラーが書いた、カウンセリングの現状とカウンセラーの選び方に関する本です。 カウンセラーといえば臨床心理士ですが、相談しても病気が悪化するだけ、単純に話しを聞くだけ、なんのアドバイスもなく助けにもならない・・・などなど評判は様々です。 産業カウンセラーとして臨床心理士とは違う現場での視点が参考になります。 決して専門家が読む本ではなく一般の人向けに読みやすく書かれています。 とはいえ、かなり骨のある入門書です。 カウンセリングを受ける人、カウンセリングをおこなう人、両方に参考になります。 カウンセリングが必要な人が身内にいる人もきっと参考になります。 種類 評価 参考書.

次の

メンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の違い

メンタル ケア 心理 士

当協会の資格は平成20年からスタートした国の 職業能力資格証明制度=ジョブカードに記載できる資格です。 メンタルケアで注目を浴び、精神の健康や、その健康を維持し、心の負担を未然防ぐことも非常に重要なことと考えます。 身体疾患の原因としてもストレスがきっかけとなることも多く、また身体疾患から精神疾患を患うことも珍しくありません。 人間が生きて行くうえでメンタルケアの知識があることで可能性が広がります。 2018年度よりメンタルケア心理士 R 及びメンタルケア心理専門士 R 認定試験 実施形式変更及びメンタルケア心理士 R ・メンタルケア心理専門士 R 認定方法の変更 日頃より、当学会の事業活動にご理解、ご協力をいただいている皆さまに感謝申し上げます。 さて、2017年7月10日に「2018年度よりメンタルケア心理士 R 認定試験実施形式変更及びメンタルケア心理士 R ・メンタルケア心理専門士 R 認定方法の変更」として告知致しました内容を具体化し、以下の通り今後変更をいたしますことご案内いたします。 1.メンタルケア心理士認定試験実施形式変更について 2018年度より、現行の試験実施形式である在宅試験からCBT試験へ変更いたします。 <CBT試験とは> 全国47都道府県、全国約200会場のテストセンターにて、コンピューターを活用した試験を実施します。 近年では、漢検や英検などの検定団体の他、大学の語学入試、大手企業の採用試験や社内評価試験などにおいても導入が進んでおり、21世紀の主流となる次世代型試験モデルと言えます。 2.メンタルケア心理士専門士認定試験実施形式変更について 2018年度より、現行の試験実施形式である会場試験からCBT試験へ変更いたします。 学科試験の実施は、現行の年2回を予定し、実技試験については現行の会場試験とし、実施回数(年2回)、実施場所(東京、大阪(年2回)、福岡、愛知、宮城、北海道(年1回))に変わりはありません。 3.メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士認定方法の変更について 現行のメンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士認定試験はメンタルケア心理士が「文部科学省後援こころ検定2級」、メンタルケア心理専門士が「文部科学省後援こころ検定1級」と試験名称を変更します。 メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士の認定は継続され、文部科学省後援こころ検定2級合格者は、メンタルケア心理士資格登録を行うことでメンタルケア心理士の称号が授与されます。 同じく、文部科学省後援文部科学省後援こころ検定1級合格者は、メンタルケア心理専門士資格登録を行うことでメンタルケア心理専門士の称号が授与されます。 4.本変更によるメンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士について 本変更によってもメンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士の認定は今後も継続してまいります。 5.文部科学省後援こころ検定1級学科試験、文部科学省後援こころ検定2級の受検申込方法について 2018年度の実施より、従来までの、願書等の書面での受検申込は廃止とし、からの受検申込のみとなります。 文部科学省後援こころ検定公式ホームページはパソコン、スマートフォンの利用が可能です。 cocoroken. jp)でご確認ください。 2017年12月25日告示 2018年8月1日修正 日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会 専門家(精神科医等) 治療と連携が必要 申請必須条件を満たし、下記の1または2のいずれかの条件を満たしている者 【申請必須条件】合格者• メンタルケア学術学会指定教育機関において、メンタルケア心理士 R 教育課程を修了した者•

次の